希 学園 クラス 替え。 希学園・専門対策ページ|中学受験専門プロ家庭教師の一橋セイシン会

希の4,5年生 学習の方法|塾ソムリエ西村則康(にしむら のりやす)

希 学園 クラス 替え

そうなんです。 P0に関してはきっちり点数で分けておられるそうですが、、。 現実に、P1から明らかに落ちるはずの成績のお子さんが、ご本人とご家族のご希望ということでP1のままです。 少々の差ならまあ心情的にわからないでもないですが、まったく届くわけのないお子さんがご本人のご希望ということでP1にいらっしゃいます。 (志望校判定テストではもちろんE判定だったそうです。 )他塾生の中でも有名なこの珍現象、通塾中の皆様はご存知ではないんでしょうか? この「希望制」導入で希に疑問を持ち始めて転塾された方、私の身の周りだけでも複数いらっしゃいますが。 あ、念のため、私は特に希に恨みも何もありません。 ただ純粋に、通塾中の方がなんでご存知ないのか、疑問に思いましたもので。 あの、、、様の仰ってる意味がやっとわかりました。 失礼いたしました。 通塾中ですが、存じてますよ。 確かにいます。 友人にもいらっしゃいますが、どなたもただ先生に無茶なんだいを言ってるのではなく、そのご家庭の志望校がたまたま《最難関、難関校》ゆえに、どうしてもPで有る必要があると。 勿論先生も普段の授業態度も見てらっしゃるそうです。 私個人の意見ですが、ただ偏差値で《君はこの学校のレベルだからこのクラスはダメ!》 というより。 受験という子供と親と先生達の戦いで、目標がある! ならば《このクラスに張り付くチャンスをあげよう!》 というのは、塾を利用している私達親としては有難いと思うのですが? 友人のお子様も逆に奮起して、言葉は悪いですが張り付こうと一生懸命です! 高望みと言われようと、目標をもって、漠然とするより高みを目指す親子と、応えようとしてくださる塾の姿勢に、感謝しかありません。 どうか? という疑問も特に抱きません。 あくまでも個人意見ですが。 今年度は「誰でも」、希望すればPコースかCコースかは選べるシステムになったのですよね。 少しの点数差でPコースの内容が継続できなくなって、 ますます点数が下がる傾向になってしまうという心配は要らないのはとても安心だと思います。 Cコースも基礎といっても難関校受験の基礎ですから、 あえて希望して着々と不動の底力、絶対的に安定した実力を獲得されていらっしゃるかたも、 これは昨年度もですが、当然いらっしゃることでしょう。 Pを受けていてPを受け続けたい場合の、結果を出せるように頑張るという 昨年度のような強いモチベーションを失わせないために、P0、P1、P2を厳格に設定し、 P0をキープするために、あるいはP0を目指して、公開などのテストや復テの点数に深刻に真剣に取り組む、 ここに強いモチベーションも厳然と存在する、こういったシステムですよね。 P2にいて、先生方に、とりあえずCをやった方が良いと言われることもあるのかもしれませんが、 それは純粋に経験豊富な先生方の、その生徒さん自身のためのみの合格のためのアドバイスのひとつであり、 しかしながら、それでもCの内容はオンデマンドなどで補いながらどうしてもP2で受講したいという場合、 それが本当にためになるかはともかく、誰でも希望どうりP2(つまりPコースの内容)を受講し続けることのできる制度なのでは。

次の

希の4,5年生 学習の方法|塾ソムリエ西村則康(にしむら のりやす)

希 学園 クラス 替え

小学校の偶数年生(2、4年生)の年度末、クラス分け、ありますよね。 今回はそのクラス分けの決め方について、元担任の経験から、「小学校・クラス分けの決め方」についてお伝えします。 例えば学年3クラスならば、まず担任が旧クラスを3等分します。 そして、学年の教員、この例の場合だったら3人で、各々がつくった3つのグループを組み合わせて新しいクラスをつくります。 これが一般的に行われているクラス分けの方法です。 このように学年の教員で結論が出た後、最終的に専科教員や管理職が助言や確認を行って正式決定、ということになります。 ですから、誰が決めているかというと、第一義的には、担任ということになります。 もちろん、担任が誰になるかによって、例えば新人のクラスには配慮を要する児童・保護者を少な目にして、学年主任のクラスを多めにする、ということはありますが、基本的には平等に分けるところが多いです。 これは細かいところは担任によって変わると思いますが、ほとんどの担任が最も注力するの、 「配慮を要する児童・保護者の振り分け」です。 要は、(複数の)問題のある児童・保護者を1つのクラスに入れないで、別々のクラスに分けるということです。 このように、担任は次年度以降子どもたちがより良く成長していけるよう(あと保護者や新担任にクレームを入れられないために)、クラス分けに頭を悩ませます。 その他にも、以下のような点を配慮して決定しています。 優先順位の高いものから書いていきます。 男女数、各クラス均等振り分け• モンスターペアレンツなどの問題のある保護者の振り分け• 学習障害、発達障害等特別な支援を要する児童の振り分け• 相性が合わない親同士の振り分け• 相性が合わない児童同士の振り分け• 学力差が出ないような振り分け• 運動能力差が出ないような振り分け• 居住地域に偏りが出ないような振り分け こんなところでしょうか。 担任はこれらの条件すべてを考慮してクラス分けを行います。 ちなみに、私は担任時代、なかなか決まらず何度も何度も分け直して、決めていました。 なお、新1年生の場合、直接的な情報が少ないためここまで細かくないですが、幼稚園・保育園・教育委員会からの書類や面談等の間接的な情報を得て、決定していきます。 彼らは、ウチの子は〇〇くんと合わないとか、〇〇くんは授業妨害するとか、そのような理由で担任にクラス分けについて懇願(要求)してきます。 〇〇くんが現在同じクラス(旧クラス)の場合もあるし、現在は違うクラス(同じ学年)の場合もあります。 これ、効果があるかというと、あんまりバラすと良くないかもしれませんが、 効果あります。 理由は、 学校側はクレームを入れられたくないからです。 もしそのような懇願があった場合で、次年度同じクラスにしてトラブルが起きたらどうでしょう。 想像に難くないですよね、間違いなくクレーム入れてきます、「昨年末言いましたよね、違うクラスにしてくださいって」って。 ですから学校はそれを恐れて、保護者の懇願(要求)をのむケースが私の経験では多いです。 私個人としては、そんなのおかしいと思います、言ったもん勝ちなんて。 ワガママ言う保護者もおかしいけれど、それをのむ学校もな~って感じです。 ただし、そのような懇願(要求)を行うと、職員室内で情報が共有される可能性が大です。 なぜなら、担任は必ず管理職に報告するからです。 ですから、学校の先生たちに あそこの保護者は程度が低いと思われてしまうリスクが大きいですからね。 そのようなリスクを承知のもと、どうしても、どうしても、ということであれば懇願(要求)を行うのも(本当は良くないけれど)良いのではないでしょうか。 くれぐれも気軽な気持ちで行わない方が良い、ということです。 ちなみに、私は同僚の担任が保護者から、「ウチの子は過去〇〇くんとこのようなことがあって、から始まり、もし同じクラスになったら学校に責任をとってもらいますからね!」というA4用紙3枚にびっしり書かれた、もう脅迫レベルの要求(もはや懇願ではない)を見たことがあります。 こういう懇願、担任・学校は間違いなく疲弊しますので、万が一行うときはくれぐれも丁重に。 クラス分けの決め方を知っていると、我が子にも説明できますし、クラス分け後の学年の子どもたちを見てもまた違った視点で見ることができるかと思います。 また、時代の変化に対応できないPTAの問題や職員室の内情にも切り込んでいく。 子どもファーストで動かない学校。 そのような学校とどのように対峙したら良いのか。 連絡帳の書き方や通知表の見方等、担任や学校と信頼関係を築きたい保護者へのアドバイスも行う。 保護者、教育関係者必読の書である。 元小学校教員。 都市部の公立小学校3校での勤務を経験。 退職後、担任としての経験・知識を生かし、保護者や教育関係者等に有意義な情報をお伝えするべく、当ブログを開設。 touwaあっとgmail. com よく読まれている記事TOP10• 446. 1k件のビュー• 400. 3k件のビュー• 303k件のビュー• 282. 1k件のビュー• 228. 6k件のビュー• 159. 5k件のビュー• 136. 7k件のビュー• 101. 5k件のビュー• 3k件のビュー• 9k件のビュー.

次の

【中学受験】希学園 四条烏丸教室の評判・基本情報!料金や開館時間を紹介

希 学園 クラス 替え

希学園3つのポイント• 基本方針5か条• 自主的に学習する子どもを育てる指導• 魅力あるオリジナルカリキュラム 基本方針5か条 希学園は特色ある5か条の基本方針を掲げ、難関校の合格をめざしています。 希学園は主として、難関中を目指す者を対象とする多数精鋭のスーパーエリート塾である。 「切磋琢磨」する努力を尊重する。 熱血講師による魅力ある授業のみ提供する。 科学的なデータと指導経験に基づく受験指導こそが真の受験指導である。 人に迷惑をかけない、自分を律する不屈の精神力を培う。 上記のように自ら目標に向かって学ぶことの大切さを重要視する希学園では、 努力を怠らない精神力を養えると言えるでしょう。 自主的に学習する子どもを育てる指導 希学園では生徒に自主学習を促す指導を行っています。 以下ではその指導法を紹介します。 努力の重要性を塾生集会で何度も呼びかけることで、目標のために 自主的に学習を行う精神を養成します。 授業内で自主学習の時間を設けて、 自主学習の習慣化を図っています。 成績に基づいたクラス替えや授業ごとの宿題プリントによる丁寧な点検・評価を行い、自身の 学習の成果や実力を確認させます。 このように学習意欲を向上させる指導を行う希学園では、難関中学合格に必要な 強い精神力を養うことができると言えるでしょう。 魅力あるオリジナルカリキュラム 希学園では、塾特有のカリキュラムを組んでいます。 以下ではそのカリキュラムの内容を紹介します。 小4で学習した単元を深度を深めて小5、小6で再度学習する スパイラル方式学習を採用しています。 そのため、 学習内容の定着と応用力強化が期待できます。 生徒一人ひとりのことを熟知した講師陣による進路指導・教育相談を設けて、 志望校合格のための学習計画を立てます。 受験に精通した希学園の講師が作成したオリジナル教材を用意しているので、 効率的な入試対策を行うことができます。 このようなカリキュラムを組んでいる希学園だからこそ、難関校受験対策を効率的に行えるのでしょう。 希学園の教育方針 希学園は「 克己心を持って自らつかみ取る難関校合格」を教育方針に掲げています。 一人ひとりに合った指導とオリジナル教材に基づく濃密な授業は、 生徒の学習意欲を底上げし克己心を形成する礎になっています。 このように希学園は、塾独自の指導方法によって自身の教育方針を体現していると言えるでしょう。 希学園の合格実績 ここまで希学園(希学園)の強さの秘訣をお伝えしてきましたが、実際にどれほどの合格者を輩出しているのか2018年最新の中学受験合格者を確認してみましょう。 2018年最新|希学園 中学受験の合格実績 希学園のコース さて、希学園が難関中学へ数多くの合格者を輩出していることは合格実績を確認するだけでも一目瞭然と言えます。 では、実際に希学園では、どのような授業提供しているのか?学年別のコースも確認したいと思います。 希学園小学生向けのコース 希学園の小学生向けコースは、低学年と高学年で授業方針が異なります。 低学年の間は学ぶ面白さの発見と学習習慣の確立を目的としたカリキュラムになっています。 一方、高学年からは本格的な中学受験に向けての学習がスタートします。 多様な選択授業が展開されており、苦手な教科を重点的に学ぶことができます。 それでは、希学園の小学生向けコースについて確認してみましょう。 コース名 対象学年 内容 最高レベル演習算数 全学年 低学年においては、学ぶ楽しさの経験と学習習慣の確立を目的とした内容となっています。 中学年からは、じっくりと問題を考えていく思考力と探求心を養います。 また、未習範囲のハイレベルな演習を行うことで、応用力をつけることを目的とした講座です。 高学年では、実際の入試に向けた応用問題演習を中心に学んでいく講座です。 実戦レベル演習算数 小5・小6 最高レベル演習よりも高いレベルの応用問題演習を通して、最難関中学の算数を突破することを目的とした講座です。 計算塾 小1・小2 講義の中で、基礎的な計算方法だけではなく、計算法の工夫なども随時取り入れることで、計算力の向上と計算練習の習慣を身につけることを目的とした講座です。 また、パズルや積み木教材を用いた講義では、図形の感覚を養うこともできます。 こくご道場 小2 楽しく展開する授業を通して、自己表現力や問題解決能力につながる「こくご力」を鍛える事を目的とした講座です。 ベーシック算数 小3 算数を好きになることを目標に、考えることを好きになれるような楽しい授業が展開されています。 ベーシック国語 小3 丁寧に文字を書く力や基礎的な語彙力、文章読解力を鍛えることを目的とした講座です。 主に最難関中学校を目指す生徒に向けた講座です。 4年次は週に2日、5年次は3日、6年次では4日と学年ごとに授業日数が異なっています。 4年次の学習内容を5年次・6年次に再度学び直し、理解を深めることが出来る、スパイラル方式学習という制度が取り入れられているコースです。 志望校別特訓 小6 月に2日開講される講座で、7月以前は受講必須となっています。 ユニークな出題傾向を持つ中学校別に、過去問や予想問題を用いて対策を行う講座です。 筑駒・灘特訓(算数) 小5・小6 5年次には月に2日、6年次には週に1日開講され、筑駒中と灘中を突破するための学力を伸ばすことを目的としています。 国語記述特訓 小6 入試国語の記述問題でより高い点数を取ることができるように、記述の型や文法力を重点的に身に着けることを目的とした講座です。 国語読解特訓 小6 入試国語の読解問題を解く力を養うための講座です。 最高レベル演習理科 小6 表の作成・読み取りなどの発展的に考える力を養う事を目的とした講座です。 希学園の料金 希学園の料金は一般的な学習塾と比較すると 「高い」傾向にあります。 熱血教師による手厚いフォロー体制や質の高いオリジナル教材の研究を継続するためには、相当なコストがかかってしまいます。 そのため、 一般的な学習塾よりも受講料が上がってしまうことは、むしろ自然なことだと考えるべきでしょう。 では、希学園の料金について学年とコース別に紹介をしたいと思います。 希学園の分析結果のまとめ 希学園がなぜ難関中学への合格者を多数輩出できるのか?特徴、教育方針、合格実績などから分析を行いました。 結論、「 塾独自のカリキュラムによって効率的な受験対策を行うこと」が強さの秘訣だと言えます。 子どもの将来を決める難関中学への合格を目指す方にとって、希学園は非常に的確な一手と言えるでしょう。

次の