モンスト究極攻略。 【モンスト】アドミニストレータ【究極】攻略と適正キャラランキング|SAOコラボ第2弾

【モンスト】ヴァサゴ【究極】攻略と適正キャラランキング|SAOコラボ第2弾

モンスト究極攻略

攻略Twitter 攻略情報一覧• 最新ニュース・速報• ランキング 注目ランキング• その他のランキング• ガチャイベント• 定期開催ガチャ• クエスト攻略• SAO第2弾コラボ• EXステージ等• 英雄の神殿• ノマクエ・ランク上げ• システム関連• チェッカーツール• お役立ち情報• 育成素材の入手方法• 初心者おすすめ記事• 獣神化『パーシヴァル』の性能判明! 『SAOコラボ第2弾』が開催中! モンスト真イシス しんいしす 降臨クエスト「真理を掲ぐる者 超究極 」の攻略手順やギミック、適正 適性 キャラなどを紹介しています。 『真イシス 新イシス 』のクエスト攻略や周回の参考にしてください。 いきなり超究極に挑戦することはできないので注意しましょう。 当たり前ですが進化できないと星5のままですので、超究極1勝を目指して頑張りましょう。 対策なしではまともに動けずクリアが困難ですので、火属性の反減速壁持ちで固めて挑戦しましょう。 ウィンド対策は3体以上が理想 ウィンド対策のないキャラを複数編成すると、引き寄せによりキャラが重なった状態になり撃種の調整が困難になります。 素早い雑魚処理が重要となるクエストなので、ウィンド非対応キャラは編成しても1体までがおすすめです。 同族の複数編成には要注意 ホルスが高頻度でトライブパルスを使用します。 1ヒットあたりの威力が1万2000とかなり高く、同種族で固めてしまうと非常に危険です。 素早く処理すれば受けることはないものの、なるべく種族を固めない方が安全です。 紋章「伝染抵抗・上」で対処可能 アイコン 効果 紋章力 魂気 伝染抵抗・上 トライブパルスの伝染無効 7000 20000 魂の紋章「伝染抵抗・上」を装着することで、危険なトライブパルスの被ダメージを軽減することができます。 適正キャラが狭く同種族キャラを編成せざるを得ないので、伝染抵抗・上を装着してトライブパルスの対策をしましょう。 敵によって反射・貫通をうまく切り替えることが攻略のポイントとなるので、味方の配置にも気をつけながら立ち回る必要があります。 セトは貫通制限なので注意が必要 クエスト通して頻繁に登場するセトは貫通制限です。 そのため、貫通状態で攻撃すると大きな減速を受け、弱点を攻撃しても処理することが困難です。 セトに攻撃する際は必ず反射状態にしてから行うようにしましょう。 また、配置の関係で弱点を出現できない場合は、反射状態で複数回攻撃を行えばHPを大きく削ることも可能です。 どちらも弱点攻撃でのみダメージが通るので、弱点を移動させた後に的確に弱点を攻撃する必要があります。 特に雑魚の火力が高いので、ボスの弱点を攻撃して素早く雑魚に弱点を移しましょう。 多面体を同時処理してボスのバリアを破壊 中ボス・ボスはバリアを纏っており、これを破壊しないと大きな減速を受けてしまいます。 バリアはステージ上の多面体を全て処理した際の爆弾攻撃でのみ破壊可能なので、素早い多面体の処理を行いましょう。 特にネフティスは水属性のトライデントレーザーを使用するので、近距離で3本分受けると非常に危険です。 雑魚は召喚され次第速やかに処理して被ダメージを抑える必要があります。 12ターンの貫通化SSで雑魚処理が楽に。 高い直殴り火力。 超強防御ダウンブラストが火力のサポートに。 8ターンの自強化系SSは雑魚処理に有効。 貴重な両ギミック対応キャラ。 高スピードで雑魚処理もしやすい。 回復MがHP管理に有効。 友情ビット展開SSは雑魚処理・ボス火力に貢献。 2種の友情が雑魚処理に大きく貢献。 ゼフォンとアザトースをきちんと編成でき、紋章やわくわくの実などを用いれば真アマテラスや真伊達政宗よりも攻略しやすい印象ですが、ガチャキャラの枠が減るほどに攻略の難易度がかなり上がってしまいます。 降臨キャラは現状マルクトしか使えない ギミック対応かつスピードのあるマルクト以外の降臨キャラを用いた攻略は困難です。 手持ちが少ない方はマルクトでクエストを貼り、ゼフォンやアザトースを募集する方が良いかもしれません。 また、中ボス戦の削りを補助できる兵命削りやHP管理を多少なり楽にしてくれるハート強化なども有効ですので、編成するキャラのわくわくの実は被らないように厳選しておきましょう。 有効な紋章 ソウルスキル 有効な紋章 対木の心得 対弱の心得 対火の心得 収檻回避 特にゼフォン 火力の底上げとなる「対木・対弱の心得」はもちろん、オシリス削りを補強できる「対火の心得」やセトの友情コンボロック対策となる「収檻回避」が有効です。 特に加速友情を持ったゼフォンは「収檻回避」の恩恵が大きいので出来ればつけておきましょう。 「伝染抵抗」も有効 随所で出現するホルスがトライブパルスを放ちます。 処理がうまくいけば必要ないものの、1hitの火力が高いため、同族キャラの編成数が多い場合は空いている枠に装着しておくと事故を減らせます。 初手を反射キャラにしておくとホルスを間に挟んで処理しやすいです。 ネフティスとセトはレザバリ有り同士と無し同士で蘇生ペアとなっています。 ネフティスは貫通状態で弱点を攻撃し、セトは反射状態で弱点を攻撃しましょう。 特にセトは貫通制限扱いなので反射化していないと弱点を攻撃しても倒しきれないことが有ります。 非常に危険なので、蘇生されるたび早めに倒しましょう。 なお、セトは弱点攻撃で確実に処理するのが安パイですが、反射状態での真横カンであれば弱点なしでも削りきることは可能です。 召喚された多面体がボスを回復する上、クロスドクロで発動する爆弾なしではボスのバリアを破壊できませんので、手早く同時処理を行いましょう。 なお、オシリスが3ターンごとにネフティス2体を召喚するため、1体ずつ処理していたのではオシリスを削るターンが少なくなってしまいます。 状況にもよりますが、ゼフォンやアザトースのSSを使ってでも手早く処理していきましょう。 同時処理してバリアを破壊する必要がありますが、中央のホルスが邪魔になるので1手目で反射状態で挟まるのが理想です。 多面体処理後は弱点を集中攻撃してダメージを稼ぐ必要がありますが、ネフティスを処理しなければ弱点が移動してしまいます。 貫通状態でネフティスの弱点を貫いて処理しましょう。 ボス戦1のボス弱点は反射状態でも攻撃可能なため、壁との間に潜り込んで大ダメージを狙いましょう。 弱点攻撃で処理可能ですが、配置次第では反射状態で複数回殴ることで弱点なし状態でも処理できます。 多面体は対角線上に配置されているため、雑魚処理の難易度がかなり高いです。 召喚2ターン後にはセトが召喚されるのでSSを使用も検討して様々なルートを模索して早期に処理しましょう。 雑魚全処理後はボスの即死攻撃までターンが短いのでしっかりと弱点を貫いてHPを削っていきましょう。 その後、ボスが多面体を呼び出すため、多面体を同時に処理しましょう。 同時処理には自強化SSを使っても問題ありません。 多面体の緑ドクロで配置転換が行われ、ボスの弱点を殴れるようになります。 そのため弱点を素早く移動させ、雑魚を順次倒していきましょう。 ボス削りはこれまでと変わらず弱点への直殴りを中心に行います。 左の数字で雑魚の蘇生が行われた後は、移動後の弱点を攻撃し素早く雑魚処理を終えボス削りに戻りましょう。 あらかじめご了承ください。 ・公序良俗に反する投稿 ・スパムなど、記事内容と関係のない投稿 ・誰かになりすます行為 ・個人情報の投稿や、他者のプライバシーを侵害する投稿 ・一度削除された投稿を再び投稿すること ・外部サイトへの誘導や宣伝 ・アカウントの売買など金銭が絡む内容の投稿 ・各ゲームのネタバレを含む内容の投稿 ・その他、管理者が不適切と判断した投稿 コメントの削除につきましては下記フォームより申請をいただけますでしょうか。 ご了承ください。 また、過度な利用規約の違反や、弊社に損害の及ぶ内容の書き込みがあった場合は、法的措置をとらせていただく場合もございますので、あらかじめご理解くださいませ。 メールアドレスが公開されることはありません。 コメント 名前•

次の

【モンスト】真イシス(超究極)の適正キャラと攻略

モンスト究極攻略

ドクロ付きザコ敵を倒してハートパネルを起動 ハートが出現しないクエストで、ハートパネルが回復手段となる。 ダメージを負いつつ攻撃する必要があるため、自滅する可能性がある。 ドクロ付きのザコ敵を倒してハートパネルを早めに起動し、回復手段を確保しよう。 また、こちらのHPがある程度減っているときは、回復に専念することも重要。 例外として、我妻善逸はボス1で自傷しつつSSを使えば、ゲージ飛ばしを狙えるため周回にオススメだ。 ステージ1 1. 3体のジンジャーをひと筆書きで倒す 2. バジリスクを同ターン処理 3体のジンジャーをすべて倒すとハートパネルが起動する。 バジリスクは相互に蘇生し、ダメージウォールに触れて攻撃力を高めないと、ほぼHPを削れない。 ダメージウォールを経由しつつ弱点を直接攻撃しよう。 また、こちらのHPが減っているときは、回復に専念することも重要になる。 ほかのステージでも適宜に回復を行おう。 ダメージウォール展開後 ステージ2 1. ジンジャーを倒す 2. バジリスクを同ターン処理 ジンジャーはSS遅延を放つため、速やかに処理しよう。 バジリスクは上数字のときに即死級の白爆発を放つ。 突破するには同ターン処理が必要だが、状況によっては、白爆発の攻撃をくり出すバジリスクを優先で倒すなど、白爆発の攻撃だけは阻止したい。 ダメージウォール展開後 ステージ3 1. 4体のジンジャーをすべて倒す 2. 中ボスを撃破 ジンジャーは相互蘇生しないものの、なるべく1ターンですべて倒したい。 ダメージウォールは中ボスの左右に展開する。 中ボスはHPを毎ターン回復するため、地雷やダメージウォールにふれつつ、一気にHPを削ろう。 ただし、いずれもHPを大きく失うため、合わせてハートパネルで回復もしておくこと。 ダメージウォール展開後 ステージ4 1. 4体のジンジャーを倒す 2. 中ボスを撃破 ジンジャーのSS遅延の攻撃が厄介なため、1ターン後に攻撃を仕掛けてくる上下の2体を優先的に処理する。 ジンジャーを全滅後は、ダメージウォールやダメージスモッグに触れつつ、ボスの弱点を直接攻撃しよう。 ただし、HPが残り少ない場合は、ステージ右側でタテに弾いてハートパネルで回復に専念したほうが安全だ。 ダメージスモッグ展開後 ステージ5 1. 3体のジンジャーを倒す 2. バジリスクを同ターン処理 まずは3体のジンジャーを素早く倒し、回復手段を確保しよう。 バジリスクは上数字の攻撃で高威力の白爆発を放つ。 同ターン処理が難しい場合は、白爆発までのターン数を確認し、直前に迫った敵を優先して倒すなど、適宜に立ち回りたい。 ダメージウォール展開後 ボス1 1. ジンジャーを倒す 2. バジリスクを同ターン処理 3. ボスを撃破 ジンジャーは必ず初手で倒し、ハートパネルを起動させておこう。 バジリスクはは3体同時の処理が難しいため、処理に自強化系SSを使ってもいい。 バジリスクの全滅後は、ボスの下にダメージスモッグが展開する。 完全にタテ方向に弾くとビットンがジャマをして思うようにダメージを稼ぎにくいため、ハートパネルを経由し、HPをある程度確保できるルートで立ち回ろう。 ダメージスモッグ展開後 ボス2 1. すべてのジンジャーを倒す 2. ボスを撃破 ジンジャーは1手ですべてを倒すのが理想だが、難しい場合は攻撃ターンが少ないものから確実に処理すること。 全滅後はハートパネルが起動するので、左側から角度を付けて弾き、ボスの弱点を経由して、最終的にハートパネルでHPを回復する立ち回りが安全だ。 ダメージスモッグ展開後 ボス3 1. 2体のジンジャーを倒す 2. ヴリトラを倒す 3. バジリスクを同ターン処理 4. ボスを撃破 ヴリトラの対処がいちばん厄介なので、SSを使うのも考慮しながら立ち回りたい。 また、ボスの攻撃もあるため、HP管理に十分に注意したい。 ヴリトラを倒すと、ボスが中央に移動し、バジリスクがハートパネルの上に2体登場する。 自走系SSでダメージスモッグとバジリスクを経由しつつ、ボスの弱点を攻撃できるルートを狙いたい。 ヴリトラ処理後 あわせて読みたい 『ソードアート・オンライン アリシゼーション』コラボ第2弾.

次の

【モンスト】降臨クエストの攻略難易度一覧

モンスト究極攻略

そのため直接敵を攻撃するのではなく、 必ず複数の味方にふれてから敵を攻撃する必要がある。 攻撃する際の立ち回りとしては、2体ふれ&弱点を1回攻撃よりも、3体ふれ&弱点以外を複数攻撃の方が火力を出せる。 1:次に動く味方の混乱を回復• 2:味方に触れて伊達政宗の弱点を攻撃 伊達政宗が初回以降、3ターン毎に混乱を味方3体(動かすキャラ以外)に放つ。 混乱状態で動くと1ふれにつき1万ダメージを受けるため、解除は必須。 特に、 必ず次に動く味方の混乱は回復しておこう。 味方3体にふれることを優先 味方にふれることに加え、弱点ヒットでないと満足にボスのダメージを稼げない。 2体と3体では倍率に大きな差があるので、3体ふれることを最優先に弾こう。 敵は移動するので、配置はそこまで気にしなくて良い。 1:珠を2体とも倒す(間に挟まるのが理想)• 2:サムライと竜2体を同時処理• 3:中ボスの伊達政宗を倒す 珠が伝染霧と白爆発攻撃をするため、最優先で処理。 間に挟まっての同時処理が理想だが、無理なら最低でも1体は処理しよう。 味方3体にふれれば、ワンパンで処理できる。 サムライと竜は3体同時処理が必要で、処理後はボスが移動する。 クロスドクロ発動後.

次の