ヘモグロビン a1c 正常 値。 糖尿病のヘモグロビンA1c(HbA1c)基準値とは?

ヘモグロビンA1c 正常値 | すぐわかる!血糖値の正常値 年代別の平均値

ヘモグロビン a1c 正常 値

JDS値とNGSP値の違い:HbA1c値 表記方法の変更について 2012年4月より医療機関で表記されるHbA1c値が変わりました。 2013年4月からは健康診断結果のHbA1c値表記もJDS値からNGSP値に変更されます。 たとえばこれまでHbA1c値が6. 0%だったひとは6. 4%となりますが、これは決して血糖値が上がったわけではありません。 日本独自の表記だった方法を国際的に広く使われている表記にかえるだけです。 これまでの表記をJDS値、国際標準の新しい表記をNGSP値 と呼び、およそ以下の式で換算できます。 JDS値+0. 9%(NGSP値)未満に変更となります。 決して目標値がゆるくなったわけでもありません。 間違いを防止するために HbA1c値を見るときは「JDS値」か「NGSP値」かを必ず確認するようにしましょう。 健康診断では2012年度まではJDS値、2013年度よりNGSP値で結果が伝えられます。 この変更にともなって血糖コントロールの目標がわかりやすくなりました。 (2013年の熊本の糖尿病学会で発表されましたので熊本宣言といいます) ふだんの血糖値によるHbA1c値のめやすは、JDS値では次のとおりですが、 HbA1c値(JDS値) 5. 8%未満 5. 8-6. 4% 6. 5-7. 9% 8. HbA1c値(NGSP値) 6. 2%未満 6. 2-6. 8% 6. 9-8. 3% 8. 初診でも電話予約が可能です。 JDS値を用いて診断する場合、6. NGSP値を用いて診断する場合、6. 正確には以下の式で換算できます。 NGSP値で5. 3〜10. 3〜15. 0〜9. 0〜14.

次の

ヘモグロビンの基準値・正常値ってどのくらい?

ヘモグロビン a1c 正常 値

いくつかの病気の治療では、ヘモグロビンa1cを下げる事が目標となるのですが、それには、まず普段の血糖値を低くすることから始めます。 血糖値を下げることは、ヘモグロビンa1cを下げる近道です。 それには、病院などで食事指導をしてもらって、それに従った血糖値を下げる正しい食事をとるとともに、運動もしっかり行います。 それが平均血糖値の上昇を抑える簡単で確実な方法です。 特に血糖値というのは食後に上昇するので、食後の運動や、糖の吸収を穏やかにしてくれる食品などもあるので、その中から自分に合った方法を試しながら、血糖値対策をするというのもひとつの方法かと思います。 そうやって一日の平均血糖値を低くして、それを1~2か月続けることでヘモグロビンa1cを下げる事ができます。 通常は、そのようにして1~2ヶ月で1%ずつ落としていく方法を用います。 その方が体に負担はかかりにくいのですが、しかし、手術などでやむを得ず急いで下げる場合もあるようです。 そうならないためにも、日々の食生活や運動が大切になってくるというわけですね。 数値を下げる目安 ヘモグロビンa1cの数値を急激に下げると血管に衝撃を与え、細い血管の集まっている網膜がむくむんだり、炎症を起こして出血するなどの弊害が出てきます。 ですので、ヘモグロビンa1cの数値を下げる目標は、 半年間で、2%ずつ(10. 8)という目安で減らすのが理想のようです。 空腹時の血糖値とヘモグロビンa1cの両方共に正常な基準内であれば、食後の血糖値を気にしなくても大丈夫です。 しかし、この時に気をつけなければならないのは、ヘモグロビンa1cが6. この場合、空腹時血糖値が正常であっても、食後血糖値が急激に上昇する可能性があることが分かっています。 病気によって空腹時血糖値よりも、食後血糖値を重視することが有効な場合もあるので、ご自身がどちらに偏っているのか、ということを知っておくのも大事かと思います。

次の

ヘモグロビンの基準値・正常値ってどのくらい?

ヘモグロビン a1c 正常 値

高血糖状態が招く3大合併症 細小血管障害 では、なぜ健診で高血糖(または糖尿病)を指摘されたら検査・治療を開始しなければならないのでしょう。 それは、 特に症状のない場合でも、糖尿病の3大合併症が進行してしまう可能性があるためです。 末期になるまで視力障害などの自覚症状に乏しく進行していく過程で眼底出血を起こし、突然失明してしまう原因になります。 現在、本邦の新規人工透析導入の約半数は糖尿病腎症が原因となっています。 末梢神経障害では足の痺れ、冷感、つり自律神経障害では立ちくらみ、排尿障害、排便障害、ED、また足の病変では足の感覚低下が起こり、足の潰瘍から足壊疽(切断になる可能性あり)を起こします。 そのほか、血糖コントロール以外にも 血圧や脂質(LDLコレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪)の管理も重要となります。 動脈硬化 大血管障害 を招くリスクも 高血糖の状態が続くと、太い血管では 動脈硬化(大血管障害)が加速します。 動脈硬化のリスクとして、糖尿病のほかに高血圧・脂質異常・喫煙などがあります。 長年の糖尿病・高血圧・脂質異常が動脈硬化を進展させ、最終的には 心筋梗塞・脳梗塞などを引き起こします。 これは、 症状が出現した時には重篤な状態となってしまう事が多く、早期からの治療が必要となります。 動脈硬化においても血糖コントロールと同時に高血圧・脂質異常の治療も重要になってきます。 現在、糖尿病薬には、動脈硬化に良い効果があると考えられる「 SGLT2阻害薬」「 GLP-1受容体作動薬」「 BG剤(ビグアナイド)」がありますので、個々に合わせた有効な治療薬の選択が重要となってきています。

次の