マルティン ウーデゴール。 【ウイイレアプリ2020】マルティンエデゴーアの能力と使い方【確定スカウト】|ゲームエイト

ウーデゴール、レアル入団5年で市場価値が11倍に

マルティン ウーデゴール

Question ウーデゴールは、どこへパスを出したか? 今季、レアル・ソシエダはラ・リーガ4位につけ、2012-13シーズン以来のチャンピオンズリーグ出場権獲得に向けてし烈な争いを演じている。 その躍進の中心にはひとりの若き天才がいる。 ノルウェー代表の21歳、マルティン・ウーデゴールだ。 ウーデゴールは2014年にストレームスゴトセトで15歳118日という若さでプロデビュー。 創造性あるプレーでノルウェーの神童と謳われた。 16歳になると数多のビッグクラブからオファーが殺到するなか、レアル・マドリードが獲得に成功した。 しかし、鳴り物入りで加入しながらトップチームに定着できず、レンタルでの武者修行に出る。 過大評価の烙印を押されたウーデゴールだが、オランダで着実に才能を磨いた。 そして今季レアル・ソシエダで公式戦28試合に出場し、7得点8アシストとその力を証明している。 前線には3人の味方が。 第6節アラベス戦は、その創造性を象徴するシーンが生まれる。 前半19分、ウーデゴールが中盤で前を向くと、前線には味方が3人いた。 このあと、ウーデゴールはどこへパスを出しただろうか?.

次の

レアル・マドリード移籍組対決、久保とウーデゴールで明暗くっきり。マジョルカ再びアウェー完敗 | ガジェット通信 GetNews

マルティン ウーデゴール

今季ソシエダで目覚ましい活躍を披露する腕ーゴールは、今季終了後にレアル・マドリーに復帰する可能性が噂されている。 21日のラ・リーガ第30節ソシエダ戦を前に会見に臨んだジダン監督は、その可能性を問われて次のようにコメントした。 「彼が私たちの選手であるというのは素晴らしい。 彼は現在、そして未来の選手だからね。 ラ・レアルでは本当に良いプレーを見せている。 私たちがマルティンをどう取り扱うかは言わないよ。 今は違うクラブでプレーしているわけだからね」 「彼をどう扱うかは、これから明らかにされることだ。 私たちは彼のことをよく分かっているし、ラ・レアルはそのクオリティーをしっかりと生かしている」 ジダン監督はまた、最近ゲームメイク、ゴールの両面で結果を残すFWカリム・ベンゼマについても触れている。 「彼はそこまで変わっていない。 唯一変わったのは年齢と経験だろう。 彼は長年にわたってマドリーでプレーしているが、私からすれば同じ選手であり続けている。 もちろん本人は常に進化を果たそうとしている。 彼は様々なことに気を遣いながら、その野心を維持しているんだ」 「彼はボールを通じて全員と連係を取ることを好んでいる。 マドリーの9番はゴールを決めなければならないという外部の意見に、私は納得していない。 彼は多くのことで貢献してくれている。 ゴールも決めるならば、なお一層素晴らしいが、しかし私はゴールだけを決めて試合で存在感のない9番に興味がない。 カリムは二つのことができるんだよ」.

次の

【ウイイレ2020】マルティン エデゴーア(ウーデゴール)のレべマ能力値&確定スカウト|輝きを取り戻した天才レフティー|yasublog

マルティン ウーデゴール

この記事の内容• ウーデゴールの今後は? ウーデゴールの今後は、一応、レアル・ソシエダでプレーすることが契約になっています。 先ほど書いたように、契約が残っています。 しかし、レンタル移籍なので、レアル・マドリードが戻ってきてほしいという可能性があります。 その時に、ウーデゴールが、どう考えるのか?注目されています。 現在、レアル・ソシエダの攻撃をけん引しており、素晴らしいパフォーマンスを見せています。 これも、クラブのスタイルとスタメンで出場できているからこその結果でしょう。 レアル・マドリードに復帰をしたとしても同じようにはいかないことが心配ですね。 試合に出られるかが1番の問題であり、出られなくなれば、パフォーマンスが落ちてくる。 それに、クラブのスタイルに合っているのか?も気になるところ。 私の願いとしては、レアル・ソシエダで、もう1シーズンプレーをしてほしい。 移籍1年目で、ここまでできているのですが、2年目も上手くできるか?見て見たい。 これができるようであれば、レアル・マドリードに戻っても上手くできるような気がします。 ジダン監督、レアル・マドリードの首脳陣には、ウーデゴールの成長のために、もう1シーズンだけプレーさせてほしいと思います。 UEFAチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグでプレーできる可能性があるので、そちらも経験させてほしい。 レアル・マドリードでもできますが、主力として経験はできないはず。 ウーデゴールも考えていると思われます。 ウーデゴール🗣 「僕にはマドリーとの契約がある。 時々、彼らは連絡してきて僕をどう見ているか伝えてくれる。 この前は僕のリーガでの良いスタートを祝って、褒めてくれた。 それまでは、ニュースなどで確認するしかないですね。 ウーデゴールの代わりにはなれるかもしれません。 久保建英も同じようなプレースタイルですので。 久保建英にとっても良い環境なのではないでしょうか? 攻撃的なサッカーを展開するレアル・ソシエダは魅力的でしょう。 周りの選手もレベルが高いと思われますし、久保建英を活かしてくれると思います。 周りを活かすこともできるでしょう。 先ほども書きましたが、レアル・ソシエダは、UEFAチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ出場の可能性もありますので、魅力的でしょう。 多くの方は、久保建英にとって良い環境であると言われています。 ほぼ決定的とのこと。 同じ攻撃的MFのポジションに2人いるのか?という問題になりそうです。 そうなった場合、レアル・ソシエダは、ウーデゴールに残ってもらいたいと思うでしょう。 久保建英は、別のクラブへレンタル移籍となるのでしょうかね?2人を受け入れるという可能性もありますね。 私としては、ウーデゴールがいるとすれば、久保建英は別のクラブへ行った方が良いかなと思います。 共存できるのか?わかりませんが、久保建英の出番は少なくなりそう。 レベルは下がるかもしれませんが、オランダへ修行に行ってもよさそうな気がします。 ウーデゴールのようなルートになりますが、久保建英にとって良いことかもしれません。 久保建英が納得するかはわかりません。 スペインに拘る可能性は高いと思いますが・・・。 久保建英には、中堅から上位のクラブへレンタル移籍をしてもらい、そこで活躍できるのか?見て見たいですね。 周りのフォローが絶対的に少ないと、個の突破力は伸びやすい。 攻め手の選択肢が彼の中で増えていく。 レアル・マドリードにとって嬉しい悩み。 ウーデゴール、久保建英の今後について書いてみましたが、どうなることやら。 今後の2人の動向やレアル・マドリードの状況を確認していかないとですね。 次は、ウーデゴールと久保建英の大きな違いについて簡単に書いていきたいと思います。 ウーデゴールと久保建英の大きな違いとは? ウーデゴールと久保建英の攻撃のセンスは非の打ちどころがありません。 後は、実践で、どれだけやれるかだけでしょう。 2人の違いは、どこにあるのか?と言えば、守備力ぐらいだと思われます。 マジョルカの監督が、以前、インタビューに答えていた時のことです。 守備と戦術だよ。 正確なポジションニングの意識はしっかりと持たなければならない。 昔の乾貴士が言われていたことに似ています。 今では、乾貴士の守備は素晴らしいですよ! マジョルカ1年目なので、戦術、守備面は難しかったと思われます。 慣れてきて、どうなるかが、注目でしょう。 これも、実践の経験がものをいうので、多くの試合を経験すれば大丈夫だと思われます。 一方、ウーデゴールは武者修行の成果だと思います。 ボール奪取率が上がって来ているという情報もあります。 オランダで揉まれてきただけありますね。 様々なクラブでプレーをしてきたことで、クラブの戦術を理解するスピードが上がったのでしょう。 凄く、守備ができるというわけではないですが、意識の変化がもたらしたものだと言えます。 久保建英も守備に関しては良くなってきていると思えます。 どれだけ、実践を積んで磨けるか?今後の課題と言えるでしょうね。 できれば、チーム戦術が明確なクラブでプレーをしている姿を見て見たいです。 その時の久保建英の守備を見れば、評価が変わってくるのではないかと期待しています。 ウーデゴールと久保建英の動向ですが、変化が出てきましたので追記をしました。 ウーデゴールと久保建英の動向の変化は? ウーデゴールは復帰するのか?微妙な感じですね。 最終決定ではないようですが、ほぼ決まりのようです。 一方の久保建英ですが、PSG、ミランが獲得に動き始めたという報道が出ていましたね。 PSGは接触したようなことを報道されていましたが、PSGはないかなと思っています。 久保建英の移籍予想をされている方がいました。 予想が的確な気がします。 リーガの他チームも可能性が高かったのが意外ですが、可能性はアリですね。 私もソシエダが可能性が高く、1部残留できれば、マジョルカかなと思っています。 正直、残留した場合でも他のチームに行った方が、久保建英のタメにもなるので移籍はした方が良いでしょう。 来シーズンは、欧州の舞台で、久保建英が見られるのか?楽しみですね!.

次の