郡道美玲 ロア 不仲。 大規模VTuberグループとグループ内グループの認知のされ方について

好きを書き殴る

郡道美玲 ロア 不仲

先日、統合後の「プロジェクト」に関して、「無所属」扱いの新メンバー達をどう呼ぶか、という記事を書いた。 今回はそこから少し踏み込んだ内容の記事にしたいと考えているのだが、先日の記事にしても 単純に「名前がないと不便だから名前を付けよう」という話のつもりではなかった。 「言葉による呼び分け」というのは、ファンにとってその集団への愛着を表すことにも繋がる。 今でも「SEEDs出身者」に特有の空気や芸風を感じることがあったり、「無印1期生」に初期メンバーとしての貫禄を感じたり、などだ。 今後、単なる「プロジェクト」という大きなくくりだけではその愛着も表せないし、個性を発揮していくだろう新メンバー達が 「ただの無所属」としか扱われないのは寂しいもので、ある種の集り(ユニット)としての力が伝えにくくなるようにも思う。 65人を超え、これからも増え続けていくだろう巨大グループに対し、 一人一人を個人認識していくのはかなり困難なはずだ。 そのためにユニットや「グループ内グループ」というのは有効に働いていたのだが、統合発表後にが後輩を心配する相談をしていたのが思い出される。 それ自体は「杞憂せずに楽観的に考えよう」くらいの結論に終わっていたのだが、主に• グループ内で直接の先輩・後輩関係がなくなるので誰を頼るのか(誰が世話を焼くのか)がわかりにくい• グループの枠がなく、全員が公平なスタートになる代わりに完全な()になる ……のふたつが懸念されていたと思う。 蓋を開けてみると、今はどういう状態になっているのだろうか。 運営の理想とファンの消費行動のズレ この記事で書くことは、複雑になってきたグループの状況を自分で確認しなおすのが目的でもある。 だから「これが正しい」という結論を示したいわけではない。 とはいえ、自分も「頭のなかでまとまらなくなってきたな」と思うから書くことであって、他の人にも考える参考にはなるのではないかと思う。 例えば、ライバー達に直接送り付けられるクレーム……というか「お悩み」として、「全員追い切れなくて睡眠時間が足りない」だとか「配信時間を被らせるな」「長時間配信するな」というファンの心情が存在する。 自分が見ている範囲では、これらに対して 「こっちは全員追ってくれとも言ってないし、全部見ろとも言ってない」という率直な返しになりやすく、それ自体は当然のアンサーだと思うのだが、 「じゃあどんな見方をしたらいいのか」の解釈は様々だ。 その事実関係は確かめようがないものの、いちからを「芸能事務所」として見ればこれも当然のロジックではある。 大人数のタレントを所属させるメリットと言えば 「多様性のある需要をカバーできるようになること」であって、同じ方向性のタレントを集めて全員を好きになってもらうことではない。 ただし事実として、のファンは元々「無印一二期生」や「」「SEEDs」といった グループ内グループの関係性や総合力を愛するファンが多く、 「といえばグループ全体で生まれる魅力を楽しむこと」という観念を強く持ち続けているように感じる。 そこで運営思想と消費行動のズレが生じていると思われるのだが、グループを愛するファンの間でも 「プロジェクト全体を把握しきること」は不可能だと充分理解できている。 だからこそ、大きく断片化された「グループ内グループ」の存在が強く認識されていたのだが、いきなり「個人を好きになってくれればいい」と言われても首肯しにくいのだと言えるだろう。 これは余談だが、界隈でしばしば使われる用語に 「箱推し」というものがあって、これはリアルの「グループアイドル」業界の用語が元になっている。 本来は 「メンバー個人を特別に応援するよりもグループ全体を応援している」という博愛的なニュアンスにすぎない言葉だ。 だが、配信数が多い界隈では 「全員を応援する」の意味がなぜか 「全員の動画を全部追う」の意味に拡大解釈されやすく、その極端な「箱推し」思想が先ほどの「お悩み」にも繋がっている。 アイドルヲタクの世界では元々、 「現場ヲタ」(劇場公演やツアー、握手会などの現場に足を運ぶヲタク)と 「在宅ヲタ」(テレビ番組や雑誌、CDやDVD、など自宅で消費可能なメディアで楽しむヲタク)の棲み分けが大雑把にあって、その両立は難しいことがわかりきっている。 しかしのオタクにはまだ 「何を主に見て、何に見切りをつければいいのか」という基準が文化として成り立っていない、という問題になってくるのだろう。 結果として、 「本心では全てを追いたいのだがそれはできない」というフラストレーションが溜まりやすく、同時に 「何を基準にして見れば最も効率的にグループを楽しめるのか」という問いに答えが用意されていない状況が続いているのかもしれない。 ユニット売りの難しさ 例えば、(今はのない配信の発言だが)「運営としては箱推しよりも個人推しを大事にしたいのかな」というイメージを語っていた一人が新メンバーの 郡道美玲であって、そこにライバーデビューの難しさを感じていたことがうかがえる。 特に、SEEDs2期生は各ライバーが散発的にデビューしていたこともあり、運営側によるプッシュが足りなかったとファンの間でも囁かれることが多い。 そこはさすがに運営も反面教師としていたのか、2019年の1月デビュー組は2名/2名/3名に10日ずつ分けてそれぞれリレー方式に配信させるなど、ファンに認知されやすい工夫がされていた。 数字で比べるのも酷な話なのだが、この1は確かにSEEDs出身者よりもチャンネル登録者数の初動が良く、最後尾の3人組を除いた4人はすでに3万人を突破する快挙を見せている。 SEEDs1期生出身の 卯月コウが先月3万人を突破したばかりと言えばラインがわかりやすいだろうか。 そのデビュー前の郡道美玲の心境は色々と想像させられるものがあって、シークレット枠だった同期の 夢月ロアと積極的にセットで売り出そうとする姿勢は1のなかでも特異に映る。 運営が(仮に)考えているような「個人推し」の方針で行くなら、夢月ロアはいかにも配信に慣れておらず、もし単独で売り出すならば少し頼りない印象も最初はあったからだ。 しかし、他の1のデビューを心配するような言い方をしながらも、彼女が一緒に引き上げられたのは夢月ロア1人が限界だった、とも考えられるかもしれない。 それ以上は新人ライバー1人ができる領域を超えていると言えるだろうか。 「そのために公式のMIX UP!! がある」というファンのコメントもあったのだが、彼女は「地理的にMIX UPに出られないメンバーもいる」と自分を例に挙げて反論もしている。 かといってユニット売りだけが正解かというと「後から仲が破綻すると気まずくなるだろ」という懸念も某ライバー2人がしていたし、難しいことには変わりないのだろう。 数字による評価の定まらなさ また、界のある種の定説として「登録者数を伸ばすならコラボが一番」というような、コラボ企画に対する特別視がたまに見受けられる。 これは「個人配信よりもコラボ企画のほうが面白くなる」というファンの体感にも基づいていると思われるし、実際にコラボ配信はの同時視聴者数が伸びやすい傾向もあると思う。 ただし登録者数をランキングで見比べてみると、その体感に反して「個人配信を着実に続けているメンバー」ほど登録者数の上位に登っているようにも見える。 上から見れば、個人でのゲーム実況配信に強い 静凛は、リアルライブでファンを動員させた 樋口楓よりも上位であるし、5~6位の 物述有栖、 詩子は特にコラボが少ないメンバーだった。 SEEDs1期生トップの シスター・クレア、2期生トップの 竜胆尊にしてもコラボが少ないか全くない状態でそのポジションを得ていたのだ。 つまりデータとして見るなら、 「コラボはあくまで切っ掛けで、ユーザーがチャンネル登録ボタンを押すかはその個人配信の量と質にかかっている」という現実があるようにも映る。 「OTN組」や「レジタンス」のホストとして認知される 花畑チャの躍進は目立つものの、OTNの立役者であるはずの 名伽尾アズマが「個人配信も頑張らなきゃ」と時折考えるのも、この構造を見越してのものだろう。 また、こういうデータを見た上で運営は「個人推し」を重視しているのかもしれないが、現在はチャンネル登録者数が「ライバーの成果」として一律に評価され、各種のご褒美が発生するシステムにもなっている。 一定評価を与えられるシステムに疑問を抱くのもキリがないのだが、メンバーの実力を評価する基準が少ないのは寂しいものだ。 (例えば、の放送後には、登録者数ランキングと順位がそれほど一致しない点についての考察がいくらか見られた。 ) また、以前のこの記事でも語ったように、「グループであることの総合力」を最も発揮できた集団として「SEEDs」が存在していたと考えている。 そこで悪く言うつもりはまったくないし、それぞれ個人配信の企画などもちゃんと面白いのだが、先述の名伽尾アズマやその同期の 八朔ゆずはかつて「自分は指示待ち人間だから」と語ったこともあるように、個人配信者である以上に、まさしく「タレント」として呼び出され、適切な役を与えられることで実力や魅力が発揮されるメンバーだと思っている。 他にも動画編集・音響などの技術力に秀でたメンバーなど、裏方として活躍するメンバーも無視はできない。 それはたぶん多くのファンに知られている才能だと思うし、しかしそれが客観的なデータに繋がりにくいのはやはりもどかしいものだ。 一方、無印一二期生は 「コラボ以前にそれぞれが大きな山でなければ」という姿勢が(特に一期生に)強く、先駆者としてある種の理想を体現していると思う。 その理想も間違ってはいないと思うのだが、個々人が注目されづらい後輩たちに同じ活動を求めるのも難しいだろう。 議論がやや広がりすぎてしまったが、今の問題は 「箱推し」という界隈で独り歩きしている概念(全員を応援する=全視聴が不可能という無理難題)と、 「個人推し」という理想(ファンの応援の実態に即しておらず、個人の実力が客観的に評価されづらい環境)が、 両極端に離れすぎてその中間がない、という状態から生まれていると考えてもいいだろう。 その中間とは何か? というと各ライバーも運営も考えつづけていることなのかもしれないが、まず我々ユーザーの側からも、「箱推し」と「個人推し」の両極端で悩まされるだけではなく、積極的にグループ内の総合力、グループ内グループ(ユニット)の総合力に魅力があることをアピールし続ける意義があるのではないだろうか。 現に、元SEEDsと元の混合カルテット 「ド葛本社」が非常に高い人気を確立していたりもするのだが、おそらく偶発的な、奇跡的なヒットだとみなされているところもあると思う。 できればこうしたヒットが生まれやすく、そして各ライバーが客観的に評価されやすい世界になればいいと感じるのだが、今は拙速に結論を求めるのではなく、たぶんこういう現状なのだろうな、という認識に留めて筆を止めておきたい。

次の

郡道美玲先生・夢月ロア「みれロア」不仲説の真実をにじさんじ初心者に解説します

郡道美玲 ロア 不仲

こんにちは。 突然ですが百合営業は好きですか? 百合と一口に言っても様々な解釈がありますが、僕は女性同士の強い関係性は全て百合だと思っているので、その前提で進めます。 適当に「てぇてぇ」とか読み替えてください。 の百合営業 の躍進に大きな影響を及ぼしたコンビがあります。 それが「&樋口楓」の通称『かえみと』です。 生きた百合にオタクたちは熱狂しました。 そして時は流れ、現在では「リゼ・ヘルタ&アンジュ・」の『リゼアン』や「でびでび・でびる&鷹宮リオン」の『でびリオン』などたくさんのコンビ、グループが生まれました。 そのなかでも、前述の人気コンビに引けを取らないコンビがありました。 それが今回の本題、「郡道美玲&夢月ロア」の『みれロア』です。 みれロアの始まりと終わり 2人は同時期にデビューしました。 これで終わるなら良かったのですが、もちろんそうはいきません。 郡道美玲は下ネタやがめつい話もするタイプ。 夢月ロアはかわいいマスコットタイプ。 夢月ロアのファンから反発があることは想像に難くありません。 そして、7月頃からでも配信でも絡むことはなくなりました。 「不仲になったのではないか」「またみれロア配信してください」「なんでロアちゃんと絡まないんですか?」 たくさんの声が届き、うんざりしたのでしょうか。 先日、郡道美玲が自身の配信で『みれロア』について、こう話しました。 「 あの子はアイドルだし私はAV女優みたいな感じなので、お互いにとって公の場で関わることがメリットがないので公の場では関わらないですね。 」 これに対し堰を切ったように夢月ロアも配信で「先生は好きだけどロアが関わって悪く言われて先生に嫌われるのが怖くなってしまった」という意図の発言をしました。 ここからは僕の考察になります。 今回の一件はファンの暴走に焦点が当てられがちですが、実際何が問題なのか一つずつ考えていきましょう。 と夢月ロア まず始めに、と夢月ロアは致命的に相性が悪いです。 自由な配信スタイルと横の繋がりで人気を得た。 デビュー当初にしていたRPがそれにあたります。 「人と関わる」という点ではの文脈に沿ってはいるものの、RPに巻き込んでしまう点で相手の自由を奪ってもいます。 似たの例を挙げるなら、出雲霞、卯月コウ、鈴木勝からなる「おなえどし組 OD組 」でしょう。 OD組は出雲霞の「人格が5つあるAI」というRPに巻き込まれる形でオリジナルストーリーを展開していました。 ですが、普段の配信ではそれぞれが好きなように活動し、「OD組」として活動するときだけ3人でRPをしています。 切り替えの良さがOD組が長く活動できている一つの理由でしょう。 物述有栖のように一人でガチガチのRPができるなら別ですが、そうでない場合でRPをする割合が減るたび、RPをするメリットは少なくなっていくのです。 その点、御伽原江良がデビュー早々にRPを投げ捨てたのは、賢いとしか言えません。 正直、夢月ロアのRPに付き合って配信をするのは骨が折れそうです。 見ている分にはかわいらしいのですが......。 始めの失敗として「夢月ロアの活動スタイルはでやるべきではなかった」があります。 大勢でのRPが成り立っているのは. LIVEくらいかと思います。 ファンの暴走 次に原因となるのが攻撃的なファン。 これは議論の余地無く悪です。 気持ちはわかります。 僕も好きな女性が男性や系統の違うとコラボしていると歯を食いしばっています。 でも、それで直接「関わるな!」だの「イメージ悪い!」なんて言いに行きません(ツイートで零すことはあるかもしれませんけど)。 ですが、悲しいことに言ってしまう人もいるんですよね。 これはマシュマロを開きっぱなしにしない、DMは閉じる、心無いリプライはミュートする等の自衛をするしかありません。 これについては次で。 2次元コンテンツとして生きるということ 最後に、みれロアに対して「コラボしないの?」「またコラボしてほしい!」と長きにわたって言うファンがいたこと。 これが夢月ロアの負担になっているように見えました。 逆に聞きたい。 何故言われないと思っているのか。 はコンテンツです。 いくら配信者に近づこうとも、キャターを介している以上2次元コンテンツの域を出ません。 好きなコンテンツの続編を望むことの何がおかしいのでしょう。 コンテンツを提供した以上、選択肢は「続編を出す」か「終わらせる」の2つしかありません。 『みれロア』はどちらでもなく、保留のまま別の作品が出ている状態でした。 おわりに 夢月ロアは何も悪くありません。 の環境と合わなかっただけ。 きちんと終わらせることにはならず、監督死去で続編が一生でないような結末になりそうなのは少し寂しいです。 おそらく配信者側は気軽な気持ちで百合営業しています。 ですが、視聴者からすればコンテンツでしかありません。 日常アニメと下は同居できないのです。 友情、愛情、悲壮、恐怖、嫉妬、憤怒。 人から人へ向けられる、あらゆる感情がコンテンツになる。 それが現在のの恐ろしさであり、人々を魅了する点なのでしょう。 berryucapricon.

次の

郡道美玲の中の人(声優)が顔バレか!ロア同棲と先生の職場はどこ?

郡道美玲 ロア 不仲

あまり気にしていない様子の 郡道美玲ちゃんでしたが、ある時自ら身バレしたことを告白しています。 そこで現時点で 郡道美玲ちゃんの 中の人や前世はもちろん、デビュー当初に噂のあるロアとの同棲や先生の職場など調査しご紹介していきたいと思います。 郡道美玲ちゃんが身バレした経緯にも迫っていきますよ。 郡道美玲(ぐんどうみれい)ちゃんの中の人 声優 の顔バレや身バレ 中の人 声優 については身バレ顔バレするようなミスも特になく、情報は 非公開とされているため見つかりませんでした。 しかし、人気上昇中なので、何かのきっかけに中の人(声優)のヒントとなる身バレ情報が出てくるかもしれませんね。 新しい情報が入り次第更新していきたいと思います。 郡道先生こと郡道 美玲ちゃんは自ら身バレしたことを告白しています。 僕も郡道さんの下の名前で呼びます。 本当にやめてくださいね」と注意を受けていたという郡道美玲ちゃん。 職場にバレるのはいいと思ってたけど生徒にはバレたくない気持ちはあったそうですね。 授業終わってから頭が痛くてトイレに10分くらい休憩した後に出て行くと、男子生徒が2人待っていた• もじもじしながら生徒から「先生って有名人ですか?」と聞かれる• 最初は何のことだかわからない郡道先生だったが、「youtubeやってません?」と聞かれて、「これはやばい」と思いながら「どうしてそう思ったのか」を生徒に問う• 生徒は「緑仙の~」って言い始めたから、郡道先生も認めることにした また生徒になぜ気付いたのかを問うと、「地声や「あーね」などの口癖がそのままだから」という理由。 郡道先生は「どうやって口封じするか・・」ということを頭フル回転させながら、しばらく生徒と話していると、 「郡道先生は好きでないし配信もあまり見ないけど、目の前にいる先生は好きだし迷惑はかけたくないから誰にも言いません」と心ある生徒からの言葉がありました。 ということでいい感じのお話で終わり、生徒のおかげもあり現在も顔バレはしていないようですね。 郡道先生はめちゃくちゃ教えている生徒たちの事が大好きと公言しており、また生徒たちからも慕われていることがわかりますね。 郡道美玲が ロア同棲?先生の職場はどこ? 郡道美玲ちゃんの中の人 声優 は夢月ロアちゃんと 半同棲していると自ら公表していますね。 しかし、初配信ではこのような コメントを残しています。 「私立の中高一貫の学校とかだと結構2教科任される事もある」 職場では数学と社会を受け持っている 先生のようですが、このような上記のコメントを残してるので、私立の 中高一貫の学校が職場なのかもしれません。 四捨五入でまだ20歳。 酒とつまみを愛している。 (ちょっと機械音痴?) 「先生かわいい」のコメントがある一方で 「ポンコツ」の声があったようで、「ポンコツじゃないわ、どこかの悪魔にやられただけ」と返答。 先生なだけに「ポンコツ」は認めたくないのでしょうね 笑 「お酒飲んでたらなぜか肋骨折っちゃって・・」と 衝撃発言も。 「笑うと完全に折れるから笑わないでって医者に言われている」ということですが、夢月ロアちゃんの配信を見てずっと笑ってたそうなので、肋骨大丈夫だったのでしょうか・・? 配信内容は授業や雑学について、ゲームの実況についてやっていきたいと初配信で話していました。 郡道美玲ちゃん 初のホラー実況動画では、 夢月ロアちゃんと一緒なので最初は仲睦まじく会話しながら始まりますよ! 夢月ロアちゃんは部屋の電気を消して雰囲気作り、対照的に郡道美玲ちゃんは付けれる電気は全て付けての 挑戦! 夢月ロアちゃんからゲーム開始前にとどめの言葉が。 「このゲーム本当に怖いよ・・・。 」 当たり前ですが、この言葉に郡道美玲ちゃんさらにゲームに対して 恐怖心を抱いています。 果たして生きて帰れるのでしょうか・・? いつでも英会話が学べるおすすめアプリがこれ! 『英会話を学びたい』と思っている方必見の、おすすめアプリがSpeakBuddy(スピークバディ)! 現在 1週間無料でお試し可能なので、無料期間中に解約すればお金は一切かからず全機能を楽しめます。 好きな時間に英会話学習できるアプリって魅力的ですよね! 『オンライン英会話とは違って予約不要なので、毎日気軽に使い続けられる。 』 fortunanさん 40代男性 『スピーキング力だけではなく、リスニング力UPの効果も感じた。 』 hamaさん 30代男性 『英語で話しかけられたら、反射的に英語で返せるようになった。 apple. 月謝が高い• 時間の都合だったり緊張するため、英会話教室に通う事が難しい 英会話教室だと、月謝1万はかかってきますし週に1度のレッスンに通う必要があります。 ですがSpeakBuddy(スピークバディ)はアプリなので、毎日の 英会話習慣に最適と評判! 気軽にAI相手に話せるので【発音チェック】が出来て【スピーキング力UP】を期待でき、必要としている人からするととても価値あるアプリなんです。 SpeakBuddy(スピークバディ)があれば、いつでもどこでも英会話学習に取り組みやすいのでこれなら長く続けられそうだし、自分のペースで出来るところが魅力的! 現在 一週間無料でSpeakBuddy(スピークバディ)の全機能をお試しできるんです。 もちろん無料期間中に解約すれば、お金は一切かかりません。 ぜひ一度SpeakBuddyを試してみてはいかがでしょうか?.

次の