欅坂46炎上。 【欅坂46】 齋藤冬優花 ”社会に出てない”発言で大炎上「アイドルって...

【欅坂46】返事なしで激怒したパン屋の口コミ大荒れ!ファン暴走で大炎上!

欅坂46炎上

今月19日、欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)は、メンバーのパン屋修行の様子を放送した。 メンバーが店主から厳しい指導を受ける場面があり、それに激怒した欅坂46のファンがパン屋のレビューを荒らしている。 パン屋修行に挑戦したメンバーは、渡辺梨加と長沢菜々香の二人。 この企画は渡辺の「パン屋さんをやりたい」という願いから実現したものだという。 二人が修行のために訪れたのは山梨県にあるパン屋で、店主の廣瀬さんは修行を始める前に、「アイドルということを忘れる」「パン職人という自覚を持つ」「大きな声で返事をする」という3つをお願いし、修行がスタートした。 しかし、二人は廣瀬さんから指示やアドバイスを受けてもなぜか無言。 一向に返事をしないため、ついに廣瀬さんは激怒し、<返事は! 何でさっきから返事しないんだよ><返事くらいちゃんとしろよ><返事は社会生活の基本だろ>と怒鳴りつけた。 廣瀬さんは再び優しく指導を始めるも、怒られたことで委縮してしまったのか、二人はその後も返事をしない。 見かねた廣瀬さんは、やる気がないのなら修行を止めようと提案するのであった。 すると二人は<一生懸命頑張るのでもう一度やらせてください>と廣瀬さんに懇願。 廣瀬さんは、人を魅了するアイドルになるためにも一生懸命にやってほしいとの思いを二人に告げ、修行は再スタートする。 その後、二人は自ら質問をするなど懸命にパン作りに取り組み、出来上がったパンを試食した廣瀬さんは「旨い!」と絶賛した。 VTR終了後、スタジオの渡辺は<社会人として当たり前な返事とかができてないことは、 本当に恥ずかしいことだなと思いました>と反省。 長沢も<ちょっと怖かったんですけど、廣瀬さんには感謝しないといけないなと思いました>と語っていた。 要するに、「未熟な少女の成長ぶりを見せる」という番組の演出だったのかもしれないが……。 「欅坂に挨拶は必要ない」ファンがパン屋の口コミ荒らす 現在の欅坂46は寡黙なメンバーが多いことで知られているが、以前から、返事や挨拶がままならない、バラエティー番組での反応が薄いということを心配していたファンは少なくないようだ。 昨年8月には、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した平成ノブシコブシの吉村崇が、共演NGのタレントはほぼいないとしながらも唯一、欅坂46のメンバー全員をあげ話題になった。 今回のパン屋修行騒動に関しても、SNSでは「一度ちゃんと怒ってもらった方がいいと思ってた」「はっきり言ってくれた廣瀬さんに感謝」「人として返事は大切なこと」など、渡辺梨加と長沢菜々香にとって大事な経験になったと感じているファンは多いようだ。 しかし一方で、一部の狂信的なファンは「欅坂に挨拶は必要ない」と主張。 廣瀬さんの店の口コミは<人間性も見ずに一方的に価値観を押し付け、女性に怒鳴り付けるのは如何でしょうか><余裕ないジジイ><廣瀬の態度ががっかり>といった否定的なコメント、および幼稚な誹謗中傷で溢れた。 なお、欅坂46のファンからはわからないが、番組放送後からは<う〇この味がした><くっさいパンだった>といった、営業妨害のコメントも増えている。 これらが全て欅坂ファンの仕業なのか、それとも欅坂を貶めようとする別グループのファンか、愉快犯かも判別がつかず、混沌とした状況だ。 ただ、一部のおかしなファンの暴走がグループの評判を落とすことにつながるのは間違いないだろう。

次の

欅坂46パン渡辺梨加

欅坂46炎上

しかし2人の態度に番組が〝炎上〟する事態に発展してしまい、またそれが各方面に大きな影響を及ぼしているようだ。 この日の番組では、以前から「パン屋で修業したい」と言っていた渡辺の熱意を受け、「パン屋修業の道」と題したロケを行うことに。 1人でロケをするのが不安だという渡辺のために長沢も同行し、早速2人で修業の舞台となるパン屋へと向かう。 今回2人を指導してくれることになったのは、山梨県に店を構える有名なパン職人の廣瀬さん。 2人が制服に着替えると、廣瀬さんから「アイドルということは忘れてください」「パン職人として修業してください」「大きな声で返事してください」などと、修業に向けて3つの約束を言い渡される。 しかし廣瀬さんが「よろしいですね?」と確認すると、2人は蚊の鳴くような声で「はい」と返答。 のっけから廣瀬さんの言葉に反するリアクションを見せたことにより、視聴者もどこか不穏な空気を感じてしまうのだった。 番組MCも呆れ顔? 返事ができないアイドル その後、廣瀬さんは丁寧に根気強くパン作りを指導していく。 作業の中で「左手は生地を回すようにしたらいかがでしょうか?」とアドバイスしたが、2人はふくれっ面を浮かべながら無言でパンをこねる始末。 次の工程で「生地を出してください」と廣瀬さんが指示すると、2人はまたも無言に…。 とうとう堪忍袋の緒が切れたのか、廣瀬さんは「返事は!? 」「何でさっきから返事しないんだよ!」「返事くらいちゃんとしろよ!」「返事が社会生活の基本だろ」と怒り散らしてしまった。 この一連の流れに、ネット上では、 《ちょっと態度が悪過ぎて見てられなかった》 《まあキレられて当然》 《アイドルだからって許されると思わないでほしい。 返事は常識だぞ!》 などといった声が続出。 どうやら不快感を抱いてしまう視聴者も少なくなかったようだ。 「欅坂ファンの中でも今回の出来事は廣瀬さんを支持する声が多かったですね。 熱心に指導する彼の姿を見て、『ドキュメンタリー番組のようで胸が熱くなった!』と漏らす人もいます」(芸能ライター) しかし一部、彼女らの非を認められないファンも。 いわれなき誹謗中傷で店の評判にも傷が付いてしまった今回の騒動。 このままでは欅坂46ファンだけでなく、メンバーたちの評価を下げているだけのように思える。 ちなみに口コミに書かれていた渡辺の下の名前は〝梨花〟ではなく〝梨加〟なのだが、果たして本当にファンが書き込んだものなのだろうか…。

次の

『欅坂46』炎上にファン逆恨み! やっかいオタの“迷惑行為” アゼン...(2020年4月21日)|BIGLOBEニュース

欅坂46炎上

今月19日、欅坂46の冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京)は、メンバーのパン屋修行の様子を放送した。 メンバーが店主から厳しい指導を受ける場面があり、それに激怒した欅坂46のファンがパン屋のレビューを荒らしている。 パン屋修行に挑戦したメンバーは、渡辺梨加と長沢菜々香の二人。 この企画は渡辺の「パン屋さんをやりたい」という願いから実現したものだという。 二人が修行のために訪れたのは山梨県にあるパン屋で、店主の廣瀬さんは修行を始める前に、「アイドルということを忘れる」「パン職人という自覚を持つ」「大きな声で返事をする」という3つをお願いし、修行がスタートした。 しかし、二人は廣瀬さんから指示やアドバイスを受けてもなぜか無言。 一向に返事をしないため、ついに廣瀬さんは激怒し、<返事は! 何でさっきから返事しないんだよ><返事くらいちゃんとしろよ><返事は社会生活の基本だろ>と怒鳴りつけた。 廣瀬さんは再び優しく指導を始めるも、怒られたことで委縮してしまったのか、二人はその後も返事をしない。 見かねた廣瀬さんは、やる気がないのなら修行を止めようと提案するのであった。 すると二人は<一生懸命頑張るのでもう一度やらせてください>と廣瀬さんに懇願。 廣瀬さんは、人を魅了するアイドルになるためにも一生懸命にやってほしいとの思いを二人に告げ、修行は再スタートする。 その後、二人は自ら質問をするなど懸命にパン作りに取り組み、出来上がったパンを試食した廣瀬さんは「旨い!」と絶賛した。 VTR終了後、スタジオの渡辺は<社会人として当たり前な返事とかができてないことは、 本当に恥ずかしいことだなと思いました>と反省。 長沢も<ちょっと怖かったんですけど、廣瀬さんには感謝しないといけないなと思いました>と語っていた。 要するに、「未熟な少女の成長ぶりを見せる」という番組の演出だったのかもしれないが……。 「欅坂に挨拶は必要ない」ファンがパン屋の口コミ荒らす 現在の欅坂46は寡黙なメンバーが多いことで知られているが、以前から、返事や挨拶がままならない、バラエティー番組での反応が薄いということを心配していたファンは少なくないようだ。 昨年8月には、『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した平成ノブシコブシの吉村崇が、共演NGのタレントはほぼいないとしながらも唯一、欅坂46のメンバー全員をあげ話題になった。 今回のパン屋修行騒動に関しても、SNSでは「一度ちゃんと怒ってもらった方がいいと思ってた」「はっきり言ってくれた廣瀬さんに感謝」「人として返事は大切なこと」など、渡辺梨加と長沢菜々香にとって大事な経験になったと感じているファンは多いようだ。 しかし一方で、一部の狂信的なファンは「欅坂に挨拶は必要ない」と主張。 廣瀬さんの店の口コミは<人間性も見ずに一方的に価値観を押し付け、女性に怒鳴り付けるのは如何でしょうか><余裕ないジジイ><廣瀬の態度ががっかり>といった否定的なコメント、および幼稚な誹謗中傷で溢れた。 なお、欅坂46のファンからはわからないが、番組放送後からは<う〇この味がした><くっさいパンだった>といった、営業妨害のコメントも増えている。 これらが全て欅坂ファンの仕業なのか、それとも欅坂を貶めようとする別グループのファンか、愉快犯かも判別がつかず、混沌とした状況だ。 ただ、一部のおかしなファンの暴走がグループの評判を落とすことにつながるのは間違いないだろう。

次の