ゴールデン レイ 号。 転覆した韓国船「最大積載量をはるかに上回る車を積んでいた」前から韓国船は世界中から嫌われていた

転覆した韓国船「最大積載量をはるかに上回る車を積んでいた」前から韓国船は世界中から嫌われていた

ゴールデン レイ 号

もくじ• 韓国の現代自動車4千台載せた運搬船が転覆したとyahooニュースで知りまして、 どのくらいの水深にいたの?損害額はいくら?と疑問に思ったので調べてみました。 韓国の運搬船がいた水深は? 水深は、 11mのところを運航していたようです。 かなり浅瀬の方を行っていたんですね。 これは転覆してもおかしくはない水深ですね。 水深11mはどのくらいの深さなのか? マンションで例えると、11mは 4階建てのマンションに値する深さです! こんかい転覆したゴールデンレイは全長199.9mこの船に対して、11mは浅すぎましたね。 積載量はオーバーしていたのか? 4000台を載せていたから転覆したのかと思い調べてみたところ、 積載量は超えていなかったようです。 ゴールデンレイは車両7千400台を輸送するできる運搬船だったようで あと3000台は載せれてたみたいですね。 しかしこの4000台の車の損傷は大きいですね。 損害額はいくらなの? 載せていた車種が分からないので正確な額は分かりませんが、 ヒュンダイの車は大体200万前後の車が多かったので200万と仮定して、 80億、運搬船も含めたら 90億ぐらいの損害は出ているのではないかと思います。 かなりの痛手ですね。

次の

転覆した韓国船「最大積載量をはるかに上回る車を積んでいた」前から韓国船は世界中から嫌われていた

ゴールデン レイ 号

9月8日に転覆したゴールデンレイ号、2ヶ月が経ちましたが、後始末にまだまだ時間がかかるようです。 事故調査報告書が発表されるころには、韓国さんが「日本のせい」にしていたことなんて忘れられてそうです。 エンジニアが安全を確保しつつ、そのままの状態で引き上げることは不可能と判断したため、バラバラにてパーツ毎に引き上げる作業を行うのですが、バラしてしまっては事故調査が行なえません。 そのため、先に内部調査が行えるように船体を安定させる必要があります。 しかし、洗堀(せんくつ)という、水の流れや波の影響で、川底や海底などの土砂が洗い流される現象が船尾と船首で確認されています。 海底が動くと、船も動きますので、安定しません。 まずそれを食い止めなければいけません。 また、流された土砂による侵食も起こります。 それらを防ぐために、ゴールデンレイ号の周囲に岩で囲いを作り、海底の砂の流出を防ぐ作業がぶっ続けで行われています。 ローカルニュースは、10月29日の時点で「天候が許す限り週7日間作業して撤去準備にあたっている」と報じています。 (より) 燃料の汲み取り作業は順調で、汚染物質の流出は、ほぼ確認されていません。 Ebiss.

次の

ゴールデンレイ号、転覆の原因と保険や再保険は?

ゴールデン レイ 号

何でも日本のせいにすればいいと思っている韓国。 思った通り、「日本船のせい」はただの言い掛かりでした。 米海岸警備隊とジョージア州港湾庁は事故後4日の12日、ブランズウィック港を再オープンした。 特に事故当時、ゴールデンレイ号にまっすぐ運航して近接したことが分かった日本自動車運送船エメラルドエース号は前日の11日午後5時30分頃、先に港を離れていたことが確認された。 海岸警備隊はその間、ブランズウィック港に停泊して事故原因の調査を受けたエメラルド エース号が港の再オープン前日、港を離れた理由について「12日のオープンを控えて船舶運航を試験するため」とだけ説明した。 しかし、ブランズウィック港水先案内人協会のジョン・キャメロン会長はブランズウィック ニュースに「エメラルド エース号はゴールデンレイ号の事故と直接的な関連がないことが確認された」と話した(記者注:関連記事では「直接的関連がない」ではなく「なんの関係もない no connection 」と発言している。 John Cameron, who represents the Brunswick Harbor Pilots Association. 事故当時、ゴールデンレイ号にはこの協会所属の水先案内人 Pilot が乗船して船舶を操縦していた。 したがって協会のこのような主張は事故調査を担当した海岸警備隊がエメラルド エース号の過失を立証できなかったと分析される。 しかし、目撃者らの証言と世界すべての船舶の海上運航をリアルタイム トラッキングするマリン・トラフィック・ドットコム Marinetraffic. com の資料によれば事故当時、ゴールデンレイ号とエメラルド エース号がお互いに向かって接近し、ゴールデンレイ号は急に右側に方向を変えて転倒したことが分かった。 一部では相手船に過失がないと確認されたため、結局ゴールデンレイ号の水先案内人などのミスとして結論が出る可能性が高いという分析も出ている。 これと関連して韓国KBSは「両船舶の航跡追跡の結果、ゴールデンレイ号が速い速度で運航し、予定より急に方向を変えた。 二隻がすれ違った航路は一隻の船舶だけが通過するほど狭い地域だった」と報道した。 ブランズウィック港は月平均50隻ほどの船舶が出入りしているが、二つの船舶がこのように会う事例は珍しいことがわかった。 一方、ゴールデンレイ号引き揚げ作業も本格的に進行している。 海岸警備隊によれば12日現在、水に沈んでいる3つの燃料噴出口を全部塞ぎ、残り燃料噴出口も全て塞いだ後、引き揚げる予定だ。 なんの関係もない日本船のせいにしようとした事を訴える事は出来ないのだろうか? 報復されないと、全部日本のせいにされると思うのですが。

次の