白 ひげ イゾウ。 ワンピースの白ひげ海賊団の隊長や傘下のメンバーまとめ

白 ひげ 海賊 団 能力

白 ひげ イゾウ

関連記事: そのあとで 「麦わらがワノ国にいるなら、 伝えて欲しいことがある」 などと ネコマムシに伝言を頼んでいたマルコ。 伝言の内容については、 明らかにされていませんが、 「仲間のイゾウがワノ国に潜伏しているので、 協力を求めてくれ!」 と、ルフィに伝えたかったのでは? などとネット上で 噂されています。 Log manganouA 白ひげは過去にも ワノ国を訪れていたので、 イゾウがワノ国の出身者なのであれば、 その時期に 海賊団にスカウトされていた可能性が。 光月おでんの従者だったのであれば、 白ひげの船に乗った「おでん」に 同行していたのかも。 イゾウの誕生日や年齢は? イゾウの 誕生日は10月13日。 るろうに剣心に登場していた、 「鵜堂刃衛(うどうじんえ)」の モデルになった、とも言われています。 ワンピースの世界の「イゾウ」は、 能力や強さが 明らかにされていないものの、 ワノ国に上陸した ルフィたちにとって 心強い味方になりそうですね。 頂上戦争では、戦闘シーンが ほとんど見られませんでしたが、 四皇の海賊船の隊長を 任されたほどなので 覇気なども使えそうです。 エースの弟、もう体力切れか? 大将一人に止められてるんじゃねえ、 一緒に来い。 海兵どもが引いていくチャンスだ、 一気に突破するぞ!! 隠しきれない色気のおかげもあって 大人気のイゾウですが、 ワノ国編のキーマンになる可能も。 イゾウさんの再登場に 期待したいですね。 追記)イゾウはやはり、「光月おでん」と関わりの深い人物だったようです! 光月おでんの過去編が遂にスタート! 41年前の時点で18歳だったおでん、39歳で処刑されるまでの21年間の物語のうち今回はどこまでを描くんだろう。 まずは弱冠20歳で九里大名の地位に就くまでの2年間分位までかな? イゾウとお菊が入れ替わった件についてもおでんの回想で明らかになりそう。

次の

【ワンピース】白ひげ海賊団で人気の高いイゾウ!名前の由来は?ワノ国出身だった!?

白 ひげ イゾウ

(ONE PIECE56巻 尾田栄一郎/集英社) まずは白ひげ海賊団船長の「」。 通称白ひげ。 そのまんま。 常に頭にバンダナを巻いてるんですが、どうやらバンダナを取るとヒゲと同じような髪型をしているとか。 白ひげは非常に男気がある船長。 他の白ひげ海賊団のメンバーからは「オヤジ」と親しまれており、魚人島など白ひげ海賊団が敢えて縄張りにすること他の海賊団からの侵略を守ったことも。 白ひげは「グラグラの実」を持つ世界最強の海賊とされ、かつて海賊王ゴールド・ロジャーと互角に渡り合った数少ない人物。 何故か、ロジャー海賊団に続いてに向かわなかったものの、白ひげはの秘密を知っている雰囲気。 そのためマリンフォード頂上戦争で死ぬ直前に「 は実在する」と高らかに宣言し、海軍元帥センゴクたちを慌てふためかせた。 実はあくまで白ひげが海賊団を結成したのは「家族」を作りたかっただけ。 お宝は二の次だった。 まさにオヤジ。 黒ひげに倒された後、白ひげの遺体は同じ四皇のに引き取られて、 現在はエースの墓の中に一緒に埋葬。 何やかんやで白ひげは天国で幸せに暮らしているのでしょう。 マルコ…白ひげ海賊団一番隊隊長 (ONE PIECE57巻 尾田栄一郎/集英社) 続いて白ひげ海賊団のメンバーは「 マルコ」。 一番隊隊長。 口調にクセがあって、語尾にやたらと「よい」を付けたがるお年頃。 マルコはの中でも非常に珍しい幻獣種。 詳細は判明してないものの、「フェニックス(不死鳥)」の。 空中に自在に飛べる時点で割と反則的ですが、マルコは攻撃を受けても何度でも再生する能力を持つ。 他にもマルコは武装色の覇気も扱えたり、シャンクスの覇王色の覇気にも圧倒されないなど、一番隊隊長という白ひげ海賊団の実質的なナンバー2だけあって非常に強いはず。 この黒ひげは白ひげ海賊団元二番隊メンバーの一人だったものの、最後は盛大にメンバーを裏切って現在は四皇まで上り詰めております。 (ONE PIECE18巻 尾田栄一郎/集英社) 続いて白ひげ海賊団のメンバーは「 ポートガス・D・エース」。 二番隊隊長。 ワンピースの主人公・ルフィの義兄として育てられ、スペード海賊団を結成した後、白ひげに拾われて白ひげ海賊団に入団した。 エースは「」の一人。 しかも海賊王ゴールド・ロジャーの愛息子。 その血筋もあってエースは海軍から命を狙われたものの、白ひげが白ひげ海賊団のメンバーとして迎え入れることでエースの命を救った。 エースは「メラメラの実」を操るの悪魔の実の能力者。 その名の通り、火を操る強キャラでした。 特にワンピース序盤だと自然ロギア系能力者は珍しかったので印象深かったキャラ。 ただにおいて黒ひげ・ティーチに敗北した後、エースは海軍の囚われの身となる。 そしてエース処刑を巡って、海軍本部のマリンフォードにおいて戦争が勃発。 エース奪還を目論む船長・白ひげと海軍との間で凄まじい戦いが起きた。 どうやって死後、悪魔の実を奪ったについてはを参照。 とりあえず何やかんやがございまして、エースのメラメラの実はのサボに継承されております。 ちなみに、サボもエースの義兄弟。 ワンピースの主人公・ルフィと共に幼少期を一緒に過ごした。 ジョズ…白ひげ海賊団三番隊隊長 (ONE PIECE45巻 尾田栄一郎/集英社) 続いての白ひげ海賊団のメンバーは「 サッチ」。 四番隊隊長。 サッチの詳細は不明。 何故ならヤミヤミの実を手に入れたことで、黒ひげ・ティーチに命を狙われたから。 回想シーンからも分かるように、ワンピース登場時では既にサッチは死亡済み。 ただ白ひげ海賊団メンバーの誰からも愛されており、逆に言うと黒ひげは白ひげ海賊団メンバーから強い恨みを抱かれてる。 特に船長・白ひげは「唯一息子とは呼べない」と黒ひげを嫌悪。 金髪リーゼントスタイル、そしてヘラヘラした表情などから、白ひげ海賊団の四番隊隊長ではあるものの、全く強そうに見えない。 それでも白ひげ海賊団メンバーにとって、かけがえのないキャラクターだったらしい。 ちなみにアニメ版ワンピースではそこそこ詳細に描写され、サッチは二刀流の剣士だったとのこと。 意外とアニメ版だとマンガだと描かれてないエピソードが描写されていたりする不思議。 ビスタ…白ひげ海賊団五番隊隊長 (ONE PIECE57巻 尾田栄一郎/集英社) 続いての白ひげ海賊団キャラクターは「 ビスタ」。 五番隊隊長。 異名は「花剣のビスタ」。 何故、「花剣」と呼ばれるのか詳細は不明ですが、ビスタはに参加してる花ノ国出身なのかも? ビスタは白ひげ海賊団の中でも優れた剣豪。 王下七武海のミホークも名前を知ってるほど有名。 「知らん方がおかしかろう」と、世界的にビスタの名前は知れ渡っていそう。 はもちろん使用可能。 七武海のミホークに一目を置かれてるキャラクターのため、もしかするとビスタ再登場の可能性はありそう。 ワノ国編では多数の侍が登場するため、そこにビスタが活躍する余地は存分にあり。 白ひげ海賊団メンバーその他一覧まとめ 続いては白ひげ海賊団の雑魚きゃ…もとい、モブに近いメンバーを紹介していこうと思います。 結論から書くと、ここからのメンバーは覚えなくても構いません。 完全なる雑学知識レベルになります。 (ONE PIECE57巻 尾田栄一郎/集英社) 続いてコチラのメンバーは、左から アトモス(十三番隊)、 イゾウ(十六番隊)、 ブラメンコ(六番隊)、 クリエル(十番隊)。 アトモスは水牛の角のような兜が特徴。 イゾウは和装と女形のようなルックスが特徴。 二丁拳銃が武器。 ブラメンコは巨大ハンマーを武器に戦うオーバーオール男。 クリエルの武器は二丁のバズーカー。 七武海のゲッコー・モリアと互角の勝負を繰り広げた雰囲気。 他にも魚人族の八番隊隊長のナミュールや十一番隊隊長のキングデュー、十四番隊隊長のスピード・ジルなどがいるんですが、画像を貼るのが面倒なので今回は割愛。 ご自身でワンピース57巻の中から探してみてください。 (ONE PIECE70巻 尾田栄一郎/集英社) 何故なら、ワンピースのある巻でSBSに白ひげ海賊団の幼少時代が載ってるんですが、上位の隊長と並んで 下位隊長のくせにイゾウの幼少期の姿も不自然に描写されてるから。 現在は前述のように『ワンピース』はの真っ最中。 イゾウという名前からも分かるように、もしかするとワノ国出身である可能性は高い。 そのためイゾウは数少ない再登場する白ひげ海賊団のメンバーと予想されそう。 そして、さらにはのイヌアラシやネコマムシも同じモビーディック号に乗船していた過去があります。 光月おでんがいつからいつまで白ひげ海賊団のメンバーだったかは知りませんが、その後、海賊王・ロジャーから勧誘されるカタチでロジャー海賊団に移籍したそう。 そして、光月おでんは20数年前にロジャーと共にに到達したことは有名な話。 光月おでんの息子・もロジャーと面識があり。 この光月家がワノ国で語られる中で、もしかするとイゾウも何かしら関与してくる可能性が考察されます。 白ひげ海賊団傘下の海賊団がめっちゃ多い に最近傘下の海賊団が増えましたが、この白ひげ海賊団はその比ではないほど傘下の海賊団が多い。 数にすると合計43。 それだけ船長・白ひげが世界中で支配という名の護衛を行い、白ひげの男気が惚れ込まれたんだと考察されます。 そこで現在判明してる白ひげ海賊団の傘下の海賊団をサクッと紹介してみたいと思います。 (ONE PIECE56巻 尾田栄一郎/集英社) まず最初の傘下の海賊団はコイツラ。 やっぱりモブキャラ臭が強いのでメンバーはまとめてズドンと紹介。 左から大渦蜘蛛海賊団船長の スクアード。 ディカルバン兄弟。 マクガイ。 ドーマ。 スクアードはロジャー海賊団に仲間が全滅させられる過去を持つ。 そのためエースがロジャーの息子である事実を赤犬に利用され、白ひげを結果的に裏切る。 だからモブキャラとは言いつつも、マリンフォード頂上戦争において大きな激動の引き金を引いた重要な立ち回りをしたことも。 ディカルバン兄弟はスクアードの次に指揮を白ひげから頼まれるなど、意外と信頼されている様子。 マクガイは雷を操る剣士。 ドーマは猿を愛する二刀流の剣士。 物語には大して関与せず。 魔人オーズの子孫であり、巨人族より数倍デカい巨躯を誇る。 被り笠をプレゼントされて以降、エースとはほぼマブダチ。 リトルオーズジュニアはマリンフォード頂上戦争で特攻隊として活躍するものの、最後は七武海のドフラミンゴにフルボッコされて死亡してしまう。 2番隊隊長エースとのクダリは泣かせました。 ちなみにアイルワンやホワイティベイなど傘下の白ひげ海賊団船長が他にもいることにはいますが、やはり割愛。 今後ワンピースで再登場する可能性も低いでしょうから、気になる方は自分で探してみてちょ。 【考察まとめ】白ひげ海賊団のキャラクターって弱くね? 以上、白ひげ海賊団のメンバーを考察してきたわけですが、やはりモブ臭が強いキャラも多かった。 例えばマリンフォード頂上戦争で敗北したことも含めて、 意外と白ひげ海賊団って強くないんじゃね?という声は根強い。 確かに白ひげ海賊団のメンバーは上位の隊長を含めて、ドル漫でも「そこまで強くない」と評価しております。 実際、2番隊隊長エースの懸賞金額と、他の四皇海賊団の懸賞金を比較してみると一目瞭然。 (ONE PIECE58巻 尾田栄一郎/集英社) 例えば、マリンフォード頂上戦争では ダイヤモンドのくせに簡単に凍らせられちゃうジョズたんとか最早愛おしいレベル。 そこから更に凍るとか意味不明。 しかも、ジョズはこの元海軍大将クザンとの戦いで右腕を失ってる。 かつてドル漫ではなども作ったものの、やはり海賊団の戦力そのもののショボさは四皇の中で白ひげ海賊団が際立つか。 言うなれば、 白ひげ海賊団は「船長エドワード・ニューゲート」で成立していたようなもの。 この白ひげ(エドワード・ニューゲート)の圧倒的な強さとカリスマ性の元、海賊団のメンバーがそこに頼り切りになってはいなかったか? そんな嫌な見方も白ひげ海賊団メンバー一覧からは読み取れるような気もします。 1番隊隊長マルコが黒ひげにフルボッコにされた件など、白ひげ海賊団は惨憺たる海賊団だったのかも知れない。

次の

【トレクル】激突!白ひげ海賊団「雷雨」エキスパート攻略【ワンピース トレジャークルーズ】

白 ひげ イゾウ

食堂で朝食を食べ終わり、休んでいると私の元にマルコさんがやってきてくれた。 「もうすぐ島に着くよい」 『本当ですか!?楽しみです』 「島着いたら、衣類や家具、ポケモンたちの食料を買うといいよい。 で、これが小遣いだ」 マルコは手に持っていた袋を私に渡した。 『有難うございます!』 お金の入った袋を貰い礼を言う。 中を見たらかなりの量の金貨が入っていた。 このお金がこの世界の通貨のようだ。 「で、ユウナを紹介してほしいって言うやつらがいるんだが、いいかよい?」 『あっ、はい。 …どんな方たちなんですか?』 「白ひげ海賊団の隊長たちだよい。 ついさっき任務から帰ってきて、ユウナのことを話たら紹介しろって言ってきたんだよい。 甲板に集まってるから行くよい」 マルコさんの後に着いて行く。 甲板に出たらエースとサッチさんと何人かの男性の姿が見えた。 「待たせたよい、最近仲間になったユウナだよい」 『はじめまして、ユウナです』 挨拶をし頭を下げる。 「はじめまして、俺は16番隊隊長のイゾウ」 女形の姿をした二丁拳銃使いの男性と 「俺は12番隊隊長のハルタ」 女性のような容姿の童顔の剣士。 「3番隊隊長のジョズだ」 そして巨大な体型と鎧のような服装が特徴的な男性が自己紹介をしてくれた。 『よろしくお願いします』 「へぇ〜、ユウナちゃんとっても可愛いねv白ひげ海賊団はナース以外男だから色々大変でしょ?」 『えっ、いやそんな…、お気遣いありがとうございます。 イゾウさん』 「エースたちから聞いたんだけどユウナはポケモンってのを飼ってるんだろ、俺見てみたいんだよ」 「ハルタ…、ポケモンはペットじゃないよい」 『はい、私にとっては仲間…家族みたいな存在ですね。 じゃあ、ポケモン見せますね』 ポケットからモンスターボールを数個取り出し宙に投げた。 『出てきて、ダイケンキ、シキジカ、クロバット』 ポケモンたちはボールから出てくる。 他にも手持ちポケモンはいるが今はこの子達で充分だろう。 急に出てきたので驚いた様子だった、すぐにポケモンたちの傍に寄り声を掛けてくれた。 「驚いた〜、マジで急に出てくるんだな!」 ハルタさんは微笑みながらシキジカの頭を撫でていた。 『私も最初の頃は驚いてました』 「こんな小さなボールから出てくるのか…。 このポケモンは最初からこのボールの中にいたのか…?それとも捕まえたのか?」 『はい、そうですよイゾウさん。 ダイケンキはアララギ博士から貰ったんですけど、他のポケモンたちはポケモン達と協力してゲットしたんです』 「…すごいな」 イゾウさんは感心したように頷く。 エースはダイケンキを気に入ったのか背中に乗って遊んでいる。 「…ユウナちゃんは是非俺の隊に所属してもらいたいな」 イゾウさんは私の頬をそっと触った。 色っぽい和装の姿に思わず頬を赤らめる。 「ダメだぞ!イゾウ!!ユウナは俺の隊に入るんだ!!」 それを見たエースはダイケンキから降り、怒り口調で私たちに近づいた。 「こんな可愛い子をお前の隊に所属させたら、毎日傷だらけになるだろ」 「でもダメだー!!」 エースは私の体にしがみ付いてきた。 その行動に驚いた私は更に頬を赤らめる。 「エースはだいぶユウナちゃんにお熱なようで…フフッ」 「エース!いつまでユウナちゃんに引っ付いてんだ!」 サッチさんにはエースをひっぱり私の体から離してくれた。 「…イゾウ、はぁ…、エースには悪ぃけど、ユウナは一番隊に所属するよい。 まぁ親父の傍においておく予定だよい」 「「え〜!何だよそれ〜!」」 エースとハルタはマルコに近寄り文句を言い出した。 その光景を見て私は微笑んだ。 「…ユウナ、親父のことを頼む」 『ジョズさん…、はいわかりました』 しばらく話をしていると「島が見えたぞ!」という声が聞こえてくる。 髪が海風に揺れた。 穏やかな風 |.

次の