委細 承知 いたし まし た。 「承知いたしました」の意味や使い方!正しい敬語をビジネスやメールで使える?

「了解しました」の意味と正しい使い方、「承知しました」との違い

委細 承知 いたし まし た

まず、「委細」とは「細かい部分、詳細部分」という言葉に言い換えられます。 「承知」とは他の表現で例えば「承知しました」「承知いたしました」などで使われる通り、「分かった」という意味を表す言葉です。 このそれぞれの言葉の意味を繋ぎ合わせると、1つ目の意味の「詳細まで全て分かっている」という意味となります。 仕事では、最低でも自分が担当する分野のことやその進捗に関しては全て分かっているという状態でいることが求められます。 「委細」の部分を「詳しいこと」という言葉で、「承知」を「把握している」と表現しています。 この「把握する」とは「物事の動きや進捗などを理解している」とも言い換えられます。 このぞれぞれの言葉の意味を重ねて、今回の「詳しいことまで把握している」という意味となります。 この「状況把握」もビジネスを行う上で欠かせないものであると言えます。 ちなみに、「委細承知」は「いさいしょうち」と読みます。 特に「いさい」の部分が読み方に誤用が生まれやすい部分ですので注意しましょう。 これは、「委細承知しました」の丁寧な敬語の形で、「した」の敬語の「いたしました」が使用されています。 具体的には、例えば「メールを頂きありがとうございました。 委細承知いたしました。 」などと使用します。 「承知いたしました」とだけした際には、ただ「分かりました」というニュアンスのみで伝わりますが、「委細承知」とすると、きちんとメール内容に目を通し、その内容をしっかり理解しましたよ、ということが相手にしっかり伝わります。 ぜひ目上の人に向かって活用してみましょう。 これは、「する」の謙譲語である「おります」を使用した敬語表現です。 具体的には、「委細承知しております。 その件に関しては、またこちらから折り返しご連絡させて頂きます。 」などの形で使用できます。 この「委細承知しております」という敬語表現は、1つ目の「委細承知いたしました」同様、目上の人に活用できる表現です。 しかし、謙譲語は使用しすぎると自分を低く見せすぎて相手にヘコヘコした印象を与えかねません。 特に対等な立場に立ってビジネスをしたい相手に対しては使用を控えましょう。 」です。 これは、ビジネスメールでも使用できる例文です。 「変更内容については詳細までしっかり理解しました」という意味となります。 ストレートに自分の理解の程を相手に伝えられる良い表現と言えます。 特に、例文のような例えばスケジュールや内容が変更になった案件についてはどの部分がどのように変わったのか、それに対して自分は新しい行動を起こす必要があるか?などを確認し、必要があればそれを相手に知らせることが必要になってきます。 」です。 これは、相手から何かの内容の詳細について知らされた際にその返事として使用できる例文です。 このように、返事をする際にも「何について承知したのか」を明確にすると良いですね。 特にメールなどでの連絡では、相手からメールが来てから少し時間が経っている場合もあり、ただ「承知しました」とだけ返事をすると相手に混乱を招いてしまうこともあります。 もちろん、時間や状況がが許せばですが、冒頭に「お知らせ頂いた内容は」などと加えると分かりやすい内容になるでしょう。 」です。 これは、相手に自分が知っておいてもらいたい、または詳細を把握しておいてもらいたいことを伝える表現です。 意味としては「しっかり内容を把握してもらえるようにお願いします」となります。 特にビジネスは、どんな形態のものであったとしても、一人で完結するものというのはあり得ません。 相手にもしっかり理解を請いながら進めていくことが大前提ですよね。 この例文は、丁寧ながらも相手にしっかりした把握をしてもらいたい際に有効なものと言えます。 これは、「しさいしょうち」と読み、委細承知と全く同じ意味を表す類語です。 具体的には、「仔細承知いたしました。 」「仔細承知しました」などの形で使用することができます。 その使用頻度から言うと、形の似た「委細承知」の方が使用する機会が多いと言えますが、「仔細承知」という言葉が使用される場面も希にあります。 ぜひ頭の片隅に置いておきたい知識としてこの言葉の意味と使い方も合わせて覚えておきましょう。 これは、文字通り自分が何かについて詳しいことを分かっているということを伝えられる類語です。 具体的には、「詳細について了解しました」「詳細について了解いたしました」などの形で使用できます。 この類語表現は、ビジネスでも頻繁に使われる皆さんにとっても馴染み深い表現ではないでしょうか?電話やメールでの対応、どちらにも使えるので使い勝手が良い類語表現だとも言えます。 ぜひこの表現も日々の業務で積極的に使用していきましょう。 これは、直訳すると「完全に理解した、理解した状態」という意味です。 これが転じて、「委細承知」となります。 具体的には、「I fully understood what you said. 」「委細承知いたしました」などの形で使用します。 日本語でのビジネスと同様、英語でも逐一自分が関わる仕事に関して自分の理解度を相手に知らせることは重要です。 例文のような表現を使用して、しっかり自分の状態を伝える努力をしましょう。 これは、直訳で「完全に同意する、同意した」という意味となり、転じて「委細承知」という意味で使用できます。 具体的には、「I fully agreed with the proposal. 」「その提案に委細承知した」などと使用できます。 この英語表現内、「agree」という言葉もビジネス英語では良く耳にする単語です。 逆の言葉の「disagree」と共に、ぜひ意味も覚えて活用していきましょう。 「委細承知」という表現をビジネスにもどんどん生かしていこう! 当記事では、「委細承知」という表現の意味や使い方について具体的な例文も交えながら詳しくお伝えしてきました。 その意味や使い方を見ていくと、敬語として目上の人に使用可能でもあり、割と汎用性の高い表現であるということが明らかになりましたね。 また「仔細承知」などの類語表現にも触れてきました。 先述した通り、仕事を進めていく上では自分が自分の担当する業務についてどれくらい把握をしているか?を確認し、必要であればその度合いを相手に知らせておくことが重要です。 あなたも「委細承知」という表現をマスターしてぜひビジネスにも積極的に生かしていくようにしましょう。 きっと表現の幅も広がることでしょう。 下記関連記事内では、「その旨」という言葉の意味を分かりやすくまとめています。 「承知しました」「ご連絡ください」などのビジネスの定番表現とも相性の良いこの言葉について詳しく知りたい方はぜひ下記内容もチェックしてみてください。 英語や具体的な例文も豊富にご紹介していますので理解しやすいですよ。

次の

「了解しました」の正しい使い方

委細 承知 いたし まし た

「承知しました」とは「 相手に対して理解したという意味の敬語の中で最も使用しやすい言葉」です。 「承知」とは「承諾すること。 事情を理解していること」という意味であり、「承知しました」は謙譲語に値するため、 目上の人や取引先の相手に対して使用する言葉としてふさわしい言葉です。 また、目下の相手に対して使用する場合も見下していない言い方もしくは、相手の意見を尊重するという意味合いを含むことができます。 そのため、目下の相手に対しても使用することが可能です。 現在では多くの企業などのビジネス研修などでも使用を推奨される言葉となっています。 また「承知いたしました」という言葉があり、この言葉は二重敬語として見られがちですが、実は「承知いたしました」は二重敬語ではありません。 「了解しました」とは「 同意を示す敬語として最も誤って使用されることが多い言葉」です。 「了解しました」は 目下の相手や同僚などの身分が自分より低い、もしくは近い相手に使用する言葉です。 ビジネスの場において、目上の相手や取引先の相手に「了解しました」と使用することは相手に対して「経緯を払っていない」と捉えられるため、注意が必要です。 「了解」に「しました」という言葉を付けることで丁寧語になるため、目上の相手などに対して使用されがちですが、丁寧語であって、「謙譲語」ではないため、目上の人に使用することは失礼に値します。 「了解しました」に関しては2010年までは目上の人を敬う言葉としてビジネスの場などで使用されてきましたが、2011年頃から目上の人に対して使用することは不適切だ、という風潮ができ、現在では目下の相手に使用することが基本となりました。 「かしこまりました」とは「 相手に対して理解したという意味の敬語の中で最も尊重を表す言葉」です。 「了承しました・承知いたしました・了解しました・かしこまりました」の4つの中で最も相手を敬う言葉です。 上司などに対し「かしこまりました」を使用することは少し違和感がありますが、直属より上の上司や社長、取引先の相手、お客様に対して使用するのには最適な言葉です。 逆に目下の相手に対して「かしこまりました」を使用することはあまりありません。 「かしこまりました」は相手に対して払う敬意がとても大きい様を表すため、目下の相手に対して使用することは滅多にありません。 最近では目下の相手や友達などの身分の近い存在に対して「かしこまりました」という言葉を違和感なく使うために「かしこまり!」という若者言葉が生まれています。 当たり前ですが、「かしこまり!」は間違っても目上の相手に対して使用しないようにしましょう。 「了承」と「了解」に使い分けが存在するように、「承知」と「かしこまりました」にも使い分けが存在します。 「かしこまりました」は「承知しました」よりもさらに 相手を敬う言葉です。 「承知しました」よりもさらに丁寧に言いたい際に使用すると良いでしょう。 どちらも同じ意味のため、使い分けがとても難しいですが、相手によっては「かしこまりました」は少し固いイメージを持たれることがあります。 無難にどんな相手にでも使用できるのは「承知しました」です。 また、「承知しました」と「かしこまりました」にも意味合いの違いがあります。 「承知」は「何かを 承諾した際に使用する言葉」• 「かしこまりました」は「何かを 理解した際に使用する言葉」 しかし、この2つについては「了承」と「了解」ほど強い違いはないため、基本的には「承諾」と「理解」のどちらでも使用することは可能です。 「了承しました・承知いたしました・了解しました・かしこまりました」のそれぞれの例文を紹介します。 【了承しました】• (目下に対し)内容のチェック、了承しました。 (目下に対し)その依頼については了承しました。 【承知いたしました】• (目上に対し)内容のチェック、了承しました。 (目上に対し)その依頼については了承しました。 【了解しました】• (目下に対し)今回の仕事内容について了解しました。 (目下に対し)作業の進行状況、了解しました。 【かしこまりました】• (目上に対し)作業の進行状況、了解しました。 「了承しました・承知いたしました・了解しました・かしこまりました」の言葉の違いについての記事いかがだったでしょうか。 商談やビジネスメールなどにおいて、この4つはよく使用されるため、しっかり覚える必要があります。 すべて「わかりました」を表す言葉ですが、一つ一つの言葉の意味をしっかり理解していないと使い分けが難しい言葉のため、参考になれば幸いです。 軽くまとめると 【目上に対して使用するもの】• 承知しました• かしこまりました 【目下に対し使用するもの】• 了承しました• 了解しました 『承諾を意味するもの』• 了承しました• 承知しました 『理解を意味するもの』• 了解しました• かしこまりました このように使い分けをすることができます。 ビジネスの場において、言葉の使い間違えは非常に失礼に値するため、しっかり意味を覚えて使い分けができるようにしましょう。

次の

承知しましたの意味と使い方!敬語?目上の人に使っていい?

委細 承知 いたし まし た

了解の意味とは?了解の敬語は? ビジネスシーンだけでなく、日常生活においても何気なく使われている「了解」という言葉の本来の意味はどのようなものなのでしょうか。 理解しました 「了」と「解」どちらの漢字も「よくわかる・理解する」という動詞としての意味があります。 「了解」という言葉は動詞を重ねて作られたもので、「すっかり~し終える」という意味があり、一般的には物ことについて「理解しました」という意味で使われています。 了解しましたは丁寧語 「了解」はこのように「理解した」という意味しか無く、自分をへりくだるようなニュアンスは含まれていません。 したがって、「了解」に「しました」をつけて「了解しました」とした場合、これは謙譲語ではなく丁寧語となります。 「いたしました」を付けると、「いたす」が「する」の謙譲語であるため、より丁寧な印象です。 了解の類語とその違いは? 「了解」の類語にはどのようなものがあるのでしょうか。 「了解」と同じ意味のように使用される「了承」や「承知」など詳しい意味を調べると、少しずつですがニュアンスが違っています。 丁寧語、謙譲語、尊敬語の違いも含めて解説します。 了承しました 「了承」は、事情を理解し納得することという意味があります。 そのため「了承しました」となると、「納得しました、それでいいです」という意味で、立場が上の者の行為であるニュアンスがあります。 したがって、目上の人との間で使用する場合は、自分の行為としてではなく、「あらかじめご了承ください」など相手の行為として使用するのが適切です。 承知しました 「承知」は、ある事柄について知ること・知っていることという意味で使用されます。 「承る」という漢字が入っているので、「了解」とは異なり自分をへりくだったニュアンスを含みます。 したがって、「承知しました」については、謙譲語となり「理解し納得しました」という意味になります。 「ご承知のように」のような表現で使用されることもありますが、謙譲語ですので、目上の人に使うのは誤りです。 承りました 「きちんと聞きました・お受けいたします」といった意味で使用されています。 電話応対などで、「確かに承りました」のように使用しますが、この場合間違いなくお受けしましたという意味で使われ、「了解しました」とは意味合いも使用方法も違っています。 かしこまりました 上司や客に対して「〇〇の件、かしこまりました」のように使用し、相手の要望や命令などについて、わかりました・承りましたという意味合いで使います。 「承知しました」と使い方は同じですが、「承知しました」が理解し受ける事に対し、「かしこまりました」は指示を承るという意味であるという違いを意識して使うようにしましょう。 了解と承知の使い分け例文 「了解」と「承知」の使い分けについて見ていきます。 どのような場面で使うことが適切なのか、具体的な例文を見ながら、言葉の意味合いについてご説明します。 日時変更、了解です 「日時の変更についてわかりました」といった意味で使用されます。 「了解です」は「了解しました」や「了解いたしました」に比べるとフランクな印象を与えるため、同僚など会話の相手を選んで使用することが大切です。 ご依頼の件承知しました 「ご依頼の件了解しました」とすると、自分をへりくだるニュアンスはありません。 しかし、 「ご依頼の件承知しました」の場合は謙譲語が使用されていることになるため、取引先や上司に対する表現として用いられます。 了解の使い方注意点 「了解」の使い方の注意点について詳しく見ていきます。 どういう場面では失礼にあたるのか、気軽に使いがちな「了解」について詳しく知ることで、ビジネスマナーとして失礼のないような使い方を身に着けることができます。 社外や目上の人には使わない 「了解しました」は絶対に目上の人に使ってはいけない言葉というわけではありません。 しかし、一般に使用しない方が無難であるとされています。 安易に使用すると相手を不快にさせる可能性がありますので、注意しましょう。 厳密には失礼ではないが承知が無難 「了解」・「承知」は謙譲語であるかどうか、という違いの他に、「了解」は「わかりました」という意味、「承知」は「わかりました。 そのようにいたします。 」という意味という違いがあります。 そのため、「承知」の方が理解しただけでなく、「そのことを実行します。 」といったニュアンスがあるので「承知」を使った方が無難です。 厳密な使い方が決められている訳ではありませんが、ビジネスシーンでは、同僚同士や目上の人が目下の人に対して使う言葉であると認識している人が多数です。 そのため、取引先や上司には「了解しました」よりも「承知しました」を使うことをおすすめします。 まとめ 気軽に使ってしまいがちな「了解しました」という言葉ですが、その意味やビジネスマナーとしての一般的な認識を知り、話している相手との立場を考えて使用することが大切です。 「承知しました」もその意味をきちんと理解したうえで使用するようにしましょう。

次の