仏間 位置。 お仏壇の最適な向きが分かる!宗派や部屋に合った方角の決め方

仏壇の方向について

仏間 位置

最も適した部屋はもちろん仏間です。 しかし、最近では仏間のない家も増えてきていますし、都市型住宅の場合は部屋も限られてきます。 そういった時代の流れから、考え方や作法も変わり、特に置き場所に決まりは無くなりました。 といっても、適していない場所が無いわけではありません。 トイレやお風呂場などはそもそも部屋ではありませんし、水気がある場所は木製品を置くと様々な問題が生じます。 また、直射日光が当たる日当たりの良い場所は一見明るく、良い場所に思われますが、主な素材が木材である仏壇には避けたい場所です。 ヒビやソリなどがでて、破損の原因になります。 現在ではリビングにお仏壇を置く方が増えています。 キッチンに近いため、給仕がしやすいという利点があります。 洋室用に作られた仏壇もあり、家具調仏壇、モダン仏壇などの名称で販売されています。 その他、床の間や居間なども置き場所としてよく利用されます。 置き場所に困った場合は「できるだけ、ご先祖様に感謝の気持ちを表しやすい場所」と考えて場所を決められると良いでしょう。 一般的に、寝室などの客人を通さない部屋は、お仏壇の置き場所として適していないとされています。 それは、一般的なお仏壇はお参りする方が多いほうが良いとされており、その家で客人が手を合わせやすい場所が良いとされているからです。 しかし、寝室に置くことが必ずしも駄目ということはありません。 現在では「手元供養」という供養方法が広まりつつ有ります。 「手元供養」は一家のための仏壇では無く、個人のための仏壇として考える供養方法で、自身の一番お参りがし易い場所にささやかな祭壇を設け、手を合わせる様な供養の方式です。 この「手元供養」では、自分が一番リラックスできる場所にお仏壇を置くことをお勧めしています。 つまり、寝室などに小さなお仏壇や小型祭壇を置くことは、現代の「手元供養」で推奨している方法なのです。 キッチンに置きたい場合 よく「北向きにお仏壇を向けてはいけない」とされる事がありますが、これには昔の住宅事情が関わっています。 昔の一軒家は日を良く取り入れるため、窓が南向きに大きく開いている作りをしていました。 そのため、お仏壇を北向き(南側の壁側)に置くことは窓や縁側を背にすることが多く、現実的ではありませんでした。 また、直射日光が当たる場所であるため、木製品である仏壇の安置に向いていません。 しかし、近年では住宅の都市型に伴い、窓と壁の位置関係も様々になりました。 家によっては、南向きの日光はあまり入らず、西日がよく差し込む間取りもあるでしょう。 その家々により、適した場所は異なります。 間取りや日当たりなどを考えて置けば、どの方角でも問題はありません。

次の

仏壇を配置する6つの場所|移動する際の必要な準備

仏間 位置

仏壇と神棚の違いとは 仏壇と神棚の違いとは? 神棚は、その名の通り神様を祀る場所です。 神棚には神社を模して作られた「宮形 みやがた 」を安置し、その中に伊勢神宮のお札や、地域の氏神様のお札を祀ります。 家の中に小さな神社があると考えて、拝礼すると良いでしょう。 毎日新しい水と米 またはご飯 をお供えします。 神棚の祀り方には完全に統一された形式はなく、地域や家庭によって様々な伝統があります。 一方、仏壇は、亡くなって「仏」になったご先祖様を家庭内で祀る場所です。 仏壇の中心には、仏さま 故人 の位牌とともに、信仰の中心となる「ご本尊」を祀ります。 ご本尊の種類は信仰する宗派によって異なりますが、木彫りの仏像あるいは仏さまの姿や曼荼羅 まんだら を描いた掛け軸が多いようです。 そのほか、香炉・鈴 りん ・灯籠・燭台 ろうそく立て ・花立などの仏具を配置するのが基本ですが、宗派によって様々な種類があります。 神棚を安置する場所と方角 神棚を安置する方角は? 神棚は、太陽の方角である南向きあるいは東向きとなるように、明るく清浄で天に近い場所に安置します。 直射日光が当たる場所、人の出入りがある扉の上、トイレと背中合わせになる場所、暗くじめじめした場所などは避けましょう。 建物が平屋でない場合は、最上階に安置するのが望ましいとされています。 住宅事情から最上階への安置が難しい場合は、すぐ上の天井に「雲」と書いた紙や、「雲」の文字をかたどった彫刻を貼り付けることで、「これより上が天である」と見なすことが可能です。 「雲」以外に「空」や「天」の文字を用いることもあります。 2階建ての一戸建てで下の階に神棚を安置する場合は、廊下や居室などの人が踏みつける場所の下は避けます。 神棚の上にあたる場所には何も置かないのがベストですが、難しい場合には家具を置くなどして人が歩かないようにしましょう。 仏壇を安置する場所と方角 仏壇を安置する場所は? 仏壇用の和室「仏間」があれば、そこに置くのが一番ですが、必ずしも仏間や和室に置かなければいけないという決まりはありません。 リビングなど、家族が過ごす時間が長くて毎日お参りしやすい場所にすると良いでしょう。 ただし、トイレのすぐ近くや廊下、家族があまり使用しない薄暗い部屋などは避けます。 昔ながらの仏壇は比較的大型で純和風のデザインですが、近年は住宅環境の変化に合わせて様々な種類の仏壇が登場しています。 洋風のリビングに置いても違和感のないシンプルなデザインや、小さめの仏壇も多いので、好みに合わせて選択すると良いでしょう。 また、家具の上に置けるほどのごく小型な仏壇もあります。 ただし、正座でお参りする際に、仏さまが目線よりも下になるのは望ましくないので、小型の仏壇は床へ直置きせずに台や棚の上に安置しましょう。 仏壇の方角は諸説ある 仏壇の方角は諸説あります 仏壇は東向きあるいは南向きに安置することが多いです。 ただ、仏壇の向きについては諸説あり、どの方角を向けても大きな問題はないとされています。 仏壇の位置や方角にこだわりすぎるよりも、毎日のお参りのしやすさを考えることがおすすめです。 それでもやはり方角が気になる場合は、菩提寺 法事などで日頃お世話になっているお寺 に相談しましょう。 方角が気になる場合は、菩提寺に相談を ・南面北座説 曹洞宗・臨済宗に多い、仏壇は南向きに安置するべきという説です。 お釈迦様が南向きに座って説法をしていたという逸話に基づいています。 ・東面西座説 浄土真宗・浄土宗・天台宗に多い、仏壇は東向きに安置するべきという説です。 これらの宗派がご本尊として祀る阿弥陀如来がいる極楽浄土は、西方にあるといわれています。 そのため、西を向いてお参りできるように仏壇を東向きにします。 ・本山説 真言宗では、本山 寺院 の方角を向くように仏壇を安置するのが望ましいとされています。 そのため、方角は自宅と本山との位置関係によって異なります。 ・春夏秋冬説 どの方角にも意味があり、良し悪しの区別はないため、仏壇をどの方角に安置しても良いという説です。 東西南北を春夏秋冬になぞらえ、太陽が昇る東 春 が万物のはじまりとなり、太陽が昇る南 夏 に結実し、西 秋 に収穫の時期を迎え、北 冬 に収めるという思想に基づいています。

次の

家相・風水からみた神棚と仏壇の設置に適した位置はどこ?

仏間 位置

家を建てるときに気にすることの中に仏壇の方位や神棚の方位があります。 神棚や仏壇はマンションに住んでいる時からある という方もいらっしゃると思います。 ですがマンションでは上に部屋があるというのは普通のことなので あまり上の住人のことを気にしたりはしなかったと思います。 例えば仏壇の上を踏むような配置になってはいけないというのがありますが マンションではどうしても上を通るといったことがあるかもしれません。 できないから気にしなかったということです。 戸建住宅では基本的には仏壇や神棚の上を歩くような間取りを作らない というのが言われていることですですから仏壇や神棚の上は部屋がなかったり 収納であったりすることが多くなっています。 そのようなプランが作れなかった場合でも 天井を二重にするとか天井に雲と書かれた 専用のパーツを置くことで解消するといった方法があります。 他に言われているのは仏壇の上に神棚置かないとか 重ならないようにするということもよく聞かれます。 神棚や仏壇の向き、方位については一般的には南向きとか東向きと言われます。 北向きでなければ概ね良いとされています。 宗派によっては北向きにあえて配置する場合もあるので その宗派の規則に沿ってと言ったところだと思います。 他に仏壇を置く場所についてよく聞く話としては 仏壇のすぐそばにトイレを置かないとか 仏壇のあるスペースの上にトイレを配置しないことがあります。 これは仏壇に入ってる方に失礼にならないように 隣に仏壇がとトイレが隣り合うとか トイレの真下に仏さんをおくということを避けるためです。 よく聞かれるのは仏壇の中には他の家の位牌を中に入れないとか 神棚では御札を重ねて祀らないとかはよく聞かれます。 間取りには関係しないので簡単にできることではないかと思います。 それから気にしたいところですが火災にあいにくい気づかいです。 現在ではロウソクなどをあまり使わないとは思いますが 仏壇の周りに火が燃え移らないようにする。 燃え移ることのないような配置が良いと思います。 カーテンのそばに仏壇とかは危険です。 実際に仏壇のところからも家事というのも聞かれることですから 燃え移る配置という配置は避けるべきでしょう。

次の