マラソン mgc コース。 MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)のコース、通過予想タイムは?

三つの「旧体質」から脱却 五輪マラソン代表選考会・MGC創設の理由

マラソン mgc コース

Tokyo 2020(東京五輪)の男女マラソンに出場する日本代表選手を選考するレース、「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」が、いよいよ開催される。 このレースで2位以内になると、その選手は東京五輪の出場が内定。 3位の選手も有力な候補となる。 男子はTBSテレビ系列全国ネット、女子はNHK総合がTV放送を行う。 ラジオ放送に関しては、男子はTBSラジオ、女子はNHKラジオが行う。 また、NHK公式サイトでは男女レースが生配信される。 <開催日時>• 男子:9月15日(日)午前8時50分〜• 女子:9月15日(日)午前9時10分〜 <放送予定> 男子• (地上波) 午前8時00分〜• (ネット)午前8時50分〜 女子• (地上波) 午前8時00分〜• そのほか、国際陸上競技連盟(IAAF)が世界記録を公認する競技会で設定タイムをクリアした選手などに、「ワイルドカード」として出場権が与えられる。 男子MGC出場選手(31名)• 村沢明伸(日清食品グループ)• 大迫 傑(Nike)• 上門大祐(大塚製薬)• 竹ノ内 佳樹(NTT西日本)• 園田 隼(黒崎播磨)• 設楽悠太(Honda)• 井上大仁(MHPS)• 木滑 良(MHPS)• 宮脇千博(トヨタ自動車)• 山本憲二(マツダ)• 佐藤悠基(日清食品グループ)• 中村匠吾(富士通)• 岡本直己(中国電力)• 谷川智浩(コニカミノルタ)• 大塚祥平(九電工)• 中本健太郎(安川電機)• 藤本 拓(トヨタ自動車)• 服部勇馬(トヨタ自動車)• 福田 穣(西鉄)• 橋本 崚(GMOアスリーツ)• 岩田勇治(MHPS)• 堀尾謙介(トヨタ自動車)• 今井正人(トヨタ自動車九州)• 藤川拓也(中国電力)• 神野大地(セルソース)• 山本浩之(コニカミノルタ)• 河合代二(トーエネック)• 髙久 龍(ヤクルト)• 荻野皓平(富士通)• 一色恭志(GMOアスリーツ)• 鈴木健吾(富士通) 日本女子マラソン歴代4位の記録(2:21:36)を持つ安藤友香 日本女子マラソン歴代4位の記録(2:21:36)を持つ安藤友香 なお、MGC出場資格を得ながらも、9月27日に開幕する第17回世界陸上競技選手権大会(ドーハ2019)の男女マラソン代表6選手は、出場を辞退している。 ドーハ2019の女子マラソンは現地時間9月27日、男子マラソンは同10月5日に行われる。 出場辞退選手• 川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)• 山岸宏貴(GMOアスリーツ)• 二岡康平(中電工)• 中野円花(ノーリツ)• 谷本観月(天満屋)• 東京五輪では新国立競技場(オリンピックスタジアム)が、スタート・ゴール地点となるが、現在工事中。 MGCでは、明治神宮外苑がスタート・ゴール地点となる。 それ以外は、東京五輪と同じコースを走る。 明治神宮外苑発着(日本陸上競技連盟公認コース) 明治神宮外苑いちょう並木~四ツ谷~水道橋~神保町~神田~日本橋~浅草雷門~銀座~新橋~芝公園~日本橋~神保町~二重橋前~明治神宮外苑いちょう並木 MGCは東京五輪と同じく、公道での観戦は無料となっている。 ただし、MGCに関しては、スタート・ゴール地点の明治神宮外苑いちょう並木が、最も混雑すると予想される。 またMGCの開催に合わせ、交通規制も行われる。 車両の通行規制だけでなく、スタート・ゴール付近では歩道通行の規制も行われるため、観戦を予定している人や、当日、コース内を訪れる予定の人は、どのような規制が行われるのか、確認しておこう。 このうち男女とも2枠ずつ、すなわちMGCで優勝した選手、2位だった選手に、東京五輪出場の内定が与えられる。 残りの1枠は、2019年秋から2020年春にかけて行われる「MGCファイナルチャレンジ」の結果で決まる。 MGC出場権を獲得した選手(MGC出場辞退選手を含む)を対象に、MGCファイナルチャレンジで設定記録を突破選手のうち、記録最上位の選手が、残り1枠の内定となる。 なお、異なるレースで同タイムだった場合は、総合的に判断される。 また、MGCファイナルチャレンジで設定記録を突破した選手がいなかった場合は、MGCで3位だった選手が内定となる。 MGCファイナルチャレンジ(男子3大会、女子3大会) 男子• 2019年12月1日• 2020年3月1日• 2020年3月8日 女子• 2019年12月8日• 2020年1月26日• 2020年3月8日 MGCファイナルチャレンジ設定記録• 男子:2時間5分49秒• 女子:2時間22分22秒.

次の

【MGC】マラソングランドチャンピオンシップ:コース:コース動画有

マラソン mgc コース

いよいよ来年 2020 年に東京オリンピックが開催されますが、オリンピック本選に向けて各競技で予選会や選手選考が行われていますね。 その中でも、 東京オリンピックマラソン種目の代表選考レースである、「マラソングランドチャンピオンシップ MGC はかなり注目度の高い大会です! マラソンといえば 2000 年のシドニーオリンピックで高橋尚子選手が日本人として陸上競技で初の金メダルを獲得し、続くアテネ大会でも野口みずき選手が金メダルを獲得しました。 他にも上位入賞する選手もいて、日本選手の上位進出、メダル獲得が大きく期待される種目ですね。 そんな MGCですが、詳しい内容についてはなかなか浸透していないようで、• 実際に観戦しに行きたいけど、いつ・どこであるのかよく分からない• せっかくならオリンピック選手が決まる瞬間を生で見たい• 選手がどんなコースを走るのか知りたい といった声もネット上では見受けられました。 そこで今回は• マラソングランドチャンピオンシップ MGC の詳細• MGC のコースとその特徴• 予想されるレース展開予想• おススメ観戦スポットを紹介 これらについてまとめていきますので、観戦の際の参考にしてみてください! Contents• そもそもマラソングランドチャンピオンシップ MGC ってなに? 「 MGC って名前は聞くけど、どんな大会なの?」という方のために、 詳しくまとめていきたいと思います! MGC 正式名称: マラソングランドチャンピオンシップ兼 2020 年東京オリンピック日本代表選考競技会兼 103 回日本陸上競技選手権大会 とは、 トラック競技でも行われている、陸上の日本選手権とオリンピック選考会を兼ねており、「 MGC シリーズ」と言われる陸連指定の各マラソンの大会の上位者や参加標準記録を突破した選手が出場できる大会なんです。 つまり、東京オリンピックマラソン競技代表を決める選考会ですね! ちなみに、東京オリンピックの代表になるための条件ルールはこの3つです• MGC優勝者• MGCで2 位、 3 位に入った人のうち「 MGC 派遣設定記録」を突破した最上位者が内定 男女とも該当者なし• 「MGC 派遣設定記録」を突破した選手がいない場合は 2 位の選手が自動的に内定。 難しい表現もありますが・・要するに、今回の MGC では 2 位までに入れば、東京オリンピック内定ということになります。 日程は2019 年 9 月 15 日 日 で、 男子の部は 8: 50 スタート予定。 女 子の部は9 :1 0 スタート予定です。 MGC のコースとその特徴は? MGCのコースについては、基本的にはオリンピック本番と同じで、発着点だけ違うという特徴があります。 したがって先にも書いた通り、 選手にとっては選考会でもあり、試走のレースともなりますね。 全体的なコース図はこちらの画像を参照ください。 jaaf. 全体的には、東京のランドマークを次々に巡っていくコースとなっており国内ファンにとっても楽しいコースであり、海外の方に「 TOKYO 」をアピールできるコースとなっています。 0 ㎞〜 5 ㎞ 飯田橋付近 明治神宮外苑のイチョウ並木をスタート、新国立競技場横を通り、外苑西通りを北上し靖国通りへ向かいます。 (ちなみに、東京オリンピック本番の 発着は新国立競技場となります) 飯田橋を通過する手前が5キロ地点です。 スタートして若干の登りはあるものの、ほとんどが下り坂で、標高差は約30mもあります。 ここでの位置どりやペース配分が後半の展開を左右しそうですね! 5km〜10 ㎞ 日本橋付近 飯田橋を通過したあとは、37km付近までほとんど高低差のないコースが続きます。 東京ドーム近くの 水道橋交差点を右折し、白山通りを南下して神保町へ。 そして 神保町交差点を左折して再び靖国通りへ。 秋葉原近くの須田町交差点を左折ししばらく直進し、 日本橋交差点へ。 この辺りで10kmとなります。 10km〜15 ㎞ 浅草寺雷門付近 日本橋交差点を左折した後は、永代通りを進んで茅場町 1 丁目交差点を左折。 次に浜町中野橋交差点を左折してスカイツリーを横目に 浅草橋・蔵前方面へ。 浅草雷門付近が15km地点となっています。 15km〜20 ㎞ 日本橋交差点付近 雷門を通過した後は、 吾妻橋交差点を右折して来た道を南下します。 再び蔵前・浅草橋を通過し、日本橋交差点に入ったところがちょうど20km地点となります。 20km〜25 ㎞ 芝公園・東京タワー付近 日本橋交差点を左折してからは、 中央通りを南下し、銀座・新橋方面へ行きます。 西新橋交差点を左折して日比谷通りへ入って少し行ったところが25km地点です。 25 ㎞〜 30 ㎞ 須田町交差点付近 そのまま南下を続け、 芝公園方面へ。 その 芝公園で折り返し、元来た道を進んでいきます。 再び 新橋・銀座・日本橋を通過して秋葉原の手前、須田町交差点付近が30km地点です。 30km〜35 ㎞ 神保町交差点付近 須田町交差点を左折して靖国通りへ。 神保町交差点で左折して内堀通からの皇居外苑を走ります。 二重橋前まで行ったところで折り返して北上。 もう一度神保町方面へ。 神保町交差点を通過したあたりが35km地点となります。 35km〜 40㎞ 富久町西交差点へ向かう上り坂 ここからは往路の折り返しで、白山通り〜外堀通り〜靖国通りと 進んでいきます。 この区間の特徴 は、36km付近〜41km付近まで約30mの上り坂が続くので、レース後半ということも加味されて、一気に勝負がつく可能性がある、非常に目が離せない区間と言えます。 40km〜42. 195 ㎞ 41km付近で坂を登り切ってからは、少しですが下り坂の区間になります。 そしてそのままフィニッシュ地点である 明治神宮外苑へ行く流れです。 コース全体の高低差とレースの見所は? 選手としてはどんなコースかは非常に重要です。 カーブが多いコースであれば位置取りも重要になりますし、石畳かコンクリートかなどによっても足首への負担などは変わってきます。 そんな中でも特に重要なのは高低差。 ペース配分やレース展開に大きく影響する要素です。 では、今回のコースはどんな高低差になっているのか見ていきましょう。 まず、スタートして最初の 2 ㎞は上り下りの坂が続きます。 その後 5 ㎞までは徐々に下っていくことになります。 ここで力を使いすぎずにリラックスしたフォームで気持ちよく走り抜けられるかは重要です。 5 ㎞過ぎから 35 ㎞までは高低差の少ない平坦なコース取りとなっています。 ポイントは 36 ㎞過ぎからです。 36 ㎞~ 41 ㎞は高低差最大 30m の坂が続きます。 マラソンで一番きついのは 35 ㎞~ 40 ㎞だと言われているので、 ここでこの上り坂は勝負の行方を左右でしょう。 レース展開を予想してみた! このMGCのレース展開ですが、おそらく力のある選手は力を温存し、 35 ㎞からショートスパートで他の選手をふるい落とし、最後のラスト 2 ㎞のスパートで勝負を決めるといった戦法を取ると思います。 逆に自己ベストが劣る選手は前半で飛び出して力のある選手の「レースプラン」を崩す作戦に出るかもしれませんし、とにかく 36 ㎞からの坂に備えて力を温存し着いていき、坂道でもとにかく粘るという戦法もありでしょう。 ラストのスピードに自信がある選手であれば、自己ベストは劣っていても着いていければ勝利の可能性はあります。 一発勝負というレースの特徴から、怖さがありますから、粘られるのは前を行く選手にとっては恐怖となります。 そのほか、 天候によっても変わってくるでしょうし、本当にどんな展開になるのかなかなか予想が難しいですね・・。 沿道でのオススメ観戦スポットは? オリンピック選手選出のレースですから、もちろん多くの人が観戦すると予想されますが、観戦するとしたらここというスポットを考えてみました。 観戦スポットとしてオススメしたいのが、まずは明治神宮外苑です。 スタートとフィニッシュの瞬間は誰もが見たいポイントでしょうし、多くのメディアも詰め掛けて、楽しい観戦になると思います。 あとは、コースマップを見ると神保町、日本橋付近は 3度選手が通過するスポットとなります。 特に神保町は後半の 35 ㎞地点でもありますので、優勝争いが絞り込まれた状態で観戦することがでる非常に面白いエリアになることが予想されます。 ぜひ参考にしてみてくださいね! まとめ 今回は、2020 年東京オリンピックの代表選考会を兼ねる、 マラソングランドチャンピオンシップ MGC の詳細や コースとその特徴についてまとめてきました。 MGC は 9 月 15 日 日 に開催され、 男子は 8 : 50 スタート、女子は 9 : 10 スタートです。 この大会でオリンピック出場、男女 2 名ずつが内定予定となっており、 コースは基本的にはオリンピック本番と同じとなっています。 発着点だけ異なる コースの概要としては、スタートとゴールは明治神宮外苑 をスタートして、靖国通り〜外堀通り〜外苑通り〜白山通り〜中央通りを経由して、日本橋交差点から浅草方面へ行きます。 雷門で折り返して再び日本橋交差点へ。 今度は銀座・新橋方面へ行って、芝公園で折り返しをして、また 日本橋交差点へ。 往路を折り返していき、明治神宮外苑へ戻りフィニッシュといったコース取りになっています。 コースの特徴としては、ほとんどが平たんなコースながら、 36 ㎞~ 40 ㎞までの高低差最大 30m の上り坂があることです。 ここで集団が大きくばらける、または順位が変動する可能性が大いにあります。 一番の見どころを言えるでしょう! また、オススメの観戦スポットとしては、• フィニッシュの瞬間を見ることができる明治神宮外苑。 3 度選手を応援できる日本橋と神保町 これらをおすすめしています。 特に神保町は後半の 35 ㎞地点でもありますので、終盤の戦いを見ることができます! 東京オリンピックの代表が内定するこの MGC はこれまでにない一発勝負の新しい選考会。 どんなレースが見られるのか 注目しましょう!.

次の

MGCマラソン2019の予想まとめ!男子女子の優勝は誰?

マラソン mgc コース

いよいよ来年 2020 年に東京オリンピックが開催されますが、オリンピック本選に向けて各競技で予選会や選手選考が行われていますね。 その中でも、 東京オリンピックマラソン種目の代表選考レースである、「マラソングランドチャンピオンシップ MGC はかなり注目度の高い大会です! マラソンといえば 2000 年のシドニーオリンピックで高橋尚子選手が日本人として陸上競技で初の金メダルを獲得し、続くアテネ大会でも野口みずき選手が金メダルを獲得しました。 他にも上位入賞する選手もいて、日本選手の上位進出、メダル獲得が大きく期待される種目ですね。 そんな MGCですが、詳しい内容についてはなかなか浸透していないようで、• 実際に観戦しに行きたいけど、いつ・どこであるのかよく分からない• せっかくならオリンピック選手が決まる瞬間を生で見たい• 選手がどんなコースを走るのか知りたい といった声もネット上では見受けられました。 そこで今回は• マラソングランドチャンピオンシップ MGC の詳細• MGC のコースとその特徴• 予想されるレース展開予想• おススメ観戦スポットを紹介 これらについてまとめていきますので、観戦の際の参考にしてみてください! Contents• そもそもマラソングランドチャンピオンシップ MGC ってなに? 「 MGC って名前は聞くけど、どんな大会なの?」という方のために、 詳しくまとめていきたいと思います! MGC 正式名称: マラソングランドチャンピオンシップ兼 2020 年東京オリンピック日本代表選考競技会兼 103 回日本陸上競技選手権大会 とは、 トラック競技でも行われている、陸上の日本選手権とオリンピック選考会を兼ねており、「 MGC シリーズ」と言われる陸連指定の各マラソンの大会の上位者や参加標準記録を突破した選手が出場できる大会なんです。 つまり、東京オリンピックマラソン競技代表を決める選考会ですね! ちなみに、東京オリンピックの代表になるための条件ルールはこの3つです• MGC優勝者• MGCで2 位、 3 位に入った人のうち「 MGC 派遣設定記録」を突破した最上位者が内定 男女とも該当者なし• 「MGC 派遣設定記録」を突破した選手がいない場合は 2 位の選手が自動的に内定。 難しい表現もありますが・・要するに、今回の MGC では 2 位までに入れば、東京オリンピック内定ということになります。 日程は2019 年 9 月 15 日 日 で、 男子の部は 8: 50 スタート予定。 女 子の部は9 :1 0 スタート予定です。 MGC のコースとその特徴は? MGCのコースについては、基本的にはオリンピック本番と同じで、発着点だけ違うという特徴があります。 したがって先にも書いた通り、 選手にとっては選考会でもあり、試走のレースともなりますね。 全体的なコース図はこちらの画像を参照ください。 jaaf. 全体的には、東京のランドマークを次々に巡っていくコースとなっており国内ファンにとっても楽しいコースであり、海外の方に「 TOKYO 」をアピールできるコースとなっています。 0 ㎞〜 5 ㎞ 飯田橋付近 明治神宮外苑のイチョウ並木をスタート、新国立競技場横を通り、外苑西通りを北上し靖国通りへ向かいます。 (ちなみに、東京オリンピック本番の 発着は新国立競技場となります) 飯田橋を通過する手前が5キロ地点です。 スタートして若干の登りはあるものの、ほとんどが下り坂で、標高差は約30mもあります。 ここでの位置どりやペース配分が後半の展開を左右しそうですね! 5km〜10 ㎞ 日本橋付近 飯田橋を通過したあとは、37km付近までほとんど高低差のないコースが続きます。 東京ドーム近くの 水道橋交差点を右折し、白山通りを南下して神保町へ。 そして 神保町交差点を左折して再び靖国通りへ。 秋葉原近くの須田町交差点を左折ししばらく直進し、 日本橋交差点へ。 この辺りで10kmとなります。 10km〜15 ㎞ 浅草寺雷門付近 日本橋交差点を左折した後は、永代通りを進んで茅場町 1 丁目交差点を左折。 次に浜町中野橋交差点を左折してスカイツリーを横目に 浅草橋・蔵前方面へ。 浅草雷門付近が15km地点となっています。 15km〜20 ㎞ 日本橋交差点付近 雷門を通過した後は、 吾妻橋交差点を右折して来た道を南下します。 再び蔵前・浅草橋を通過し、日本橋交差点に入ったところがちょうど20km地点となります。 20km〜25 ㎞ 芝公園・東京タワー付近 日本橋交差点を左折してからは、 中央通りを南下し、銀座・新橋方面へ行きます。 西新橋交差点を左折して日比谷通りへ入って少し行ったところが25km地点です。 25 ㎞〜 30 ㎞ 須田町交差点付近 そのまま南下を続け、 芝公園方面へ。 その 芝公園で折り返し、元来た道を進んでいきます。 再び 新橋・銀座・日本橋を通過して秋葉原の手前、須田町交差点付近が30km地点です。 30km〜35 ㎞ 神保町交差点付近 須田町交差点を左折して靖国通りへ。 神保町交差点で左折して内堀通からの皇居外苑を走ります。 二重橋前まで行ったところで折り返して北上。 もう一度神保町方面へ。 神保町交差点を通過したあたりが35km地点となります。 35km〜 40㎞ 富久町西交差点へ向かう上り坂 ここからは往路の折り返しで、白山通り〜外堀通り〜靖国通りと 進んでいきます。 この区間の特徴 は、36km付近〜41km付近まで約30mの上り坂が続くので、レース後半ということも加味されて、一気に勝負がつく可能性がある、非常に目が離せない区間と言えます。 40km〜42. 195 ㎞ 41km付近で坂を登り切ってからは、少しですが下り坂の区間になります。 そしてそのままフィニッシュ地点である 明治神宮外苑へ行く流れです。 コース全体の高低差とレースの見所は? 選手としてはどんなコースかは非常に重要です。 カーブが多いコースであれば位置取りも重要になりますし、石畳かコンクリートかなどによっても足首への負担などは変わってきます。 そんな中でも特に重要なのは高低差。 ペース配分やレース展開に大きく影響する要素です。 では、今回のコースはどんな高低差になっているのか見ていきましょう。 まず、スタートして最初の 2 ㎞は上り下りの坂が続きます。 その後 5 ㎞までは徐々に下っていくことになります。 ここで力を使いすぎずにリラックスしたフォームで気持ちよく走り抜けられるかは重要です。 5 ㎞過ぎから 35 ㎞までは高低差の少ない平坦なコース取りとなっています。 ポイントは 36 ㎞過ぎからです。 36 ㎞~ 41 ㎞は高低差最大 30m の坂が続きます。 マラソンで一番きついのは 35 ㎞~ 40 ㎞だと言われているので、 ここでこの上り坂は勝負の行方を左右でしょう。 レース展開を予想してみた! このMGCのレース展開ですが、おそらく力のある選手は力を温存し、 35 ㎞からショートスパートで他の選手をふるい落とし、最後のラスト 2 ㎞のスパートで勝負を決めるといった戦法を取ると思います。 逆に自己ベストが劣る選手は前半で飛び出して力のある選手の「レースプラン」を崩す作戦に出るかもしれませんし、とにかく 36 ㎞からの坂に備えて力を温存し着いていき、坂道でもとにかく粘るという戦法もありでしょう。 ラストのスピードに自信がある選手であれば、自己ベストは劣っていても着いていければ勝利の可能性はあります。 一発勝負というレースの特徴から、怖さがありますから、粘られるのは前を行く選手にとっては恐怖となります。 そのほか、 天候によっても変わってくるでしょうし、本当にどんな展開になるのかなかなか予想が難しいですね・・。 沿道でのオススメ観戦スポットは? オリンピック選手選出のレースですから、もちろん多くの人が観戦すると予想されますが、観戦するとしたらここというスポットを考えてみました。 観戦スポットとしてオススメしたいのが、まずは明治神宮外苑です。 スタートとフィニッシュの瞬間は誰もが見たいポイントでしょうし、多くのメディアも詰め掛けて、楽しい観戦になると思います。 あとは、コースマップを見ると神保町、日本橋付近は 3度選手が通過するスポットとなります。 特に神保町は後半の 35 ㎞地点でもありますので、優勝争いが絞り込まれた状態で観戦することがでる非常に面白いエリアになることが予想されます。 ぜひ参考にしてみてくださいね! まとめ 今回は、2020 年東京オリンピックの代表選考会を兼ねる、 マラソングランドチャンピオンシップ MGC の詳細や コースとその特徴についてまとめてきました。 MGC は 9 月 15 日 日 に開催され、 男子は 8 : 50 スタート、女子は 9 : 10 スタートです。 この大会でオリンピック出場、男女 2 名ずつが内定予定となっており、 コースは基本的にはオリンピック本番と同じとなっています。 発着点だけ異なる コースの概要としては、スタートとゴールは明治神宮外苑 をスタートして、靖国通り〜外堀通り〜外苑通り〜白山通り〜中央通りを経由して、日本橋交差点から浅草方面へ行きます。 雷門で折り返して再び日本橋交差点へ。 今度は銀座・新橋方面へ行って、芝公園で折り返しをして、また 日本橋交差点へ。 往路を折り返していき、明治神宮外苑へ戻りフィニッシュといったコース取りになっています。 コースの特徴としては、ほとんどが平たんなコースながら、 36 ㎞~ 40 ㎞までの高低差最大 30m の上り坂があることです。 ここで集団が大きくばらける、または順位が変動する可能性が大いにあります。 一番の見どころを言えるでしょう! また、オススメの観戦スポットとしては、• フィニッシュの瞬間を見ることができる明治神宮外苑。 3 度選手を応援できる日本橋と神保町 これらをおすすめしています。 特に神保町は後半の 35 ㎞地点でもありますので、終盤の戦いを見ることができます! 東京オリンピックの代表が内定するこの MGC はこれまでにない一発勝負の新しい選考会。 どんなレースが見られるのか 注目しましょう!.

次の