葉っぱイラスト。 葉っぱの形

葉っぱの形

葉っぱイラスト

Contents• <ジャスミン> 先程のこちらの葉っぱに続きまして・・・ 次はもう少しほっそりした葉っぱ。 こちらの葉は 「ジャスミン」 の葉っぱをイメージしました。 かなり単純化して描いています。 <クローバー> お次はこちら この葉っぱは 「クローバー」です。 シロツメクサとも言います。 ハートマークを3つ、四つ葉のクローバーなら4つ描けばクローバーになります。 ではでは お次は <ラベンダー> 今までご紹介した葉に比べると だいぶ形が違って ほとんど丸みがありません。 こちらは 「ラベンダー」の葉を イメージしています。 まっすぐな線だけで描けるので グリーンのマーカー等でピピッと引くだけで 描けます。 さて、どんどんいきますよ! お次は・・・ <ツタの葉> 星型のような とがった形。 こちらの葉っぱは 「蔦」の葉です。 蔦の葉は 個人的にも よく描くモチーフ。 お家のイラストとか、 壁に少し蔦の葉を描くだけで 良い雰囲気が出るのです。 さあ、次は・・・ <ゼラニウム> ゼラニウムという花の葉っぱは こーんな形をしています! まあるい形が可愛い。 ちなみに 一番最初に載せた いかにも葉っぱという感じの こちら。 一応モデルがいまして、 <紫陽花> 「紫陽花」の葉です。 これに似たような形の葉っぱは 他にもたくさんありそうですね! さて、次はこちら。 <ぺラルゴニウム> ギザギザしています。 「ぺラルゴ二ウム」という花の葉っぱ。 先程載せたゼラニウムの 仲間だそうです。 さて、ここまでいくつかの葉の形をご紹介をしてきました。 このように葉っぱの形にも 色々とあるのです。 今ご紹介したもの以外にも まだまだたくさんの種類があります。 <特徴を捉える> 葉っぱを描こうとしたときに あまりにも厳密に 描こうとすると 難しくなってしまいます。 なのでまずは描きたい葉っぱを 大雑把に観察してみてください。 「丸い形の葉っぱだな」とか 「端っこがギザギザしてるな」とか それくらいの違いを捉えるだけでも充分です。 もっと言ってしまえば、 実際と同じに描けなくて いいんです! というか、実際には無い 空想の葉っぱを描いたっていいんです。 <架空の植物を描いてみよう> 絵の楽しさはリアルを追求するだけではありません。 この世界に無いものだって描いていいのです。 葉っぱだったら、 星型の葉っぱとか お花みたいな形の葉とか。 勝手に創作しちゃうのも 楽しい。 観察して描くのが苦手なら作っちゃえばいいのです。 <観察も想像も苦手・・・> もしも、観察して描くのも 想像して描くのも苦手なら、 今ここに載せた何種類かの葉を 真似して描いて 楽しむのもいいですね。 どれも単純な線で描いているだけなので簡単です。 <組み合わせてイラストを描いてみよう> 慣れてきたら、 いろんな種類の 葉っぱを まとめて描いても 素敵ですよ! 実はこちら、 このページでご紹介した葉っぱしか 使ってないんです。 随分素敵に見えるでしょ? ひとつひとつは 単純なイラストでも 並べて描いたり 重ねて描くと 雰囲気変わります。

次の

葉っぱの形

葉っぱイラスト

Contents• <ジャスミン> 先程のこちらの葉っぱに続きまして・・・ 次はもう少しほっそりした葉っぱ。 こちらの葉は 「ジャスミン」 の葉っぱをイメージしました。 かなり単純化して描いています。 <クローバー> お次はこちら この葉っぱは 「クローバー」です。 シロツメクサとも言います。 ハートマークを3つ、四つ葉のクローバーなら4つ描けばクローバーになります。 ではでは お次は <ラベンダー> 今までご紹介した葉に比べると だいぶ形が違って ほとんど丸みがありません。 こちらは 「ラベンダー」の葉を イメージしています。 まっすぐな線だけで描けるので グリーンのマーカー等でピピッと引くだけで 描けます。 さて、どんどんいきますよ! お次は・・・ <ツタの葉> 星型のような とがった形。 こちらの葉っぱは 「蔦」の葉です。 蔦の葉は 個人的にも よく描くモチーフ。 お家のイラストとか、 壁に少し蔦の葉を描くだけで 良い雰囲気が出るのです。 さあ、次は・・・ <ゼラニウム> ゼラニウムという花の葉っぱは こーんな形をしています! まあるい形が可愛い。 ちなみに 一番最初に載せた いかにも葉っぱという感じの こちら。 一応モデルがいまして、 <紫陽花> 「紫陽花」の葉です。 これに似たような形の葉っぱは 他にもたくさんありそうですね! さて、次はこちら。 <ぺラルゴニウム> ギザギザしています。 「ぺラルゴ二ウム」という花の葉っぱ。 先程載せたゼラニウムの 仲間だそうです。 さて、ここまでいくつかの葉の形をご紹介をしてきました。 このように葉っぱの形にも 色々とあるのです。 今ご紹介したもの以外にも まだまだたくさんの種類があります。 <特徴を捉える> 葉っぱを描こうとしたときに あまりにも厳密に 描こうとすると 難しくなってしまいます。 なのでまずは描きたい葉っぱを 大雑把に観察してみてください。 「丸い形の葉っぱだな」とか 「端っこがギザギザしてるな」とか それくらいの違いを捉えるだけでも充分です。 もっと言ってしまえば、 実際と同じに描けなくて いいんです! というか、実際には無い 空想の葉っぱを描いたっていいんです。 <架空の植物を描いてみよう> 絵の楽しさはリアルを追求するだけではありません。 この世界に無いものだって描いていいのです。 葉っぱだったら、 星型の葉っぱとか お花みたいな形の葉とか。 勝手に創作しちゃうのも 楽しい。 観察して描くのが苦手なら作っちゃえばいいのです。 <観察も想像も苦手・・・> もしも、観察して描くのも 想像して描くのも苦手なら、 今ここに載せた何種類かの葉を 真似して描いて 楽しむのもいいですね。 どれも単純な線で描いているだけなので簡単です。 <組み合わせてイラストを描いてみよう> 慣れてきたら、 いろんな種類の 葉っぱを まとめて描いても 素敵ですよ! 実はこちら、 このページでご紹介した葉っぱしか 使ってないんです。 随分素敵に見えるでしょ? ひとつひとつは 単純なイラストでも 並べて描いたり 重ねて描くと 雰囲気変わります。

次の

葉っぱの形

葉っぱイラスト

Contents• <ジャスミン> 先程のこちらの葉っぱに続きまして・・・ 次はもう少しほっそりした葉っぱ。 こちらの葉は 「ジャスミン」 の葉っぱをイメージしました。 かなり単純化して描いています。 <クローバー> お次はこちら この葉っぱは 「クローバー」です。 シロツメクサとも言います。 ハートマークを3つ、四つ葉のクローバーなら4つ描けばクローバーになります。 ではでは お次は <ラベンダー> 今までご紹介した葉に比べると だいぶ形が違って ほとんど丸みがありません。 こちらは 「ラベンダー」の葉を イメージしています。 まっすぐな線だけで描けるので グリーンのマーカー等でピピッと引くだけで 描けます。 さて、どんどんいきますよ! お次は・・・ <ツタの葉> 星型のような とがった形。 こちらの葉っぱは 「蔦」の葉です。 蔦の葉は 個人的にも よく描くモチーフ。 お家のイラストとか、 壁に少し蔦の葉を描くだけで 良い雰囲気が出るのです。 さあ、次は・・・ <ゼラニウム> ゼラニウムという花の葉っぱは こーんな形をしています! まあるい形が可愛い。 ちなみに 一番最初に載せた いかにも葉っぱという感じの こちら。 一応モデルがいまして、 <紫陽花> 「紫陽花」の葉です。 これに似たような形の葉っぱは 他にもたくさんありそうですね! さて、次はこちら。 <ぺラルゴニウム> ギザギザしています。 「ぺラルゴ二ウム」という花の葉っぱ。 先程載せたゼラニウムの 仲間だそうです。 さて、ここまでいくつかの葉の形をご紹介をしてきました。 このように葉っぱの形にも 色々とあるのです。 今ご紹介したもの以外にも まだまだたくさんの種類があります。 <特徴を捉える> 葉っぱを描こうとしたときに あまりにも厳密に 描こうとすると 難しくなってしまいます。 なのでまずは描きたい葉っぱを 大雑把に観察してみてください。 「丸い形の葉っぱだな」とか 「端っこがギザギザしてるな」とか それくらいの違いを捉えるだけでも充分です。 もっと言ってしまえば、 実際と同じに描けなくて いいんです! というか、実際には無い 空想の葉っぱを描いたっていいんです。 <架空の植物を描いてみよう> 絵の楽しさはリアルを追求するだけではありません。 この世界に無いものだって描いていいのです。 葉っぱだったら、 星型の葉っぱとか お花みたいな形の葉とか。 勝手に創作しちゃうのも 楽しい。 観察して描くのが苦手なら作っちゃえばいいのです。 <観察も想像も苦手・・・> もしも、観察して描くのも 想像して描くのも苦手なら、 今ここに載せた何種類かの葉を 真似して描いて 楽しむのもいいですね。 どれも単純な線で描いているだけなので簡単です。 <組み合わせてイラストを描いてみよう> 慣れてきたら、 いろんな種類の 葉っぱを まとめて描いても 素敵ですよ! 実はこちら、 このページでご紹介した葉っぱしか 使ってないんです。 随分素敵に見えるでしょ? ひとつひとつは 単純なイラストでも 並べて描いたり 重ねて描くと 雰囲気変わります。

次の