スターダスト レビュー 夢 伝説。 スターダスト☆レビューのアコースティック配信ライブの感想

スターダスト・レビュー「夢伝説」の楽曲ページ|1003519850|レコチョク

スターダスト レビュー 夢 伝説

『 TO YOU -夢伝説-』 の リリース 再発盤 再発盤 再発盤 時間 37分58秒 -分-秒 再発盤 アルバム 年表 () TO YOU -夢伝説- () () 『 TO YOU -夢伝説-』(トゥー・ユー ゆめでんせつ)は初のベストアルバム。 に発売された。 解説 [ ] 前作「」から2年5か月ぶりに発売された。 本来は、先行シングルである「 」と3枚目のオリジナルアルバムに収録されている「 と・つ・ぜ・ん Fall In Love」の2曲を核に3枚目のオリジナルアルバムが製作される予定だったが、レコード会社からの許可が下りず、急遽ベストアルバムを発売することになった。 しかし2枚目のシングル「」などは未収録である。 再発盤にはボーナストラックとして、「夢伝説」のライブ音源を収録している。 収録曲 [ ]• TO YOU 作詞・作曲: 次曲とメドレーになっている。 What A Nite! 作詞・作曲: 2枚目のアルバム「」収録曲。 噂のアーパー・ストリート 作詞:・、作曲: 2枚目のアルバム「」収録曲。 ラッキーレイン 作詞:根本要・手島昭、作曲:根本要 1枚目のアルバム「」収録曲。 今年の夏こそは 作詞・作曲: 1枚目のアルバム「」収録曲。 作詞:根本要・手島昭、作曲:根本要 1枚目のシングル。 作詞:、作曲:根本要 4枚目のシングル。 ラストシーン 作詞:根本要・手島昭、作曲:根本要 1枚目のシングル「」のカップリング曲。 作詞:・根本要、作曲:根本要 5枚目のシングル。 夕暮れのスケッチ 作詞・作曲・編曲:三谷泰弘 2枚目のシングル「」のカップリング曲。

次の

スターダストレビュー 夢伝説 歌詞

スターダスト レビュー 夢 伝説

『 TO YOU -夢伝説-』 の リリース 再発盤 再発盤 再発盤 時間 37分58秒 -分-秒 再発盤 アルバム 年表 () TO YOU -夢伝説- () () 『 TO YOU -夢伝説-』(トゥー・ユー ゆめでんせつ)は初のベストアルバム。 に発売された。 解説 [ ] 前作「」から2年5か月ぶりに発売された。 本来は、先行シングルである「 」と3枚目のオリジナルアルバムに収録されている「 と・つ・ぜ・ん Fall In Love」の2曲を核に3枚目のオリジナルアルバムが製作される予定だったが、レコード会社からの許可が下りず、急遽ベストアルバムを発売することになった。 しかし2枚目のシングル「」などは未収録である。 再発盤にはボーナストラックとして、「夢伝説」のライブ音源を収録している。 収録曲 [ ]• TO YOU 作詞・作曲: 次曲とメドレーになっている。 What A Nite! 作詞・作曲: 2枚目のアルバム「」収録曲。 噂のアーパー・ストリート 作詞:・、作曲: 2枚目のアルバム「」収録曲。 ラッキーレイン 作詞:根本要・手島昭、作曲:根本要 1枚目のアルバム「」収録曲。 今年の夏こそは 作詞・作曲: 1枚目のアルバム「」収録曲。 作詞:根本要・手島昭、作曲:根本要 1枚目のシングル。 作詞:、作曲:根本要 4枚目のシングル。 ラストシーン 作詞:根本要・手島昭、作曲:根本要 1枚目のシングル「」のカップリング曲。 作詞:・根本要、作曲:根本要 5枚目のシングル。 夕暮れのスケッチ 作詞・作曲・編曲:三谷泰弘 2枚目のシングル「」のカップリング曲。

次の

夢伝説 スターダスト・レビュー 歌詞情報

スターダスト レビュー 夢 伝説

メンバー [ ]• (ねもと かなめ、 - ) 、。 出身、162cm、60kg、A型。 放送学科中退。 柿沼清史(かきぬま きよし、1957年 - ) 、コーラス。 埼玉県出身、身長172cm、体重68kg、血液型B型。 寺田正美(てらだ まさみ、 - ) 、コーラス。 埼玉県出身、身長162cm、体重48kg、血液型O型。 埼玉県熊谷市出身、身長170. 5cm、体重72kg、血液型AB型。 サポートメンバー [ ]• 添田啓二(そえだ けいじ、 - ) 、コーラス。 出身、血液型O型。 岡崎昌幸(おかざき まさゆき、 - ) ギター、キーボード、コーラス。 出身、血液型O型。 過去に在籍していたメンバー [ ]• (みたに やすひろ、キーボード・現在esq)• 来歴 [ ]• 、グループ名「(ジプシーと)アレレのレ」として第18回に出場。 「おらが鎮守の村祭り」で優秀曲賞を受賞。 デビューに際し、グループ名をスターダストレビューに改名。 のスタンダードナンバー「スターダスト」とグループが持つ多様な音楽性を形式で披露したい、とのことから。 、アルバム『STARDUST REVUE』、シングル「シュガーはお年頃」でデビュー。 に発売された5枚目のシングル「」がのソングに起用され、知名度が上昇した。 「夢伝説」のヒットを受け発売されたアルバム『TO YOU 〜夢伝説〜』は、スターダストレビューの意向を汲まない過去の発表曲を集めた物で、このアルバムの発売により3枚目のオリジナルアルバム発表の機会が失われてしまい、メンバーを大いに落胆させた。 中期頃からは、「Stay My Blue-君が恋しくて-」(1988年)、「Be My Lady」(1989年)とCMソングに2年連続で起用された。 1989年には「夏のシルエット」がのCMソングに起用された。 には、時代からメンバーに加わり、キーボード、ヴォーカル、アレンジを担当した三谷泰弘が活動のため脱退した。 には、サポートメンバーだった光田健一が正式にメンバーとなり、11月までキーボード、コーラス、として活躍した。 に「100曲ライブ」で101曲演奏し、「24時間でグループによる最も多く演奏された」としてに認定される• 2001年、系のオークレコーズに移籍。 、アルバム『Style』を発表。 には、『Style』と同じくのプロデュースによる『Heaven』を発表。 、彼らの人気曲4曲をアコースティックアレンジでしたシングル「〜accoustic〜」を最後にオークレコーズを離れ、に移籍した。 1月、シングル「いのちのこたえ」を発表。 同年5月にはデビュー25周年記念アルバム『HOT MENU』を発表。 このアルバムのためにスターダストレビューの4人、サポートの2人に加え、歴代メンバーの三谷泰弘、光田健一、奏者・山本公樹、一夜だけのスペシャルコンサート(『No Ballads』)で競演したが一堂に会し、アマチュア時代の代表曲「おらが鎮守の村祭り」をレコーディングした。 、にて「STARDUST REVUE 30th Anniversary オールキャストで大謝恩会 〜5時間程度まったりと〜 おみやげ付き」を開催。 過去に在籍していた三谷や光田がゲストとして参加したほか、シークレットゲストとして、、(VTR出演)、が参加し、6時間を超えるライブとなった。 、「夢伝説」がのとなる• 過去に在籍していた三谷と光田は参加しなかった。 スペシャルゲストとして、、、、、、、、、、の11人のゲストが参加した。 6時間を越えるライブとなった。 、根本が脳に小さな血栓が見つかり緊急入院した。 そのため還暦少年の発売イベントなど中止となった。 7月以降のコンサートは通常通り行われた。 エピソード・その他 [ ]• 根本がライブの最中に歌詞を間違える事は日常茶飯事で、とあるクリスマスライブにおいては同じ曲の同じ部分で3度も歌詞を間違え、演奏が何度も途中で止まるという事態が起こっている。 それでも演奏終了後に「今日は3部構成でお送りしました」という一言で、観客もメンバーも大爆笑とともに納得させてしまったという。 また、根本が語った言葉に「歌詞は生き物」というものもある。 ライブでの歌詞の間違いはアルバムにも収録されており、ライブアルバム『FACE TO FACE』に収録されている「One More Time」では「はずさ」という部分を「だろう」と迷った挙句、結局「だずさ」と発音したものが選ばれて収録されている。 また、イントロで必ず根本が前フリをするが、登場時に 「お待たせいたしました。 スターダストレビューでございます。 老いも若きも一緒に踊ろうではありませんか」など、独特の前振りをする事もある(ライブアルバム『Secret Face』に収録されている)。 からは「生まれて初めてコンサートというものを見に行くときには、スターダストレビューのライブを見に行け」と言われるほど、エンターテイメント性に富んでいる。 柿沼はの助っ人ベーシスト(当時が脱退し、後任のが加入前)として『』を演奏したことがある。 根本はのほか、、、、相田翔子など、数々のアーティストの作品にもゲスト参加している。 ライブでしばしば、アカペラを披露する。 『CHARMING』(三谷泰弘在籍時)、『DEVOTION』(光田健一在籍時)と2枚のアカペラアルバムもリリースしている。 なお『DEVOTION』に収録されている「マシュ・ケ・ナダ」には(当時)が「ハァッ! 」という• 根本は、とによるのラジオ番組に常連ゲストとして度々出演していた。 リスナーからは「容姿がに似ている」と茶化されたり、趣味のアダルトビデオ収集に関して突っ込まれたりしたが、根本は大喜びで笑い転げていた。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ] 枚 リリース日 タイトル カップリング 収録アルバム 備考・タイアップ 品番 1st ラストシーン STARDUST REVUE(AB面とも) CMソング L-1520 2nd 1981年 夕暮れのスケッチ(「」劇中歌 A:(オリジナルアルバム未収録) B:TO YOU -夢伝説- L-1558 3rd 5月25日 I'm Getting On Without You 今宵はモダン・ボーイ(AB面とも) 発売当時は一番長い曲名だった。 L-1577 4th ダンスはいかが? A:TO YOU -夢伝説- B:ワーナーイヤーズ・カップリングコレクション(2012配信限定) L-1634 5th 5月25日 Back Street A:TO YOU -夢伝説- B: CMソング デモ・テープの段階ではスロー・バラードだった。 テレビ朝日系ドラマ「」エンディング・テーマ。 「」CMソング カップリング曲の「ナチュラル〜抱きしめてこのままで〜」は配給映画『』主題歌。 ・が作詞、がバックコーラスで参加。 2002年5月22日には『STARDUST REVUE』から『Brightest! 』まで、2006年4月19日には『SOLA』から『DEVOTION』までと『LOVE SONGS II』にそれぞれボーナストラックを加え、デジタル・リマスタリングされたCDが再発売された。 「HOT MENU」は、ゴールド認定(CD、)。 THE ROCK SHOW TOUR '87〜'88• STARTIC IN• SUMMER TOUR in "STARTIC"• BEST WISHES• STARTIC '94• Keep On Rollin' 艶 '95-'96• STARDUST REVUE CONCERT TOUR 2000-2001 "STARS"(7月)• STARDUST REVUE LIVE ENTERTAINMENT TOUR "Heaven"()• STARDUST REVUE LIVE ENTERTAINMENT TOUR "AQUA"()• 25th Anniversary Tour "HOT MENU"()• STARDUST REVUE LIVE TOUR "31"()• 楽園音楽祭2009 STARDUST REVUE in 薬師寺()• STARDUST REVUE LIVE TOUR "太陽のめぐみ"()• STARDUST REVUE 30th Anniversary DVD 「年めくり30年30曲」()• STARDUST REVUE 30th Anniversary Tour30年30曲(リクエスト付)()• オールキャストで大謝恩会〜5時間程度、まったりと〜おみやげ付き(2012年)• STARDUST REVUE LIVE TOUR 「B. 」2012 - 2013()• 楽園音楽祭2014 STARDUST REVUE in 日比谷野外大音楽堂()• STARDUST REVUE LIVE TOUR SHOUT()• FUJI 楽園音楽祭2015 STARDUST REVUE in ステラシアター()• FUJI 楽園音楽祭2016 STARDUST REVUE 20回目のテアトロン with んなアホなボーンズ()• STARDUST REVUE 楽園音楽祭 還暦スペシャル in 大阪城音楽堂() 書籍 [ ]• ALL ABOUT STARDUST REVUE(、)• とっても映像解体新書(、S. コミュニケーションズ)• Stardust Revue 20th anniversary Book(、)• 要のある音楽〜完全攻略〜(2002年、)• 「楽園音楽祭」完全攻略ブック(、)• (tvk)2012年9月9日 - 同局としては2007年以来5年振りとなる、観客をスタジオに招いたスタジオ・スペシャルライヴを行った。 2015年4月3日、NHK総合で放送されているコント番組「」(NHK総合)において3rdシリーズ開始を記念した生放送終盤において、エンディングソングに使われている、"Spice of Life"を生演奏した。 ラジオ [ ]• (2006年4月2日〜ほか、でも聴取可能)- 根本を除く3人が出演。 「NACK de ROCK」 2010年12月現在、埼玉のFM局・NACK5で月曜深夜0時〜1時に放送中。 根本が出演。 脚注 [ ]• グランプリはの「」。 『』1989年5月1日放送分。 外部リンク [ ]• 公式サイト• レコード会社公式サイト• STARDUSTREVUEch - この項目は、(・・・・など)に関連した です。 - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. - 10. - 11. - 12. - 13. - 14. - 15. - 16. - 17. - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 39. - 40. - 41. with STARDUST REVUE - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. - 49. - 50. - 51. - 52. - 53. - 54. - 55. - 56. アルバム.

次の