ナイロン の 糸。 ナイロン

ナイロン

ナイロン の 糸

複数のナイロン糸を創内に挿入し,毛細管現象でドレナージを図る方法を当サイトでは「ナイロン糸ドレナージ」として紹介してきた。 これは主に動物咬傷では威力を発揮する治療法だが,動物咬傷以外にも応用が効く簡単な方法である。 「3〜5本の3-0ナイロン糸 (縫合糸)を創内に入れ,抜けないように絆創膏固定する」という方法。 今から10年ほど前に開発。 ちなみに,ナイロン糸は未滅菌のものでいいし (創内は既に膿,つまり細菌で一杯なのだから,滅菌物を入れるのはそもそもナンセンス),釣り用のテグスでも代用可能。 釣り用テグスでは3号くらいの太さのものがいいようだ。 原法では「糸がチクチクしてちょっと痛い」という訴えがあり,それに対しての伊藤先生が「ループ状にして入れれば痛くない」というシンプルな解決法を2008年に考案。 これで「チクチク」はなくなった。 その後,更にに進化(?)。 【コヨリ法】 考案者はの細井先生で,外来見学にいらっしゃった際に教えていただいた (2013年7月)。 写真のように3-0ナイロン糸をコヨリ状にして創内に入れる,というシンプルな方法。 上記の「ループ状ナイロン糸法」は入口が狭いところに入れ難いが,このようにコヨリにすることで先端のループが小さくでき (写真にあるように2ミリ程度),入れやすくなる。 また,コヨリにすることで剛性と弾力が増し,ナイロン糸の根本を持って操作できる。 ナイロン糸をコヨリにする方法だが,糸の両端を両手の母指と示指の間に摘んでU字型にし,糸を指先で同じ方向に転がすと簡単にコヨリになる。 ちなみに,細井先生は趣味の釣りをしている最中にこの方法を思いつかれたそうだ。 治療例:60代女性。 7月14日早朝,自宅の猫に下腿を噛まれた。 腫れてきたため,同日夜,救急外来を受診した。 15日に再受診したが,痛みは強くなり,発赤の範囲も拡大。 別の当直医はナイロン糸ドレナージを行った。 16日,当科を受診したが,既に発赤の範囲は狭くなっていたが,まだ圧痛があったため,局所麻酔下に創の深さを探り,1センチ以上深いことがわかったため,数本の「コヨリ状ナイロン糸」を留置した。 17日には発赤も圧痛も完全になくなった。 この症例の経過をみると,最初の当直医が行った 「創内洗浄+抗生剤点滴」は創感染に対して全く無力であり,むしろ蜂窩織炎の症状が増悪していることがわかる。 翌日に見た別の当直医がナイロン糸でドレナージを行っただけで,翌日には発赤が消退しているが,これこそが「感染創ではドレナージが最も重要である」ことを示している。 そして,翌日筆者が診察し,局所麻酔を行なって創の正確な深さを診断し,コヨリ状ナイロン糸を挿入したが,1日ですべての症状が軽快したことから,動物咬傷のドレナージにおいては,咬創の深部まで確実にドレナージを行うことがいかに重要かがわかる。 【ペンローズドレーン vs ナイロン糸ドレーン】• ペンローズドレーンを留置した方がいい場合• 大量の出血があるかもしれない場合• 深い新鮮外傷の縫合後• 粘調な液体 (=血腫,関節液など)が貯留• 下腿の打撲後血腫の切開後• 化膿性関節炎切開後• 化膿性滑膜炎切開後• ナイロン糸ドレナージの方がいい場合• 滲出液,出血が少量と予想される場合• 術後創離開• 軽傷の創感染• 傷口が小さい場合• 動物咬傷• 滲出液が漿液性の場合 【ナイロン糸ドレナージについての質問】.

次の

ナイロンとデニール

ナイロン の 糸

複数のナイロン糸を創内に挿入し,毛細管現象でドレナージを図る方法を当サイトでは「ナイロン糸ドレナージ」として紹介してきた。 これは主に動物咬傷では威力を発揮する治療法だが,動物咬傷以外にも応用が効く簡単な方法である。 「3〜5本の3-0ナイロン糸 (縫合糸)を創内に入れ,抜けないように絆創膏固定する」という方法。 今から10年ほど前に開発。 ちなみに,ナイロン糸は未滅菌のものでいいし (創内は既に膿,つまり細菌で一杯なのだから,滅菌物を入れるのはそもそもナンセンス),釣り用のテグスでも代用可能。 釣り用テグスでは3号くらいの太さのものがいいようだ。 原法では「糸がチクチクしてちょっと痛い」という訴えがあり,それに対しての伊藤先生が「ループ状にして入れれば痛くない」というシンプルな解決法を2008年に考案。 これで「チクチク」はなくなった。 その後,更にに進化(?)。 【コヨリ法】 考案者はの細井先生で,外来見学にいらっしゃった際に教えていただいた (2013年7月)。 写真のように3-0ナイロン糸をコヨリ状にして創内に入れる,というシンプルな方法。 上記の「ループ状ナイロン糸法」は入口が狭いところに入れ難いが,このようにコヨリにすることで先端のループが小さくでき (写真にあるように2ミリ程度),入れやすくなる。 また,コヨリにすることで剛性と弾力が増し,ナイロン糸の根本を持って操作できる。 ナイロン糸をコヨリにする方法だが,糸の両端を両手の母指と示指の間に摘んでU字型にし,糸を指先で同じ方向に転がすと簡単にコヨリになる。 ちなみに,細井先生は趣味の釣りをしている最中にこの方法を思いつかれたそうだ。 治療例:60代女性。 7月14日早朝,自宅の猫に下腿を噛まれた。 腫れてきたため,同日夜,救急外来を受診した。 15日に再受診したが,痛みは強くなり,発赤の範囲も拡大。 別の当直医はナイロン糸ドレナージを行った。 16日,当科を受診したが,既に発赤の範囲は狭くなっていたが,まだ圧痛があったため,局所麻酔下に創の深さを探り,1センチ以上深いことがわかったため,数本の「コヨリ状ナイロン糸」を留置した。 17日には発赤も圧痛も完全になくなった。 この症例の経過をみると,最初の当直医が行った 「創内洗浄+抗生剤点滴」は創感染に対して全く無力であり,むしろ蜂窩織炎の症状が増悪していることがわかる。 翌日に見た別の当直医がナイロン糸でドレナージを行っただけで,翌日には発赤が消退しているが,これこそが「感染創ではドレナージが最も重要である」ことを示している。 そして,翌日筆者が診察し,局所麻酔を行なって創の正確な深さを診断し,コヨリ状ナイロン糸を挿入したが,1日ですべての症状が軽快したことから,動物咬傷のドレナージにおいては,咬創の深部まで確実にドレナージを行うことがいかに重要かがわかる。 【ペンローズドレーン vs ナイロン糸ドレーン】• ペンローズドレーンを留置した方がいい場合• 大量の出血があるかもしれない場合• 深い新鮮外傷の縫合後• 粘調な液体 (=血腫,関節液など)が貯留• 下腿の打撲後血腫の切開後• 化膿性関節炎切開後• 化膿性滑膜炎切開後• ナイロン糸ドレナージの方がいい場合• 滲出液,出血が少量と予想される場合• 術後創離開• 軽傷の創感染• 傷口が小さい場合• 動物咬傷• 滲出液が漿液性の場合 【ナイロン糸ドレナージについての質問】.

次の

ナイロールフレームのナイロン糸が切れてしまったら・・・

ナイロン の 糸

昨日の鮎釣りで水中糸0. 15号と0. 2号の比較を同じ場所でやってみました。 (まだ、鮎釣り4回で意見を述べるほどではないのですが、ご勘弁を) カタログ上の断面積はそれぞれ、0. 15号・・・0. 064mm、0. 2号・・・0. 074mm。 約13. 5%の差があります。 実際、0. 2号で泳がせがアップアップして上らなくても、0. 15号ならスイスイっと上って行きました。 2号が適正な流れ?とも感じました) であれば、金属、複合金属の極細糸は・・・さらにスイスイ上るのでしょうね。 以前、海釣りで使うPEラインを【ヤマメ釣り】で天上糸に使っていた時期がありましたが、伸びがなく感度が物凄くありました。 (手感での情報が多い) ただ、伸びが全くなくてバレ・・・が多発してました。 ナイロン(フロロ)の良さは、伸びがあること(細糸ほど伸びる)だと思っています。 また、初心者が扱うのであれば0. 2号以下のナイロン(フロロ)糸はオトリにやさしいかな・・・とも思っています。 (多少の操作ミスでも糸が伸びてオトリに負荷をかけない。 ・・・水切れ抵抗の負荷は別) 前回釣行では0. 15号が編み付け部根元より糸が切れていました。 (編み付けのテンションもよく考えないとダメですね) これにより親子丼で川にリリース。 今、思い出しても悔しいです。 仕掛け作りも経験が必要ですね。 ・背バリ等の補助具は極力使用を控える。 使うとすれば鮎用1号までの錘(高松氏方式) ・水中糸はフロロ0. 2号、0. 15号を使用(金属は来シーズン) ・狙ったポイントから、捕れるようにすること(ヤマメも同様) ・手換えしを素早く。

次の