破魔矢 飾り方。 破魔矢とは|意味や効果と正しい方角への飾り方/置き方/処分の仕方を解説

破魔矢は飾り方と方角が決まってる!?飾り方から処分方法までご紹介!

破魔矢 飾り方

京都:金閣寺 栃木:輪王寺 岩手:中尊寺 です。 この中で今回は栃木の輪王寺について解説します。 日光山輪王寺とは? 栃木県日光市と言えば、日光東照宮が有名すぎて他の寺社にはあまりスポットが当たらないため日光輪王寺と言ってもわかる人は少ないです。 日光山輪王寺と言うのは三代将軍家光公が祀られているお寺の事です。 三代将軍家光公はおじいちゃんである初代将軍徳川家康公を大変尊敬しており、亡くなった後は家康公の祀られている東照宮の近くにしてほしいと4代将軍家綱公に伝えていたそうです。 その四代将軍家綱公によって建てられたのが、 日光山輪王寺:大猷院なのです。 大猷院拝殿は国宝 日光山輪王寺はとても広い範囲です。 その中でも三代将軍家光公が祀られている大猷院の拝殿のみが国宝として認定されています。 大猷院の中心となる建物の拝殿・相の間・本殿と連なる独特の構造を【権現造り】といいます。 この大猷院拝殿内は写真撮影が禁止となっているので、写真はありませんが、教科書に乗っている狩野探幽(かのうたんゆう)によって唐獅子。 天井には2種類の龍の絵が飾られています。 大猷院の3つの門 大猷院の入り口から拝殿までの階段を登る間に3つの門があります。 その3つの門とはこちらです。 阿跋摩羅(あばつまら)• 毘陀羅(びだら)• 烏摩勒伽(うまろきゃ)• 犍陀羅(けんだら) この4体の夜叉の中の「烏摩勒伽(うまろきゃ)」と言う神様に注目してください。 この「烏摩勒伽(うまろきゃ)」の膝の部分をご覧下さい。 象の顔になっているのが分かりますか? これが【膝小僧】の語源になったと言われています。 さらに「烏摩勒伽(うまろきゃ)」の持っている道具にも注目して下さい。 弓矢を持っているのがお分かり頂けると思います。 これがお正月の破魔矢の起源だと言われています。 日本でこの「烏摩勒伽(うまろきゃ)」を祀っているのはこの輪王寺だけです。 ですので、破魔矢の発祥はこの輪王寺だと言われています。 破魔矢の正しい祀り方 破魔矢の正しい祀り方を知っていますか? ここでは破魔矢の正しい祀り方について解説します。 破魔矢の正しい向きとは? 羽の部分が汚れたり、曲がってしまうからと言って羽の部分を上にして、矢の部分を下向きにして置いていませんか? これが間違った置き方と言うわけでないですが、矢と言うのは先端は矢の方です。 運気を上向かせる為には矢の部分を上に向け、羽の部分を下向きに祀った方が良いです。 矢が下を向いていると、運気が下向きに向いてしまうので、運気を上げたいなら矢の部分を上向きに祀った方が効果が高いです。 また、家族や近しい人に 2020年に運気の悪い人がいる場合、破魔矢は玄関に祀っておくと良いです。 なぜなら、悪い気というのは玄関から入ってくるので、玄関でその悪い気を跳ね返す事が出来るからです。 破魔矢を玄関に祀る時の向きは矢の部分が玄関の入り口を、羽の部分が家の中を向くように祀って下さい。 そうする事で、玄関から入って来る悪い気を跳ね返す事が出来ます。 以上が破魔矢の正しい祀り方の向きです。 2020年は龍神破魔矢で開運 毎年破魔矢を買い換えるのは時間もお金も勿体ないと思いませんか? 毎年お正月になると破魔矢を購入して 1年の運気を向上させようと思う方も多いと思います。 僕も風水など好きなのでその気持ちはよくわかります。 あなたが毎年購入している破魔矢というのは木製ではないですか? 木製の破魔矢は購入したら 1年間部屋に飾り、翌年の初詣の時に持って行き、新しい物に買い換えるという人が多いのではないでしょうか? 毎年のこの購入する手間を省けたら、時間的にも出費的にもありがたいですよね? そんなあなたにおすすめしたいのが龍神破魔矢です。 龍神破魔矢とは? 龍神破魔矢と言うものを知っていますか? この龍神破魔矢と言うのは先ほど解説した、日光山大猷院の境内にある夜叉門に祀られた「烏摩勒伽(うまろきゃ)」が右手に持っている矢をモデルにした破魔矢です。 この龍神破魔矢には「様々な恵みを万物にほどこす」と言う【昇り龍】が刻まれており、矢の先には過去、未来、を守護する「弥陀」、「釈迦」の御影が梵字で刻まれています。 さらに輪王寺で購入すると、ご先祖様の供養のハガキが付いてきます。 一生使える龍神破魔矢 先ほども書きましたが一般的な破魔矢は木製で毎年の交換が必要となります。 初詣に行くたびに、持って行き、新しい破魔矢を購入して持ち帰り家に祀っておきます。 しかし、この龍神破魔矢は金属でできているので、一生祀っておくことができます。 これならば、毎年同じ場所で初詣をしなくてもよくなりますね。 また、長い目で見れば経済的でもあります。 この龍神破魔矢も祀り方は一緒です。 この箱に入れたまま、矢の部分を上に向くように家の仏壇や、神棚、家族の集まる部屋にお祀りください。 すでに破魔矢を買ってしまった人 2020年分の破魔矢を既に買ってしまった人も大丈夫です。 すでに木製の破魔矢を購入してしまった人も多いと思います。 でも、大丈夫です。 木製の破魔矢と並べて、お祀りしてもなんの問題もありませんので是非とも元号が変った初めの龍神破魔矢を購入してみてはいかがですか? 東照宮まで行ったら、奥日光まで足を伸ばしてみませんか? \ 他の奥日光の記事を読んでみる! /.

次の

破魔矢の飾り方!2019年と2020年の破魔矢を向けるといい方角はどっち?

破魔矢 飾り方

さて令和元年もあとわずかとなってきました。 年末には破魔矢などの縁起物を飾ったり処分したりと、いろいろ多忙になってきますね。 この破魔矢(はまや)、お正月の縁起物として、お寺や神社などで授与される矢の事を言います。 神様から授かり頂くものですので、『授与』という丁寧(ていねい)な表現で言い表すのですね。 また、破魔弓(はまゆみ)と呼ばれる弓と一緒にする事もあります。 『弓で矢を射る』ことから、破魔矢と破魔弓でワンセットと言う事なのです。 破魔矢の飾り方【飾る場所はこうする!】 破魔矢は、目には見えない魔の力=(邪心や邪気など)を打ち破り浄化させるための縁起物として、特に正月の初詣に神社や仏閣で授けられる物です。 人の世界では、「邪魔者」等の表現でヒトを対象として呼びますが、 邪心や邪気は物体では無い『見えざる魔力』です。 なので、 破魔矢の先端は鋭利な切れ物である必要がありません。 破魔矢の先端が尖って(とがって)いないのはそんな理由から来ているわけで、時間空間に生きる三次元の世界とは別世界なのです。 そんな破魔矢をご自宅内に飾る場合、 神棚や床の間または玄関などに飾るご家庭が多いようですが、もっともふさわしい場所は、神棚があるご家庭の場合は 神棚に飾るのが最もふさわしいでしょう。 その理由は、神棚にはお札が飾られていて、このお札こそは神様の力が宿る源(みなもと)になる、すなわち 神棚は家庭の安全と幸せを見守る要(かなめ)となる神聖なる場所だからです。 この神聖な場所である神棚に、この先1年間のあいだ魔者や厄(やく)が入り込んで来ないように破魔矢を飾るのです。 読んで字のごとく、家庭に入り込んでくる魔(=厄)を矢で破るわけです。 いろんな方たちが訪れてくる玄関に飾って、破魔矢本来の魔除けの意味合いを持たせる。 また、毎日家族が食卓を共にするリビングに飾って家族の健康を願ったりする場合もあります。 いつも神様が見守って下さるという気持ち、そんな素直さが大切と言う事ですね。 そのような気持ちを持っている方であれば、 破魔矢をどこに飾るにしても全く問題なく、破魔矢が持つ魔除け厄除けの力を授かるのです。 一方で、「邪心だの魔除けだの、まったくバカバカしい」と思う気持ちがあるならば、 たとえ破魔矢をどこに飾ったとしても見えざる力は何ひとつ授からないでしょう。 願い事だけはご都合主義でたくさん願い、神様から授かったもの(破魔矢やお守りなど)は粗末に扱うのでは虫が良すぎると言うものです。 たとえば、「どこに飾ってもいいのならばトイレでもいいの?」とか、「とりあえずタンスの中でも入れておこう」とか・・・ 気がついたら破魔矢がホコリを被っている等々。。 そんなお粗末さでは御利益(ごりやく)があるはずもないですね。 常識の範囲内で考える必要はあるものです。 あえてこだわるならば、 その年の凶の方向に破魔矢の先端を向ける飾り方となります。 また、破魔矢を神棚に立てかけても横に寝かせても、どちらの飾り方でも全く問題ありません。 破魔矢の下に、半紙などを敷くなどの配慮も特に必要ないようです。 破魔矢の処分方法はどうする? 破魔矢を戴いた神社仏閣に参詣すると、境内には古いお札やお守り等を納める場所 【古札所】を設置してある場合があります。 1年間ずっと家族を見守って下さった破魔矢やお札です。 納める破魔矢と同額程度を目安にして、 お焚き上げ料(寺院ならば焼納料)を納めましょう。 もしも、納める場所が無いようであれば、神社仏閣の職員に申し出るなどして納めるようにして下さい。 ちなみに、 古札等の納めは年中受け付けているところが多いようです。 そもそも破魔矢の由来とは? 破魔矢の【ハマ】は、もともと競技に用いられる的(まと)のことを指します。 これを射る矢を【はま矢(浜矢)】、弓を【はま弓(浜弓)】と呼びます。 【はま=破魔】に通じるとして、正月には男児のいる家に弓矢を組み合わせた玩具を贈る風習が生まれました。 のちに、一年の好運を射止める縁起物として、初詣でよく授与されるようになったと言われています。 今では破魔矢は、 【魔を打ち破る】などと縁起物として広く扱われていますね。 家屋を新築した際、 上棟式(建て前)に呪い(まじない)として、鬼門に向け棟の上に弓矢を立てる慣習があります。 また、新生児の初節句には、親戚や知人から、「破魔矢」や「破魔弓」を贈る習慣もあるようですね。 破魔矢の正しい飾り方『まとめ』 破魔矢をご家庭内に飾る場合、 神棚に飾るのがもっともふさわしい場所です。 しかし必ずではなく、床の間や玄関・お茶の間・リビングでも問題ありません。 来年2020年の破魔矢を向ける方角は、子(ねずみ)年の反対方向である 牛の方向【南】ですが、家庭の場合は特にこだわる必要はありません。 処分方法は、1年間お世話になった破魔矢を初詣に持参して、神社仏閣に設置してある 古札所に納めましょう。 またその時には、お賽銭箱にお焚き上げ料(寺院は焼納料)を納めましょう。 破魔矢などの縁起物は大変奥深い意味を持つことから慎重に扱うべきものですが、なかなか繊細で難しい部分もあるものです。 だからといって飾り方が雑になったり間違った処分の仕方はしたくないですよね。 この機会に、きちんとした基本を身に着けておきましょう。 破魔矢の他にも、鏑矢(かぶらや)、纏(まとい)・・いろんな縁起物があります。 結局のところ人の行き着く究極は、 魔除けをしっかり行って幸せいっぱいな人生を呼び込みたい。 そんな心からの願いなのだと思います。

次の

破魔矢とは?男の子の初正月に買うべき?意味や飾り方、置き場所、処分についても!

破魔矢 飾り方

破魔矢は子どもの初正月に贈られるものでもあります。 初正月とは、その子供が生まれて初めて迎える正月の事です。 神社やお寺でいただく破魔矢とは異なり、初正月の破魔矢は12月の中旬頃から飾ります。 正月飾りとして出している場合は小正月である1月15日までが飾る期間です。 子どもの節句や初正月に飾る破魔矢はお焚き上げをせずに保管するので、しっかりと手入れをしてください。 破魔矢を飾るのは正月だけではなく、子どもの節句に飾ります。 男の子の節句である端午の節句、子どもの日には破魔矢のお飾りを出してあげましょう。 また、男の子の節句では破魔矢のほかに兜や鯉のぼりを飾ります。 健やかな成長や出世を願って、粽や柏餅を食べる習慣もあるようです。 男の子だけではなく女の子にも節句がありますが、兜や鯉のぼりではなくひな人形を飾って健やかな成長を願います。 女の子の初正月では破魔矢ではなく羽子板を贈るのが一般的です。 破魔矢のNGな方角の飾り方・置き方は? NGな方角の飾り方・置き方|目線より低い場所 破魔矢の正しい方角の飾り方・置き場所には厳密な決まりはないようです。 目線よりも高い場所できれいに掃除するというポイントはおさえるように意識して飾りましょう。 破魔矢を置く方角に悩んだ場合は、鬼門に向けて飾ってみてはいかがでしょうか?絶対ではないので参考程度に頭の片隅においておい居てください。 鬼門とは方角的に北東を意味します。 陰陽道において北と東は陰、東と南は陽とされています。 よって、北と東は陰と陽の境にあるため、不安定で鬼や厄災が出入りする方角だと考えられているのです。 また、毎年変わる凶の方角に向けるのもおすすめです。 十二支に当てはめられた方角があるのですが、その年の干支の反対側が凶の方角になります。 飾り方だけではなく、その年の干支と方角を確認して凶の方角を確認しておきましょう。 破魔矢の正しい方角の飾り方・置き場所|床の間や神棚に飾る 破魔矢の正しい方角の飾り方・置き場所でおすすめなのが床の間や神棚です。 神棚であれば目線よりも高い位置に飾れますし、方角を気にする必要もないのです。 しかし、洋風の家やマンションが増えているため、神棚やと粉魔がないという家庭も少なくありません。 神棚に収まりきらない場合や、神棚や床の間自体がない場合は他の場所に飾りましょう。 神棚でなければいけないということではないので、きれいに整理整頓した飾り方を心がけてください。 破魔矢の正しい方角の飾り方・置き場所|玄関に向けて飾る 縁起物やお守りなどの処分方法に悩む方は多いのですが、破魔矢もどうやって処分すればよいのか分からないという方もいると思います。 基本的には破魔矢をいただいた神社やお寺に返納しましょう。 1年飾った破魔矢は毎年返納して、次の年にはまた新しい破魔矢をいただくのです。 前の年にいただいたお守りやお札を返納する場所があるので、そこに返してください。 お賽銭箱が設置してある場合はお焚き上げ料としてお賽銭をおさめます。 1年間悪いものから守ってくれたことへの感謝の気持ちを大切にしましょう。 恋人と初詣に行くのなら、下の関連記事もおすすめです。 男性をドキッとさせるモテ仕草もチェックして、初詣デートで彼のハートをわしづかみにしましょう。 現在恋人がいない方も、都内や関東にある縁結びの神社で恋愛成就をお祈りし手見てはいかがでしょうか? RELATED ARTICLE 破魔矢の処分方法|どんど焼きでお焚き上げをする どんど焼きでお焚き上げをするのも破魔矢の処分方法の1つです。 神社やお寺に返納したお守りや破魔矢はお焚き上げしてもらえるのですが、煙になって神様が天に帰っていくという意味があるようです。 このどんどや木は神社などで行うこともありますが、ご近所の人が集まって地域で行っている場所もあります。 どんど焼きとは小正月である1月15日前後におこなわれ、正月飾りや書初めなどを燃やす行事です。 正月の書初めをどんど焼きで燃やすのは煙があがるように、腕も上達すると言われているからです。 さらに、1年間を健康に過ごせるように、どんど焼きの火で焼いた餅やお団子を食べて無病息災を願います。 破魔矢の処分方法|塩と新聞紙で包む 門や玄関に飾る門松は、年神様に来てもらえるようにという目印です。 また、松の生命力が強いことから健康や長寿への願いも込められています。 門松は門や玄関の両端に置く置き方をするため2つで1セットになっています。 しかし、マンションなどでも飾りやすい可愛らしいサイズや置物もあるので、そのような門松なら気軽に飾ることができるでしょう。 門松には雄松と雌松があり、右に雄松・左に雌松を飾ります。 雄松には赤南天や赤梅が飾られるのに対し、雌松には白南天や白梅が飾られています。 長い竹が門の内側に来るように配置すると、雄松と雌松の位置も分かりやすいでしょう。 門松は松の内である1月7日まで飾るのが一般的です。 松の内の最終日である7日に片付けたらどんど焼きでお焚き上げをしてください。 お焚き上げがない場合は小さく分解し、お清めの塩をして新聞で包む方法で処分しましょう。 熊手には金運や福をかき集めるという意味があり、縁起の良いものとされています。 本来は落ち葉などをかき集める道具でしたが、福をかき集めるという語呂合わせで縁起物になったのです。 縁起物としての熊手にはお多福や小判、招き猫があしらわれていてより豪華な雰囲気になっています。 熊手の飾り方も破魔矢と同じように神棚や床の間に飾ります。 神棚や床の間がない場合は、玄関やリビングでも構いません。 その際は目線よりも上の場所に置く置き方を心がけましょう。 ビニールがかかっている場合は外してから飾ります。 神社にいる間に地土ビニールをはがし、帰る際にまたかぶせるとパワーも持ち帰れそうです。 熊手は11月の酉の日におこなわれる酉の市でも購入できます。 前の年の熊手も納める場所があるので毎年新しい熊手を買いましょう。 酉の市で熊手を買う際に値切り交渉をしたり、会話を楽しんでください。 酉の市に行けば普段は味わえないような活気のある雰囲気や江戸っ子気分を味わえるかもしれません。 破魔矢を正しく飾ろう 破魔矢の飾り方・置き場所は神棚や床の間の他に玄関、リビングなどでも飾ることができます。 置き方や向きにも気を使い、正しい飾り方を心がけましょう。 置き場所に厳しい決まりはないので、置き方のポイントをおさえて飾ってください。 破魔矢はあなたや家族に降りかかる魔や厄災から守ってくれます。 飾り方を気にするだけではなく、置き場所のお手入れなども忘れないように注意が必要です。 1年の終わりには感謝の気持ちとともに返納、お焚き上げしてください。 お焚き上げや返納に行けない場合はポイッとゴミ箱に捨てずにできるだけ丁寧な処分方法を選びんでください。

次の