レ ミゼラブル あらすじ nhk。 〈レ・ミゼラブル〉(NHK総合) 格差社会に対する文豪ユゴーの渾身の怒りが、今だからこそ胸を打つ。さあ、サスペンスと人間愛の物語にどっぷり浸ろう!: J

レミゼラブルドラマのあらすじやネタバレ!見どころや原作・口コミも

レ ミゼラブル あらすじ nhk

レミゼラブルの原作は? 今回のドラマのレミゼラブルには、原作があります。 ヴィクトル・ユーゴーが1862年に執筆したロマン主義フランス文学の同名の大河小説となります。 過去の世界名作文学を読んでる方にはお馴染みの小説となります。 古い小説が苦手という方には、読むのがしんどいかもしれませんが、 今回のドラマをきっかけに読んでみるのもいいかもしれませんね。 レミゼラブルはドラマ、映画、アニメにも 古典文学の名作であるレミゼラブルは、過去になんどもドラマ、映画、アニメなどで映像化されています。 日本のドラマ化では、今回は4度目。 1955年に日本テレビで早川雪洲さん主演の「ああ無情」。 1981年には、NHKで柴俊夫さん主演の「いのち燃ゆ」。 1988年には、東海テレビで 榎木孝明さん主演の「日本ジャン・バルジャン物語 愛無情」。 そして、今回、フジテレビで放送される「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」が日本において、 4度目のドラマ化となります。 映画には関しては、物凄い数の作品がありますが、 最近ですと、 1998年のアメリカ映画でリーアム・ニーソン主演の「レ・ミゼラブル」。 2012年にはイギリスの映画で、ヒュー・ジャックマン主演の「レ・ミゼラブル」。 この映画はミュージカルの映画化作品でした。 また、 日本ではアニメ作品の「レ・ミゼラブル 少女コゼット」もあります。 コゼットを主人公にした作品で、「世界名作劇場」シリーズ通算第24作として2007年1月7日から12月30日まで放映されていたアニメです。 尚、2019年1月現在、この1998年のアメリカ映画と2012年のイギリスのミュージカル映画、 そしてコゼットが主人公になるアニメ作品が u-nextで見放題作品となっています。 u-nextは、31日間無料で利用できますので、 それ以内に解約すれば無料で見れてしまうことになります。 今回にフジテレビのドラマが気にいられた方は、 原作とともに視聴されてみるもいいかもしれません。 いつまで配信されているか分かりませんのでお早めにお楽しみください。 ドラマ「レミゼラブル」のあらすじは? 今回、フジテレビで放送されるドラマ「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」のあらすじはどうなっているでしょうか。 [第1幕]は平成3年~の神戸。 殺人犯の少年が刑務所から脱走したニュースが駆け巡る。 2年前、17歳の馬場純 吉沢亮 が正当防衛の末、殺めてしまった相手は母 富田靖子 を騙して全財産を巻き上げた男・斎藤太 寺脇康文。 刑事罰となり、少年刑務所に入れられてしまう。 ある日、弟が危篤であることを聞かされ脱走。 だが弟はすでに死亡し…。 絶望の淵で自殺しかけたところ、自立支援施設「徳田育成園」を営む徳田浩章 奥田瑛二 に助けられ、身分を隠して育成園で暮らし始める。 そこで弁護士を目指す少年・渡辺拓海 村上虹郎 と出会う…。 もう1人の主人公は斎藤の一人息子・斎藤涼介 清水尋也。 悪徳な両親と縁を切っていたものの、父親が殺された理由が投資詐欺を働いたせいだと世間に知られ、被害者遺族のはずがまるで加害者家族の様な報道被害にあってしまう。 そんな中おきた阪神・淡路大震災。 未曾有の大震災が2人の少年の運命を大きく変えることに…。 [第2幕]は平成16年の東京、[第3幕]は平成30年の福島が舞台。 2人の主人公の再会と、阪神大震災で決定的に変わった運命のその後が描かれ、世間から身を隠しながら生きる純 ディーン・フジオカ と、純を追いかけ続ける涼介 井浦新。 ついに対峙する2人の男。 30年にわたる旅路に打たれる衝撃的な終止符が…。 彼らを取り巻いてきた人々の思いを紡ぐ希望の光はそこにあるのか…。 感動のクライマックス! 引用元: ということで原作は、19世紀のフランスが舞台にありますが、 今回のドラマは、平成の日本が舞台となります。 3部作となっていて、 第1幕が平成3~7年の神戸、 第2幕が同16年の東京、 第3幕が同30年の福島、 と舞台を移していきます。 脚本家は、 浜田秀哉さん。 ちらっとあらすじを読みますと、現在の人も関心が湧くような内容になっていますね。 これは期待できそうです。 スポンサーリンク ドラマ「レミゼラブル」のキャストは? フジテレビのドラマ「レミゼラブル」のキャストはどうなっているでしょう。 今回のドラマはW主演となります。 原作でも追われる者と追うものに別れますが、 このドラマもその2人が主人公になります。 罪を犯したが、改心して別人として生きる男・馬場純を演じるのが ディーン・フジオカさん。 そして、その純が起こした事件の被害者遺族で刑事で、生涯にわたり純を追い回す斎藤涼介を演じるのが 井浦新さん。 ディーン・フジオカ&井浦新のW主演ドラマ 3部作で描く平成の「あぁ無情」 : — 週刊女性PRIME shujoprime 次に純の青年期を演じるのが、 吉沢亮さん。 🌙 Vol. 15 ———————————————————————— 共演者たちが に 言いたい事&聞きたい事 ———————————————————————— 「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」 1月6日 日 よる9時放送 — 【公式】1月6日放送『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』 LesMiserablesCX その純の母親を投資の詐欺で金を巻き上げたのが斎藤太。 純は、正当防衛で斎藤太を死なせてしまいます。 この太を演じるのが、 寺脇康文さん。 その太の子供が主人公の一人斎藤涼介となり、刑事となって純を追うわけです。 🌙 Vol. 12 ———————————————————————— 共演者たちが に 言いたい事&聞きたい事 ———————————————————————— 「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」 1月6日 日 よる9時放送 — 【公式】1月6日放送『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』 LesMiserablesCX 太の嫁で涼介の母親が斎藤歌織で、 かたせ梨乃さんが演じます。 🌙 Vol. 10 ————————————————————————— 共演者たちが に 言いたい事&聞きたい事 ————————————————————————— 「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」 2019年1月6日 日 よる9時放送 — 【公式】1月6日放送『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』 LesMiserablesCX 自立支援施設「徳田育成園」を営み、純の命の恩人になるのが徳田浩章で、演じるのが 奥田瑛二さん。 🌙 Vol. 14 ———————————————————————— 共演者たちが に 言いたい事&聞きたい事 ———————————————————————— 「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」 1月6日 日 よる9時放送 — 【公式】1月6日放送『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』 LesMiserablesCX その「徳田育成園」では、弁護士を目指す少年・渡辺拓海と出会います。 拓海を演じるのが 村上虹郎さん。 🌙 Vol. 13 ———————————————————————— 共演者たちが に 言いたい事&聞きたい事 ———————————————————————— 「レ・ミゼラブル 終わりなき旅路」 1月6日 日 よる9時放送 — 【公式】1月6日放送『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』 LesMiserablesCX 純は淡い恋心を抱く女性が不破唯。 唯は娘の梢を純に託します。 この唯を演じるのが、 山本美月さん。 唯に法外な保育料を要求し梢にも冷たい田辺真澄には、 長谷川京子さん。 その田辺真澄の夫の田辺元の役には、 金子ノブアキさん。 この2人には、娘がいて、後に梢に嫉妬する田辺瑛里華には 福田麻由子さん。 瑛里華は、梢と交際する碓氷慎の選挙スタッフです。 梢と交際する若き政治家の碓氷慎の役には、 松下洸平さん。 梢と慎の交際に反対するのが、慎の祖父である碓氷太一郎で、 伊武雅刀さんが演じます。 純の事情をしりながら陰で支える定食屋経営の佐山梨沙子の役には、 香里奈さん。 ドラマ「レミゼラブル」は面白い?つまらない?評価や感想は? ドラマ「レミゼラブル」は面白いのか?つまらないのか? 視聴者の評価や感想が気になりますね。 放送終了後に調べてみます。 原作とは別物だという意見は多少ありましたが、 ほとんど絶賛の意見ばっかりです。 かなり評価の高いドラマとなりました。 ドラマ面白かったぁ〜 今年こそはレ・ミゼラブルのミュージカル見る! レ・ミゼラブルは映画とかミュージカルで有名やけど…… アニメ版 「レ・ミゼラブル 少女コゼット」 もみんなに見てほしいな もっと有名になればいいのに!! — シアン ミカくんLove 5mikaera1 レ・ミゼラブルのドラマ、面白かった。 最初は原作ぶち壊すだけだろうなって思ってたけど、そんなことなかった。 脚本家さん、本当にすごいなあと。 原作を踏まえた上で、現代日本に落としている。 脚本家さんは、レ・ミゼラブルが大好きなんでしょうね。 素晴らしい役者さんの素晴らしい演技に引き込まれ3時間あっという間。 CMなしで見たい作品。 レミゼの要素はもちろんあるけどこれはこれで独立した素敵な作品。 レミゼの音楽をアレンジしてBGMで流れてたのよかったなぁ。 3時間で、3部作の超大作となっています。

次の

レ・ミゼラブル

レ ミゼラブル あらすじ nhk

海外ドラマ-レ・ミゼラブル-あらすじ-全話一覧 このドラマの評価: 5. 原作は、言わずと知れたヴィウクトル・ユゴーの同名小説で、2012年にはミュージカルとして大大ヒットしました。 ミュージカル版ではなかったコゼットが生まれる前のフォンテーヌが描かれるなど、より登場人物やストーリーが掘り下げられていて、レミゼファンの方でも、そうでない方でも楽しめます。 そんな『レ・ミゼラブル』が『刑事ジョン・ルーサー』や『シャーロック』、『サーティーン13誘拐事件ファイル』などこれまで数々のヒット作を輩出したBBCとタッグを組んで製作されたドラマ…ということで面白くない訳ない! 脚本を担当したのは、名作『高慢と偏見』や『ハウス・オブ・カード』などを手掛けたアンドリュー・デイヴィス。 キャストには、主人公ジャン・バルジャンに『アフェア情事の行方』のドミニク・ウエスト、ジャベール刑事役には『グローリー 明日への行進』デヴィッド・オイェロウォ。 そしてフォンテーヌには『白雪姫と鏡の女王』のリリー・コリンズが出演し、こちらも非常に豪華ですね。 これまではANXミステリーチャンネルでした見れなかった『レ・ミゼラブル』ですが、3月15日からNHK総合で放送がスタート!しかも今回は初の日本語吹き替え版で放送されます。 ここでは、海外ドラマ『レ・ミゼラブル』のあらすじ、ネタバレ感想や見どころをご紹介してきたいと思います! もくじ• レ・ミゼラブル あらすじ 1815年フランス。 ワーテルローでの敗戦後、戦場で死体から物を盗んでいたテナルディはポンメルシー大佐を救うことに。 「この戦いを生き延びたら自分を訪ねてこい」そう言って戦地で別れたふたり。 貧しさゆえに一切れのパンを盗んだジャン・バルジャン。 19年もの投獄生活を終え出所し新しく生きなおすことを決意するが、街の人々は彼に冷たく、宿や食料にありつくのさえ困難なありさまだった。 途方に暮れていたジャン・バルジャンに一人の老女のすすめである教会に辿り着くが…。 一方、パリの街でお針子として働く貧しくも美しい娘・フォンテーヌは、遊学にパリへ来ていた青年・フィーリックスと出会い、恋に堕ちる。 「 レ・ミゼラブル-各話あらすじ」はこちらから ご覧になりたい話数を押していただけると各話の詳しいあらすじが表示されます。 見どころポイント 戦後動乱期真っただ中のフランス市民の混乱や貧困といった、極限状態が痛々しい程に伝わる作品。 何度も映像化や舞台化されている名作中の名作ですが、全8話のドラマとなったことでより時代背景や登場人物が繊細に描かれ、第1話から感情移入が止まりません。 特に、ミュージカル版では描かれることのなかったフォンテーヌの恋のストーリーは必見です。 演じるリリー・コリンズはとってもキュートなんですが、フォンテーヌがこの後どうなってしまうのか分かっていてもハラハラしてしまいますね。 彼女がどんな風にフォンテーヌの激動の人生を演じてくれるのか非常に楽しみです。 当時の街を再現したセットや、衣装も息を飲むほど綺麗でウットリします! レ・ミゼラブル 評価レビュー 海外ドラマ「レ・ミゼラブル」の評価レビュー&感想です。 ストーリーの良し悪し、出演者の演技力、物語の展開、脚本の面白さなどを総合的に評価しています。 これまで時代や国を越えて何度も映像化されたレ・ミゼラブルですが、海外ドラマ版はやはりフォンティーヌがコゼットを産むまでの序盤のストーリーが最大の見どころだと感じました。 なぜフィーリックスのような男にひっかかったのかも、この毎日同じ生活や、あまり期待の持てない自分の未来、都会から来たお金持ちの青年がそんな自分の未来を変えてくれるのかも、そう期待に胸を膨らませたフォンティーヌの気持ちも良く分かります。 そして、フォンティーヌが夜のマーケットで前歯と髪を売るシーン。 結局、後に娼婦になって稼がなくてはいけなくなってしまうフォンティーヌには両方とも絶対に必要だったのですが…それも全てテナルディエを信じたフォンティーヌの純粋さ、無知さの現れですね。 以前ミュージカル版の『レ・ミゼラブル』を視聴した時、このシーンは悪く言えばとても軽く描かれていました。 抜歯のシーンも、ものの数秒。 スポーンと抜けちゃうんです。 しかし今回の海外ドラマ版では、暴れ出す身体を2人がかりで押さえつけられが痛みと恐怖で叫びながら抜歯をするシーンが丁寧に描かれています。 やっと1本抜けた…と思った時にはこちらも汗びっしょりですが、あともう1本ある…。 意外に感じますが、全8話の中でフォンティーヌは1話~3話までしか登場しません。 しかしラストまで視聴した後もフォンティーヌのことが頭から離れませんでした。 それ程までに存在感を放ったフォンティーヌ演じるリリー・コリンズが素晴らしかったですね。 あとは、ジャベール刑事。 彼のことは最後まで好きにはなれませんでしたが、ラストで橋から身を投げた理由も、ドラマ版を観ることでジャベールの絶対的に信じる自分の正義、それを失えば生きてさえいけないと思った頑な過ぎる彼の気持ちが少し理解できたような気がします。 そしてテナルディエは、もう信じられない位腹がたちましたが、最後までテナルディエは生きていて、やっぱり最後はポンメルシー大佐を救ったことで救われたんですね。 テナルディエ夫人がどうなったかはドラマでは明かされませんでしたが、家族はバラバラになりエポニーヌもガブローシュも死んでしまって。 ラッキーとは言い難い人生ですが、因果応報。 しかし報いを受けているのはテナルディエではなくて子供たちのような気がして…切ないですね。 皮肉が効いてます。 最後に、主演のジャン・バルジャンを演じたドミニク・ウエストですが、2012年度版の『レ・ミゼラブル』でジャン・バルジャンを演じたヒュー・ジャックマンはこの役でゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞し、ジャン・バルジャンと言えばヒュー・ジャックマンと連想してしまう程の存在がいながらその役を演じるのは相当なプレッシャーだったと思います。 しかしそんなことを感じさせない位の熱演で素晴らしかったです。 特に囚人時代のジャン・バルジャンは見事なハマり役でした。 「歌わないレミゼ」と称される海外ドラマ版はミュージカルが苦手な方にもおすすめです。 歌って踊るが故感情移入出来なかった、そんな方に改めてチャレンジして頂きたい作品です。 これだけ何度も映像化される作品の貫禄はすごかったです。 目で観るストーリーだけじゃない奥の深さに感服しました。 人並外れた怪力の持ち主。 図らずもフォンティーヌの人生を変えてしまったことに責任を感じ、フォンティーヌの娘コゼットを引き取ります。 数奇な人生を送りましたが、自分のした事の責任を取ろうと迷い悩みながらも奔走する姿が印象的です。 ドミニク・ウェストは1969年生まれ。 イングランドヨークシャー州出身。 主な出演作は、「ザ・ワイヤー」「アフェア 情事の行方」「コレット」など。 『ジャベール警部役 デヴィッド・オイェロウォ』 トゥーロンの徒刑場の看守をしていた頃にジャンと出会い、ジャンを逮捕することに人生を捧げた人物。 自身の親が犯罪者だったことも罪を絶対に許さない信念に大きく影響しているようです。 蛇のように執念深く、鼻が効く。 デヴィッド・オイェロウォは1976年生まれ。 イングランドオックスフォード出身。 主な出演作は、「猿の惑星:創世記」「リンカーン」「アウトロー」など。 『ファンテーヌ役 リリー・コリンズ』 パリでお針子として働く貧しい娘だったが、フィーリックスと出会い恋に堕ち、コゼットを出産する。 フィーリックスに捨てられてからの転落していく様は直視できない程痛々しいものでした。 リリー・コリンズは1989年生まれ。 イングランドサリー州出身。 主な出演作は、「白雪姫と鏡の女王」「シャドウハンター」「あと1センチの恋」など。 『コゼット役 エリー・バンバー』 フォンティーヌの娘で、テナルディエ夫妻に預けられ、子供時代はひどい虐待を受けて育つ。 ジャンと出会ってから本当の親子のように暮らすコゼットは本当に幸せそうでした。 エリー・バンバーは1997年生まれ。 イギリスサリー出身。 主な出演作は、「高慢と偏見とゾンビ」「くるみ割り人形と秘密の王国」など。 『マリウス役 ジョシュ・オコナー』 ポンメルシー大佐の息子。 コゼットが修道院を出てすぐに出会い、恋に堕ちる青年。 確執のあった祖父との間も、最後には解消されて良かったですね。 ジョシュ・オコナーは1990年生まれ。 イギリスチェルトナム出身。 主な出演作は、「ゴッズ・オウン・カントリー」「Hide and Seek」など。 『テナルディエ役 アディール・アクタル』 ワーテルローの戦いで偶然ポンメルシー大佐の命を救った。 戦争終結後は、小さな宿を経営。 ポンメルシーを救った事を利用してのし上がろうとしたり、夫婦共々金に汚い所にウンザリでした。 アディール・アクタルは1980年生まれ。 イギリスロンドン出身。 主な出演作は「フォー・ライオンズ」「ヴィクトリア女王 最期の秘密」など。 『マダム・テナルディエ役 オリヴィア・コールマン』 テナルディエの妻。 コゼットを奴隷のように扱いひどい虐待をした。 自分の子供を可愛がっている様にも見えましたが引っ越しの時子供を捨てようとしたり、なんだかんだ最後まで自分本位の人でした。 オリヴィア・コールマンは1974年生まれ。 イギリスノリッジ出身。 主な出演作は、「ナイト・マネージャー」「女王陛下のお気に入り」「ブロードチャーチ~殺意の町」など。 『エポニーヌ役 エリン・ケリーマン』 テナルディエ夫妻の娘。 マリウスと出会い叶わぬ恋心を抱く。 テナルディエの娘ということでどれだけひどい女の子かと思えば、不器用で優しい子でした。 エリン・ケリーマンは1998年生まれ。 イギリスタムワース出身。

次の

レミゼラブル2019(ドラマ)の感想や評価は面白い?つまらない?あらすじやキャストは?

レ ミゼラブル あらすじ nhk

3 レ・ミゼラブルep8、最終回。 奇をてらった変更などはほとんどなく、やはり感動的。 ・・・ですが、最後は割と駆け足展開で、あっさり終わった感じはあったかも。 もう少し、余韻があってもよかったかなあ。 とにかく、歌わないドラマ版として、映像特性を生かした作品で、おもしろかったです。 全話見た感想などは、また日を改めて書きたいと思います。 このブログを読んでくださった、みなさま。 毎週、一緒に楽しんでいただいて、ありがとうございました。 お疲れ様でした。 8】 今作ドラマ版「レ・ミゼラブル」は、Amazonビデオで有料レンタル配信中です。 (字幕版のみです) 個別に有料ではありますが、かなりリーズナブルな値段で、今すぐ全話視聴できます。 (全8話版) Amazonビデオ公式サイトはこちら。 【公式サイト】 目次• 海外ドラマ「レ・ミゼラブル」とは? 有名なフランス文学を原作に、19世紀の激動の時代を描く大河ドラマ「 レ・ミゼラブル」。 舞台は、19世紀のフランス。 パンを盗んだことをきっかけに、19年間もの長きに渡って、監獄生活を送ることになった主人公ジャン・ヴァルジャン。 刑期を終え、町へと戻ったジャン・ヴァルジャンは、人生をやり直そうと決意するのですが・・・。 さらなる困難が立ちはだかります。 予告動画は、こちら。 ミュージカルの舞台は、もちろんですが。 映像作品でも、これまで何度か映画化されています。 2012年のミュージカル映画「レ・ミゼラブル」では、主人公ジャン・ヴァルジャンを、「X-MEN」シリーズのウルヴァリン役や、「グレイテスト・ショーマン」などでおなじみ、ヒュー・ジャックマンが演じました。 また、ジャベール警部役に「グラディエーター」のラッセル・クロウ、ファンティーヌ役に「プラダを着た悪魔」「マイ・インターン」のアン・ハサウェイ。 予告動画は、こちら。 今作のドラマ版「レ・ミゼラブル」は、ミュージカルではありません。 ご注意を。 (紹介している作品は、2020年3月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はAmazon公式ホームページにてご確認ください。 ) 各サービスの詳細や加入は、こちら。 【公式サイト】 【公式サイト】 【公式サイト】 そんな有名作を、壮大なスケールでドラマ化したのが今作。 ・・・クドいようですが、歌いません。 (笑) 濃厚な人間ドラマを深く描いた作品になっています。 キャストとしては。 主人公ジャン・ヴァルジャンを演じるのは、「アフェア 情事の行方」のドミニク・ウェスト。 ジャベール警部に、「MI-5 英国機密諜報部」のデヴィッド・オイェロウォ。 二人は、製作総指揮としても名を連ねています。 そして、シングルマザーのファンティーヌ役には、リリー・コリンズ。 映画「シャドウハンター」「白雪姫と鏡の女王」「ハリウッド・スキャンダル」のほか、ドラマではAmazonオジリナル「ラスト・タイクーン」などにも出演。 実のお父さんは、ミュージシャンのフィル・コリンズ。 また、ギレノールマンドに、「」ウォルダー・フレイ役でおなじみ、デイビッド・ブラッドリー。 マブーフに、同じく「ゲーム・オブ・スローンズ」メイスター・ルーウィン役ドナルド・サンプター。 テナルディエに、「」「刑事リバー 死者と共に生きる」のアディール・アクタール。 テナルディエ夫人役は、数々の作品で大活躍のオリヴィア・コールマンが演じます。 最近では、映画「女王陛下のお気に入り」やドラマ「」で、数々の賞を受賞。 ちなみに。 「ザ・クラウン」で英国女王エリザベスを演じたオリヴィア・コールマンは、妹マーガレット王女役ヘレナ・ボナム=カーターと共演していますが。 映画版「レ・ミゼラブル」で、テナルディエ夫人を演じていたのは、ヘレナ・ボナム=カーター。 ・・・何とも不思議な縁。 同じ役を演じる二人を比べてみると、おもしろいかもしれませんね。 他にも、「ハリーポッターと炎のゴブレット」のヘンリー・ロイド・ヒューズなどが出演しています。 舞台はフランスですが、出演陣は英国俳優陣がズラリ。 (そこは言いっこなしで。 笑) 実力派が顔をそろえた、キャストにも注目です。 ドラマ版「レ・ミゼラブル」は、2019年制作。 本国放送時は全6話でしたが、日本では再編集され、全8話で放送されました。 ドラマ「レ・ミゼラブル」Amazonビデオでネットのレンタル配信中 今作ドラマ版「レ・ミゼラブル」は、Amazonビデオで有料レンタル配信中です。 各話が個別に有料ですが、いますぐ全話視聴できます。 (全8話版) Amazonビデオ公式のドラマ「レ・ミゼラブル」視聴ページはこちら。 【公式サイト】 残念ながら、字幕版のみの配信です。 吹替版は、ありません。 とはいえ、各話の料金は、かなりリーズナブル。 見逃してしまった、録画に失敗した、という時に、必要なエピソードだけ視聴すれば、かなり便利。 字幕版のみですが、何かあっても、まだまだ放送に追いつけます。 なお! 「Amazonプライム・ビデオ」の「見放題サービス」ではなく、 「個別に料金が発生する有料視聴」の「レンタル配信」サービスです。 くれぐれも、お間違えないように。 また、レンタル配信の場合、視聴期限があり、好きなだけ見放題で楽しめるわけではありません。 利用前に十分ご確認の上、ご利用ください。 Amazonビデオ公式サイトはこちら。 【公式サイト】 Amazonビデオの利用方法などは、公式ヘルプでご確認ください。 ドラマ「レ・ミゼラブル」あらすじ 1815年フランス。 貧困に耐え切れず、パンをたったひとつ盗んだ罪で、監獄へ投獄されたジャン・バルジャンは、実に19年にも渡って服役することになります。 ようやく刑期を終え、町に戻るも、元受刑者に対する風当たりは想像以上に冷たく、途方に暮れるばかり。 しかし、ミリエル司教と出会ったことをきっかけに、ジャン・バルジャンは、人生を取り戻す力を得ることになります。 それから時を経て、ジャン・バルジャンは素性を隠し、民衆を愛する公職につき、手腕を発揮し始めます。 平穏な日々が続く・・・かに思えた、その時、正体を疑うジャベール警部の執拗な追及が始まり、ジャン・バルジャンは、次第に追い詰められていきます。 やがて、さらなる過酷で厳しい運命が、ジャン・バルジャンを待ち受けているのでした。 果たして、どうなってしまうのか? ・・・というようなストーリーです。 くれぐれも、ご注意ください。 より深く描かれるドラマ性が新鮮!「レ・ミゼラブル」第1話感想 私、舞台版は見たことがないので。 どうしても、ミュージカル映画版と比較してしまうのですけど。 今作ドラマ版は、意外性もあって、また別の面白さがありましたね。 冒頭から、いきなり意外な展開。 テナルディエとマリウスが登場して、ちょっとビックリ。 さらに、ファンティーヌのエピソードもあって、予想外。 ・・・あ、そこから描くの?という驚き。 このドラマ版で「レ・ミゼラブル」を初めて見る人にとっては、あまり衝撃を感じない、ゆるやかなスタートだとは思うんですけど。 すでにストーリーを知っている人にとっては、なかなか斬新さがあったかもしれないですね。 映画版では、ファンティーヌやマリウスの過去は、説明こそあれ、深く描かれてはいなかったんですけど。 ・・・ファンティーヌが自身の絶望を歌い上げる、あのミュージカルシーンの意味が、より深く理解できて、重みを増した気がする。 「レ・ミゼラブル」の物語は、多くの人に、すでに知られていますが。 それでも飽きさせない、新しい刺激と新鮮味のあるアプローチだったと思います。 知っているけど、知らないものがある。 これは、今後の展開が楽しみ! ・・・ですけど。 その後のファンティーヌの運命を知っていると、さらに、どよ~~ん、と気分が重くなるかもですねぇ。 全体的には、ややスローペースではあったと思います。 なにせ映画版では、今作ドラマ版の第1話の内容は、冒頭7~8分くらいの内容。 (短いっ!笑) やはり、それだけ、主人公ジャン・バルジャンや、ファンティーヌ、マリウスを含めた、まわりの人々の人間模様を、じっくり描いている感じですね。 かなり見ごたえありそうな予感。 ・・・とはいえ。 これ、「レ・ミゼラブル」を初めて見る人にとっては、第1話はスローペースなうえに、状況説明が多すぎて、やや退屈に感じるかも。 結局、登場人物それそれの背景が描かれるけど、接点はなく、話もあまり進んでいない感じはあるかもですね。 どこか、ちょっと、「レ・ミゼラブル」の物語を知っている前提で構成されている気もしないでもないかなあ。 知っていると、深く理解もできるし、意外性もあって面白いんですけど。 初見の人にとっては、少し刺激が足りないかもですね。 ・・・まだ、大して過酷でもなく平和だし。 (笑) そういう意味では、第1話の評価としては、やや賛否が分かれるかもしれませんね。 ・・・あれですかねぇ。 やはり、全6話を全8話で再構成した都合で、あそこで終わった、ということでしょうか? な~んか、中途半端でしたけど。 本当、まだまだ序盤で始まったばかり、というところで終わってしまいましたが。 盛り上がるのは、これから。 今後に、期待したいと思います。 やっぱミュージカルの印象が強いので、慣れないうちは、歌わないほうが違和感ありましたね。 (笑) 劇的でドラマチック!という心情の盛り上がりは、やっぱミュージカルのほうが強いかなあ。 ドラマとして、どう見せるのかも、注目したいと思います。 ドラマ「レ・ミゼラブル」以降の感想は随時追記します 個人的には、第1話から、なかなか面白かったです。 第2話以降の感想は、視聴次第、Twitterでツイートの上、この記事の冒頭でも、随時、追記していこうと思います。 配信スケジュールなど、新たな情報があれば、Twitter()などでも、つぶやいていこうと思います。 ドラマ「レ・ミゼラブル」、お見逃しなく!.

次の