楽な死に方。 死に方 : 人に迷惑をかけないように死にたいので、どこまで片付け

[mixi]楽な死に方 発見

楽な死に方

30代職歴なし、楽な死に方を求めているニートです、こんにちは。 このブログに新規読者が辿り着くトップ検索ワードってなんだと思いますか? 一応、ニートブログだからニート関連のワードなんじゃないかと思った方もいるかもしれません。 でも違うんですよ。 ニートも関係あるっちゃあるんですが、そうじゃない方も訪れるワードです。 そのワードが何かといいますと・・・ 「楽な死に方」 コレです。 これなんです。 毎日毎日「楽な死に方」を求めて検索してる人が、このブログで書いた楽な死に方についての記事に辿り着いています。 もうホント、この国大丈夫?ってくらい検索されてるんですよ。 類似ワードも多数です。 「楽な死に方」を筆頭に・・・ ・楽 死 ・楽に死にたい ・死ぬ 楽に ・自殺 楽 ・痛みのない死に方 ・苦しくない死に方 など・・・ これだけで月に数万回も検索されています。 とにかく楽に死ねる方法を探している方が多いです。 やっぱり現代社会は生きるのが厳しいのか、辛い思いをする事が多いのか、もう人生をやめたくなった人が多いらしく、死にたいという気持ちになっているみたいなんです。 それで自殺をしようと思ったけど、苦しくて踏み切れない・・・ でも楽に死ねるなら今すぐ死ねる、じゃあ楽に死ねる方法はないかな? とネットの世界にその答えを求めてきているんだと思います。 検索すれば大抵の事が分かる世の中ですからね。 気持ちは分からなくもないです。 以前、私も楽な死に方を求めて検索した事がありました。 でも、ネットの世界には明確に楽な死に方を教えてくれる記事はなかったんです。 安楽死という現実問題不可能な方法はあったりしましたが、私達が求めているのはそういう手の届かない方法ではありません。 合法で、誰でもでき、なるべく簡単に、そして楽に死ねる方法、これです。 で、ちょっと久しぶりに検索してみました。 現在の「楽な死に方」と検索した時の1位はどんな記事が表示されるのかな?ってね。 そしたらちょっと驚きの結果が表示されたんです。 これです。 1位はこの手の死にたい検索でありがちな、死にたい人を救済する系のサイトです。 2位、3位を見て驚きました。 なんと、私が過去に書いた記事が上位2つを占めていたんです。 この記事を書いているのが2019年1月27日なので、今現在は違ってるかもしれませんが、一時期、私の記事が上位を取っていた事があったんです。 この結果を見てブログとしては喜んでいいんですが、検索の目的としては悲しい現実に気付いてしまいました。 それは、少なくともネット上に楽な死に方について書かれた記事は無いという事です。 楽な死に方は今の所ない私の書いた記事は、私がちょっと思っただけのどうでもいい愚痴記事なんです。 アルツハイマーになれば楽に死ねるんじゃないか、凍死なら楽なんじゃないか、っていう空想の話です。 こんな現実味のない記事が上位に来てしまったという事は、これより明確に楽な死に方が書かれた記事がないという事です。 この世に転がっている楽な死に方が書かれた記事の中に、明確に楽な死に方を教えてくれる記事が無かったとGoogleが言っているんです。 まぁGoogleは死ぬ事を推奨していないみたいなのであえて曖昧な記事を上位にしたという可能性がなくもないですが、これはちょっと残念な結果です。 要は、今現在、少なくとも日本で書かれた記事には楽な死に方を教えてくれる記事は無いという事ですから。 人生をやめたいくらい苦しんでいる人にはものすごく残念な結果になりました。 楽な死に方、知りたいですよね・・・ でも、今の所はそれは叶わないみたいです。 死ぬなら苦しい方法を選ぶしかなさそうです。 検索エンジンの役目を果たせてないこの結果から「楽な死に方」を検索した人すべてが楽な死に方に巡り会えてないという事になります。 生きるのが辛くて、もう死にたくなって、「楽になりたい」と助けを求めて検索した人たちが誰1人救われてないんです。 これじゃ検索エンジンの役目を果たせていませんね。 質問の答えを提供するのが検索エンジンの役目なんですから。 とは言っても、楽な死に方を見つけられず仕方なく生きている方が大勢いる現実の方が大切かもしれないんで何とも言えませんけどね。 でも、たくさんの苦しんでる人がそのまま苦しんでいるという現実が良いのか?って聞かれると微妙ですよね。 本当は楽な死に方について書かれた記事があるのかな? でも、それを見せてしまうとみんな死んでしまうからあえて隠すというのがGoogleの判断なのか・・・ 私の書いたどうでもいい記事が上位を占めているという事はそれもありえるかも。 求めている情報を提供するのが検索エンジンの役目だけど、それで不利益な事が起こるなら隠す必要がある、というのがGoogleの判断なんでしょうか? どちらも大切だけど、検索エンジンの役目としてはどっちが正しいんでしょうね。 楽な死に方はものすごく求められている今現在、Googleの意思なのか、元々記事自体が書かれていないのか、楽な死に方に関する明確な情報はありません。 でも「楽な死に方」はものすごく求められています。 これ、狙い目のワードですよ。 もしこの質問に対して明確な答えを記事として書く事ができたらものすごい事が起こるかもしれません。 Googleが死に関する情報を隠しているというのは私の憶測でしかないので、もし、しっかりとした楽な死に方の記事を書けたら一気に1位に表示される可能性もあるという事です。 そうなったらどうなるか・・・ もうメチャクチャバズりますね。 これはほぼ確実です。 今の検索されている量を見る限り、その記事1つで1ヶ月に数万回も見られるのは確実ですから。 今現在、楽な死に方を求めている人がものすごい数いるのは分かっているので、もし医療関係者とかで合法で簡単にできる楽な死に方をご存知の方がいましたら書いてみる事をオススメします。 だいたいの事は調べれば分かるネットの世界で穴になっている分野に答えを提供してみませんか? これ、ずっと待ってるんですよね・・・ いつでも楽に死ねるとなれば、ある程度生きて満足したら死ぬっていう自由な選択もできて気楽になれるので。 ニートとかはけっこう求めていると思うので、何か良い方法があったら書いて欲しいです。 まぁ難しいとは思うけどね。 死ぬってのは絶対に苦しいってのが相場だから・・・ でも、その盲点を突いた穴を教えてくれたら救われる人はきっとたくさんいます。 苦しい人を救ってみるつもりで、詳しい方はちょっと1つ、何か情報を下さい。 誰も書けてない究極のテーマなので難しいとは思いますが、答えを出す価値はありますから。 いつかその答えが現れる事を気長にお待ちしています。 最後に楽な死に方って無いんだなぁ・・・っていう悲しい話でした。 まさか私の書いたてきとうな説が上位を取ってしまうとは・・・ それだけネットの世界には楽な死に方に関する情報がないって事なんでしょうね。 楽な死に方はニートにとって最大の課題でもあるので、これが知れないとなるとけっこう困るんですよね・・・ 頑張って生きるのも難しいし、死ぬのも難しいし・・・どうすりゃいいの?って感じになりますから。 こんなに情報が溢れているネットの世界で、これだけ情報がない分野もめずらしいんじゃないでしょうか? たった1つ「コレ!」っていう答えを提供するだけで済むからさ・・・何か知ってたら書いてみてください。 ニートは待ちわびてると思うので、何かご存知の方がいましたらお願いします。 yasu200.

次の

楽に死ぬ方法は理科の勉強の中で分かるよ!

楽な死に方

はい鈴木です。 だからあんたも自殺するな」系も、イラッとします…笑 だってそんなの勝者の論理じゃんね…。 この2つを妨げる方法達の中で、苦痛を感じるものをふるいにかけて除いていくと、取りあえず「楽に死ねる方法」達だけが最後に残ります。 この中で、資格がないと扱えない薬品を使う方法などは除外し、誰でも購入できる材料のプランを選択すれば良いという訳です。 ただし、多くの方は理科室で理科の実験をしたことがあるかと思いますが、結構面倒でしたよね? 学校や教室に行ってなかった方は想像でお付き合い下さい~ 材料とか器具を準備して、 手順通りに設置して、 グラムを測ったりして、 実験に失敗したらやり直して… なので、確かに体は「楽に」死ねるんですけど、ちと手順が面倒ではあります。 材料費もいくらかはかかりますし。 死にたい程せっぱ詰まっている時に悠長にこんなの計算できないかも知れないね… ……… また、この世には「サルコ」という便利な道具もありますが鈴木は外国語が堪能ではないですしも持っていないので私の選択肢には今のとこらろは入っていません。 しかしこれを考案した医師は本当に人の心を思いやる精神に満ちていると思います。 死ぬのが怖くてたまらない人とか、死にたくなくてたまらない人とか、生き続けたくてたまらない人などは、 死んだ方がマシなほど苦しんでいる人の気持ちなど考えずただ狂ったように激怒するので、なかなかこういった活動をなさるのは大変なはずです。 サルコはかわいい名前ですが以外に大きく 人が入れるサイズ 、普通にググればどんなものなのか出てきます。 かっこいいです。 ちなみにを使ってます。 ……… 窒素は、私達が吸ったり吐いたりしていりこの空気中に沢山あります。 沢山吸ってても無害な気体です。 ただし酸素をガス交換で得られないと人は死ぬので、窒素のみを高い純度で吸ったり吐いたりしていれば、中毒にならないので苦しくないのですが、酸素が脳に運ばれないので、死にます。 また自分自身の肺活量も測定し、必要なガスの量を計算しておく必要があります。 ガス交換を何回か出来るガスの量を考えておかないとなりません。 また吐いた息の中に残っている酸素やをもう一度高い割合で吸うとなれば純度がかなり下がりますし、それは失敗の元です。 脳が酸欠の状態になって時間がたつと障害が残るらしい。 嫌だ…生きるのがさらに大変になるのは御免だ。 だから準備の時には、そもそもの容積とかガスの流れとかを調整する必要がある。 この辺が頭を使わないとならないから、この苦しくない方法は流行らない…。 それで多くの人は苦しんで死ぬ羽目になる。 悲しい。 ちなみに、保健所で犬や猫が殺処分される時は、まったくと言える方法ではなく、中毒でじわじわ苦しめられて殺されます。 いくら犬や猫が人間でないと言え、非人道的だよね…やめて欲しい。 こういうの聞くと人間の罪深さに鬱が加速するよね… ……… 話しを戻しまして、とにかくこれが、一般人でも独りでできる、苦しくない死に方です。 また、窒素以外の気体でも、中毒などの「なんとか中毒」にならない系の気体なら、普通の気圧の中でなら苦しくないのでいけます。 気圧によっては酸素でさえも高濃度だと人は死ぬという豆知識… ただ、自殺にはうまくやらないと「後遺症が残ってさらに不愉快な思いをする」という後続イベントが引き起こされる為、事前調査はとにかく入念にする必要があります。 この、やりたいことに没頭している没入感は、あなたが「死んだ方がましだ」と思うほどの苦痛からあなたを逃してくれます。 なんか、人間関係の悩みなど含む精神的な問題で死にたいって思う人って、心が優しい人が多いと思うから…。 その優しさがこの世から毎日毎日何十人もなくなっていくのはもったいないっていうのもあります。 あと、「苦しみたくない」っていう、「自分を自分が苦しませたくない」っていう姿勢を大切にして欲しいです。 自分という人間を苦しませられる人は、 他人という人間も苦しませる事が出来てしまうから。 だから、 苦しみたくない・自分を苦しませたくない・人間を苦しませたくない っていう考えはとても大切なんです。 大切っていうか普通に素晴らしい感覚だよね人として…。 そりゃ、短期的には成長のために人を苦しめることもあるよ、例えばスポーツのコーチとかね。 ハードな練習は苦しいよね。 でもそういう中でも「他者の尊厳を傷つけて苦しめるのはダメ」っていうルールがある。 人の権利を侵害する形で人をわざと苦しめるのは、ダメだよね。 ……… 私は輪廻転生は無いとは思えないので 例えば空気って見えないのに、いろんな種類の気体が混ざっている。 見えないのに確かに何かがあるわけで… 、 次回、何かの生命に生まれ変わっちまった時のことを考えると、出来れば地球上には優しい人たちに沢山生きてて欲しいよ。 次の生命が始まったときもまた嫌な思いするの嫌だから… なので、取りあえず、苦しくなく死ねる方法は ちと面倒だが あるよ!って伝えたかったです。 安心して欲しかったから。 死ぬときまで苦しかったり怖かったりするの嫌じゃないですか? もうすでに生きてるだけで苦しみや不安でパニック状態なのに。 だから設置は面倒だけど上手に頑張れば苦しくなく死ねる方法はこの世にあるから、まずは0. 2ミリくらいは安心して下さい。 そして、 死にたい理由が借金の人は自己破産出来ないかとか、合法的に返済をのばす抜け道など探したり、 人間関係のしがらみで仕事辞めれなくて死にたい人は、日本から戸籍を抜いて、組織や親戚の追跡から逃げ切って遠い土地で人生やり直す計画を描いてみたり、 親から愛されなかった恐怖と絶望で生きてるだけで混乱している人は、や虐待の勉強をちゃんとしている、相性のあうカウンセラーを探して欲しい。 とにかくこの世で誰かがネットにヒントを書いて置いといてくれれば超ラッキー!てなもんです。 その人を心の中で味方にして、自分はこの世で独りきりで悩んでいると思い込まないのがコツです。 誰かが、はじめは戦争のためだったけど、インターネットを作ってくれたおかげでこうして私達はすれ違える。 私の知人は「この世で独りきりで悩んでいる、この世で一番不幸だ」と思っていて、とうとう死んでしまった。 その頃の鈴木には今のような記事を書ける力はなかった。 その子にとって私は味方になりえなかった。 私と通話して互いに「またね」と言った翌日、その子は練習していた首吊りに成功した。 …二年ぐらいは、自分の無能さに蓋をしたかった。 認めたくなかったようでもある、自分がその子を助けられなかった つまり殺した からな気がしてとにかく恐ろしかった。 いつもみたいに「ODして入院してました」ってひょっこり帰ってくるのを五年ぐらい待ってた。 でもそんな事は起こらなかった。 その子に何もしてやれなかった分、こうしておせっかいなブログを建てた。 ここは墓だ。 争いごとが嫌いな、優しい子だった。 そして私はいつもいつも、試行錯誤を繰り返している。 実際のところ、人生ってのは常に理科の実験みたいなものなんだろう。 もし良かったら… 実験を続けないか? nodyhate.

次の

楽な死にかたを教えてくださいたぶん本当には死にません。た...

楽な死に方

のフォロワーの方がヘリウムガス自殺についてツイートしていたので自分もヘリウムガス自殺について調べてみた。 どうやら高純度のヘリウムガスを一気に吸い込めば一瞬で意識が飛び、そのまま心停止に至るとのこと。 ヘリウム自体には毒性は一切無く、肺に酸素が行き届かないことによる酸欠で死ねるみたい。 苦しまず一瞬で意識が無くなり、尚且毒性もないので安全性も高いというにほぼ近い楽な死に方のようだ。 かなり理想的な自殺方法のように見える。 だが詳しく調べた結果、自分はヘリウムガス自殺は諦める結果となった。 今回はその諦める原因となった理由を書いていく。 まず一つ目の問題はヘリウムガスの入手。 ヘリウムガス自殺に使用する高純度のヘリウムガスは通販 など や風船専門店でしか取り扱っていない。 一番楽に入手するなら通販一択だけど、実家暮らしの自分にはハードルが高い。 ネットで見つけた自殺完遂例の報告や5chのヘリウムガス専門スレを見る限り、ヘリウム缶の容量は400Lのものが好ましいと思われる。 これは鉄製の頑丈なタンクで重量が4. 3kgもあり、その見た目はまるで巨大な圧力鍋みたいだ。 これを買うとなるとコンビニ受取は厳しい。 自宅配送以外の選択肢は無いだろう。 買ったところで置き場所にも困る。 一人暮らしなら問題ないだろうけど実家暮らしではこの大荷物を隠し通すのは難しい。 そして二つ目の問題はヘリウムガスの運搬方法。 自分としては自殺を決行する場所は自宅ではなく、などの野外にすると決めている。 だが前述の通り、ヘリウムガス缶は大きく重く、自分用の車を所有していない自分にはこの荷物を運搬する方法がない。 大きなヘリウムガス缶を抱えて列車に乗り込むのはどう考えても現実的ではない。 しかも、5chのスレでは400Lの缶を二本使用することが推奨されている。 おそらくこれはどちらか片方が不良品だった場合でも無事に完遂させるためということだろう。 一本でも既に難しいというのに、二本は絶対無理。 車がなければ運ぶことはできない。 この二つの理由から自分はヘリウムガスを諦める結果となった。 理想的な自殺方法なだけに諦めてしまうのはつらい。 でも自分の状況には向いていない自殺方法なので諦めるしかない。 現実的には難しい理想を挙げるなら、一緒に死んでくれる方の部屋の中でヘリウムガス自殺をしたり、二人分のヘリウムガス缶を積んだ車を山へ走らせてそこで一緒に自殺するとか、そういったことができたとしたら最高だろうな、とは思う。 近隣の自殺予定者とマッチングできるサイトがあればそういったこともできるかもしれない。 まあ実際そんな物があったとしたら悪用されるのが目に見えているのだけれど。 やっぱり自分にはロープ一本持って首吊り自殺に向かうしかなさそう。 ヘリウムガスという一番楽であろう方法は使えそうにない。 苦しむことになるだろうけど、首吊りが一番最善だと思うからいつかはやり遂げたい。

次の