サブ ノーティカ ダイヤモンド。 高度素材 クラフトレシピ Subnautica(サブノーティカ)

ゲーム サブノーティカ オススメの遊び方

サブ ノーティカ ダイヤモンド

画像 素材名 説明 石灰岩 Limestone Outcrop 主に浅瀬海域に分布するが、実際には深度関係なくどこででも発見できるため後半からいい加減見飽きてくるかも? 採掘するとチタニウムか銅鉱石を入手可能。 砂岩 Sandstone Outcrop 主に海藻の森、グラッシー台地に分布。 採掘すると金、銀鉱石、鉛のいずれかを入手可能。 見た目がやや丸っこいので見分けやすい。 頁岩 Shale Outcrop 主に深海に分布。 シートレーダーの歩いた後に出現することもあるため、ある意味非枯渇資源。 また山岳地帯の孤島にある洞窟にも存在している 採掘すると金、ダイヤモンド、リチウムのいずれかを入手可能。 各種製造に使用する基本的な素材。 画像 素材名 説明 チタニウム Titanium スクラップメタルからの製造、岩や鉱石塊の採掘、設計図開放済みのフラグメントのスキャンによって取得。 採掘できる岩は石灰岩。 ツールから建設まで幅広く使用する基本素材。 やたら余ったかと思いきや次の瞬間にはごっそり消費してしまうほど使用頻度が高いので大量にストックしておきたい。 幸いほぼ全域で採取可能なため供給量は結構ある。 ストーカーの歯の発生条件でもあるのでいくつかは残しておいた方が良い。 スクラップメタル。 銅鉱石 Copper Ore 岩や鉱石塊の採掘によって取得。 様々な素材の作製に使用する。 採掘できる岩は石灰岩。 石英 Quartz 海底からの採取や鉱石塊の採掘から取得。 ガラスの作製や建設で使用する。 塩 Salt Deposit 海底からの採取や鉱石塊の採掘から取得。 魚の長期保存を可能とする塩漬けで使用する その他、漂白剤や塩酸で要求される。 ある設備を使うことで無限に生成可能だがそこに至るまでにかなり時間がかかるためそれまでは割と貴重品。 鉛 Lead 岩や鉱石塊の採掘によって取得。 採掘できる岩は砂岩。 放射線防護スーツや原子炉の燃料棒、また建設の基礎でも要求される。 アップデートで要求量が増加しストレージの肥やし感は少なくなった。 銀鉱石 Silver Ore 岩や鉱石塊の採掘によって取得。 採掘できる岩は砂岩。 配線キットや大容量酸素ボンベの要求素材 金 Gold 岩や鉱石の採掘によって取得。 採掘できる岩は砂岩、頁岩。 電子機器素材で要求される。 リチウム Lithium 岩や鉱石塊の採掘や採取によって取得。 採掘できる岩は頁岩。 山岳地帯の孤島にある山岳洞窟でも採取出来る。 プラスチールインゴットや補強材、アップグレードモジュールなどで要求される。 ダイヤモンド Diamond 岩の採掘や採取によって取得。 採掘できる岩は頁岩。 スーツの作製、改造作業台の建造などで要求される。 ルビー Ruby 採取することで取得。 深海サンゴ礁海域やその深部、ブラッドケルプ群生地、シートレーダーの通り道に存在する 深度モジュールやエアロゲルの作製に要求される。 磁鉄鉱 Magnetite 鉱石塊の採掘や採取によって取得。 山岳地帯やジェリーシュルーム洞窟に存在する。 地熱発電機やステイシスライフルの作製に要求される。 閃ウラン鉱 Uraninite Crystal 鉱石塊の採掘や採取によって取得。 深海サンゴ礁海域やロストリバーに存在する。 原子炉や燃料棒の要求素材。 ニッケル鉱石 Nickel Ore 鉱石塊の採掘や採取によって取得。 ロストリバー、不活性溶岩洞窟に分布 深度モジュールの改造やP. スーツのアップグレートモジュールの作製に要求される。 結晶化した硫黄 Crystalline Sulfur 採取によって取得。 溶岩洞窟やロストリバーに存在する。 スーツのアップグレートモジュールと サイクロプス消火システムの作製に要求される。 藍晶石 Kyanite 鉱石塊の採掘や採取によって取得。 ほとんどは鉱石塊として存在するが他の鉱石塊と比較して採掘で採取できる量がかなり少ない。 不活性溶岩洞窟や活性溶岩洞窟に存在する。 熱発電モジュールやMK3の深度モジュールの作製に要求される。 ケイブサルファー Cave Sulphur クラッシュプラントの中に入ってることがある。 リペアツールやレーザーカッターの作製に要求される。 ガスポッド Gas Pod ガスポッドから放たれた黄色い弾が破裂する前に拾う事で入手が可能。 ガス魚雷の要求素材。 プロパルションキャノンの弾丸に使える。 ストーカーの歯 Stalker Tooth ストーカーがスクラップメタルを噛んだ時に折れ落ちる歯を採取することで取得。 エナメルガラスの要求素材。 イオンクリスタル Ion Crystal とあるモノに関係した場所でのみ入手可能な緑色の結晶。 多くは無いが鉱石塊としても存在する。 ある装置の起動に必要な他、材料にする事で高性能な電池やパワーセルを作製可能。 ストーリー用のアーティファクトも作製可能。 画像 素材名 説明 コーラルチューブのサンプル Coral Sample 主に浅瀬に分布する巨大な筒状のサンゴをナイフで切りつけることで取得。 漂白剤の要求素材。 テーブルコーラルのサンプル Table Coral Sample 主に浅瀬に分布する岸壁の紫色のサンゴをナイフで切りつけることで取得。 他にも赤、緑、青と種類があるが現在は全て同一の素材となる コンピュターチップの要求素材。 真菌のサンプル Fungal Sample キノコの森に群生する巨大キノコ、Tree Mushroomから入手できる。 ストーリー上で要求される。 パープルブレインコーラルのサンプル Purple brain coral sample 海底の紫色の酸素を出すサンゴをナイフで切りつけることで取得。 現状では素材としての使いみちはなし。 植えることが可能でプランターや大型水槽に植えると酸素を補給出来る 異星動物の排泄物 Alien Feces シートレーダーの糞。 画像 素材名 説明 アシッドマッシュルーム Acid Mushroom 海底から採取することで取得。 大型水槽に植えた物は切りつけても酸を放出しない。 ディープシュルーム Deep Shroom 深海にある白いキノコを採取することで取得。 大型水槽に植えた物は切りつけても酸を放出しない。 ゲルサック Gel Sack 深海にある紫斑模様付きの緑の半球を採取することで取得。 食べられるが、主にエアロゲルの作製に要求される。 ピンクキャップ Pink Cap 海上の島に生えてるピンク色のキノコ 現状では用途はなし。 スペックルラトラー Speckled Rattler 海上の島に生えている紫斑のキノコ 現状では用途はなし。 ・植物をナイフで切りつけることで取得できるもので、現在用途があるものだけ抜粋 画像 素材名 説明 フローター Floater 浮かんでいる岩に付着している個体などを採取することで取得。 敵性生物にくっつけるとダメージを与えることが可能 プレイヤーにもくっつくため注意。 クリープバインのサンプル Creepvine Sample 海藻の森に群生する背の高い海藻をナイフで切りつけることで取得。 これを植えた場合成長したクリープバインは種をつけない。 種をつけるクリープバインを養殖したい場合はこちらを植えなければならない。 実が黄色いのでパイナップルからの連想かパインと呼ぶ人がいるが、Pine 松 ではなくVine バイン、つる性の植物。 Creepはつる植物が這うとか絡みつくといった単語。 ベンゼンはエンジン効率化モジュールやグラップリングアームでも要求される。 植えることでブラッドバインに成長する。 画像 素材名 説明 チタニウム Titanium スクラップメタルから作製。 還元は出来ないので作り過ぎに注意。 作製数は2個。 コンピュータチップや乗物改造端末などで要求される。 ツールのバッテリーが切れた場合、Rキーで交換可能。 乗物や携帯型乗物建造ベイで要求される。 バッテリーが切れた場合、露出しているバッテリーを選択すれば交換可能。 ツール、モジュールと様々な物で要求される。 ツール、モジュールと様々な物で要求される。 サイクロプスの建造や、高度な機器の作製で要求される。 原子炉の発電に使用する。 普通のバッテリーと比べると5倍の電力を蓄える事が可能だが、充電にかかる時間も5倍かかる。 普通のパワーセルと比べると5倍の電力を蓄える事が可能だが、充電にかかる時間も5倍かかる。 画像 素材名 説明 玄武岩(Basalt Outcrop 頁岩に似た見た目で採掘すると金、ダイヤモンド、ウラニウム結晶いずれかを入手できた。 黒曜岩(Obsidian Outcrop 溶岩洞窟に存在していた。 採掘するとダイヤモンドのみ入手できた。 水銀鉱石 Mercury Ore 海底から採取することで取得できた。 深海サンゴ礁海域やその深部、閑散としたサンゴ礁海域に存在した サイクロプス自動消火モジュールの作成に必要であった。 燃料棒の作製やいくつかの電子機器に使用されていた。 リペアツールの作製にのみ使用されていた。 アミノ酸(Amino Acid グラフェンの作製に使用される予定だった。 ストーリーラストで使用する動力源だった。 ナノワイヤー(Nanowires 水銀鉱石とその他のアイテムとで作製できる予定だった。 量子装置や量子センサーに使用される予定だった。 2020-06-28• by 名無し ID:kZENzDJTgg• 2020-06-24• 2020-06-22• by 名無し ID:eVaESZg7kw• 2020-06-18• 2020-06-17• by 誠• 2020-06-16• by をいをい• 2020-06-15• 2020-06-14• by 名無し ID:sDDci0wAEg• 2020-06-10• by 名無し ID:pRenBvQNYQ.

次の

素材

サブ ノーティカ ダイヤモンド

こんにちは。 シーモスの作成方法 ストーリーが進むにつれて深海に潜っていく必要が出てくるので、酸素を回復する為に乗り物は必須です。 シーモスは、ゲームの最初から最後までお世話になる最強の乗り物です。 鉛は、石灰岩と同じシリーズで砂岩という石があるので、それを砕くと確率で手に入ります。 砂岩は丸っこい見た目をしており、ちょっと遠出したらすぐに見つかると思います。 レーザーカッターの作成方法 大型の残骸や、建物などにレーザーカッターでドアを開かないと入れない場所が存在しています。 ストーリー進行に重要な設計図がそのドアの向こうにあったりもするので、なるべく早く作っちゃいましょう! ちなみに個人的なイメージですが、レーザーカッターの設計図 フラグメント はどっかの建物の中というよりはその辺の地面にポツポツと落っこちてるような感じなので、移動中などもよく海底を見ながらプレイしているといつの間にか揃っているということが多いです! レーザーカッターの材料と作り方 ・ダイヤモンドx2 ・バッテリー[アシッドマッシュルームx2、銅鉱石x1] ・チタニウム ・ケイブサルファー ダイヤモンドは主に200m以下の深海にある、「頁岩」を砕くと確率で手に入ります。 序盤で一番分かりやすい採集スポットは、脱出ポッド19付近の岩壁に沢山くっついてます。 水深は約300mとかなり深いですが、シーモスさえ作れれば200mまでは潜れるのでそこから徒歩で採取することが出来ます。 更に酸素の容量が増えるので移動速度がちょっと遅くなってしまいますが、乗り物やシーグライドがあれば気にならないレベルです。 超重要アイテムなだけあって設計図は確定で、上記ダイヤモンド採取場所の「脱出ポッド19」のデータボックスから入手できるようです。 超大容量酸素ボンベの材料と作り方 ・大容量酸素ボンベ ・リチウムx4 作成難易度も控えめ。 リチウムはダイヤモンドと同じく、頁岩を砕くと確立で手に入ります。 放射線防護スーツの作成方法 爆発したオーロラ号 どこからでも見える超でかい船 からは放射線が垂れ流されているので、ストーリーを進めて核燃料を修理するまでは生身だと近づけません。 スーツの設計図はたしかオーロラ号爆発イベントと同時に開放されたと思うので困る事はないでしょう・ 放射線防護スーツの材料と作り方 ・ファイバーメッシュx2[クリープパインのサンプルx4] ・鉛x2 クリープパインのサンプルは、シリコンゴムや潤滑油を作る時に使う「クリープバインの種」がありますよね? それがくっついてる水草をナイフで切ると手に入ります。 鉛は、丸っこい岩「砂岩」を砕くと確率で手に入ります。 ちょっと遠出したら浅瀬でも割と見つけられるでしょう。 スキャナールームの作成方法 スキャナールームを作ると、周辺の資源 石灰岩、頁岩 や、データボックス、フラグメント、オーロラ号の残骸の場所など、ほぼ全ての物資を検索できるようになります!! スキャン可能な範囲は数百メートルですが、滅茶苦茶便利になるので早めに作っておきたい所です。 スキャナールームの材料と作り方 ・チタニウムx5 ・銅鉱石x2 ・金 ・テーブルコーラルのサンプル テーブルコーラルのサンプルは、浅瀬にはえている赤いサンゴをナイフで切ると採取できるようになります。 あとはビルダーを使って設置するだけ。 スキャナールームを設置すると、中でいろいろ場所を調べることが出来るようになります スキャナールームの中にはスキャナールーム専用のファブリケーターあって、便利な機能を更に強化するモジュールが作れます。 ・スキャナールームのHUDチップ スキャンの結果がどこに居ても見えるようになる ・カメラドローン 安全に動かせるドローン。 楽しいけど特に使い道はない ・スキャナールーム・スキャン範囲拡大モジュール スキャン出来る範囲を拡大してくれる:重複可能 ・スキャナールーム・スキャン速度向上モジュール スキャンの速度が速くなる:重複可能 とありますが、強化パーツは最大4個までしかハメられないので、4つとも全てスキャン範囲拡大モジュールにするのがオススメです。 スキャナールームのHUDチップはプレイヤーに装備するパーツなので、1個だけ作ればOKです。 それでは各モジュールの材料を紹介していきます。 スキャナールームHUDチップの材料と作り方 ・コンピューターチップ 銅線x1 [テーブルコーラルのサンプルx2、金x1、銅鉱石x2] ・磁鉄鉱 磁鉄鉱は主に深海でむき出しの状態で生えています。 一番分かりやすいところだと、ジェリーシュルーム ピンク色のでっかいキノコ があるバイオームで採取出来るので、行ってみましょう! ストーリーを進めるとデガシ号の居住地 水深250m の場所が指示されるので、そこに行くとピンクっぽいような紫っぽいようなエリアを見つけることができます。 スキャナールーム・スキャン範囲拡大モジュールの材料と作り方 ・銅鉱石 ・磁鉄鉱 先ほど言ったように、スキャナールームのアップグレードモジュールは最大4個まで強化できるので、HUDチップと合わせて磁鉄鉱が5個あればスキャナールームは完成するということです! その他の乗り物・サイクロプス・プローンスーツや、深度モジュールの作り方などはこちらにまとめました。 関連する記事• 2020. 30 こんにちは。 とっかです。 2020. 26 こんにちは。 とっかです! このゲームはストーリーが進むにつれて、より深くまで潜っていく必要があります。 なので、深く潜れる[…]• 2020. 22 こんにちは。 とっかです! このゲームで一番簡単に作れる倉庫は「防水ロッカー」ですが、容量が狭い上に水中に浮かんでるだけなのですぐ動いちゃ[…]• 2020. 14 こんにちは。 2020. 20 こんにちは。 とっかです! サブノーティカにはマップ無いので、非常に不便ですよね? そこで、海外サイトで公開されている見やす[…].

次の

【Subnautica】ブラウザ上で見れる便利なマップの使い方解説 │ とっかバトロワ

サブ ノーティカ ダイヤモンド

Contents• SUBNAUTICA サブノーティカ ってどんなゲーム? SUBNAUTICA サブノーティカ は 「海洋惑星に不時着してしまった主人公が、この星で様々な情報と材料を集め、ロケットを作ってこの星から脱出するまでのゲーム」です。 主な舞台が9割海 1割陸地 という感じで、浅い所はキラキラした光が堪能できたり、色鮮やかな魚の群れを見つけたりできるのですが…。 これが徐々に深くなっていくと、もうグロい魚が出てきたり、光が全然届かないから恐怖感が煽られたり…。 最初は浅い所で魚を取りながら拠点を発展させ、徐々に深海へと進出していきます。 深海にはレアな鉱石などが沢山あるんですけど、水圧の関係で乗り物もグレードアップしなきゃいけないし、敵生物も強力になっていくという感じ。 このバランスがとにかく秀逸でした。 PC版とPS4版があり、PC版は2018年1月23日に発売され、PS4版は2020年3月に発売。 STEAM版なら2000円くらい、PS4番は北米版なら3000円くらいで購入可能です 日本版は4000円オーバー。 この記事を執筆している2020年4月現時点でのおおまかな価格です。 SUBNAUTICA サブノーティカ の感想・レビュー 少しずつ拠点や装備がパワーアップしていくのが超面白い 拠点は内装や外装を充実させていけばキリが無いんだけど、「あれやりたい!これやりたい!」が微妙にスムーズじゃなくて、自分の欲求が満たされないラインが上手く出来ているように感じました。 あまりに高い壁だと「うわー面倒くせぇ」ってなってしまう部分が、常にちょっと背伸びすれば届くという難易度になっているような気がします。 …いや、それは言い過ぎかな。 正確に言えば 「面倒臭さが超面白い」という感じかも。 オープンワールドなのにファストトラベルもないし、遠くまで行って目的のアイテムを作るのに材料が1個足りない時とか発狂するけど、文句を言いながらもまた遠くまで材料を取りに戻ってしまう、魅力が沢山詰まったゲームです。 不便さも面白さに繋がっている 本作は海が舞台になっているので、エリアによって取れる素材アイテムが異なるうえに、出現する敵生物も異なります。 「銅鉱石が欲しいんだけど、どこにあるんだっけ?」とか、序盤は悩みがちです。 こういう時って大抵はMAPにマークできたりするもんじゃないですか?なのに、本作にはMAPがありません。 個人的にはこれが不親切ながらも面白い要素の1つだったんじゃないかと思っています。 下手すりゃオープンワールド系のゲームは、ファストトラベルが必須と言っても過言じゃなく、そのシステム周りが不親切だとボコボコに叩かれる傾向が強いと思うんだけど、このサブノーティカに関して言えば面倒臭い移動も面白いです 後半ちょっとイラつく瞬間があったけど。 深海はちょっとしたホラー 敵生物は殴り合いで勝てる相手もいれば、どんなに強い装備を持っていても逃げるしかない相手もいます。 光が届かないような深海を潜水している時は、深くなっていくにつれて自分の心拍数が上がっていくのも体感できたし、急に自分よりも遥かに大きい敵生物が出現した瞬間は、その辺のホラーゲームよりもずっと怖いです。 この緊張感は物語の最初から最後までずっと持続するので、装備の強化と共に悩みのタネも大きくなっていくバランスが、本当に上手く作られているゲームなんだと思います。 最初は海に潜っていられる時間も短くて、敵に襲われていなくても「窒息するんじゃないか?」的な悩みが常に付きまといますし。 ちょっと深く潜れるようになってきたら、浮き上がる時間を計算せずに溺れ死ぬとか、本当に上手く作られているゲームだと思いました。 洋ゲーらしい細かいバグは多い 見えない壁にぶつかって進めなくなったり、拠点にオブジェクトを思うように配置できなかったり…。 細かいバグは多かった印象があるので、しいて言えばこれだけが残念でした。 特に 「セーブデータをロードした瞬間、物理演算がおかしなことになって、壁をすり抜けてどこまでも落ちていく」というバグに遭遇した時は、最初からやり直すことを覚悟したくらいです。 結果的には10回くらいやり直した結果、ロードのタイミングに合わせて乗り物を乗り捨てることで難を逃れたわけですが、STEAM版はセーブデータも1個で、オートセーブにも対応していないので、この辺りはちょっと残念だったような気もします。 最後に ぶっちゃけ2000円でこれが遊べたと思ったら、すごくお得な買い物だったと思います。 個人的には、これくらいのゲームなら5000円オーバーのフルプライスでも文句ありません。 拠点も作り込んでいけばキリがないくらい夢中になれるので、ドラクエビルダーズとかマインクラフトに夢中になれる人なら、間違いなくハマるはず。 メインストーリーとちょっとしたクラフトだけでも50時間は楽しめるし、「拠点の建設、潜水艦を使った探検、水や食料を調達するサバイバル、海を泳ぐ」という要素に少しでも惹かれる人には文句なしにおすすめです。

次の