声優とは。 青二プロダクション

声優になるには?知っておきたい方法【なりたい方へ】

声優とは

声優になるための方法 声優になるための方法というのは、実は一つに絞られているわけではありません。 専門学校や養成所に入ったり、声優事務所のオーディションを受けたり、あるいは映画やアニメ作品の声優募集のオーデションを受けたりなど、声優への道は意外にもあらゆるところから開かれているのです。 実際に、現在様々な分野で活躍している有名な声優さんの中にも、専門学校や養成所からデビューした人もいれば、いきなり事務所のオーデションを受けて所属声優になった人もいます。 詳しいデビュー方法については後述しますが、声優デビューに欠かせないのは 「声優になりたい」という強い気持ちです。 その気持ちさえあれば、あとは自分の実力や性格などを考えて最も適した方法を取るのが良いでしょう。 ゲーム ゲームキャラクターのセリフの仕事はここ数年で最も増えてきています。 イメージとしてはアニメや映画の仕事と似たものを思い描くかもしれませんが、意外にも異なる部分が多く混乱してしまう人もいるかもしれません。 アニメや映画の場合、共演者同士複数人で録音スタジオに入って掛け合いをしながら録っていくということが多いですが、ゲームの場合にはひとりでスタジオに入ることがほとんどです。 また、ゲームのシナリオというのは決まった流れはあるにしても流動的ではなく、セリフの部分にはキャラクターの動きもありません。 そのためスタジオではマイクの前でコツコツとセリフを録っていきます。 ストーリーのパターンがいくつもありセリフの量も膨大なため、丸1日かかるかなりハードな収録になるようです。

次の

【声優・俳優専門の学校】総合学園ヒューマンアカデミー

声優とは

声優は声優プロダクションや劇団に所属して、番組や映画ごとのオーディションに応募する場合が多い。 声優プロダクションに所属するためには、各プロダクション自体が運営する声優養成所に入ったり声優育成コースのある専門学校で学んだりするのが一般的なルートです。 3 2006年版』さんぽうよりp37• 【大人に聞く】 太っていても健康的であれば良いと思います。 ・・・レグルスさん/ブライダルディレクター• 【大人に聞く】 声優と歌手は、全く別物と考えたらいいと思います・・・KEYさん/その他(男)• 【大人に聞く】 厳しい世界に、あえて飛び込むのも人生経験とし・・・マネージャーさん/芸能マネージャー• 【大人に聞く】 自分の声をテープにとり聴いたことはありますか・・・ハロワのおやじさん/キャリアカウンセラー• 【大人に聞く】 声優=俳優です。 ですから、体力と表現力は絶・・・CDAカズさん/NPOで働く• 【大人に聞く】 ほとんどの人が養成機関や劇団で訓練をした人で・・・ハッチンさん/ソフトウェア・情報処理.

次の

声優オーディション|オーディションプラス

声優とは

を使ったを担当する。 ボイスアクター。 ネット上では「 」とも呼ばれる。 活動 上述の仕事のほか、一般的なの進行役や、や幼稚園や保育園や老人ホームなどでやなどを行う、ボイストレーナーや講師をする、などの顔出しを兼ねた仕事もある。 また(名義での活動を含む)としての音楽活動やテレビ番組への顔出し出演など、マルチな活動を行う声優は、概ね「 」や「」などと呼ばれ、一般的な職業声優とは区別される。 現在は声優としての活動範囲から、• やのを中心に活動している声優。 ・・周辺の仕事をどれもこなしている声優。 ほぼや周辺でのみ活動する声優。 の3パターンにおおよそ分類される。 3は上述のなど、キャリアの浅い若手声優が殆どである。 男女は問わない。 2は幅広い役柄をこなせるのが多い。 1のは、アニメファンには全く知られていないことも多い。 労働形態 声優というのは一般企業の会社員と違い「個人事業主」「自営業者」であり、どこの芸能事務所にも所属しないか、芸能事務所と契約して仕事の斡旋をして貰うかの2種類に分かれている。 現在は多くの声優が芸能事務所と契約する形をとっており、フリーランスの声優の数は少なめの傾向になっている。 フリーランスの声優は下記のギャラを全額手に出来る上に、芸能事務所との契約に縛られずに自由に活動出来るというメリットもある。 ただしスケジュールの管理や営業活動などを全て声優本人がこなさなければならないし、開催されるオーディションも全て自分で探さなければならない。 一方で芸能事務所に所属する声優は、事務所側が仕事の斡旋やスケジュールの管理を全てやってくれるので、声優たちは自分の仕事に集中出来るというメリットがある。 その代わりに声優たちはマネジメント料として、ギャラの何割かを事務所側に払わなければならない。 芸能事務所によっては差はあるが、マネジメント料と源泉徴収税として、4~5割程度を差し引いた金額が声優の手取りになるようだ。 ギャラ 声優のギャラは原則として、声優が登録することになる協同組合の日本俳優連合(日俳連)が定めた「ランク制」によって定められており、して最初の3年間は一番下(ジュニア)のランクとなる。 このためのギャラは、どれだけ人気が出ても「30分アニメ1本で15,000円」と決まっている。 ジュニアにあたる3年を過ぎると、ランクは個人申請によって毎年1000円単位で更新できる。 このランクが上がることでも上がっていく。 中堅どころでは、大体27,000円くらいまで上がる。 最高の「Aランク」声優は、30分アニメ1本で45,000円になる。 「Aランク」の上にはさらに「ノーランク」と呼ばれる特別枠があり、このレベル(例としてやといった超クラス)になると、でギャラが決まる。 芸歴が長くなるほどこのランクが上がりギャラも上がるため、高額のギャラを支払ってもなお作品に求められるような特別なや演技力、声質を備えているか、になってもとしてのをし続けていない限り、一線でのが自然に減っていくというもある。 などはギャラの安い新人が重宝されるため、これは仕方が無いと言える。 この為、安定して仕事を得る為に敢えてランクを抑えめにしているもいる。 はランク上限まで到達している大御所だが、現在は幅広く仕事を得る為に逆に 「ランクを下げようと頑張っている」所だと明かしている。 上がってしまったランクを下げるのは非常に難しい。 オーディション 役を獲得するには基本的にを受けなければならないが、が 「20本に1本受かればいい方」と生前に語って言たように、競争は非常に過酷である。 新人声優だと、オーディション100本で1本も受からないなんてこともある。 また、オーディションを受けた役には落ちたが、同じ作品の別のキャラクターにキャスティングされるというケースはかなり多い。 の場合は当落の結果を知るのが、公式ホームページでのキャスト発表だったりすることも多い。 声優業の成り立ち では独立したカテゴリーのとなっているが、日本以外の多くの国では、声優はの仕事の一環と位置づけられている。 市場が巨大なや、日本の影響を受けた声優文化が定着しつつあるなど一部の国を除いては、専業声優は殆どと言ってよいほど見られない。 日本でも昔はの仕事の一環として位置づけられていたが、1950年代の民間放送 ラジオ 開局ブームと、それに伴うラジオドラマの需要から、や民放が「放送劇団」を作って専業声優を育成し始めた経緯から、やがて独立した仕事のカテゴリーとなっていった。 日本においての声優は、や無声映画で声を担当する俳優や活動弁士によって始まり、のテレビアニメ黎明期に声優第一世代が登場。 当初は「声優」という語はなく、「アテ師」と呼ばれていた。 ・のアニメブームによって熟練層の声優第二世代が活躍し、声優業が確立。 のアニメ黄金期に重なる中堅層の声優第三世代の頃には声優ブームが起こり、声優の顔出しや化が始まった。 以降の若年層である声優第四世代は声優のマルチ活動やアイドル活動がさらに強まり、現在に至る。 現在、第一世代のほとんどは消え、第二世代も減少し、第三世代が声優界の中心になっており、さらに第四世代の出現によって世代交代が進んでいる。 「憧れの職業」となった弊害、過酷な声優業 しかしながら「声優になりたい」と憧れる人が増えた分、の過酷な業界となっている。 声優は増える一方でも、声優に要求される仕事(アニメやゲームの制作本数)は増えないからである。 このための間でも、限られた役をめぐって厳しいイス取り競争が続いている。 仮に声優になれたとしても、一生の仕事として生き残るのも、声優業だけで食べていくのも困難をきわめる。 声優志望者だけでも現在20万人いると言われるが、この数も年々増加の一途をたどっており、無認可のも増えている。 こうした専門学校や声優養成所に実際に金を支払って通う者は2017年現在で、 年間3万人にものぼる。 その中で実際に芸能事務所の目に留まり、声優として契約を結ぶ事が出来る者は、 年間50人にも満たないとされている。 この過剰な「声優になりたい」ブームを悪用し、声優養成学校の名を語って形だけのを開催し、合格を通知した受験者たちから授業料の名目で高額の現金を騙し取ってから失踪するという事件まで発生。 犯人は後日逮捕されたものの、当時の『』でも激しい議論が繰り広げられた事もあった。 この系統のは、現在も形を変え行われている。 も学生時代に騙されそうになった経験があったのだそうで、「怪しい養成所とかもあるから気を付けてね」と声優志望者に対して警告を発している。 また、の活躍から「()でさえあれば声優になれそう」「やを目指すよりは簡単になれそう」、また単に「アニメが好きだから」といった非常にな動機から、興味本位で声優を目指すような若者も増えており、結果として当然ながらを絶たれるケースも年々増えている。 そのような甘い考えで声優を目指す者たちをベテラン声優たちのほか、なども痛烈に批判している。 ベテラン声優たちが語る、過酷な声優業の実態 は「 声優自体は1万人いるが、それで食べている人は300人くらい」とでシビアな実情をし話題となった。 も自らの著書において、「 声優の数は全部で約4000人位で、それだけで生活出来ている人は300人位」と語っている。 実際のデータとしては、日本俳優連合に登録されている声優の数は2000人程度、2018年4月号の別冊付録に登場していた声優は1360人(女性800人、男性560人)である。 さらにその中で声優として名前が広く知られている人物は300人-400人程度、さらにその中で声優業だけで食べていけている人物は100人-200人程度でしかないといわれている。 浪川が言う1万人というのは、恐らくプロダクションと正式契約を結ぶ前の見習い期間(後述)の人たちを合算しての数であると思われる。 は、『』(無印)のや『』のといった代表キャラを抱え、そこそこ仕事を貰えてそこそこ忙しかったにも関わらず 「収入が低過ぎて声優業だけでは到底食べていけないから」という理由から引退している。 引退ではないが、も似たような理由から、『』のというキラーキャラクターを持っていたにも関わらず、声優を事実上廃業し、俳優一本に絞っていった。 も自らのブログで引退を報告した際、 「声優というのは一般企業と同じで辛い事ばかりで、一見華やかに見えるけど全然そんな事は無い」と明かしている。 は 「『』の役でレギュラーだった時でさえも、声優としての稼ぎは年収200万円程度で、副業をしながら何とか食い繋いでいた」とバラエティ番組で暴露している。 は上記の過酷な声優たちの現状に対して 「若手声優たちが育成の機会もまともに与えられないまま使い捨てにされている」と、ネットでのインタビュー記事で今の業界の在り方に苦言を呈している。 その上で声優を目指す若者に対して 「馬鹿な事を言ってないで現実的な夢を見なさい」とまで言い切っている。 中堅声優でも、例えばは 「声優は『職業』と思ってやっても無理。 私は『趣味』としてやっている」と、声優志望者を突き放す厳しい発言を自身のラジオ番組で語っている。 の自叙伝『声優魂』のテーマはずばり 「声優だけはやめておけ」である。 今でこそ声優と舞台俳優の両面で活躍する氏だが、そこに至る道程の過酷さを包み隠さず記しており、本書は声優業界で生きていくことの厳しい現実と「それでも声優を 本気で目指すか」という若者たちへの問いかけが軸となっている。 著名人による「声優業」の浸透 プロの声優ではなく、舞台役者や、、、、稀にや、(彼らについては次項も参照)などが副業として「声優業」をこなすケースは年々増えている。 本職が俳優ですらないが演じることもある。 こうした「本業声優ではない声優」は、かつては劇場上映作品やなどの特別として扱われるケースが多かったものの、現在はを含むの主人公などは、概ね声優以外の著名人がキャスティングされるようになっている。 レギュラー放送されるの主演級のキャラクターを演じることも珍しくなくなっている。 こうしたキャスティングは、作品の注目度を上げる「話題作り」という側面もあるが、や、、、のように、「いかにも声優」といった印象のや、アニメーションに特化した演技よりも、一般(または演技の)のクセのない演技を、逆に要求する著名な監督・演出家が多いせいでもある。 も「プロの声優はもう限界がある」と過去に語っている。 近年のアニメ(作品など)の主要キャラも、を代表するようなやによって演じられており、こちらは高い評価を受け一般に浸透している。 これに合わせるとも、豪華な著名人がメインとならざるを得ない。 ただ、日本の場合は演技力に欠ける人物を、商業的な理由から話題性重視で起用し、特にアニメファンの間で物議をかもすこともしばしばある。 かつて『アニメディア』の読者投稿コーナーでも 「新人や若手の声優たちに経験を積ませる方が大事なんじゃないのか」 「興行としてやっているんだから仕方が無い」 と激しい議論が繰り広げられた事もあった。 2010年代に入ってからは、のようにアニメや特撮ドラマでの声優経験を持つ芸能人からも「アニメは本業の声優がやるべき。 (動画に対する)文字のぶち込み方が違う」と、声優擁護の声が見られるようになった。 (山里自身「」の劇場版アニメに出演した際、原作のファンから不評の声が殺到した経緯を打ち明けている。 ) も「 演じている有名人の顔が脳裏に浮かぶと話に入っていけないから」という理由でオファーが来ても全て断ってきたことを某番組で明かしている。 しかしながら、それらの意見と矛盾するかのように、元々声優業が本業ではないものの特定の作品に出演したことがきっかけで声優業が本職になった、或いは、今までの芸能活動を並行させつつ声優業を本業の一つにしていった、という芸能人は昔から変わらず出てきているのである(『』シリーズや『』シリーズはそういう点が目立つ作品として知られる。 当然この2作品に限らずそういう点が目立つ作品は他にもある)。 もちろんその中には、声優として起用された当初は「本業じゃない」「下手過ぎる」という理由で視聴者や声優ファンから批判されたり毛嫌いされたりした者も居るが、そこから徐々に上手くなっていった結果手のひらを返すがの如く一人の声優として認められたり支持されたりしていった者も居る。 テレ東版初代『』における役のや『』で役をやったとなど。 そもそも一般人は声優が誰であろうと(ぶっちゃけその演技がどうであろうと)特に気にしないため、興行収入に影響することはあまりない。 もっとも実写映画がテレビ放送された場合はこの限りでないようである(2017年8月に起きた『ジュラシック・ワールド 放送版 の声優キャスティングを巡る批判騒動はその一例。 ただしこの時槍玉に上がった、は声優としての実績がある)。 その他のケース 師、など声を使った商売を行うの担い手には、声優業を兼業する人物も多い。 特に落語家やなど、今日では「お笑い芸人」として一括りにされる事もある人達は、1960~70年代に放送された海外TVアニメに多く起用された歴史を持つ(代表例として『』)。 これらの商売と声優業との兼ね合いは個人によって当然バラバラであり、著名人枠として上述するようなゲスト的出演に留める者、声優プロダクションに入り二足のわらじを履く者、ほぼ高座に上がらず声優業がメインになっている者、逆に専業声優が演技の幅を広げるなどの理由でその道に入るなど様々なパターンがある。 なお、普段は声優業をやっていない俳優や女優、子役やタレントなどが声優業に挑戦することを特別出演と呼ぶ(ただし、などの一部の作品では例外的に、などの本職の声優が違う職業でも活躍しているという理由から、特別出演として出演する)。 また、テレビアニメの劇場版やOVA、TVスペシャルなどの作品には、本職の声優がメインゲストなどのレギュラーキャラ以外の役で、1分や10秒だけでも出演する事が多く、中には、常連ゲストとして出演する者も存在する(2000年の第1作から第10作までのに出演し続けていた、がその例だ)。 逆に、上記にあるような声優業が本職ではない者が声優業に挑戦する際、特別出演としてではなく、レギュラーとして出演するテレビシリーズ(のを舞台版でも演じてきたや、のを初登場時以来ずっと演じ続けてきた、他にもシリーズや遊戯王シリーズなど)も、僅かであるが存在する。 そして前述した通り、元々声優業が本業ではないものの特定の作品に出演したことがきっかけで声優業が本職になった、或いは、今までの芸能活動を並行させつつ声優業を本業の一つにしていった、という芸能人も居る。 『ラブライブ!』シリーズで声優をした・・、『プリキュア』シリーズで声優をした・はその典型例である。 一方、一部の作品では稀に作品の原や、などのスタッフが役などを担当する事例が存在する。 特に業界では、制作予算の都合からプロを雇えずにスタッフ内からやむを得ず選出することが多く、90年代までは声優を熱心に起用する動きも少なかった。 元来人前で演技や喋りを行う職業で無いために上記の著名人出演以上に演技力が拙いこともままあるが、どちらかというと制作陣のお遊び的な要素も強く、本当に人手不足で出演するようなことは極めて少ない。 たまにこういった作者などに声優としての個別ファンがつくという特殊な事態も発生する。 話が結構ずれるが、オーディションに合格した声優の中には、奇遇にも先輩声優と似たような声質で話題になる者もいる(代表例:と・と)。 声優になるには 前述したように元々声優でなかった人が声優として活躍するケースもあるものの、声優が専門職として確立している日本では、基本的に声優になるには以下の道がある。 専門学校や養成所で技術を学ぶ 現在最も一般的となっているのが、声優養成所や専門学校に入って演技の技術を学ぶという手段。 そこでの養成(教育)期間を修了して、芸能事務所の所属オーディションに合格すると、その事務所所属の声優になることができる。 こういった養成所や専門学校が生徒を募集する際、学費さえ払えば誰でも受け入れる所もある一方で、定期的に開催されるオーディションで「この子には才能がある」「一流の声優になれるだけの資質がある」と審査員に認められなければ入れないような所もある。 また学費の相場は入学金や月謝を合わせて、大体卒業までに100万円前後かかるとされている。 しかし、そうした所には多くの受講生が通っているものの、その中から後に声優になれる者はほんの僅かで、ほとんどの者はなれないという狭き門である。 ほとんどの場合は学生時代、あるいは学生を卒業した直後から(中学生や高校生のうちからということも少なくない)であるが、のように社会人経験を経て養成所に入って声優デビューを叶えた事例も少数ながらある。 芸能事務所のオーディションを合格して声優になったものは新人、ジュニアなどと呼ばれる訓練生となり、正式にそのプロダクションに所属する声優となるわけではない。 見習い期間(一般企業で例えるならば試用期間)が終了した後に内部審査を経て、合格した者だけが正所属となる。 しかし、ここでも訓練生のほとんどの者はデビュー出来ずに脱落するという、これまた狭き門である。 フリーランスの声優として活躍の場を求めるのでない限り、ここで脱落してしまえば再び養成所からやり直しである。 はネットでのインタビュー記事において、この声優養成学校の存在を 「若手声優たちから個性を奪っている」と批判している。 かつては自身も知人に頼まれて声優養成学校で講師を務めていた経験があったのだが、生徒たちが講師の言われた通りにしか演技が出来なくなる様を目の当たりにした事で、今では頼まれても断っているのだとか。 は自らの著書で 「養成所のカモにされてはいけない」などと、声優を目指す若者たちに警告を発している。 なお、かなり例外なパターンとして、実は元々声優が本業ではなかった著名な芸能人でありながら実際に専門学校に通い培ってから声優業デビューした者も居る。 主な例がである(専門学校での恩師はであった)。 芸能事務所企画のオーディションで合格して、直接声優になる 稀に芸能事務所が企画した一般オーディションで選ばれて、直接声優になる者もいる。 、、、、、などがこのパターンである。 若本の場合はかなり特殊な例であり、職場を解雇されて途方に暮れていた所へ偶然オーディション開催の広告を見かけた事で、ヤケクソでオーディションを受けてみたら合格してしまい、そのままプロの声優になってしまったという特異な経歴の持ち主である。 また、田所、鈴木の場合は「声優アーティストオーディション」で合格したように、実質的には将来的な歌手活動を前提としての声優デビューであった。 どこの事務所とも契約せず、フリーランスとして声優活動を行う 実際には声優というのは前述のように「個人事業主」「自営業者」であり、養成所に通って芸能事務所に所属しなければ声優になれないという訳ではない。 日本俳優連合に声優として登録しさえすれば、その時点で晴れて声優としての肩書を持つ事が出来る。 はこの典型例であり、子役時代を含めてデビュー以降一度も事務所に所属する事無くフリーランスを貫いており、マネジメント活動を全て自らの手でこなしている稀有な声優である。 もデビュー以降フリーランスを貫いているのだが、声優業をこなす傍らで実業家としても活躍している。 子役デビューしてから声優に転向する いわゆる「子役上がり」で、近年増えているケース。 など、子供の頃からやに所属し、やとして芸能活動を積んでから声優に転向する。 子役出身の声優は、若くても芸歴自体が長いため、最初からが備わっており、声優活動も順調にこなす人が多い。 女性声優だと、、、、、など、男性声優だと、、、などがこのパターンである。 この場合、ほとんどが養成所経験を経ずして声優デビューしている。 ただし、のように、子役や劇団の経験がありながら養成所に通った上で声優デビューを叶えた事例も少数ながらある。 その他 非常に特殊なケースとして、とが挙げられる。 一条和矢は関西を拠点にボイスドラマの同人サークルでアマチュアの声優として活動していたのだが、ゲストとして現役の著名声優を数多く招いた事が縁となってにスカウトされプロになった。 三ツ矢雄二は元々子役であり声の仕事はしていなかったのだが、と一緒に居酒屋で飲んでいた際に声優にならないかと誘われプロになった。 さらに特殊かつ限定的な形で声優の世界に入った者では現在の役のは本業はモノマネタレントである為、声優の世界を殆ど知らずに巻き込まれた形でルパンを演じる事となった為に、長い間モノマネよりも高度に要求される声の演技に悩んできた。 事実、かなり神経を使うものであった為に本業のモノマネレパートリーで得意としたルパンのモノマネがとっさにできなくなる弊害も出ていたという。 養成所を卒業したものの、どこの事務所とも契約を結ぶ事が出来なかった者が、夢を諦め切れずにフリーランスとして声優としての道を探ろうとするケースもあるようだ。 ただし現在では日本俳優連合に登録を希望する人が殺到しており、手続きに物凄く時間がかかっているとのこと。 声優になった後 ただし前述のように、候補生同士による激しい生存競争に勝ち抜いてめでたくデビューできたとしても、生き残るのはさらに困難を極める。 声優の仕事は基本的にを受けて獲得せねばならないが、の場合はオーディション100本受けて1本も受からないというケースもザラである。 この為などの副業をする事は必須であるが、芸能事務所に所属する声優にはこの副業にさえも様々な制約が課されている。 詳しくは下記参照。 は、自身の著書で声優業の傍らで週2回、学生時代から続けている清掃業のアルバイトをこなしていたことを、は、2015年のインタビューで声優の仕事が軌道に乗るまで(のアニメ化の直前くらいまで)派遣のアルバイトをしていたことをそれぞれ明かしている。 さらに「による顔出しやが」でなければ、オーディションを受けさせても貰えないというケースも多々ある。 そのため、声優業だけで生計を立てていくことが出来ずに脱落する者も多く、後に第一線で活躍していくことになる新人・若手声優はほんの僅かである。 また、一時的にブレイクしてもその後人気が衰えてに追い込まれる者も少なくない。 やのキャラクターは基本的に・ばかりなので、加齢によるは避けられない部分もある。 また近年では、写真集を発表する声優(主に女性声優にこの傾向が強い)が増加傾向にあるほか、一般の漫画雑誌のグラビア(巻頭グラビアや表紙に起用されることもある)に声優が登場する事例も出てきているなど(、、、など)、本職のグラビアアイドルに近い精力的なグラビア活動をする声優が登場してきている。 また、歌手活動を並行して展開する声優も増加傾向にある(の項目を併せて参照されたい)。 声優に課される制約 現在は声優たちのアイドル化が進んでいることもあり、芸能事務所に所属する声優たちの誰もが 「公序良俗に反する活動は一切してはならない」という契約を事務所側と結ばされている。 これは声優としての活動だけでなく日常生活全てにおいて課せられる制約であり、 「副業として風俗関連の仕事を一切してはならない」という事も意味する。 過去にはデビューしたばかりの若手女性声優が、名前が売れ始めてこれからという時にアダルトビデオに出演していた事が発覚し、事務所側から「悪質な契約違反」だとして多額の慰謝料を請求された挙句にマネジメント契約も解除され、引退に追い込まれるという事件もあった。 また2016年にも、ある有力女性声優に10年以上前のアダルトビデオへの出演疑惑が持ち上がる事態が発生。 ネットが大炎上したのだが本人も事務所側も事実無根だと否定している。 前述の通り声優というのは業界内での競争が非常に過酷な職業であり、声優業だけで食べていくことの出来る声優というのは僅かでしかない。 その為副業をしなければ到底食べていく事が出来ない声優がほとんどなのだが、風俗関連の仕事は求められる仕事の内容が内容なだけに賃金が非常に高く、上記の解雇された若手声優にとっても生活していく為には仕方が無かったのかもしれない。 また、恋愛に関しても厳しい制約を設けている事務所も存在する。 2017年6月末に『行列の出来る法律相談所』にゲスト出演したが「事務所の方針で30歳まで恋愛禁止」と発言しているが、実際に20代のうちに結婚したケースは少なく 、など事例としては多くはない 、恋愛には暗黙の了解で厳しい制約を守る覚悟が必要である。 その一方で、 フリーランスの声優には当然ながら上記のような制約は存在しない。 中にはのようにグラビアアイドルを兼業している事を堂々と公言している者さえも存在する(たかはしの場合は、著名人の声優活動への参入に対する声優側からのカウンターという意図があるので、特殊例とも言えるが)。 声優と俳優 女優 の関連性 一般的には声優と俳優とでは芝居の仕方に違いがあるため、別物扱いされることがある。 それ故に、声優業で培ってきた芝居を俳優業でやろうとするとアテレコ調になったりしておかしくなるなどと言われていた。 しかし、元々俳優で今はベテラン声優の代表格となったは 「アテレコやってたおかげで芝居の幅が広がるということはあっても、それが舞台での芝居の足を引っ張ることは一切あり得ないという確信を持つようになった」という。 また、子役時代から知られる若手ベテラン女優ながら声優としては新鋭の扱いであるは 「声優は、もうすでに役が完成されていて、そこに自分が合わせていく。 それもお芝居なんだと気づいてからは視野が広がりました」と、「声優としてか・俳優としてか」以前に「一役者として」の芝居そのものに対して視点を変え、視野を広げるに至っている。 一方、元々声優としてデビューしてきたベテラン声優の若本規夫は 「舞台に立った経験はあるが、声優に活かせるようなものはなかった」という見解の上で「声優と俳優は別物」と考えている。 それは俳優業に於いても どれだけ身振り手振りや容姿が善くても肝心のセリフ読みがだったりに代表するように滑舌が悪かったりすると、演じた役や最悪作品そのものが台無しになる可能性が十分にある為だ。 (しかしながら、それすら一種のネタとして寛容に受け容れ愉しむ視聴者も居ることは居るのだが。 さらにはプロデューサーや音響監督などキャスティング権限のある人すらそういうイメージに惹きつけられてそれと同じようなタイプのキャラにまたその声優を当てるなんてこともあったりする。 ちなみにこういう現象はにも割と多い。 それに加えてそのキャラクターの属性や個性、さらに劇中での描写によって発生したネタが流行った場合、それから何年経った後も声優自身(および以降にその声優が演じたキャラ)がそのキャラに関するネタや設定で弄られ続けることもあり、あまつさえその作品のキャラクターが作品の鑑賞者からすごく嫌われるような、受け入れられないようなタイプであった場合は何故かそれを演じた声優自身が批判ないし非難の対象になったり、逆にそんなキャラを割り当てられたことに対する同情の声が上がったりといった歪な逆転現象が起こることもある。 加えてその声優の演技力や表現の方向性にも先入観を持っていた場合、その配役発表において上記のような自分が思っている声優のイメージとそのキャラクターに抱いているイメージとの間に齟齬を感じて直感的には受け入れられなかったり、それが酷いとその配役に対して強い反発に出るというケースも見られている。 とりわけ声優個人に関する情報が様々なメディアを介して伝えられることが増えた昨今では、それで語られたその声優の性格や人柄などに関してのネタもオタクの間では話題になることが多くなり、そうして広まった声優自身の人間性も含めて作品およびキャラクター全体が評価されることも少なくなくなりつつある。 それが実際にその声優の人気にどこまで影響があるのかは何とも言えないが、その事実が今後の営業や活動においてマイナスとなる可能性(既婚の女性声優は仕事が減るという俗説もあるが、真偽は不明)を懸念する所もあり、この辺の事情も前述したように事務所命令による所属声優の恋愛制限が課せられる要因になっていると考えられる。 そのことがあるからなのか、一部の中には結婚ないし入籍を果たしたとしてもそれをすぐには発表せず、かれこれ数年以上経ってから公表するというケースも散見されている。 ちなみに近頃ではそんな声優に関する話題性の高まりを受けてか、今まで声優のことなどほとんど取り上げなかったようなにも増えてきている。 他にもその入籍した女性声優にいつか子供が生まれた場合、その子供が自分たちにとって思い入れのある声を聞かされて育つことに羨望の目を向けるといった少々ギャグっぽい反応も見られる。 中国の声優事情 中国で声優という職業が認識されたのは日本のオタク文化の輸出によるもので、中国オタクの間では日本と同様、日本人声優はアイドル的な人気を集めている。 最近は中国人声優も育ちつつあるが、中国のなどの中には、中国語版にも日本人声優が出演している(つまり、ボイスは日本語で中国語字幕がつく)ものも少なくない(、、など)。 こちらは、主に などと呼ばれることが多い。 ボイスチェンジャーや音声合成、ピッチ変更と並んで、上記のような面倒な層とマナーの悪い声優ファンに対して、矢印を他に向けさせるという切り札として着目されつつある。 pixivにおける声優 に声優の個人名が付く絵は、本人のなどのほか、演じたキャラクターを描いた絵もある。 後者は、声つながりのや、名台詞の、楽曲のCDのジャケット、写真集のイラストなどをタグによって際立たせることもある。 また、本人とは関係がないが、声のイメージの形容にも用いられやすい。 関連タグ 名前以外の声優関連タグの追加求む 職業・呼称 仕事内容 分類 所属など ネタ投稿タグ 声優を題材とした作品 賞 一覧 外部リンク• 関連記事 親記事.

次の