太陽 光 売 電 単価。 2019年度の太陽光発電の売電価格と設置費用

太陽光発電 売電の仕組みをわかりやすく解説します【ソーラーパートナーズ】

太陽 光 売 電 単価

電力会社のHPで確認すると3/31までに申し込みとなっていますが、営業マンによると「工事期間や事務手続きなどもあるから今週中に契約しないと間に合わない。 あとからキャンセルできるからとりあえず契約書を書いてください」と言ってきました。 それまでは導入する気満々だったんですが、この言葉で一気に冷め導入を見送ろうかと思ってます。 ただ太陽光システムにはまだ未練がありますし、別の業者に見積もりをお願いしようと思ってますが、現行の補助金や48円の売電価格で契約するには施工業者さんといつまでに契約すれば間に合うでしょうか? あと価格についてですが、今回の価格は三菱の2.8Kwのシステムで工事費や申請手数料すべて込みで210万円でした。 これは妥当な金額ですか? 自分で計算するとサンヨーやパナソニックのHITならギリギリ16枚乗るのではないかと思ってます。 この枚数(計算上3.44Kwのシステム?)を載せた場合、工事費や手数料すべて込みでいくらくらいでしょうか? ちなみに当方は切妻屋根で一面に載せます。 補足 みなさん、回答ありがとうございます。 私のほうで地元で数店舗展開している工務店さんにも聞いてみました。 うちとは接点の無かった工務店さんですが、新築からリフォームまで手がけている地元でも評判も良く、 料金もそれなりに良い(笑)工務店さんです。 シャープの2.93Kwのシステムで工事費込み178万円、 東芝の3.36Kwのシステムで237万円でした。 太陽光に特化した激安店ではないのでこんなものかな? 前回の回答では正しくないものでしたので訂正させていただきます。 すいません。 あと補足の件についてですが、メンテナンスフリーとはいえ太陽光に関してはわからない事が多く不安な部分もあるでしょうから、何かあった時はすぐに来てもらえるという安心感という面では、地元の業者と言うのはいいと思います。 大切な家に付けるわけですから。 太陽光は200万くらいですが家はその10倍前後します。 そういう意味でもインターネットでの申込よりは地元での購入をおすすめします。 ただそれにしてもちょっと高いですね。 交渉しましょう。 ちなみにシャープは他のメーカーとの違いとして10年保証の中に工事に関する事も含まれています。 間違っても西側には付けないようにしてください。 また取付金具も唯一海外から安いものを仕入れていますので錆び等の心配が若干あります。 東芝は昨年の4月からスタートですから後発にはなりますが、その分商品にはかなり自信があるようです。 現在はパネルあたりの発電効率はサンヨーを抜いて一番ですし、価格もサンヨーより安い。 しかも垂木施工ですので屋根にしっかり設置できます。 最近は太陽光の普及に伴い、設置業者も様々です。 5年後10年後のことも考えてしっかりしたメーカー、しっかりした設置業者(リフォーム等ではなく太陽光の設置業を始めて10年位の実績は欲しい)を選んでください。 ナイス: 0 回答 太陽光発電の販売店の方もいるようですが 少し勉強不足かと思います。 期限変更をすれば1年間ちかく延ばせます。 j-pec. html anchor01-1 J-PECのホームページに書いています。 新製品もドンドン出てくるので 間に合わないなら今設置しなくてもいいと思います。 ちなみに私は今月末ごろに工事の予定です。 三菱単結晶4. 8kW220万円です。 その時に一緒に見積もりしたサンヨーが HIP-215NKH5 24枚で 5. 16kW で270万円(税込)でした。 下の方が言うまやかしか本当にあるのかどうかは知りませんが 私はインターネットで契約しています。 いろいろな情報が飛び交っていますが慎重にどうぞ。 ----- お金が余っていたり 騙されていても後悔しないならその工務店で良いと思います。 65万円/1kW以上で購入すると国から補助金もらえませんので 東芝は補助金がもらえません。 その値段を出してくる工務店の評判が良いのは無知な人の集まりか お金が余っているお金持ちの集まる地域にお住まいと思われます。 遅れて出なかったら責められるでしょ 私的ですが限界値は今月一杯、まぁやる気満々ならば来週中には書類を出したいとこですね。 弊社は来週1件契約がありますが、これが限度かな?と考えてます あれ?でも2.8で210万ですか? そんなに難しい現場ですかね? 来週の契約はかなりややこしく足場も掛けますが4kwで240万ですよ^^ 申請料も正直数千円も掛からないので無料です。 ただもう少し安くして欲しいとこですね。 最後に やはり補助金の関係は色んな見解があるようですね、当方は今年度分=7万円の補助金&48円の買取金額をベースに話を出してます。 Jペックの完了報告のフローチャートを見ても48・42円の関係は表記してません、これはJペックにその決定権が無いからです。 詳しくは購入先、出来ればメーカーの者へ聞かれる事がベストです、彼らはいち早く情報を入手し展開してます、当方の情報も三菱の営業からヒヤリングしお客様へ提供してます。 ナイス: 0 まず、国の補助金がJ-PECに申請してから1週間~10日程度必要ですので、駆け込みの処理で遅れた場合、3月初め頃になるので、それまでは工事を進める事は出来ません。 つぎにパネルの納期が間に合うかです。 駆け込みですので在庫が無い・施工者の確保など必要ですので、ここは会社によって違うと思います。 売電ですが、電力会社との契約申請のみで良いか契約までは電力会社に聞いて頂いた方が良いです。 私は、3月31日までに連係契約した場合と聞いてましたので。 要は4月3日に完成予定を事前に申請した場合、不公平が発生するからです。 連係については、電力会社と個人の契約(但しソーラーメーカーが連絡してくれる所多いですが。 )ですので、私の場合連絡後1週間後に電力会社の指定で来ました。 メーター取付(連係の前日に電力会社の指定工事会社)などもあります。 販売店の電気屋さんと電力会社立会の元に連係完了します。 その後連係完了の書類が来てからJ-PEC(補助金申請)の書類に連係証明を付け提出し補助金申請のすべてが終わります。 (写真などは施工側が撮ってると思います。 ) 最後に価格は高いと思いますので、他を考えた方が良いです。 自分の計算(屋根の面積等)での計算と思いますが、金具を固定出来る場所など限定されますので、これについては確認した所で良いと思います。 三洋で3. 44KWで高くて200万、安くて170万(補助金別)ですが、パネル・施工者が確保出来るか。 営業マンも確保出来るかですね。 補助金の駆け込みもあるので。 時期が悪いです。 私であれば、今回の仕様で回収を考えるのであれば、辞めると思います。 ナイス: 0 売電のことに関して、経済産業省のホームページより Q.年度ごとに買取価格は変わりますか? A.買取価格については、太陽光発電パネルの普及状況やパネル価格の動向を見ながら毎年度見直しを行っていきます。 今後、2月中旬までに買取制度小委員会を開催し意見集約を行い、所要手続を経て3月に大臣告示として最終決定する予定です。 設置に関して、国や市の補助金制度があると思います。 そのへんのからみで、契約を急いでいるのでは?うちの市は、期限ではなく、件数で〆切っているようです。 ナイス: 0.

次の

過去の買取価格・期間等|固定価格買取制度|なっとく!再生可能エネルギー

太陽 光 売 電 単価

この記事の目次• 太陽光発電の設置を検討している方が必ず注目することになる「 売電価格」。 「売電価格」とは、 太陽光発電でつくられた電気を電力会社が買い取る時の価格のことです。 しかし現在、太陽光発電の売電価格は年々低下しています。 売電価格が低下すれば、売電収入自体も減り、太陽光発電を設置した際にかかる費用を回収できなくなってしまうのでは?とも考えてしまいますよね。 もし、太陽光発電の設置を考えているのであれば、本当に損をしないのか?自分たちにメリットはあるのか?を、きちんと考えなければなりません。 この記事では、2018年以降の調達価格の推移や、太陽光発電を新たに設置するメリットはあるのかなど、太陽光発電の売電価格について解説していきます。 太陽光発電の買取制度 固定価格買取制度 とは? 太陽光発電でつくられた電気のうち、余った電力 余剰電力 は電力会社に買い取ってもらうことができる制度があり、「 固定価格買取制度 FIT制度 」と呼ばれています。 この制度は、再生可能エネルギーの普及を目的として開始されたものです。 固定価格買取制度で設定された価格は、 10年間変わらないまま同一の価格で取引されます。 太陽光発電がそれほど普及していなかった2009年11月に住宅用太陽光発電の余剰電力買取制度が制定され、その後、2012年に固定価格買取制度に移行しました。 余剰電力買取制度が制定された当時、国には住宅用太陽光発電の普及を促進したいという意図があったため、今よりも高額な買取価格で取引されていたと言われています。 固定価格買取制度 FIT制度 に関してはこちらの記事をご覧ください。 徐々に安くなる売電価格。 10年も経たないうちに、売電価格がかなり低下していますよね。 売電価格は上昇する可能性が低いともいわれており、今後も低下し続けると予想することができるでしょう。 2018年と2019年の家庭用太陽光発電 10kW未満 の売電価格を比較すると、出力制御対応機器設置義務の有無を問わず、2円ずつ低下しています。 創エネ機器を導入して併用する発電方法であるダブル発電の場合は、1円ずつ低下していることがわかります。 「ダブル発電」について、詳しくはこちらの記事で紹介しています。 「出力制御対応機器」とは? 「出力制御対応機器」って何をするもの? 太陽光発電の出力制御機器とは、 パワーコンディショナーの出力を抑制するための機器です。 この機器は、電力会社の電力安定供給を目的として設置されています。 発電した電力は、いつか使うときのために溜めておくことができず、需要と供給がバランスよく維持されています。 このバランスを崩さないために、出力制御を行っているのです。 出力制御対応機器の費用はどれくらい? 一般的な住宅用太陽光発電の発電力である10kW~50kW未満の場合は、1kWあたり1万7千円だと言われています。 電力会社の問題なのに、太陽光発電を設置している企業や世帯が出力制御機器の設置費用を出すのは不公平なのでは?と考えてしまいますよね。 そこで、出力制御機器による不公平をなくすため、出力制御機器の有無によって売電価格に差を設けています。 10kW未満であれば、出力制御対応設置義務のない東京電力・中部電力・関西電力の価格は、1kWhにつき28円。 出力制御対応設置義務のあるそのほかのエリアは、1kWhにつき26円に設定されています。 売電価格はどのように決まるのか? 売電価格は、再生可能エネルギーの調達価格や調達期間を決めている調達価格等算定委員会の意見を尊重し、経済産業大臣が決定しています。 太陽光、水力などの各電源ごとに事業が効率的に行われた場合、通常必要となるコストを基礎に適正な利潤などを勘案して定められ、毎年2月から3月上旬に案が出され、3月末に正式に決定されます。 出典: 太陽光発電の2019年問題とは 固定価格買取制度により、電力会社は太陽光発電をはじめとした再生可能エネルギーで発電した電気を、一定期間中同じ価格で買い取ることが義務付けられています。 10kW以下の住宅用太陽光発電であれば、 期間は10年間です。 この買取義務保証期間が終了すると、売電価格はどうなるのかご存知でしょうか? 実は、2019年は太陽光発電において大変重要な年となっています。 2019年は、住宅用太陽光発電の買取義務保証期間である10年が初めて終わりを迎え、スタート時期から売電してきた世帯の契約が終了する年に当たります。 これまでの10年は高値で売電が出来ていましたが、2019年以降に買取義務保証期間がはじめて終わりを迎えたあと、今までよりも安い価格で売電を続けるか、それとも自家発電に切り替えるのなど、対応を決めなければならないのです。 この問題を、「 2019年問題」と呼んでいます。 年々売電価格が低下しているとなると、「ただでさえ高額な太陽光発電を設置しても、お金の無駄になるだけなのでは?」と考えてしまいますが、実はそうではありません。 売電価格だけではなく、さまざまな観点で見ることによって価値を見出すことができるのです。 設置にかかる費用は年々安くなっている 10kW未満の太陽光発電設備のシステム費用 太陽光パネル、パワコン、架台、工事費含む に関しても、年々価格が下落傾向にあります。 出典: 上の表の全体平均を比較すると、2012年のシステム価格が46. 5万円であるのに対して、2018年は34. 1万円と、大きく価格が下落しています。 出典: また、左の図は2017年以前のシステム費用の内訳、右の図は2018年のシステム費用の内訳です。 傾向を見ると、モジュールに必要な費用が横ばいである一方、パワーコンディショナーに必要な費用や工事費が減少していることがよくわかります。 ここまで価格が安くなっているのは、発電システムの低価格化と工事の技術力上昇、低コスト化が実現したことが関係しているのです。 非常時の電源確保ができるというメリットあり 太陽光発電を開始するメリットは、売電だけではありません。 太陽光発電を設置し自家消費をしていれば、災害時に電力会社からの電気の供給が止まってしまった場合でも、電気を使い続けることができるのです。 太陽光発電といえば、自家発電した電気を売ってお金にかえることができる……と真っ先に考える方が多いでしょう。 しかし、 非常時の電源を確保できるというメリットもあるのです。 売電価格は低下しているけれど、非常時の電源を確保できるというメリットも 住宅用太陽光発電の売電価格と推移について解説しました。 売電価格は年々低下し、今後も上昇する可能性は少ないと言われています。 そのため、太陽光発電を導入するメリットを感じにくくなってしまうかもしれません。 また、2019年以降に10年間の買取保証期間の終了した太陽光発電を持つ世帯に対して電力が会社が発表した新しいプランの売電価格は、平均で7~8円とかなり安い価格に設定されています。 しかし、地震や落雷などの災害で、電力会社からの電力供給が断たれたとしても、太陽光発電による自家消費をしていれば、日光が出ていれば電気を使い続けることができるでしょう。 加えて、蓄電池や電気自動車を導入し、昼間の電力をためておけば、夜間や天候が悪い時でも電気を使うことが可能です。 買取保証期間が終了してしまう11年目以降もメリットを見出しながら活用していくことができそうです。 2019年問題や卒FIT、住宅用太陽光発電などに関する情報を紹介します。 太陽光発電を導入している家庭で、2019年より順次終了していくFIT(固定価格買取制度)。 各社が続々と売電価格を発表していますが、まだまだわからないこともたくさんありますよね。 エネチェンジでは、今後も2019年問題や卒FIT、住宅用太陽光発電などに関する情報をメールマガジンにて随時紹介していく予定です。 もちろん、無料でご利用いただけます。 情報の配信を希望される方は、こちらのフォームにて、ご登録をお願いします。

次の

太陽光発電の価格比較(2020年6月1日の最新相場ご案内)

太陽 光 売 電 単価

目次 CLOSE• 売電価格の推移• 余剰売電(10kw未満) 1kwあたり 24円or26円で10年間• 全量売電(10kw以上500kw未満) 1kwあたり 14円で20年間 設置費用の推移 1kwあたり30万円程度 (地域・屋根の大きさ等の条件により異なる) 補助金の推移 国の補助金は廃止。 県や市等の地方自治体では支給される可能性アリ 売電価格の推移 2010年から2019年までの売電価格推移 年度 売電価格 (1kwあたり) 全量買取 平成22年 48円 平成23年 42円 平成24年 42円 40円+税 平成25年 38円 36円+税 平成26年 37円 32円+税 平成27年 35円〜33円 29円〜27円+税 平成28年 33円〜31円 24円+税 平成29年 30円〜28円 21円+税 平成30年(平成31年3月末まで) 28円〜26円 18円+税 平成31年 (平成31年4月〜翌3月末まで) 26円〜24円 14円+税 毎年、確実に下がっていることがわかると思います。 10kw未満の余剰売電は、平成29年に3年分まとま手発表されました。 2020年以降の売電価格については詳しい発表はなく、売電価格について議論している委員会では「しかるべき時期」にまた検討すると公表されています。 また、全量買い取りについては500kw以上については入札で決定し、10kw以上500kw未満については14円まで引き下げられました。 (調達価格等算定委員会公開資料より抜粋) ここ2,3年は設置費用は下がっていない 太陽光発電システムの価格は5年、10年でみると年々下がってきているのは事実ですが、ここ2,3年位はほとんど設置費用は下がっていない状況です。 太陽光発電普及拡大センターによると、国内の住宅用太陽光発電システムの平均価格は、2006〜09年は1KWあたり60万〜70万円で推移していました。 今では固定価格買取制度で一気に普及し、令和2年1月の最新相場では1kwあたり30万円を切るところもどんどん出ています。 メーカーや販売店側の採算などを考えると、1kwあたり25万くらいがギリギリではないかというのが業界では言われています。 キャンペーンなどであっても1kwあたり20万などの安すぎる価格は注意が必要です。 相場よりも明らかに安い場合はしっかりと内訳を確認し、最終的な総額のコミコミの金額を確認しましょう。 どうして売電価格を下げるの? 太陽光発電協会は、「海外メーカーの参入で価格は相当安くなっています」と指摘しています。 今の段階で価格的にはかなり安くなってきているので、下げ幅の伸びしろはかなり少なくはなってきているでしょう。 太陽光発電の価格の低下などによる普及率に比例して、国は売電価格を下げて来ています。 それは先行者が不利益にならないようにするためと、価格が下がるまで待とうという「買い控え」を防ぐための措置になっています。 自治体の補助金はあります 独自の補助金制度を設けている自治体もありますが、注意が必要です。 自治体(都道府県・市町村)の補助金は国とは違い、それぞれの日程で発表・公募するので、地域により受付期間等がバラバラです。 また、件数についても国の補助金とは違って予算の関係などで50件までの住宅などと限定されてしまい、すぐに受付けを終了してしまうことが多いので確認が必要です。 事実として、先着順であれば初日に予算が無くなってしまうという事は実際によくあります。 ただし、販売店のセールストークで「市区町村の補助金は、すぐに予算を使いきってしまうから今日契約して欲しい」などと急かされたら、慌てずに確認してください。 実際に補助金の締め切りなどをウソをついて焦らせる会社が多数存在するそうです。 下の補助金検索で各自治体の連絡先がわかるので、自分で確認することもできます 法律では当初決められた買取り価格26円or24円は10年間継続されることが保証されています。 (全量売電は20年間) 売電単価は導入年度が遅くなるにしたがって下がることがあらかじめ決められており、太陽光発電システムの価格が下がる度合いにしたがって買取り価格は下がります。 つまり、平成22年の売電価格の48円が最高値ということになります。 今後もシステム価格の下げ止まりがなく、どんどん価格が下がれば売電単価も比例して下がります。 固定価格買取制度(売電価格26円・24円)のメリットを受けられる人 発電量が多ければ多いほど売電収入による差額は大きくなります。 屋根の面積があり、大きなシステムを導入しようと考えている人は売電価格が高いうちに導入した方が良いでしょう。 売電は昼間の余った電力を売ることで成り立っているので、電気をよく使う家庭に限ってはメリットはあまりありません。 メリットを受けられる家庭 メリットをあまり受けられない家庭• 大きなシステムが導入でき、発電量が多い(4kw以上:屋根が広い)• 昼間にあまり電気をつかまない• 小さなシステムで、発電量が少ない(3kw未満:屋根が狭い)• 同じように、太陽光発電の価格の低下を待っている方は多いと思います。 太陽光発電は賃貸ぐらしの人が家を買うのとある意味似ています。 ただ、はっきりしていることは、早めに設置することでトータルで払う電気代の額は確実に減り、設置した時から償却が始まります。 10年後に初期費用が安くなり今よりも格安で設置ができても、償却が始まるのは設置してからです。 現在の条件であれば、光熱費の削減や売電などで10年前後にはほぼ元がとれると思います。 管理人も利用しましたが、一括見積りサービスは全て無料です。 とりあえずの検討材料として利用するのも良いと思います。 シュミレーションをしてもらい、10年くらいで元が取れるデータがでれば導入をおすすめします。 (15年程度はメーカー保証があるのでリスクは少ない) 見積りサービスは全て無料なので、とりあえずの検討材料として利用するのも良いと思います。 太陽光発電は決して安い買い物ではありません。 メーカーや導入システム、オプションなど、こだわりたい部分と価格を徹底的に比較して、納得して購入することができます。 管理人も実際に利用して確認しましたが、タイナビの利用者満足度は98%は本当だと実感しました。 自分の親兄弟や友人が太陽光発電の導入を考えていたら迷わずタイナビをおすすめします。 価格面でも「他サイトよりも高ければご一報ください。 」とうたっているくらい競争力に自信を持っていますので安心です。 タイナビが紹介されたテレビの番組の様子 2分49秒で太陽光発電の設置のコツがわかります。 「21秒〜63秒まで」は必見です!.

次の