ソフトバンク9434株価。 【9434】ソフトバンクの株価分析。配当利回りと株主優待は?高配当で長期保有向きだが、株価の割高さがデメリット

高配当銘柄ソフトバンク株(9434)の配当権利日はいつ?株主優待は?

ソフトバンク9434株価

通信会社「ソフトバンク」の株価が下落した要因 今回ソフトバンク株が大きく下落した要因としては、前日に親会社の ソフトバンクグループ(9984)が、子会社である ソフトバンク(9434)株の売却を発表したことによる影響。 経営安定のためソフトバンクグループが約4. 5兆円分の資産を売却を発表 投資会社である ソフトバンクグループ(SBG)は、2020年2月より続く新型コロナ関連の株価大暴落により、2020年3月期の決算は 営業損益が1兆3646億円の赤字(前年 2兆736億円の黒字)、 最終損益が9616億円の赤字(前年 1兆4112億円の黒字)と、上場以来過去最悪の赤字に転落。 このためソフトバンクグループでは負債の圧縮や自社株買いの原資のため、アリババやスプリントなど約4. 5兆円分の資産を売却することを発表。 その過程で子会社であるソフトバンク株も、ソフトバンクグループが保有する67%のうち約5%にあたる2億4,000万株を証券会社を通じて売却。 これによりSBGは約3,000億円の資金を入手するが、短期的に大量の売りポジションが株式市場に大量に流れ込むことで、今回のソフトバンク(通信会社)株の大きな下落につながってしまった。 いっぽうで親会社のソフトバンクグループは 過去最大の1兆4000億円赤字決算を発表した翌日に一時4,400円を割り込み株価が 4,384円の安値を付ける場面があったが 4. 5兆円規模の資産売却による負債圧縮や自社株買いを好感して 前日比+127円の4,607円で5月22日の取引を終了した。 【9434】ソフトバンク株はどこまで値下がりするのか? 2020年5月22日(金曜日)時点の ソフトバンク(9434)株価は前日比-56円の1,319円で取引を終えた。 ソフトバンク株は2020年4月3日に付けた1,287円が最安値(上場来最安値) ソフトバンク自体は決算好調で今年の配当は10円増配の85円、 連日の株価下落により配当利回りも6. 目下、世界では新型コロナによる株価の大暴落が懸念材料であるが、日経平均が2万円台を大きく割らない限りは、1,350円~1,400円くらいまで株価は戻すと思う。 アメリカの大手航空会社の倒産による株価の大暴落。 その後、1年以上の下落トレンド(世界経済の景気後退)に突入する可能性もなくはない。 そうなった場合、ソフトバンク株が1,200円~1,250円を簡単に割ることも想定しなくてはいけない。 2021年3月期の業績予想も現時点では好調なので、 新型コロナによる世界経済の動向を常に注意する必要があるが、この辺でソフトバンク株を購入して中~長期で保有する戦略もいいかも知れない。

次の

ソフトバンク(9434)の配当金推移や権利確定日など|SoftBank

ソフトバンク9434株価

ソフトバンク 9434 の事業内容 「ソフトバンク(9434)」は、孫正義氏率いる「ソフトバンク グループ」の子会社です。 「ソフトバンク」は、 携帯電話・インターネット回線等の通信事業を行う子会社になります。 「ソフトバンク」は子会社とはいえ、NTTドコモやKDDIとならぶ3大キャリアとして、超巨大な規模となります。 MEMOソフトバンクグループの企業は他に「Yahoo」や、アメリカの通信サービス「スプリント」等があります。 ソフトバンク株の配当は年何回?権利確定日はいつ? ソフトバンクの配当は配当中間配当、期末配当の年2回です。 配当権利確定日は下記となっています。 3月末:期末配当• 9月末:中間配当 ソフトバンク株の配当金はいつ貰える? ソフトバンク株の配当金は、下記までに支払われます。 期末配当:6月まで• 中間配当:12月まで ソフトバンク株の配当利回り ソフトバンクの配当利回りは5. 5%~6. 同社は 2019年5月8日に増配を発表し、配当予想は前期比10円増配の85円、配当性向は85%となりました。 ソフトバンクが高配当の理由 ソフトバンクは上場企業の中でも、かなり高配当の部類に分類されます。 他の通信企業(NTT、KDDI)も高配当ですが、ソフトバンクは特に配当性向が高い傾向があります。 ソフトバンクの株主優待 ソフトバンク(9434)には 株主優待はありません。 親会社である「ソフトバンクグループ 9984 」には株主優待が存在しました。 しかし2019年3月末を最後に、現在は廃止になっています。 株主優待の内容は、携帯料金・インターネット回線が毎月割引になるというものです。 今後、ソフトバンク(9434)で株主優待が新設される事が期待されます。 ソフトバンクの株主優待新設の可能性 ソフトバンクグループが実施していた株主優待は、携帯料金・インターネット回線の割引です。 これは本来、「ソフトバンク(9434)」で実施するのが適している内容となっています。 そのため今後、 ソフトバンク(9434)による「株主優待の新設」が期待が高まると思われます。 ただしソフトバンク(9434)は既にかなりの高配当のため、株主優待が実施される可能性は低いかもしれません。 注目された理由の一つとして、証券会社から個人投資家への営業が活発だったことがあります。 IPOの抽選当選確率も高く、多くの個人投資家が配当利回りを目的に購入しました。 しかし 上場直後は株価が大幅安となり、多くの投資家が含み損を抱える状態になってしまいました。 その後は株価も回復し、比較的安定した株価を維持しています。 ソフトバンク株価の今後の見通しは? ソフトバンクは2018年の上場後、大幅に株価が下落しました。 しかし2018年度の連結決算では、 通期予想を上回る増収増益の好決算を発表しました。 また 同時に増配を発表し、ポジティブサプライズの決算となりました。 通信事業者はコロナウイルスによる世界的な株価暴落の影響も少なく、比較的安定した値動きを維持しそうです。 ソフトバンクがYahoo(ヤフー)を子会社化 2019年5月8日、ソフトバンクはポータル事業大手の Yahoo(ヤフー株式会社)の連結子会社化を発表しました。 好材料が発表されたことで、株価の底打ちしたきっかけの一つとなっています。 まとめ ソフトバンクは高配当株として個人投資家にも人気の銘柄です。 上場直後は株価が下落しましたが、現在株価は比較的安定しています。 ソフトバンクやNTT・KDDI等の通信事業者は暴落にも比較的強く、ディフェンシブな業種と言えるでしょう。 以上、高配当銘柄ソフトバンク株についての紹介でした。

次の

ソフトバンク(9434)の株価分析|全4000銘柄の株価チャートのシグナルを毎日公開!

ソフトバンク9434株価

コンシューマ事業 コンシューマ事業では日本国内の個人の顧客に対する、移動通信サービス(および付随する携帯端末の販売を含む)、ブロードバンドサービス等の通信サービスを提供しています。 「SoftBank」ブランド• mobile」ブランド• SoftBank 光• Yahoo! BB 光withフレッツ• Yahoo! 法人事業 法人の顧客に対し以下を提供しています。 VPNサービス「SmartVPN」• 移動通信サービス、固定電話サービス「おとくライン」• ConnecTalk(コネクトーク)• インターネットなどのネットワークサービス• データセンターサービス• 流通事業 ソフトウエアの卸販売を提供しています。 その他の事業 その他の事業として、以下を行なっています。 決済代行サービス• スマートフォン専業証券• パブリッククラウドサービスの設計・開発事業• オンラインビジネスのソリューションおよびサービスの提供• デジタルメディア・デジタルコンテンツの企画・制作 ソフトバンクの業績推移 ソフトバンクの過去の業績推移を見ていきます。 ソフトバンクの売上高はほぼ横ばいに推移しています。 比較して2020年の予想売上高は大きく上振れています。 8月5日に発表した1Qでも売上高が前年度比28. 対して、本業の成績を表す営業利益も売上高同様に2020年度から大きく上抜けしています。 8月5日に発表した1Qでも営業利益は前年度比23. ソフトバンクが5月8日に公表した決算によると、19年3月期の連結最終利益は前の期比7. 5%増の4307億円、20年3月期も前期比11. 4%増の4800億円に伸び、3期ぶりに過去最高益を更新する見通しであるとしています。 また配当に関しても、今期の年間配当は前期比47. 5円増の85円に大幅増配するとしています。 ソフトバンクのROEは日樹に高水準 下記は過去のソフトバンクのROEとROAの推移です。 また、ROAですが2020年の予測では5. ソフトバンクが掲げる成長戦略 好調な業績をたたき出しているソフトバンク。 ここではソフトバンクが将来に向けてどのような成長戦略を打ち出しているのかをご紹介していきたいと思います。 プレミアム」の無料提供など、子会社であるヤフーと連携したサービスを提供していきます。 ソフトバンクのテクニカル分析 ここではソフトバンクは買いか売りかをテクニカル的な側面から分析していきたいと思います。 ソフトバンクの上場来の株価推移 ソフトバンクの公開価格は1,500円でした。 上場して以降、公開価格である1,500円が意識され重い株価推移をしていました。 しかし、5月8日に公表した決算が好感され、大きな陽線を付けて公開価格である1,500円を抜いていることから、テクニカル的には青天井相場で「買い」と判断することができます。 当面のテクニカル的な目標値は1,700円~1,800円と判断することができます。 ソフトバンクの競合他社比較 ソフトバンク(9434)を同業であるNTTドコモ(9437)、KDDI(9433)と比較検討していきます。 ソフトバンク NTTドコモ KDDI PER 15 15. 9 10. 6 PBR 7. 46 倍 1. 71 倍 1. 57 倍 配当利回り 5. 比較して、KDDIは10. 6倍と割安水準であるといえます。 PBRはNTTドコモとKDDIは東証一部の平均値である2倍を下回っており割安圏であるといえます。 比較してソフトバンクは7. 46倍とマザーズの新興企業並みの割高圏にあるといえます。 商品カタログギフトを進呈。 ソフトバンク 19年3月期の連結最終利益は前の期比7. 5%増の4307億円、20年3月期も前期比11. 4%増の4800億円に伸びを見込んでいる。 NTTドコモ 19年3月期の連結税引き前利益は前の期比12. 2%減の1兆26億円、20年3月期も前期比16. 4%減の8380億円に減る見通し。 KDDI 19年3月期の連結最終利益は前の期比7. 9%増の6176億円、20年3月期は前期比0. 4%増の6200億円と見込んでいる。 ソフトバンクのみが大幅な増益を見込んでいるため、業績はソフトバンクが突出しています。 割安度から長期保有を見越して購入するのであれば、KDDIと判断することになります。 まとめ 今回はファンダメンタルとテクニカル両面からソフトバンクの今後の株価推移を分析してきました。 ソフトバンクはテクニカル的は青天井相場のため買い判断です。 また業績も好調であることからファンダメンタル的にも買い判断であるといえます。 よって、株価が指数等の要因で下落したときの押しを狙って積極的に購入したい銘柄であるといえます。 目標株価1,700~1,800円。 4%増の4800億円に伸び、3期ぶりに過去最高益を更新する見通し。 5円増の85円に大幅増配 以上、【9434】高配当利回りが魅力のソフトバンクの株価推移を予想する!IPOの公募価格を上回り今後はテイクオフか!?…でした。

次の