ウイルス性胃腸炎仕事。 ウイルス性胃腸炎に…仕事復帰はいつからOK?診断書っているの?

ウイルス性胃腸炎で食事はいつからOK?完治を早める正しい食事法

ウイルス性胃腸炎仕事

まずは、どんな経過をたどるのか目安を知るためにも、自分の胃腸炎がどの種類かを把握しておきましょう。 胃腸炎には、• 感染性• ストレス性 とありますので、それぞれについてどんなものがあるのか、挙げていきますね。 感染性胃腸炎 病原体に感染したことによる胃腸炎を「感染性胃腸炎」といい、感染を機に症状が起こりますので、症状は急性です。 感染性胃腸炎とは、大きく分けて• 細菌性• ウイルス性• 寄生虫 という3種類があります 1)。 細菌性胃腸炎 主な細菌は、• 病原性大腸菌(有名なもので0-157)• ボツリヌス菌 などがあります。 ウイルス性胃腸炎• ノロウイルス• アデノウイルス などが一般的です。 寄生虫性胃腸炎• アメーバ赤痢• ランブル鞭毛虫 などがあります。 関連記事) ストレス性胃腸炎 や 胃腸への過度な負担による胃腸炎を、ストレス性胃腸炎といいます。 突発的に現れたものを急性、繰り返したり完治しないまま症状が残ってしまうものは慢性といえるでしょう。 スポンサーリンク 胃腸炎から回復するまでの症状や期間を原因別に解説 感染性胃腸炎である、細菌性・ウイルス性・寄生虫性、ストレス性胃腸炎に分けて説明します。 細菌性胃腸炎の主な症状と経過 一般的に 食中毒とも呼ばれています。 主な症状は• 吐き気• 発熱 です。 下痢は、水様便で血便も見られることがあります。 症状は数日続いた後、ゆるやかに改善の兆しを感じられることが多いでしょう。 病原体や体質、免疫力によって差があります。 嘔吐にしても 1 ~2日間で頻繁にある場合や、1日数回が 3~4日続く場合があり、下痢は 3日~1週間以上続くものもあります。 では、原因となる細菌別に日数を挙げてみましょう。 サルモネラ菌・・・ 1週間程度• 腸炎ビブリオ・・・ 数日以内• カンピロバクター・・・ 1週間程度(2〜3日で解熱)• 病原性大腸菌・・・ 1週間程度• ボツリヌス菌・・・ 数日〜数ヶ月 2) 基本的には自然治癒しますが、続く嘔吐や下痢、また発熱による脱水症が心配です。 0-157では出血性大腸炎が起き血便があったり、それが続くと乳幼児や高齢者では 溶血性尿毒症症候群や 脳症などをきたす場合もあるので、続く血便には注意しましょう。 他にも、手足の麻痺や複視・視力障害・嚥下障害などが現れたら、 ギランバレー症候群などの合併症の可能性もあるので、その後の体調管理には気を使いたいものです。 痛みがひどいときや、症状が 重篤な場合は、特別な処置が必要となりますので専門医に相談をしましょう。 ウイルス性胃腸炎の主な症状と経過 主に、 お腹の風邪と言われることがあります。 原因となるウイルス別に例を挙げると・・・• ノロウイルス・・・ 3〜7日・長い場合は1ヶ月かかることも• ロタウイルス・・・ 1週間程度• アデノウイルス・・・ 1週間以上 3) 発症したときは強い吐き気と下痢が起こりますが、嘔吐は 1~2日程で次第に落ち着き、水様の下痢も 3~4日程で落ち着きます。 乳幼児に多いロタウイルスの場合は下痢症状が長く、お米のとぎ汁のような白い水様便が特徴で、 1週間ほど続きます。 ほとんどの人が、5歳までに感染する胃腸炎とされています。 細菌と同じく自然治癒するもので、治療する薬はないので服用するのは整腸剤が一般的です。 症状が重い場合は専門医の指示を受けましょう。 寄生虫性胃腸炎の主な症状と経過 寄生虫というと怖く感じますが、発展途上国での感染・男性同性愛行為・知的障害施設・汚染物質からの経口摂取などでの感染が多くあります。 腹痛 などのほか、下痢に粘液や血液が混じることもあります。 アメーバ赤痢・・・ 数ヶ月〜数年(症状が治まったり、ぶり返したり)• ランブル鞭毛虫・・・ 1〜2ヶ月 4) などと、他に比べて長く、回復とぶり返しを繰り返したり、合併症を伴うこともあります。 ストレス性胃腸炎の主な症状と経過 ストレス性胃腸炎の場合は、感染性のように激しい嘔吐は稀です。 症状は• 吐き気• 下痢 その他にも、胃もたれなどの不快感があります。 激しい症状は少ないにしても、経過がよめないのがツライところです。 主な原因は• 精神的ストレス• 暴飲暴食• 薬の服用による胃への負担 などです。 「早くこの症状を取り除きたい。 」 そう思ったら、 原因を排除しなくてはなりませんが、そう簡単にはいきませんよね。 ストレスを感じる 環境だったり、ストレスを感じやすい 体質、また 生活習慣に関わるものは簡単に排除できる要因ではありません。 胃腸の薬を服用しても、そのような要因が続く場合は、薬によって症状を抑えているに過ぎず完治が難しい場合が多く、 慢性化しやすいのが特徴です。 精神的ストレスが原因の場合は、心療内科の診察や精神安定剤の服用が有効な場合も見られます。 病原体の仕業による症状でなくても胃腸が弱っていることに変わりはないので、胃腸に負担のある食べ物は避けましょう。 消化のいい食事を心がけ、症状を悪化させないように気をつけましょう。

次の

ウイルス性胃腸炎になったら仕事はダメ?どのくらい休むの?

ウイルス性胃腸炎仕事

先述の通りウイルス性胃腸炎は2次感染のリスクが高いため、症状が治まるまでは出社を控えましょう。 何日休むのかは自分の回復状況に左右されるため、一般論として以下の意見を参考にしてみてください。 発症から3日は勤務を自粛 症状の程度や回復速度は個人差が大きいため、そこまで辛さを感じない方もいれば、ベッドから身動きが取れない人まで様々です。 ノロウイルスの排出量は発症から3日間がピークと言われるので、もし1日や2日で下痢や嘔吐が治まっても出勤は自粛しましょう。 症状が重い場合は無理して出社せず、体調が整うまで療養に努めてください。 下痢が治まってから2日後 主症状が落ち着いてからも大事を取って2日間は安静にしている人が多いようです。 下痢や嘔吐、だるさが取れるまでは2、3日かかりますので、発症から4,5日休んでからの出社となります。 医師の許可が下りてから復帰 感染性の胃腸炎では医者の許可が下りるまでは仕事を休むのが無難でしょう。 下痢が止まってから2日間は自宅療養をするよう勧めるケースが多いようです。 こちらも発症から4、5日以上が経過した段階ということになります。 社則に従う 「出勤停止期間」を定めたり、医師の診断書を提出させるなど独自のノロウイルス基準を設ける企業が増加中との情報があります。 社則を確認し、そのような記述がある場合は決められた日数だけ欠勤しましょう。 食品業や接客業は長めに休む 食品を扱う仕事や接客の多い職種では2次感染による被害の拡大が懸念されます。 体が万全の状態になるよう長めに休みをとりましょう。 重症の方や食品業界に勤めている方以外は、症状が出始めてから4,5日体を休めて出社というのが妥当なようですね。 医師の診断書は必要? ウイルス性胃腸炎で休む際は医師による診断書を書いてもらう必要があるのでしょうか?「学校保健安全法 第19条」には以下のような記載があります。 「感染性胃腸炎、溶連菌感染症などは、その他の感染症として、学校で流行が起こった場合にその流行を防ぐために必要に応じて校長が学校医の意見を聞き、第三種の感染症として出席停止にすることがあります。 」 この学校保健安全法を社則に応用している会社も多いようで、感染性胃腸炎の証明書を提出すれば欠勤扱いにならずに済むケースもあります。 こうした社則を適用していない企業もあると思うので、ウイルス性胃腸炎で休む際に診断書が必要かどうかは上司に確認を取っておくのがいいでしょう。 復帰後も感染症に注意 ウイルス性胃腸炎を乗り越えて会社に復帰しても、免疫力の低下が原因で別の感染症にかかってしまう方が少なくないようです。 自宅で十分な休養を取っておかないと、いざ職場に戻っても不本意な現実に直面しかねません。 療養期間を出来る限り長めにして体調を戻し、手洗い・うがい・マスクといった感染症対策を習慣づけましょう。 スポンサードリンク.

次の

感染性胃腸炎(ノロウイルス)は出勤停止?仕事を休む期間・復帰まで何日?

ウイルス性胃腸炎仕事

あなたは理想的な生き方ができていますか? もしできていないなら、今抱えている悩みを解決することが重要です。 その悩みが解決されると…• 毎日前向きになる• 仕事の悩みを抱えなくなる• 新しい生き方を見つけられる• 頑張ったり我慢をしなくてもよくなる• 本当の自分を知って気持ちが明るくなる• 残りの人生をストレスフリーで歩むことができる• チャレンジや成長の毎日で刺激のある楽しい毎日を送れる• 人間関係をシンプル化して楽しい仲間とだけ関わって生きられる たった一度の人生です。 後悔のない日々を送るためには本当の自分を知っておくことが大切です。 そのために、このページであなたらしさを確認してください。 突然の吐き気、下痢など、冬に流行するのがウイルス性胃腸炎です。 子供だけでなく大人もかかる怖い病気です。 ウイルス性胃腸炎になってしまったら、 仕事には行けないのか、もし出勤停止になったとしたら お給料はどうなるのかが気になるところです。 冬の流行に備えて、万が一ウイルス性胃腸炎にかかった場合の対処法について知っておきましょう。 Contents• 突然の吐き気…これはウイルス性胃腸炎? ウイルス性胃腸炎は感染性胃腸炎とも呼ばれます。 ノロウイルス、ロタウイルスなど、なんらかのウイルスに感染することによって、嘔吐や下痢などの症状を引き起こします。 ウイルス性胃腸炎の症状• 突然の吐き気、嘔吐• 腹痛 が主な症状です。 発熱を伴う場合もあります。 潜伏期間が1〜3日ほどある場合があり、食事の直後に症状が出るとは限りません。 また、 感染したからといって必ずしも重症化するわけではなく、なんとなくひどい風邪だなと感じる程度の人もいます。 自己判断せずまずは病院へ! いつもはお腹がゆるくなったりすることなどないのに、突然下痢をしたり、嘔吐したり、何か普通でない症状だと感じたら、すぐに病院に行きましょう。 腹痛がひどい時などは自力で歩くことが難しいかもしれません。 そんな時はタクシーを呼んでください。 嘔吐や下痢を繰り返していると脱水症状になってしまう場合もあり、とても危険です。 場合によっては点滴の必要もあります。 東京、大阪、埼玉など電話番号 「 7119」にかけると救急病院を案内してくれるサービスがありますし、自治体独自で同様のサービスを実施しているところがあります。 お住まいの地域の救急病院を知る方法を、今のうちに調べておくと良いでしょう。 こんな苦しい症状はいいつまで続くの? ウイルス性胃腸炎にかかると、本当に苦しいです。 食事どころか、水分を取るのも大変なこともあり、部屋とトイレの往復になってしまい、ろくに眠ることもできません。 しかし、ウイルス性胃腸炎の特効薬はないため、 病院でも対症療法しかできません。 程度にもよりますが、 2〜3日すれば徐々に治ります。 ことから、始めてみてはいかがでしょうか。 ウイルス性胃腸炎になったら出勤してはいけない? 人に伝染する病気は、場合によっては入院などの措置が必要で、仕事に行くことも禁止される場合があります。 ウイルス性胃腸炎のについては、どのような規定になっているのでしょうか。 法律によって出勤停止とはならない 厚生労働省が定める感染症には5つの分類があります。 一類:ペスト、エボラ出血熱など• 二類:結核、急性灰白髄炎など• 三類:コレラ、腸チフスなど• 四類:狂犬病、黄熱、マラリアなど• 五類:インフルエンザ、麻疹、感染性胃腸炎など ウイルス性胃腸炎は五類に分類されているのですが、 特に就業制限の対象とはなっておりません。 つまり、 ウイルス性胃腸炎になったからといって、出勤停止にはならないのです。 同じく、厚生労働省の「大量調理施設衛生管理マニュアル」によりますと、調理の業務を行う人は、「リアルタイム法等の高感度の検便検査においてノロウイルスを保有していないことが確認されるまでの間、食品に直接触れる調理作業を控えるなどの適切な処置をとることが望ましいこと」とされています。 ですから、 食べ物に触れる仕事をしている人は、たとえ症状が治まったとしても、検査で完全に大丈夫だと判断されるまで、通常業務はできないということになります。 会社の就業規則を確認しておこう ウイルス性胃腸炎は極めて感染力の強い病気ではありますが、法律によって就業禁止とまではされていないため、会社の規則がどうなっているか確認したいところです。 もしも、 「周囲に対して感染の恐れがある場合に勤務を禁止する」というような規定があれば、会社の規則によって休むことができます。 つまり、 有給休暇を使うのではなく「休業」になります。 このような規定がない場合には、感染症を理由に休むとしても有給休暇を使うしかありません。 冬になるとウイルス性胃腸炎が増えますので、これをきっかけに就業規則を確認しておくと良いでしょう。 場合によっては就業規則が整備されていない会社もあるかもしれません。 就業規則は、体調不良での休業に関することに限らず、労働者を守るための規則です。 いま勤めている会社に就業規則がなければ、いいきっかけとなるかもしれません。 自主的な欠勤ではありませんので、一部ですが手当が支給されることになるのです。 ほとんど有給休暇を使っていなくて、たくさん余っているという状態ならば、自主的に休暇を使った方が良いかもしれません。 ただ、 有給を使うかどうかはあくまでも自分の判断です。 就業規則で感染性の病気は出勤停止となっているのにも関わらず、有休で休むようにいわれたとしたら、それには従わなくて良いのです。 有休は労働者が請求するものであって、会社が強制的に取らせるものではありません。 有休の残りが少ないので、できれば使わずにとっておきたいと思う場合には、休業という形で休んで、後で会社に対して休業手当を請求すれば良いでしょう。 有休の残りがほとんどなかったらどうなる? ウイルス性胃腸炎になると、程度にもよりますが、数日は起き上がるのも大変かもしれません。 体力をつけて仕事ができる状態まで回復するとなると、 場合によっては1週間ほど休む必要があるでしょう。 そんな時に、就業規則で出勤禁止の規定もなく、なおかつ有休がほとんど残っていなかったらどうなるのでしょうか。 転職したばかりの時などは有休がほとんどない場合もあると思います。 休暇が使えない場合には、欠勤としてお休みするしかありません。 欠勤になってしまうと、 その分お給料は引かれてしまいます。 そうならないためにも、手洗いとうがいを徹底して、感染を防いでください。 ウイルス性胃腸炎から早く復活するためには? ウイルス性胃腸炎の症状が出たら、まずは病院へ行きます。 その後は自宅療養になりますが、1日も早く回復するためには、どうすれば良いのでしょうか。 勇気を持って仕事を休もう ウイルス性胃腸炎は極めて感染力の高い病気です。 しかも、インフルエンザと違い、 特効薬がありません。 それなのに、症状が出ている状態で出勤するのは、自分も辛いですし、 周りの人にも感染させてしまう恐れがあります。 有給休暇が少ないから…と無理して出勤するのはやめましょう。 無理して食事をしないこと 吐き気がしたり、下痢をしている時には無理に食事を取らないことです。 食べれば治る!とばかりに無理に食事をすれば、 ただでさえ弱っている胃腸をさらに痛めつけてしまいます。 薬局で下痢止めを買って飲んでしまう人がいますが、嘔吐や下痢は、体が自分にとって良くないものを外に出そうとしているために起こります。 ですから、 それに逆らってはいけません。 ウイルスが体外に排出されないと、症状が長引くこともありますので、 薬も食べ物も、胃の中には何も入れないほうがいいのです。 しっかり水分補給をする ただし、水分は違います。 人の体は半分以上が水分でできており、脱水症状になるとそれこそ命の危険にさらされてしまいます。 スポーツドリンクや経口補水液など、 適度に塩分を補給できる飲み物がおすすめです。 水分を摂る時には、がぶがぶ飲まないようにしましょう。 吐き気を催して、余計に辛くなります。 少しずつ、 口を湿らす程度でもいいので、こまめに水分を摂るようにすると良いでしょう。 食べられるようになったら消化の良いものを 嘔吐や下痢が治ってきたら、回復に向かっていると考えても良いでしょう。 しかし、1〜2日ほとんど何も食べていない状態だと思いますので、 いきなり普通の食事をすると胃腸に負担をかけてしまいます。 回復後はおかゆやうどんなど、消化の良いものを少しずつ食べるようにしてください。 決して無理をしないで、 お腹が落ち着く程度の量で大丈夫です。 とにかく寝る トイレと部屋を往復している間は難しいかもしれませんが、眠れるならばとにかく寝て体力を回復させることです。 ウイルス性胃腸炎にかかったということは、それだけ免疫力が落ちているということです。 疲労やストレスが溜まっていると感染症にかかりやすくなりますし、回復も遅くなります。 眠れるようになったら、とにかく寝る。 たっぷり睡眠をとって早く出勤できるように、元気を取り戻しましょう。 まとめ ウイルス性胃腸炎は法律による就業制限はされていない病気なので、会社に行くことを禁止されているわけではありません。 しかし会社によっては、感染性のある病気は出勤を停止するという規定がある場合もあるので、自社の就業規則を確認しましょう。 その上で、 会社によって就業禁止となる場合には休業手当を請求することができます。 もちろん、普通に有給休暇を取って休むことも可能です。 いずれにしても症状の辛い病気ですので、数日はしっかり休んで、体力をしっかり回復させてから仕事に復帰しましょう。

次の