日立 エアコン クリーン 点滅。 エアコンの内部クリーンとは?お掃除機能との仕組みの違いとカビ臭い理由は?

表示ランプが点滅しています。:日立の家電品

日立 エアコン クリーン 点滅

さすが老舗!日立のエアコン「白くまくん」はサポート環境が充実! 日立のエアコン「白くまくん」といえば、長年に渡り人気のある製品。 「白くまくん」と名前だけ聞くと可愛らしい感じですが、エアコン自体は省エネ・高機能という特徴が目立ち、性能面の満足感は高いです。 また、 エアコンのサポートサービスが充実しているので、故障や動作不良で困った時でも比較的スムーズな対応が可能。 今回は、日立のエアコン「白くまくん」を使っている利用者からのよく質問される症状と対処方法について紹介! 修理やお問い合わせ方法に関する記載もあるので、困った時は参考にしてください。 症状別の対処方法を紹介 日立のエアコンでよく起こる症状については「」を使えば、わりと解決することが多いと思います。 日立のエアコンで困っている人が多い症状をピックアップし対処方法を案内します。 基本的には「」・「」・「」を確認すれば大抵のことはわかりますが、ここでもよく困ったいる症状についての対処方法を紹介しておきます。 部屋が冷えない・温度が下がらない 部屋がなかなか冷えない場合は、 設定温度を下げて、風速「自動」に設定して様子をみます。 もし、それでも冷えない場合は、まず室外機のフィルター部分にゴミやホコリを確認しましょう。 室外機の前にモノをおいている場合は、空気の取り込みを邪魔になるので移動させておきます。 また、リモコンの表示と本体の設定が正しくない可能性もあるので、リモコンを操作して「ピッ」と音が出ることを確認します。 冷風が出ているのに、部屋が冷えない場合は、窓やドアが開いていて空気が逃げてしまっている可能性があります。 念のため、部屋の状況を確認しましょう! エアコンの電源が入らない 長期間使わない時に ブレーカーを下げたり、コンセントを抜くなどして、節電対策している可能性があります。 単純なことですが、最初に確認しておきましょう。 あとリモコンの電池が切れていないかもみておきたいですね。 電源が供給されているのに動かない場合は、 一度電源を完全に切って(電源プラグを抜く)、再度電源を入れ直しましょう。 それでも電源がつかない場合、エアコン本体が壊れている可能性があります。 メーカーにお問い合わせをして、対処方法を確認してください。 ランプが点滅している ランプが点滅している場合は、「」よりエラーの内容と対処方法を確認のうえ、対応を進めましょう。 タイマーランプや除湿ランプが点滅している場合は、故障の可能性が高いと記載があります。 その他のランプが点滅している場合は、「」にある対処方法を確認してください。 エアコンは定期的にお手入れして綺麗な状態にしておくことが大事 エアコンのフィルターや取り外し可能な部品は、出来るだけ定期的に洗浄して綺麗な状態で使用するようにしましょう。 自分でやるのが面倒ならプロに頼むと安心! 最近は「 」のテレビCMでもわかるように、お掃除業者が増えてきました! 業界が拡大したことで、掃除製品やグッズを揃えるよりプロに頼んだ方が費用が安くなるという傾向になっています。 自分でも出来るのにもったいないと思う方もいるかもしれませんが、プロに頼むと明らかに掃除の質が違うので必ず満足するでしょう! 日立のエアコンに関するお問い合わせ先について 日立の公式サイトではエアコンに関するサポートページを用意しています。 お問い合わせについては、電話、メールを使ってお問い合わせすることができます。 電話の場合、フリーダイヤル「 0120-3121-11」が用意されています。 フリーダイヤルが使えない場合は、有料ダイヤル「 050-3155-1111」が使えます。 電話でのお問い合わせについて詳しくは「」で確認することができます。 メールの場合は「」よりお問い合わせを行うことが可能です。 なお、修理に関する相談については「」が用意されているので必要に応じてご利用ください。 まとめ 日立のサポートページはコンテンツがとても豊富。 特に「」に関しては、使い方だけではなく、動作不良で困った時の対処方法も動画で確認できるよう多数の種類の動画が用意されています。 Webサイトや取扱説明書でわかりにくい部分は、「」をみることで理解度も深まるでしょう。 なかには5分以上説明のある動画もあります。 故障や動作不良で困った時は、動画をみながら解決する方法も良いですね。

次の

エアコン内部を凍らせて自動で洗浄!衛生面に優れる日立のエアコン「白くまくん」の特徴|@DIME アットダイム

日立 エアコン クリーン 点滅

エアコンのタイマーが点滅する原因 エアコンのタイマーを設定したときに点灯する所が点滅しているという経験はありませんか?タイマーの不具合かな?と思われがちですが、その原因はエアコンの本体か室外機が故障・異常があるということにあります。 そして、その故障がなぜ起こるのかというと、冷媒漏れによってコンプレッサが異常に熱くなることで起こるとされています。 エアコンは、冷媒を循環させることでコンプレッサを冷やし稼働しています。 このコンプレッサが異常に熱くなってしまうと、何度電源をつけても同じようにエアコンのタイマーが点滅して変わりません。 エアコンの冷媒が漏れている場合も考えられるので、半日ほど停止した状態にしたあとに再度電源を入れてみましょう。 運転再開後に、エアコンからチュルチュルと水が流れる音がしなかったり、室外機から出ている細いパイプに霜が付いたりしていないか確認しましょう。 もし、そのようなことが確認できる場合は冷媒が漏れている可能性があります。 エアコンのタイマーが点滅したときの対処法 エアコンのタイマーが点滅したときの対処法をご紹介します。 電源を何度もいれているうちに改善されたり、フィルターを掃除したりして改善された場合は問題ないでしょう。 しかし、上記で述べたように、冷媒漏れが起こっている場合は自分では対処できません。 どこから漏れているのかをしっかり確認してからの修理になるので、エアコン修理業者に依頼しましょう。 修理が終わるまで、エアコンなしの生活になるので、業者選びには作業の速さも大切になります。 いくつかの業者に見積りを出してもらい、しっかり作業までの日にちなどを確認して選びましょう。 エアコンの電源が点滅する原因 エアコンの電源がいきなり点滅しはじめた経験はありませんか?その原因は、エアコン本体の異常をお知らせしていることにあります。 点滅する原因である本体の異常な状態をご紹介しましょう。 そして、停止したことを確認した後、エアコン専用のブレーカーを切ります。 約1分後に再度電源を入れ直し、運転を再開した時のランプの状態を確認しましょう。 再度運転した時に運転ランプが点灯に変わった場合は、正常です。 一時的な不具合だった可能性があります。 そのまま使用できるでしょう。 しかし、再度運転してもランプが点滅したままの場合は、エアコンの不具合の可能性があります。 エアコンによっては、リモコンにエラーコードなどの表示が出る場合があるので、確認して業者に依頼しましょう。 エアコン専用のブレーカーは、分電盤の中にあります。 分電盤の場所は、ご家庭によって異なりますが、洗面所や台所によく配置されています。 一度確認してみましょう。 分電盤を開けると、各部屋の名前が書かれたブレーカーがあります。 その中のエアコンというものがエアコン専用のブレーカーになります。 修理にかかる費用は、エアコンの機種や故障内容にも異なります。 しかし、エアコン本体の基盤やモーター出れば、出張費+工賃+部品代で約3万ほどでしょう。 業者者によって金額が異なることもあるので、いくつかの業者に見積りを依頼してみるのもよいでしょう。 そして、あまりにも金額が高い場合は、買い替えのほうがよいかもしれないので考えて選びましょう。 業者に依頼する時は下記の項目をまとめてから問い合わせすることをおすすめします。 ・エアコンのメーカー ・エアコンの機種・型番 ・購入日 ・購入場所 ・不具合の状態 ・ランプの点滅状態 エアコンの機種や型番はエアコン本体に数字とアルファベットで記載されていることが多いです。 購入日は保証書で確認しましょう まとめ いかがでしたでしょうか?今回はエアコンのタイマーや電源の点滅原因とその対処法をご紹介してきました。 自分で点滅の対処法を行っても改善しない場合などは業者に依頼されることをおすすめします。 そして、その他のエアコンの不具合にもお困りの方がいらっしゃいましたら、当サイトをご活用ください。 お役に立てる情報があります。 エアコン修理を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

エアコンが動かない!故障の原因・対処方法をメーカー別に紹介

日立 エアコン クリーン 点滅

エアコンの故障 11年目に突入した我が家のエアコンですが、ある日突然エアコンが動かなくなってしまった。 エアコンのタイマーランプが点滅しており、調べると日立製エアコンではタイマーランプの12回点滅は室外通信回路の異常とのこと。 通信異常ということは基板故障が疑われるため、室外機の上蓋を外して基板を確認すると何やら焦げてる。 この時点で基板故障が確定。 古いエアコンなので部品があるか心配でしたが、日立のサービスセンターに連絡すると室内機の基板は無いけど室外機の基板ならあるとのこと。 早速部品手配して入手しました。 税抜きで13,000円也、修理してもらうと30,000円近くかかると言っていたので自分で交換出来るならずいぶんと安く修理できます。 受け取った基板が入った箱はどっしりと重かったので不思議に思っていましたが、箱を開けて出てきた物はアルミのシャーシに組み込んである半完成品で室外機に取り付けるサーミスタ(温度センサー)まで付いています。 もっともサーミスタは故障頻度が高い部品なので、これも新品交換出来るのはありがたい。 交換作業開始 基板の交換前にエアコンのブレーカーを落としてから作業します。 基板には接続するコネクタの色が印刷されているためミスなく配線出来ますが、配線の取り回しや組み込み状態を確認するため、デジカメで沢山写真を撮りながら作業すると安心ですね。 こちらは新品基板の組み込み後の写真ですが、デジカメで写真を撮ったりマジックで印を付けながら丁寧に作業していた為、1時間位かかってしまいました。 修理完了 リモコンで「運転」ボタンを押すと、いつものように暖かい風が出始めました。 室外機の基板故障は分かっていましたが、それ以外の故障も考えられたため、問題なく動いて良かった。 注意 配線を間違うと火災の危険性があるため、基板の交換作業には十分な注意が必要です。 部品の入手に当たって、メーカーのサービスは作業経験のない方には売ってくれない場合があります。 簡単な作業で基板交換出来ますが、知識や経験が無い方は修理業者に作業を委託することをお勧めします。 2018年3月19日 補足 今回修理したエアコンは2. 8KWの当時7万円位で購入したお掃除機能が無い日立の高級機ですが、リビングのエアコンは6. 3KWで20万円位した東芝の高級機です。 こちらは今年で11年目に突入して現在絶好調ですが、故障して基盤が無いと20万円出して本体ごと買い替えになります。 ネットでエアコンの修理記録を読むと室外機の基板故障が非常に多く、一番上の写真のようにクモ巣が張って埃に汚れた室外機の基板を見ると現物を見ているだけに納得できます。 しかも基板の在庫が無くて修理出来ないという書き込みが沢山有り、5万円程度の安い機種ならともかく、簡単に20万円もポンと出せる程生活に余裕は無いので現在は故障してないけど室外機の基板を確保しようと東芝のサービスに問い合わせると在庫有りとの嬉しい回答。 他が壊れたらどうしようもないけど保険だと思って14,000円で室外機の基板を確保しました。

次の