引っ越しの見積もり。 クロネコヤマト引越し料金の見積もり相場はどのくらい?

引越し料金相場&費用ガイド【引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し】

引っ越しの見積もり

引越しが決まったらまずは引越し業者をどこにするか、選びますね。 ネームバリューのある大手を選びますか?それともクチコミで評価の良い地域密着型の業者を選びますか? いろんなクチコミサイトなどを見ていたら良いことも書いてあれば悪いことも書いています。 引越し業者選びはギャンブルのようなものです。 正直、良いスタッフに当たるか悪いスタッフに当たるか…なんてわかりません。 そんな中で最も着目したいのが 引越し料金の部分ですね。 引越し料金なんてあって無いようなものと良く聞きますが、一体 引越し料金の基準はどんな風に決まるかを見てみましょう。 荷物量 単純に引越し時の荷物量です。 この 荷物量を少なくする事が引越し費用は抑えるコツです。 単身など荷物量が少ない場合、各引越し会社が定めるボックス1個に入りきれば格安で手軽に引越しをする事が可能です。 搬出の難易度 エレベータなしのアパート3階から荷物を運ぶなど、荷物搬出・搬入が困難でないか。 また、玄関からトラックまでの輸送距離も関係してきます。 もちろんこれらが 簡単であればあるほど引越し料金を割引きしてもらうチャンスです。 輸送距離 輸送コスト(燃料費)の事もあるので、短距離の方が引越し料金は安くなります。 長距離の場合もトラックではなく、貨物列車を利用して荷物を輸送する 「コンテナ便」などを上手く組み合わせて使えば格安な料金で引越しが可能です。 引越し作業日時 引越しをする日は「大安」や「休日」がいい!という人が多くこの日は引越しの申込みが集中します。 そうなるともちろん引越し料金もグンと跳ね上がります。 六曜にこだわりが無い場合は「仏滅」や「平日」を選べば安くなる業者が多いです。 特殊な荷物 グランドピアノや超大型な家具などは玄関から出す事が出来ない場合が多いです。 普通では運び出せない荷物があるか無いかでも引越し料金は大きく変わってきます。 同一市区内の短距離輸送でも 最低20,000円以上のオプション料金がかかる事もあります。 引越し料金の内訳、実は決まっている? 引越し料金を決める要素は上の表のとおりですが、実は各業者が国土交通省に 「引越運送約款」の届け出を出しています。 これは簡単に言うと「引越しする時のルール」です。 この届け出をしていな業者もありますが、その時は国が定める「標準引越運送約款」が適用されます。 ルールを作っておかないと滅茶苦茶な料金を請求してくる引越し会社が出てくるからでしょうね。 この引越運送約款には様々な決まり事が書かれていますが、その中に 「基礎運賃・基礎作業料金」という項目があります。 基礎となる時間制と距離制の基本ベースがあり、法律によって決まっているのでこの部分を極端に高くしたり安くしたりはできません。 そんな引越し料金とは、下の3項目の合計で算出されます。 基礎運賃・基礎作業料金(値引きしにくい部分)• 引越し作業や燃料、資材などの実費• 付帯サービス(オプション) 実費とオプションの部分で引越し業者との値引きバトルとなりますね。 値引き交渉にヒートアップし過ぎて「1000円にしろ!」なんて迫らないで下さいね。 法的に無理なお話なので(笑) では法的に決められた範囲内で出来るだけ 安い引越し料金の業者を失敗せずに選ぶ方法とは何か見てみましょう。 失敗しない引越し業者の選び方とは? 失敗しない引越し業者選び、と簡単に言いますが実際に探そうと思ったらかなり大変です。 何が一番大変かというと、どの引越し業者も 引越し料金を明確にしていないからです。 なぜかというと引越しというのは人によって色んなパターンがあって、それにより引越し料金が変動してくるからなんです。 荷物量にしても小さい冷蔵後を運ぶのか4ドアの大きな冷蔵後を運ぶのかで料金は大きくかわります。 要するに 見積もり取るまでは引越し料金が不明という事なんです。 じゃぁ見積りを取ればいいじゃない? はい、その通りでございます。 見積もりを取ってしまえば問題は解決なんです。 でも引越しの見積りって結構面倒で、どんな荷物が何個あるかなどの詳細を正確に伝えないと引越し業者も料金を割り出せません。 普通なら3社目くらいで面倒になってくるし、引越しの準備もしないとダメだから時間もあまりありません。 そんな面倒な作業も 「一括引越し見積サイト」を使えば非常に要領よく見積もりが取れます。 使い方はとっても簡単!引越しの条件(旧居、新居、荷物量、引越し日など)を入力して「一括見積」ボタンを押すだけです。 その情報がたくさんの引越し業者伝わり、自分の条件にあった引越し業者から後日連絡が入ります。 その中から自分が 一番気に入った引越し業者を選んで決める事ができるというシステムです。 これを使えば、今まで知らなかった激安でサービスの良い地域密着型の引越し業者と出会えるかもしれません。 一括引越し見積りサイトは何種類か知っていますが、個人的にはという一括見積サイトがオススメです。 オススメなポイントは3つあります。 さて、自分の引越し条件に合った業者を見つけましたか? うん!見つかったヨ!ここに決めるねっ! ちょっとまったー!!! 早まらないで下さい! ここからが本番なのでっ! 取り敢えず自分の条件に合った引越し業者の見積りをいくつか準備しましょう。 引越し料金も同じくらいの方がいいですね。 その中の1社を呼びつけて値引き交渉開始です。 ここで値引き交渉のコツとして ジワジワ攻めるという事です。 獲物を弱らせてから確実に仕留める!という狩猟の鉄則です。 後、自分で出来そうな作業は自分でするよ!と、引越しに前向きな姿勢を見せると値引きをして貰いやすくなるかもしれませんね。 ある程度まで値切ったら、ここで最終兵器の登場です。 他社の見積もり金額を耳元で囁いてください。 すると営業マンが「あぁ、きたか…」と腹をくくると思います。 そこから先は引越し業者の努力次第でしょう。 その値切りを成功させる為にも、交渉材料となる 他社の見積結果は多い方が良いです。 そんな時に役立つのが引越し一括見積もりです。 簡単な操作だけでたくさんの引越し業者から一括で見積もりが取れるので便利ですね。

次の

【引越し価格ガイド】引っ越し見積もり比較サイト|相場がわかる

引っ越しの見積もり

引越し業者はたくさんあり、いざ引越しをしようと思うと多くの選択肢のなかから選ぶ必要が出てきます。 ネットで近場にある業者を手軽に検索できるようになったことで選択肢が広がったのはよいのですが、得られる情報が多いとどこがよいのか見極める難しさも出てきます。 ネットの普及とともに台頭してきた引越しの一括見積もりサイトは、 使わないと損とまで言われるようになりました。 反面、一括見積もりサイトを使うと電話攻撃に遭うだとか、引越し業者から送られる大量のメールに悩まされるなど、 サイトを利用して失敗したという話も聞きます。 このページでは引越しの一括見積もりサイトを使うとヤバイのか、一括見積もりサイトの使い方とメリット・デメリットについてご紹介します。 しくみを知れば一括見積もりサイトはヤバくない 一括見積もりサイトを利用して失敗したというケースの大半が、そもそも 引越しの見積もりのしくみを理解しているかというところにあります。 引越し業者を決めるとき、最終的には業者と直接コンタクトを取ることになりますが、一括見積もりサイトを使うとそれが短期間に集中するため戸惑ってしまう利用者が多いのです。 見込み客と連絡を取ろうとするとき、メールよりも電話のほうが早くて確実と考えるのは一括見積もりサイトに限ったことではありません。 一括見積もりサイトを利用したら翌日から電話が鳴り止まないといった口コミも見かけますが、引越しまでそんな毎日が続くわけではありません。 見積もり依頼フォームを送信してからせいぜい30分程度、翌日であれば午前中あたりまで引越し業者からの電話連絡が集中することはあるでしょう。 引越し業者としてはそれが仕事なので、深夜に電話してくるなどよほど非常識でない限り、一括見積もりサイトの利用では当然のことです。 一括見積もりサイトで失敗しないためには? 電話で話をするのが苦手という場合には、 など 電話番号入力が必須ではない一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。 また一括見積もりサイトを利用したら、迷惑メール並みに引越し業者から大量のメールが届くといった口コミもありますが、複数の一括見積もりサイトを同時に利用するとそのような事態になります。 ひとつの一括見積もりサイトで利用者の情報が送信されるのは、どのサイトも多くて10社ほどの引越し業者です。 すべての業者から返事が来るとは限りませんが、少なくとも半数程度の業者からは返事があるでしょう。 引越し情報サイトの中には複数の一括見積もりサイト同時利用をすすめるところもありますが、たとえば3つのサイトを同時に利用してしまうと、引越し業者から20通以上のメールが届いてしまう可能性もあります。 さすがに1~2日で20通以上のメールが引越し業者から届くとなると、こちらで依頼はしたものの数が多すぎて迷惑メールと感じてしまうかもしれません。 あらかじめ利用する引越し業者が決まっている場合や、自分で見積もりが欲しい業者を指定したい場合には、一括見積もり依頼をする業者が選べる をおすすめします。 見積もりの返事はメールでと指定したにもかかわらず電話で連絡をしてくるようなケースもありますが、サイトを選んで利用すれば 一括見積もりサイトは全然ヤバくないです。 仕組みを知って適切な利用をすれば、引越し費用の相場を知るにはもっとも適したツールが一括見積もりサイトです。 むしろ 使わないほうがヤバイです。 引越し業者選びは情報収集と比較が大事 引越し業者の選択肢が少ないなら、手軽に依頼できるところや知名度の高い大手に依頼するといった選び方もありでしょう。 しかし、ネットで簡単に情報を入手できるのですからできるだけ安く良いサービスを提供してくれる業者を選びたいですよね。 中途半端な情報収集で選んでしまうと後になって「こっちの方がずっと安かった!」なんてガッカリしてしまうこともあります。 引越し業者選びと事前の情報収集において最大のポイントとなるのが見積もり依頼です。 どれぐらいの料金がかかるのかを事前に把握することで、自分の予算内でどんなサービスが利用できるのかを判断することができます。 引越し料金はどこに頼んでも同じという印象もありますが、実際に見積もりをしてみると業者によってかなり差が出てくることも多く、 料金の比較をしないと損をしてしまう可能性が高いのです。 とくに3~4月にかけての引越し繁忙期や移動距離が長い、荷物が多いなど料金が高くなりがちな環境では業者がどれだけ融通を利かせるか、値下げに応じてくれるかで料金に大きな差が出てきます。 引越しの見積もりは無料と決まっているので、見積もりを依頼したからといって契約をしなければならないということはありません。 一括見積もりが一般的になった今、引越し業者も他の業者と比較されるのを前提の上で見積もりをするので、こちらの足元を見るような料金提示はないと考えて大丈夫です。 見積もりを簡単に比較できるのが一括見積もり 引越しの見積もりは本来引越し業者1社1社に依頼して取るものですが、ネットの普及した現在ではとても便利なサービスがあります。 それは一括見積もりサービスと呼ばれるもので、複数の業者に対して同時に見積もり依頼をすることができるので、 1社1社に見積もりを依頼する面倒を省くことができるのが大きな魅力です。 しかも手間が省けるだけでなく、同時に依頼するため見積もりの結果を比較しやすい点も一括見積もりサイトの大きなメリットです。 引越し料金は予約状況によっても変化しますから、1週間前に見積もりを依頼したA社と2日前に依頼したB社の料金を単純に比較するわけにはいかない面もあります。 A社はその後予約が埋まって料金が高くなった、なんてことも考えられるからです。 現在多くの一括見積もりサービスがありますが、 どのサイトも無料で利用することができます。 一括見積もりサイトの使い方 引越しの一括見積もりサイトは、どのサイトも 複数の引越し業者に見積もりを依頼するという基本構造は変わりません。 また利用者がフォームに入力する項目も『住所』『人数』『予定日』『個人情報』『荷物の詳細』『オプション』など、基本的にどのサイトも同じようなものです。 このページでは引越し業者が選べる一括見積もりサイト を例に使い方をご紹介します。 現在の住所 LIFULL引越し 引越し業者が利用者を輸送するプランは、アート引越センターのファミリーサルーンぐらいです。 なので引越しをする人数は見積もりに関係ないと言えますが、家具の数や荷物の量を省略して見積もり依頼ができるサイトもあるため、そのような場合引越し業者は引越しをする人数からおおよその荷物の量を計算することになります。 引越しでは荷物の量が増えれば費用もかかることになるため、 引越しをする人数は見積もりでは重要な意味を持つこともあります。 引越し費用は業者の予約状況によって大きく変わります。 特に3~4月の引越し繁忙期などでは料金が通常期の2倍以上になることもあり、 正確な見積もりには正確な引越し希望日が必要です。 しかし、引越しをすることは決まっていても時期や日取りまでははっきりしないといったことも少なくありません。 オプション作業 LIFULL引越し スマホユーザーが増えたことで小さな画面では使いづらい荷物入力フォームが、簡素になった一括見積もりサイトが増えています。 『単身』『家族』『荷物多め』『荷物少なめ』などを選択するだけで、標準的な物量での見積もりができるサイトも多いです。 しかし、このような簡易見積もりで提示される金額は、一括見積もりのあとに行う訪問見積もりで提示される金額との開きが大きくなりやすい傾向にあります。 特にベッドやソファー、冷蔵庫や棚など大きな家具がどれぐらいあるのか具体的に数量を入力しないと、引越し業者も金額を提示することが難しくなります。 またダンボールが何個あるのかも入力を求められるサイトが多いのですが、荷造りをしていない段階では正確に入力するのは難しいといえるでしょう。 引越しに必要なダンボール数の目安は以下のページで詳しくご紹介しています。 個人情報 LIFULL引越し 一括見積もりサイトの中には や など 見積もりが欲しい業者だけを選んで一括依頼できるところもあります。 あらかじめ利用したい引越し業者が決まっていて、知らない業者の見積もりは必要ないといった方にはおすすめです。 一括見積もりサイトを使うと、多ければ10社程度から電話かメールで返事が来ることになるので、引越し業者とのやりとりを最小限に済ませたいと考えるなら、 業者が選べるサイトをおすすめします。 見積もり依頼が終わったら 引越し業者に見積もりを依頼するのは同時ですが、すべての業者から返事が来るとは限りません。 また迅速に対応してくれる業者もあればちょっと時間がかかるところもあります。 基本的には早く対応してくれる業者の方がサービスがよいと判断できますから、料金だけではない判断基準として少し頭に入れておきたいところです。 業者から返事が来たらその内容をしっかりチェックしましょう。 見積もり金額はもちろんですが、内訳やサービス内容についても確認が必要です。 入力した項目がきちんとサービスに含まれているか、希望するサービス・作業が含まれているかどうかなどです。 不用品の回収など自社でそのサービスに対応していない業者の場合、省略された見積もりを行っていることもあるので、単純に料金だけを比較して判断するわけには行かないこともあるためです。 一括見積もりサイトでできること 一括見積もりサイトが行ってくれるのはあくまで複数の業者に見積もりを依頼するところまでです。 引越し業者への問い合わせや正確な費用を計算するために必要な訪問見積もりの依頼、料金の交渉などは自分で行う必要があるということです。 ネット上での一括見積もりはあくまで概算ですから、実際の引越し料金と差が出ることもあります。 できるだけ正確な費用の見積もりを得るためには、情報の入力を正確にしておく必要があります。 たとえば日時を「いつでもいい」などにしてしまうと、安い見積もりが提示されたにもかかわらず、引越し業者の予約状況によっては実際の料金がかなり高くなってしまうこともあります。 同時にどれだけの業者に一括して見積もりを依頼できるかはサイトによって異なりますが、10社程度まで対応しているところがほとんどです。 一括見積もりで費用が安い引越し業者を3~4社程度に絞り込み、訪問見積もりを依頼してすべての業者の見積もりを比較するというのが、現在主流の引越し業者の選び方となっています。 おすすめ一括見積もりサイト 複数業者の見積もり比較が手軽にできる一括見積もりサイトは数多くありますが、どのサイトを選んでも『 一度に複数の引越し業者に見積もり依頼をする』という機能に大きな差はありません。 しかし、サイトによって登録されている業者数に大きな差があったり、家族の引越し向き、単身の引越し向き、長距離に強いなど業者の得意な引越しのタイプに偏りがあるサイトもあります。 引越し業者を選ぶ前に一括見積もりサイトを選ぶのに疲れてしまう、なんていうのは本末転倒です。 このサイトでは バランスの取れた一括見積もりサイトを2つご紹介しています。 LIFULL引越し LIFULL引越しは登録業者数が約130社と多すぎず少なすぎず、サービス内容や料金の比較がしやすいのが特徴で、どの引越し業者を選べばよいのか迷うことがありません。 荷物の量や部屋の間取りなどわかりづらい項目の入力が任意となっており、初めて引越しをする方や初めて一括見積もりサイトを使う方でも利用しやすいサイトです。 また、送信画面で 見積もりを依頼したい引越し業者を選ぶことができるので、業者から大量のメールが送られてくる、電話がひっきりなしにかかってくるといった心配がありません。 赤帽など軽自動車を使った格安引越し業者が登録されているのもLIFULL引越しの強みです。 軽貨物業者から大手引越し業者まで幅広く見積もりを取ることができるバランスの取れた一括見積もりサイトです。 おすすめ SUUMO引越し SUUMO引越しをおすすめする一番の理由は、 電話番号の入力が不要なことです。 メールだけで引越し業者からの見積もり提示もやり取りも完結します。 一括見積もりサイトを利用すると折り返し引越し業者から連絡が入りますが、対応が早い業者だったりすると見積もり依頼から数分後には電話がかかってくるようなこともあります。 また見積もり依頼送信時に、日中は電話対応が難しいため連絡はメールでと付け加えたにもかかわらず、電話で連絡してくる業者も少なからずあります。 電話で引越し業者と話すことが気にならないという方はもちろん、煩わしいやりとりはしたくないという方にもSUUMO引越しはおすすめです。

次の

引越しの訪問見積もりの流れ、訪問見積もりで引越しの見積もりを取る時のコツ

引っ越しの見積もり

引越しは通常期と繁忙期により金額が大きく異なります。 ここでは距離毎の人数別、間取り別の料金相場をご紹介します。 口コミデータから料金相場を算出していますので、それぞれご自身に合った条件の相場を参考にして、見積もり・予約をしてください。 2人~の家族になると通常期でも平均10万円~になり、特に200km~の距離がある引越しでは平均15万円を超えます。 一方で、200km未満の場合は人数に関わらず10万円を切る傾向があります。 距離は15km未満の同市区町村間の引越しは、200km~遠距離の料金に比べ約半分の料金になります。 間取り別では、1R~1LDKの引越し料金相場の平均は約5万7千円。 3R~の平均10万8千円の約半分の料金になります。 2R~の間取りで200km~の遠距離の場合は10万円を超えていきます。 距離は15km未満の同市区町村間の引越しに比べ、500km~遠距離の約半分の料金になります。 引越しをする人数が増えたり、間取りが広くなると荷物量が増え、料金が必然高くなります。 また、距離が遠くなるほど金額が高くなるのは、引越し料金の内訳にある『運賃』が高くなるためです。 通常期は総じて繁忙期に比べ料金は安くなります。 その理由は、引越しをする人が少ない分、予約が取りやすく、引越し業者のトラックや人員の調整がつきやすいためです。 2人家族~で別の都道府県へ引越しをする場合は最低でも13万円~必要となるようです。 繁忙期の場合、通常期と比べ料金相場の平均は単身で+約1万円、2人家族で+約3万円、3人家族で+約5万円、4人家族で+約7万円になります。 間取り別では、1R~1LDKの引越し料金相場の平均は約6万5千円。 2R~で平均11万3千円~の金額となります。 距離では、単身であれば距離に関わらず10万円以内、2人家族~の場合は同都道府県内でも10万円~になる場合が多いです。 500km~の遠距離になると、最大で30万円~必要となる場合も。 繁忙期は通常期と逆で引越しをする人が増えます。 その分トラックや人員の調整がつきにくくなり、料金が高くなります。 繁忙期の2月・3月・4月は就職・転勤や学校などの入学時期に当たるため転居する人が増えますが、もし時期を調整できれば繁忙期は避けたいものです。 見積もりを取った社数や訪問見積もりの有無により、実際の引越し料金がどれぐらい変わる傾向があるのか見ていきましょう。 見積もり比較社数別の引越し料金 社数 1社のみ 2社 3社 4社 5社~ 単身 - - 48,426円 - 32,518円 家族 162,980円 73,262円 66,774円 63,132円 49,979円 見積もり社数別では、3社と5社~の比較データがあります。 3社に比べ5社~から見積もりを取る方が単身の場合は約1万6千円安くなっています。 家族の場合はその傾向が顕著で、1社のみなら約16万円、5社~だと約5万円と3倍程度の開きがあります。 この傾向から、複数の引越し業者に見積もりを取れば取るほど引越し料金を安く抑えることができそうです。 見積もり社数を増やすとその分、やり取りの時間が必要で、過剰に電話がかかってくるケースもあるため、ご自身の都合に合わせて社数を調整する必要があります。 訪問見積もり有無の引越し料金 有無 訪問あり 訪問なし 単身 55,035円 32,354円 家族 78,583円 38,037円 引越しの見積もり依頼をすると、特に家族の引越しの場合、荷物量の正確な把握のため家まで営業担当が来て訪問見積もりを受けるケースが一般的です。 訪問見積もりを受けた場合、単身で約5万5千円。 訪問なしに比べ約2万3千円も高くなっています。 家族の場合、訪問見積もりがあると約7万8千円、訪問なしだと約3万8千円で約4万円も高くなっています。 通常訪問なしの場合はメールや電話での荷物量のヒアリングにより金額が決定します。 実際の荷物を見ていない分、余裕をもった料金設定がされ高額になるイメージがありますが、訪問を受けない方が安くなる傾向がありました。 ただ、家族の引越しの場合は、訪問見積もりがほとんどの引越し業者から求められます。 引越し料金は、現在のお住まいから引越し先までの移動距離や、荷物の量、時期によって大きく変わってきます。 まず、相場を知る前にどんな要素で料金が決まるのかを押さえましょう。 引越料金は、大きく分けて、次の4つの要素で構成されます。 言葉だけでもなんとなくわかるかもしれませんが、ここはきちんと理解をしておきましょう。 運賃 移動距離が短い場合は時間、長い場合は距離で計算され、休日や早朝・深夜の場合割増料金がかかります。 法律により上限金額が定められいるので、一定の金額以上が請求されることはありません。 実費 ダンボールやガムテープ等の梱包資材料金に加え、一番大きな金額となるのが引越しスタッフの人件費です。 荷物が多ければそれだけ運ぶ人数が必要になり、料金が高くなるというわけです。 車両留置料 事前に依頼者側で駐車場の手配等ができなかった場合で運送トラックを長時間駐車した際に請求されます。 オプション 通常では行わない特別な作業に対して発生する料金のことです。 どんなものがあるのか、以下が参考になります。 引っ越し料金の相場は、個々の条件によってさまざまです。 以下の料金はあくまで参考程度としておき、まずは引越し会社にお見積もりの依頼をするのがお薦めです。 同じ条件でも会社によっては、料金が安い場合があるので、複数の会社にお問合せすると良いでしょう。 運賃 移動距離または時間、積載量で費用が変わります。 移動距離が100km以下であれば時間、それを超える場合は移動距離となります。 4時間以内で1トン:10,000円〜20,000円程 4時間以内で2トン:15,000円〜25,000円程• 8時間以内で1トン:20,000円〜30,000円程 8時間以内で2トン:25,000円〜35,000円程• 150km迄で1トン:25,000円〜40,000円程 150km迄で2トン:30,000円〜45,000円程• 200km迄で1トン:30,000円〜45,000円程 200km迄で2トン:35,000円〜50,000円程 実費 人件費は人数(作業量に応じて増減)と時間で変わります。 一般的に一人当たり8時間以内ですと10,000円〜15,000円程かかります。 作業量の目安として間取り毎の作業人員をご紹介します。 1DK:運転手1名、作業者1名の計2名• 2DK:運転手1名、作業者2名の計3名• 3DK:運転手1名、作業者3名の計4名• 4DK:運転手1名、作業者4名の計5名•

次の