スマホ を ウェブ カメラ に。 【やじうまミニレビュー】Webカメラが品切れでもOK? スマホをWebカメラとして使える「iVCam」を試してみた

【やじうまミニレビュー】Webカメラが品切れでもOK? スマホをWebカメラとして使える「iVCam」を試してみた

スマホ を ウェブ カメラ に

使い方を説明しています。 「Got It」を押して次に進みましょう。 これでひとまずAndroid側のソフトインストールは完了。 Windows側のインストール ではWindows側のソフトウェアのインストールをしていきます。 からDev47Appsにアクセスします。 そしたら下部の青色のWindowsのロゴをクリック そしたら「Client v6. 0」をクリックしてファイルをダウンロードしましょう。 そしたらダウンロードしたファイルを解凍ソフトで解凍しましょう。 私は7zipで解凍しました。 そしたら解凍したファイル. exe を実行します。 そしたらセットアップウィザードが起動するので流れでインストールしていきます。 途中でデバイスソフトウェアをインストールしますか?と出ます。 インストールしましょう。 これでインストール完了です。 AndroidとPCを接続してPCに映像を映してみる 両方の設定を終えたので接続していきましょう。 LANで接続する場合 ネットワークで接続していきます。 PCとandroid端末が同じネットワークに接続していることを確認しておきましょう。 そしたら、AndroidのDroidCam Wireless Webcamを開き、「Wifi IP」と「DroidCam Port」の数値をPCのDroidCam Clientの「Device IP」と「DroidCam Port」にそれぞれ入力します。 そしたらAndroidのカメラやマイクを使うかというチェックボックスを入れたあと、「Start」を押せば撮影が始まります。 これで接続完了です。 ただ、どうしても接続に失敗することもありますが、そのときはWi-Fiを接続し直したりスマートフォン側の電源設定からDroidCamの動作設定を手動で設定すれば接続できるようになります。 USBで接続する場合 LAN接続ではケーブルレスで非常に扱いやすいですが、無線の都合上どうしても接続の安定性に欠けます。 しっかり接続しておきたい場合はUSB接続がおすすめ そうするとDevice IPの部分が無効化されます。 「DroidCam Port」やその下のチェックボックスを先程のLAN接続と同じ要領で設定して「Start」を押せば撮影開始です。 映すことができました! ブラウザから接続する方法 PC側は最低限であれば実はアプリケーションはいりません。 ブラウザがあれば閲覧は可能です。 方法は簡単、ブラウザの検索ボックスにAndroid側のアプリの下に書かれているIPアドレスを入力するだけ、これでもみることが可能です。 とくにMACなどではアプリがないのでこちらのみ閲覧可能です。 OBSでPC画面と手元を録画してみる では早速OBSにAndroid端末で撮影している映像を映していきましょう。 今回はマウスの手元映像を映します。 接続は安定性を優先してUSB接続で、接続方法は上記の方法から 映像を写せたらPC側ソフトの下の、「Pop Out Video Preview」をおします。 そしたら映像だけのウィンドウが出されます。 これをOBSの映像に入れていきます。 つぎはOBS側の設定です。 まずソースからメインで映したいゲームやウィンドウ画面を追加しましょう。 やり方に関してはOBSの説明を参照お願いします。 当記事では画面全体を追加しています。 つぎにAndroidで撮影した映像を追加していきましょう。 OBS左下のソースから追加します。 そしたらウィンドウキャプチャを選択 そしたらウィンドウキャプチャの名前を決めます。 お好きな名前を入力してOKをおします。 そしたら映すウィンドウを選択します。 「DroidCam Video」を選択して先程出したウィンドウを選択 そうすると撮影している映像がOBS上に出ます。 ドラッグアンドドロップで位置と大きさを調整してください。 実際に使ってみた。 実際にマウスの手元を映しながらPCを録画してみました。 ちゃんと手元を写せています。 これでマウスレビューが捗る・・・・ まとめ Android端末をWEBカメラにできるのが面白いアプリだと思いました。 ただ ちょっと設定が中級者向けなところもありますが、無料でWEBカメラ化できるので素晴らしい。 接続方法も選べるので便利です。 また今回はOBSでの録画で使いましたが、ネットワーク接続が可能なので 余ってるor中古のAndroid端末を各部屋に配置して簡易的なネットワークカメラとして扱うのも面白そうですね。 またこのアプリは上位の 「DroidCamX Pro」もあります。 Google Playで420円で入手可能 こちらでは通常版に比べて.

次の

cvd.medibaad.com:スマホをPCのウェブカメラとしてSkypeやZoomでのビデオ会議に使う

スマホ を ウェブ カメラ に

「iVCam」。 開発元はe2eSoft 新型コロナウイルスの影響でテレワークの機会が増大したことにより、量販店や通販サイトでWebカメラやマイクの品切れが相次いでいる。 これらの製品が入手困難になること自体、おそらく前代未聞だろう。 読者諸氏の中にも入手できずに困っている人もいるのではないだろうか。 こうした方にお勧めしたいのが、手持ちのスマートフォンを、Webカメラとして使えるアプリ「iVCam」だ。 これならば、わざわざWebカメラを購入しなくても、手持ちのスマートフォンでテレワークに適した環境を手軽に構築できる。 ざっと仕組みを紹介しておくと、まずWindows側にユーティリティを、次いでスマートフォンにアプリをインストール。 アプリを起動すると、スマートフォンアプリ側から同一ネットワーク上に存在しているユーティリティを探しに行き、見つかると自動的に表示される。 わずらわしい設定は一切不要だ。 無事に起動した。 ちなみにスマートフォン側にも同じ画面が表示される 使い勝手は一般的なWebカメラと変わらない。 サイズやフレームレートの選択はもちろん、画質も3段階から選べるほか、ホワイトバランス、鏡像、上下反転、鏡像などの調整にも対応する。 またマイク機能も備わっているので、Webカメラと同時にマイクも調達しなくていけない場合に、オールインワンで揃えられるのも利点だ。 スマートフォンの前面カメラと背面カメラ、どちらも選択できるので、前面カメラを使って自分の顔をスマートフォンの画面に表示しながら利用することもできるし、一般的なWebカメラに比べて解像度が高い背面カメラを使うこともできる。 あまり鮮明に撮られたくない場合に、わざと画素数が低い前面カメラを使うワザもありだろう。 PCからは通常のWebカメラとして認識されるため、さまざまなビデオチャットやテレビ会議ツールと組み合わせられるのはもちろん、「Snap Camera」と組み合わせて顔や背景を加工することもできる。 スナップショット機能や録画機能も搭載している。 また通常のWebカメラにない利点として、タッチスクリーンのスワイプで露出やISOを調整したり、ピンチイン・アウトでズームできることが挙げられる。 ちょっと画面が暗いと感じた時などに、わざわざ設定画面を開かなくとも、スマートフォンのタッチスクリーン上で調整できるのはありがたい。 スマートフォン側でもプレビュー表示が可能。 前面カメラと背面カメラはどちらでも利用できる。 厳密には、iOSのみマイクを選択できる機能があるようだが、違いがあってもその程度だ。 また試しに、数年間放置していた「iPhone 5s」を引っ張り出してアプリを入れてみたが、発熱量がやや大きいものの、問題なく動作した。 古いスマートフォンを有効利用する方法としても優秀だ。 またGoogle Play非対応デバイス向けに用意されているApkファイルを用いて、Amazonのタブレット「Fire 7」でも動作することを確認した。 本アプリを用いてスマートフォンをWebカメラの代替として使うにあたり、1つだけ課題があるとすれば、スマートフォンの固定方法だろう。 今回は手元にあった、スマートフォンを三脚に固定するためのスタンドを使用したが、上下左右にフレキシブルに可動するアームタイプの製品を組み合わせれば、角度を自由自在に調整でき、かつ任意の場所に固定できて便利だろう。 以上のように、テレワークにあたってWebカメラを調達できず困っている人、またテレワークの実施期間が限られていてわざわざWebカメラを買うのに抵抗がある人、ノートPC内蔵のカメラが壊れたり、画素数など性能面で満足できない人にぴったりだ。 本アプリの導入によってWebカメラ本体の予算が浮けば、スマートフォンを取り付けるスタンドやアームに回すことをおすすめしたい。

次の

スマホをパソコンのウェブカメラに変える方法

スマホ を ウェブ カメラ に

働き方改革と新型コロナウイルスの感染予防策の両輪から、テレワーク(遠隔勤務)が急速に普及している。 それに伴い、Web会議ツールやビデオ通話を利用する頻度は確実に上がった。 Web会議やビデオ通話をする際には、Webカメラを備えるノートPCを使う機会も多い。 しかし、Webカメラの位置の関係から、顔を下から見上げるような構図になってしまいがちで、画質は十分でも映像としての印象はイマイチ、ということも少なくない。 この記事では、スマホをWebカメラ化するツールとして、Windowsで使える「iVCam」(e2eSoft製)と、WindowsとmacOS(Mac)で使える「Iriun Webcam」(Iriun製)の2つを紹介する。 参考になれば幸いだ。 スマホをWebカメラ代わりに使おう! 利用までの流れ スマホをWebカメラとして使うまでの流れは、iVCamとIriun Webcamでおおむね共通だ。 簡単に手順をまとめると以下の通りとなる。 スマホにアプリをインストールする• Windows PC/Macにクライアントアプリをインストールする• スマホとPC/Macを同じWi-Fi(無線LAN)ネットワークにつなぐ• スマホとPC/Macの双方でアプリを起動する セットアップが問題なく行われれば、スマホのカメラがWindowsやmacOS上で「カメラデバイス」として認識され、Web会議/ビデオ会議アプリから利用できるようになる。 アプリが使うカメラデバイスを切り替えれば、スマホカメラの映像を送り出せるようになる。 Windowsなら「iVCam」を試してみよう まず、Windowsで使える「iVCam」の使用手順を確認していこう。 スマホでは、アプリストアから「iVCam コンピュータカメラ」という名前のアプリをインストールする。 アプリを検索し、インストールしておく。 アプリが起動したら、カメラやマイクへのアクセス権限を許可する。 スマホとPCが接続状態になると、カメラの露出やISO感度などを調整できる 設定が完了したら、Web会議/ビデオ会議アプリで使ってみよう。 今回は試しに、iVCamでWindows PCに接続したiPhoneを三脚に固定し、「Microsoft Teams」での通話に用いてみた。 Teamsで使うカメラを切り替えるには、アカウントアイコンのメニューにある「設定」から「デバイス」を選択する。 その中の「カメラ」の項目で「e2esoft iVCam」を選択すれば準備はOKだ。 Teamsの場合、通話途中でもカメラの切り替えができる。 この場合は、通話画面のメニューから「デバイスの設定を表示する」を選択し、上記と同様の操作を行えば良い。 Microsoft Teamsの場合、通話途中でもカメラを切り替えられる。 iVCamで接続中のカメラを用いる場合は、「e2eSoft iVCam」を選択しよう 正直にいうと、精細感という観点ではiVCamの映像は大半のPC内蔵カメラとさほど差はない。 しかし、 三脚を活用することでユーザーの目線と同じ位置にカメラを設置できるという点はメリットといえる。 筆者の環境では机に奥行きがないため、PCに向いながら使うと少し斜めからのアングルになってしまったが、この点は使い手の工夫次第で何とかできる。 三脚がない場合でも、市販の「スマホホルダー」や「スマホアーム」といった道具を活用すれば、同じ効果を得られるはずだ。 関連記事• テレワークを快適にするツールの1つが、PC用の外付けディスプレイ。 しかし、すぐに用意できるとは限らない。 であれば、手持ちのタブレットやスマートフォンを使ってみるのはいかがだろうか?• 「働き方改革」に加えて、新型コロナウイルスの流行によって、さらに注目を集めることになった「テレワーク」。 その中でもWebを介して会議に参加できるソリューションが注目を集めています。 この記事では、そんな「Web会議」に焦点を絞り、スマホに対応したソリューションを簡単に紹介します。 新型コロナウイルス対策の一環として、急きょ「テレワーク(遠隔勤務)」が導入された企業や部署も少なくないと思います。 自宅に固定インターネット回線がない人は、携帯電話ネットワークを使った「ワイヤレスルーター」の導入を検討してみましょう。 最近、テレワークに注目が集まっています。 その中で、自宅のネット回線を検討する人も増えていると思います。 固定回線代わりにモバイル通信サービスを使うのは、どうなのでしょうか?.

次の