にゃんこ 射程ランキング。 にゃんこ大戦争 ガチャのランキングは?

にゃんこ大戦争 射程選手権大会! 敵キャラと味方キャラの射程比較

にゃんこ 射程ランキング

目次! []• 基本キャラとは? 編成の基本となるキャラたちが集まっている枠たちです。 ガチャキャラとは違い、日本編を進めていくと誰でも手に入れることが出来るキャラで、 無課金者の方に非常にオススメなキャラとなっています! 基本キャラのメリットとしては 一つ一つのキャラの特徴が全く違うのでうまく使えばかなりのステージを基本キャラのみでクリアすることができるのが一点。 たとえば日本編1章福井県クリアで入手することができる ネコトカゲ/ネコドラゴンですが、射程が長く、単体で高火力なのが特徴です。 それとネコ、ネコタンクなどを壁にすると ネコ、ネコタンクが壁となりその後ろからネコドラゴンがアタッカーとなって敵を倒してくれます。 ネコ、ネコタンクが壁となっているので出したネコドラゴンたちが倒されずにすみ、少ないお金で前線維持、進行することができます。 にゃんこ大戦争の攻略のポイントとして、 限られたお金でどのように攻撃の形を組むか が非常に重要で、これをしっかり考えずに攻略していくと、 日本編ではまだ簡単なのでゴリ押しがききますが、 レジェンドステージというステージをやっていくと攻略できないというステージが増えてしまいます。 そうならないためにまずはこの基本キャラたちをうまく使いこなせるようになり どのように攻撃の形を組んでいくかを考えられるようにしていきましょう。 次のメリットとしては、 現時点で最大レベル100まで上げることが出来るのが一点。 基本キャラは日本編1章までは10レベル、日本編2章からは20レベルまで経験値でレベルを上げることができます。 基本キャラは日本編だけでなく、未来編、宇宙編、レジェンドステージ中盤、後半でも全然つかえるキャラたちなので、 レベルが高ければその分有利となります。 スポンサーリンク 基本キャラの性能紹介 それでは9つある基本キャラをネコから順番に紹介していきたいと思います。 23秒 再生産 2. 23秒 再生産 2. 0秒 特殊効果:なし 評価 このキャラは初めから所持している唯一のキャラです。 序盤ではアタッカーとして活躍しますが、序盤を過ぎれば次は 壁として活躍します。 日本編2章(日本編の章によってキャラのコストが違いますがほとんどのステージでは日本編2章のコストとなっているので次から日本編2章のコストを示します) で 75円という安さでどんな攻撃でも1発だけ受けてくれるキャラです。 再生産も 2秒と非常に早いので出せるようになったらまたすぐ出すと壁としてかなり役立ってくれます。 このキャラその 短い射程の壁キャラに最適なキャラとなっています! 編成には必須キャラとなってくるでしょう。 序盤はアタッカーとして使うので10レベル位まで上げ、その後は壁として使うので優先してレベル上げをしなくても大丈夫です。 第三形態になると性能が全体的に向上しますが壁なのであまり関係ないです。 23秒 再生産 2. 23秒 再生産 2. 0秒 特殊効果:なし 評価 ネコタンクという名前から完全に 壁専門のキャラとして扱うことができます。 特徴としては、 体力が高めであることと、 KBが1回しかないので生きている限り前線を維持することができます。 さらにコストもネコよりは高いですが150円と他のキャラと比べてはかなり安く、再生産時間も2秒と非常にはやいので 出せるようになったらまた出すようにすると良いです。 日本編中盤になってくるとこのキャラの強みがめちゃくちゃ出てくるのでクリアが不安定な方はこのキャラを積極的に出してアタッカーを守って行きましょう。 これだけでも勝率がかなり上昇します! レベル上げとしては日本編中盤から積極的にレベル上げをしていくと良いでしょう。 第三形態になると体力が1. 5倍となり、さらに打たれ強いキャラと変身します。 9秒 再生産 2. 0秒 特殊効果: 赤い敵にめっぽう強い(与ダメ1. 5倍~1. 9秒 再生産 2. 0秒 特殊効果:赤い敵にめっぽう強い(与ダメ1. 5倍~1. 結論から言いますと、このキャラは あまり使えません。 基本キャラの中でもっとも弱いキャラでしょう。 特徴として赤い敵にめっぽう強いのでアタッカーとして使えると思いきや ステータスが微妙すぎて結局 壁となってしまいます。 そして壁として使ってしまうと コストが300円と壁としては高すぎないか?ということで アタッカーとしても微妙、壁としても微妙といった非常に中途半端なキャラとなってしまいました。 さらに追い打ちをかけるようにこの後紹介するキャラと特徴が被ってしまい、 そちらの方がアタッカーとしてつかえる性能となっているので完全に空気化します。 勿論日本編序盤では敵が弱いのでこのキャラでもアタッカーとして十分使えますが、 後半で使うことはほぼないでしょう。 経験値が手に入りにくい序盤ではあまりレベルを上げるのはオススメしません。 第三形態になると体力と攻撃力が2倍となりますが、ゴミが2倍になったところでただのゴミの塊なので使えません。 23秒 再生産 2. 23秒 再生産 2. 53秒 特殊効果:エイリアンにめっぽう強い 与ダメ1. 5倍~1. さらにメリットとしてコストが アタッカーとしては安めで、 再生産も早めなので仮に何かの拍子にアタッカーがやられたとしてもすぐ立て直すことが出来ます。 ですがデメリットとして 単体攻撃であるため、敵が大量に出てくるステージでは物量で押されてしまいます。 強ボスが一体でてきてその他雑魚キャラが少しでてくるようなステージだとこのキャラの強みが最大限に発揮されるでしょう。 また第三形態になると体力と攻撃力が向上し、 「 エイリアンにめっぽう強い」 という特殊効果がつくようになり、未来編などで非常に活躍するようになります。 優先して育成していきたいキャラのひとつです。 33秒 再生産 2. 33秒 再生産 2. 0秒 特殊効果:なし 評価 このキャラはその名の通りネコとウシが合体したキャラですが、ネコの原型がありません。 そんなウシネコですが、主な特徴として 移動速度がかなり速いのが一点。 ネコの3倍のスピードで素早く前線に到達してくれます。 これにより、ボスの衝撃波により後ろにノックバックされたり、波動などで前線が一気に崩れた時に出すことにより敵を素早く足止めをすることが出来ます! 二つめの特徴としては 攻撃速度が非常に早いのが一点。 一発の攻撃力はそこまで強くありませんが、秒間3発の速さで攻撃をするので、DPSが高いです! なので生きている時間がながければ長いほどダメージを与え続けるのでうまく使いこなせればかなり有利な展開にすることが出来ます! まだ雑魚敵などが多く出てくるステージではこの攻撃速度であっという間に雑魚敵を処理してくれます。 ウシネコを出して雑魚敵を処理した後キモネコでボスに攻撃していくことでかなり強力なコンビとなるでしょう。 ただデメリットとしては、 射程がネコと同じなので非常にやられやすく、 KBも5回と打たれ弱いので 攻撃力が高めで攻撃速度も速いような敵には非常に苦手となっています。 まだコストも750円とちょっと高めなので出しすぎに注意しましょう。 第三形態になると体力と攻撃力が約2倍になり、さらに優秀なアタッカーとして活躍することでしょう! 育成の優先度としては、キモネコ程ではないが、育てておいて損は無いといった感じです。 9秒 再生産 2. 9秒 再生産 3. さて、このネコノトリの特徴としては、 範囲攻撃なので敵をまとめて倒すことができる ことが、一点。 ステージ攻略前半では雑魚敵が出てくることが結構多いのでそのような時にネコノトリを壁と一緒にを出すことによって 最初の雑魚敵を倒し資金調達をすることが出来ます。 二つめの特徴としては、 火力が高めである という特徴です。 DPSが同レベルでキモネコよりも高いのでアタッカーとしてはかなり優秀なキャラです! KBが少なく、打たれ強い敵が現れた時にこのキャラを使うことによってボスを攻撃しつつ、範囲攻撃で後ろから来る雑魚敵も同時に倒してくれます! ただデメリットも非常に多く、一番のデメリットとしては、 射程が非常に短いというところです。 ネコの射程は140ですが、ネコノトリの射程はそれよりたった30しか変わらず170しかありません。 体力もそれほど多くはないので170よりも長い射程で範囲攻撃をしてくる敵にはかなり苦手となってしまいます。 コストの方も975円と安くはないので使用難易度が若干高めのキャラでもあります。 ただ上手く使いこなせるようになればネコノトリを溜めて 超高火力部隊を作ることも出来ます。 23秒 再生産 10. 23秒 再生産 17. 2秒 特殊効果:なし 評価 このキャラはネコとトカゲが合体したキャラとなっていますが、ウシネコと同様にネコの原型がありません。 そんなネコトカゲですが、このキャラは アタッカーとして非常に優秀なキャラとなっています。 ネコの射程は140、キモネコの射程は350となっていますが、ネコトカゲの射程は400とかなり長い射程を持っています。 優先して育てておきたいキャラのひとつです。 23秒 再生産 22. 33秒 再生産 2. 0秒 特殊効果:なし 評価 ネコが巨大化し、見た目がなんか強そうなキャラと変身しました。 このキャラの特徴としては、 体力が非常に高いのがまず一点。 体力がネコタンクの約3倍の体力をもっており非常に打たれ強く、壁キャラとしてかなり優秀なキャラとなっています! 攻撃力もアタッカーとして十分つかえる火力を持っているのでこのキャラを出しておけば、 後ろの長めの射程を持っているアタッカーを守りつつさらに攻撃を与えることが出来ます。 二つめの特徴…と言いたいところですが、もうメリットの特徴が存在しません。 実はこのキャラ、ステータス的には強そうに感じますが、実際に使ってみるとそうでもないんですね。 体力は確かに高いですが、射程が短いので全ての敵の攻撃を食らってしまい、意外と早くやられてしまいます。 さらにコストも 1950円とかなり高いので出すタイミングもあまりありません。 出すタイミングをしっかりすれば強いのかも知れませんが若干使いにくいキャラとなっています。 これにより、敵が何度かぶっとばすことが出来るので 前線の安定に繋がります! さらにステータスも約2倍になったことでやっと コストに適した壁兼アタッカーとして使えるようになります! 第三形態が使えるようになるまでの育成時間は結構かかってしまうので レベル上げは日本編3章まで終わってレジェンドステージを始めるころでも問題ありません。 経験値が余っていたら強化すると良いでしょう。 77秒 再生産 4. 53秒 特殊効果: 赤い敵にめっぽう強い(与ダメ1. 5~1. 77秒 再生産 8. 53秒 特殊効果: 赤い敵にめっぽう強い(与ダメ1. 5~1. このキャラはアタッカーとしても良し、壁としても良しと利便性が高いキャラとなっています。 まず1つ目の特徴としては、 火力が高く、敵をすぐ処理することが出来ます。 一発の火力はネコトカゲの約半分で、ネコトカゲ程ではないですが近接戦ではかなり強いキャラとなっています。 これだけでも十分強いですが、このキャラは 「 赤い敵にめっぽう強い」 という特殊効果を持っているので、 赤い敵に対しては最低でも1. 5倍のダメージを与えることが出来ます! 1. 5倍ならネコトカゲとあまり変わりませんね! 赤い敵が出てくるステージに編成に入れておくとかなり活躍します。 二つめの特徴としては、 体力が高い というのがあります。 普段はアタッカーとして使いますが、攻撃速度が早い敵などが出てきた場合、普通の壁キャラは一発くらいでやられてしまいますが、 このキャラの場合体力が多いので何発かは耐えることができます。 さらに「赤い敵にめっぽう強い」の特殊効果により 赤い敵に対しては最低2倍までダメージを耐えてくれるので、 赤羅我王 イノシャシ などの 赤い敵で攻撃速度が早い敵には超絶活躍します! 日本編ではその強みがあまりいかせませんが、レジェンドステージに入るとかなり強いキャラとなるので、積極的に育成していくと良いでしょう。 最強の基本キャラランキング! ここからは、どのキャラが最も強いキャラなのかをランキング形式で紹介していきたいと思います。 最強基本キャラランキング第3位 ネコタンク このキャラは低コストな割にどんな攻撃でも 最低一発は受け止めてくれるキャラです。 再生産も早く出せるようになったらまたすぐ出すことにより かなり高い防衛能力を発揮することができます! アタッカーの火力が不十分でも、防御力が高ければ時間かある程度かかりますが、自分はやられずに済むので是非優先して育成してみてください。 最強基本キャラランキング第2位 ネコフィッシュ このキャラは 壁としてもつかえる、アタッカーとしてもつかえると非常に便利なキャラです! なんかうまく攻略出来ないなと思ったとき、このキャラを入れた瞬間に攻略できるようになることも多いです。 ゲットしたら真っ先にレベル20にしたいキャラとなっています!.

次の

にゃんこ大戦争 ガチャのランキングは?

にゃんこ 射程ランキング

射程1001以上 射程 味方キャラ 敵キャラ 4267. 5 黒ネコの城(Lv20波動) わんこの城(Lv20波動) 3700 わんこずきんミーニャ(最長) 2800 わんこずきんミーニャ(最短) 2667. 5 バトルコアラッキョ(Lv12波動) 2132. 5 狂乱の巨神ネコ(Lv10波動) 2000 日の出わんこ ラミエル(最長) 1867. 5 メタルカオル君(LV8波動) 1850 ユメミちゃん(最長) 1800 やぐらわんこ 1732. 5 クビランパサラン(Lv8波動) ワンダー・モモコ(Lv8波動) 1667. 5 狂乱の巨神ネコ(Lv7 波動) 大狂乱のネコジャラミ(Lv7 波動) ちびネコジャラミ(Lv7 波動) 1500 オタネコ(最長) ワルプルギスの夜(最長) ヒウマ(最長) 1400 ケロ助(最長) 1332 森の蜜子(最長) 1300 メガにゃんこ ヒカル(最長) ケリ姫 ウェディングケリ姫 1267. 5 ネコ仙人(LV5波動) 狂乱のスターもねこ(Lv5波動) 1250 アタタタアシラン 1200 オタネコ(感知) ネコハッカー(感知) ネコハッカー(最長) オタネコギーク(最長) 断罪天使クオリネル(最長) ヒウマ(最短) 1100 オタネコ(最短) ケロ助(最短) 1067. 5 コアラッキョ(Lv4波動) 大狂乱のムキあしネコ(Lv4波動) 射程501~1000 射程 味方キャラ 敵キャラ 1000 エヴァンジェリスト 見習いスニャイパー オタネコギーク(感知) わんこの城 神さま チワワン伯爵 最長 ラミエル 感知 神さま(本気)(最長) 999 森の蜜子(感知) 940 バラランパサラン 932. 5 大狂乱のムキあしネコ(Lv4波動) 900 メガにゃんこ ドリュウ(最長) ケロ助(感知) ゼルエル(最長) 888 森の蜜子(最短) 867. 5 ダディ(Lv3波動) パオンモス(Lv3波動) ちびムキあしネコ(Lv3波動) エリザベス56世(Lv3波動) 狂乱のキモネコ(Lv3波動) 大夢くん(Lv3波動) 850 銀河戦士コスモ 美女神アフロディーテ(最長) 激・神さま(最長) タッちゃん(最長) 840 マンボーグ鈴木 スペースマンボルグ 800 ネコハッカー(最短) オタネコギーク(最短) 鹿目まどか(最長) アーチャー(最長) ブラックマ 般若我王 天使愛好家 ハマンボ崎あゆみ カンバン娘 ヒウマ(感知) 亡者デブウ(最長) メタックマ 785 大狂乱のネコキングドラゴン 780 大狂乱のケリ姫 760 破壊生物クオリネン 755 狂乱のネコトカゲ ちびネコキングドラゴン 750 アシランパサラン ダイジョーブ博士城 バルディエル(最長) 732. 5 そうまにゃん(Lv3波動) にゃんこ城Mini(Lv3波動) ネコ仙人(Lv3波動) 狂乱のキモネコ(Lv3波動) 亡者探偵ヴィグラー(Lv3波動) 725 繁栄神ガネーシャ(最長) 帝国陸軍カタパルズ(最長) ギルガメッシュ(最長) 720 ムギワラテサラン 700 巴マミ(最長) 今川義元(最長) 時空神クロノス(最長) 燐火の武神・今川義元(最長) 豊穣の女神フレイヤ にゃんこ囚人(最長) クロサワ監督 690 ミスティカ 680 狂乱のケリ姫 667. 5 キョセーヌ(Lv2波動) 655 ねこななふん 650 ケサランパサラン 天誅ハヤブサ(最長) 白無垢のミタマ(最長) 嵐の精霊エアフワン(最長) 黒無垢のミタマ(最長) エヴァ2号機(最長) 戦隊ドリラ(最長) イルカ娘(最長) ハリケーンサイクロン(最長) ハリケーンサイクロン(感知) ヒカル(最短) 640 天空のちびネコ 大狂乱の天空のネコ 狂乱のネコノトリ 625 暗黒スバルCC(最長) 620 テサランパサラン コニャンダム 600 ネコずきんミーニャ(最長) 美女神アフロディーテ(感知) 星井スバル(最長) イースターモアイ城 キャプテン・モグー(最長) ギャラクシーニャンダム ギルガメッシュ タッちゃん(最短) チワワン伯爵(感知) ハルシュト ワイバーン 犬武者 武蔵 断罪天使クオリネル(感知) 575 ネコクエストXI(最長) 570 ジュピターキング 555 軍神オーディン 551 コニャンダム 550 ネコ球児(最長) 影傑ダークダルターシャ(最長) 英傑ダルターニャ(最長) 古龍ガングリオン(最長) 鹿目まどか(感知) 聖会長ジャンヌダルク(最長) アーチャー アルパッカ キャベロン ゲコック(最長) こぶへい ランサー 凧にゃん(最長) 540 神様 532. 5 ネコベビーカーズ(Lv2波動) 矢部&ガンダーロボCC(Lv2波動) ネコシンジ(Lv2波動) 525 にゃんこ囚人(感知) 520 リオレウス メビウス 501 教授 スポンサーリンク 射程301~500 射程 味方キャラ 敵キャラ 500 風の精霊エアル(最長) 謎仮面のウララー(最長) ノビランパサラン ネコジャンパー(最長) ネコクエスト(最長) セイバーオルタCC(最長) アーチャー(感知) イカ天 ゴーレム サキエル にゃんこ囚人(最短) ネコぺろきゃん ネコ棒倒し ピコ太郎 ボルケーノゴーレム マンボ王 ユキ ヨキカナ よっちゃん 悪の帝王ニャンダム 悪魔王サンタ 古我王 黒ネコの城 499 ネコ紳士同盟 491 マンボ王 485 地蔵要塞ゼロカムイ 480 天空神ゼウス 黒獣ガオウ ランサー 失われし世界のユキ ハイドゥ 小野ミサ&わんこ 475 巴マミ(感知) 神龍皇帝かむくら にゃんこ囚人 ちびアルティメットまどか(最長) セイバー(最長) バルディエル(感知) 470 猛牛の武神・武田信玄 皇獣ガオウ 467. 161 ウシ姫 160 もねこ ネコナイト ネコブ・ロンズ 眠れるケリの美女 癒術師 ふにゅふにゅネコ ネコチュートリアル とばにゃん アイルー ネコのプレゼント ちびネコノトリ クロミ ネコ博士 氷上聡里&ネコ ちびシンジ メタルカバちゃん ミスターエンジェル マルコ プドール婦人 バトルコアラッキョ トンシー ガリゴリくん カバちゃん カ・ンガリュ エリザベス2世 紺野美崎 158 シャドウボクサー 155 ネコ魔剣士 ノルン メルク ヤクザヴァンパイア ネコセイバー ブラッゴリ にゃんことメルクCC イノエンジェル ゲドーくん 154 ネコ忍者~青~ 152 ネコ乙女 150 CPAC ぐでたまにゃんこ ぐでたまプレート セイバー(最短) セイバーオルタCC(最短) ちび暗黒ネコ トナカイフィッシュ ドラリー剣士 なめこ ネコエッグ ネコキリン初号機 ネコざむらい ねこジュラ ネコゾンビ ネコフィッシュ ネコホッピング ネコヤンキー ネコレスラー ネコ杏子 ネコ忍者 バトルネコ ふてニャン ポチ 巨神ネコ 狂乱のネコフィッシュ 狂乱のバトルネコ 狂乱の巨神ネコ 吾輩は鬼である 山岡実乃里 弱酸性エル 中村奏絵 白にゃんこ剣士 イルカ娘(感知) クロミ ゴリさん ジャッキー・ペン ジャッキー・ペンZ シャルロッテ スター・ペン ちびぶんぶん ツバメンズ ネコボーン ノルン ブタヤロウ メタルゴマさま ユーリンチー 剣士 赤羅我王 白鳥松竹梅 片桐恋 墓手花子 明王の剣士 145 ネコ博士 きゅうべえ イノワール 140 10式戦車 Mr.

次の

【にゃんこ大戦争】射程距離早見表

にゃんこ 射程ランキング

このページの目次 CLOSE• 全体的なステータスのバランスをみても、申し分なく、属性をもつキャラに強力な連続攻撃を放つことができます。 射程は400のため、若干物足りなさを感じますが、致命的な弱点とは言えない水準です。 敵の属性が混戦しているステージで特に有効です。 lv50まで強化すると、「25,110、25,110、25,110」の3連続攻撃を放ち、属性を持つ敵に一発当たり150,660の極ダメージを与える事ができます。 全部当たれば45万以上の大ダメージを、敵の集団に一気にあたえる遠方範囲キャラは、現状ガイアだけです。 途中でKBする敵キャラもいるかもしれませんが、ガイアの攻撃単発でKBするような相手であれば、その程度の体力の敵キャラのため、一発でも15万ダメージを当たれば、問題ありません。 遠方範囲の射程の枠が小さいという難点はありますが、うまく運用すればアマテラスの数倍以上の破壊力があります。 まさに地球そのものの意味を持つ「ガイア」にふさわしいキャラクターとなっています。 皇獣ガオウの存在が霞(かす)むぐらい強い・・ 属性を持つ敵への極ダメージがあまりにも強力で、破壊力が増したガオウの印象を持つ。 射程はこちらが負けているが、射程勝ちしているステージであれば、ガオウにはない驚異の殲滅力で、さすが伝説レアといった強さを誇る。 創造神ガイア LV30のステータス 体力68,000 体力は標準レベル、KB数が2であることを考えると若干物足りなさはある。 攻撃力47,430 攻撃力は標準レベル。 この基本数値に、極ダメージの補正が入るため以上に強い KB2 可能であれば、KB数は3は欲しかったところ。 ここでうまく2に調整してくれるのがこのゲームの面白い点でもある。 攻撃頻度F300(10. 00秒) 攻撃頻度は遅め。 しかし、連続攻撃でしばらくエフェクトが続くため、驚くほど遅いというわけではない。 速度8 移動速度は標準。 突っ込んで被弾するリスクを回避するという面においては優秀といえる。 攻撃発生F47(1. 57秒) 攻撃発生は速め、モーションにさえ入れば、ほぼキャンセルすることなくアタックすることができる。 DPS4,743 DPSは標準レベル。 LV30での目安の5000に若干届かない程度であるが、これに極ダメージがつくため問題ない。 射程400(遠方範囲) 感知射程は400で遠方範囲の射程は、350〜550。 幅が狭めではあるが、ある程度のプレイヤーであれば、問題なくカバーできる。 再生産F3706(123. 53秒) 再生産速度は普通。 長期戦になれば、2体目を出すことも十分可能。 コスト4,470 コストは良心的。 十分出撃させやすい。 【補足】• 特性3連続攻撃 15,810 15,810 15,810(47F 95F 137F)• 対 全ての敵(白 無 魔 使 除く) 極ダメージ(与ダメx5〜6)• 遠方範囲攻撃(350〜550) 創造ガイア LV40〜50のステータス• lv40 体力88,000 攻撃力61,380• こちらも先ほどのガイアと同様に致命的な欠点もなく、安定して高性能を発揮することができる。 「創造神ガイア」との大きな違いは、属性が「浮いている敵」と「赤い敵」に限定されている分、攻撃の頻度が高めである点。 イメージとしては、コラボガチャで有名なセイバーオルタの上位互換。 lv50まで強化すると、「赤い敵」と「浮いている敵」に106,920の極ダメージ与えることができる。 5秒に一回攻撃を繰り出すため、攻撃の早さはセイバー並み。 感知射程はジャンヌダルクの方が上であり、こちらの方が生存させやすい。 赤い敵であれば、位置ずれしやすいカルピンチョにも有効で、浮いている敵であれば、バンバンノックさせながら、爽快に敵を撃破していくことができる。 まさに英雄ジャンヌダルクを彷彿させるステータスである。 聖会長ジャンヌダルク LV30のステータス 体力 54,400 体力は標準。 とは言えどちらかというと打たれ弱いため、入手したらキャッツアイで強化しておきたいところ。 攻撃力11,220 攻撃力は低め。 その変わり、攻撃頻度が高く、赤い敵や浮いている敵には極ダメージを与えることができる。 KB 4 KB数は多め。 生存率を少しでも上げるため、このKB数は優秀と言える。 攻撃頻度F 87 (2. 90秒) 攻撃頻度は高め、優秀。 速度 20 移動速度は速め。 すぐに前線に到達できるという強みがある反面、敵に突っ込みやすくもある。 移動速度が遅ければ、更に強かった・・ 攻撃発生F 48( 1. 60秒) 攻撃発生は早め。 攻撃モーションに入れば、ほぼ発動させることができる。 DPS 3,869 DPSは低め。 極ダメージを発生できるステージで使いたい。 射程 400(遠方範囲) 感知射程400で、攻撃当たる範囲は200〜550。 うまくカベ役などを駆使すればガイアよりは攻撃を当てやすい。 再生産F 3506 (116. 87秒) 再生産は標準。 ステージによっては、長期化すると2体目を出すチャンスがある。 コスト 4,830 コストは標準。 出撃させやすい。 【特性】• 対 赤い敵 浮いてる敵 極ダメージ(与ダメ x5〜6)• 遠方範囲攻撃(200〜550) 聖会長ジャンヌダルク LV40〜50のステータス• lv40 体力 70,400 攻撃力 14,520• lv50 体力 86,400 攻撃力 17,820 余談ですが、もう少し射程があれば無双だったと思います。 進化前と進化後で特性が変わる(ステータスは変化無し)。 進化前は、黒い敵とエイリアンに超打たれ強い能力を持ち、進化後は、同様の属性に対して極ダメージを与えることができる。 もう少し射程が欲しかったところではあるが、素のステータスが高く、黒い敵とエイリアンに対しては無類の強さを発揮する。 LV50で、ヘブンは、黒い敵とエイリアンに対し、2,079,000の体力を誇り、無敵の要塞となる。 もともとDPSも高いため、純粋な殴り合いキャラとして大活躍。 射程負けしている敵がいる場合はこちらの運用がお勧め。 LV50で、アビスは黒い敵とエイリアンに対し、439,020の極ダメージを与える事ができる。 攻撃頻度も高めのため、生存させやすい環境であれば本能解放の武田信玄を遥かに超えるパフォーマンスを発揮してくれる。 場合によっては、第一位の強さを評価してもおかしくないぐらい強い。 さすが伝説レア。 超越科学者ヘヴン博士 LV30のステータス 体力187,000 体力は高い。 第一形態では、これに超打たれ強い能力がつくため、要塞並みの耐久度になる。 攻撃力46,070 攻撃頻度が高めのため、申し分ない。 これに極ダメージがつくと、まさに黒い敵とエイリアンには無双状態。 KB3 ノックバック数3は、適正にあっており、ちょうどよい。 攻撃頻度F140(4. 67秒) 攻撃頻度は速め。 速度8 移動速度は遅めだが、射程が400とこのクラスでは短めのため、生存率を高める上では理想的な数値。 攻撃発生F61(2. 03秒) 攻撃の発生は普通。 モーションに入れば、ほぼキャンセルされることはない。 DPS9,872 DPSは高め。 射程400(範囲) 射程はもう一歩。 これで射程まで長ければ、無双状態になっていた。 しかしながら、黒い敵とエイリアン戦においては、十分すぎる射程で、苦手とする敵がほぼいない。 再生産F5046(168. 20秒) 再生産は少し遅め。 しかしながら、高耐久である点を考慮すると、これぐらいでもそん色ない。 コスト5,400 コストは高め。 体力の高さを考えると、大型キャラとしては妥当な数値。 【特性】• アビス:対 黒い敵 エイリアン 極ダメージ(与ダメ x5〜6) 超越科学者ヘヴン博士 LV30-40のステータス• lv40 体力242,000攻撃力59,620• lv50 体力297,000攻撃力73,170 個人的には、アビス博士の極ダメージ使用がお勧め。 一部では、一発目の攻撃にしか波動が乗らないため使いにくいとの評価もありますが、LV50まで育てれば、最初の一発目の攻撃力8100で、大狂乱のムキあしを超える攻撃力であり、且つ長射程。 射程も375のため、大狂乱のムキあしよりも長いです。 しかも、そのあとで三発目は、LV50で72,900の範囲攻撃を放ちます。 大狂乱のムキあしを重宝しているユーザーであれば、このキャラの強みを感じやすいと思います。 比較的早い頻度で、LV8波動(射程 1732. 5)を放つ様は爽快感です。 属性の相性が良ければ、かなり後方の敵まで、足止めできるため、ラッシュが厳しいステージ等重宝します。 ダイナマイツらしくステージは選びますが、さすが伝説レアと言える強さです。 (KB数が二であり、体力も殴り合いするには心細いです・・) ワンダー・モモコLV30のステータス 体力68,000 体力は並み。 殴り合いキャラとして低めのため、射程勝ちしているステージやカベキャラがやっかいなステージで運用したい。 攻撃力61,200 攻撃力は、低め。 3連続攻撃の最後の一発がダメージは大きいが、攻撃モーションも大きい為、射程勝ちしていなければあてることはできない。 一発目の波動要因と割り切ることで使い道が見えてくる。 KB2 KB数は少なめ、これがもう少し数が多ければ、評価はさらに高かった。 攻撃頻度F201(6. 70秒) 攻撃頻度は普通。 しかしながら攻撃モーションが長い為、少し待っている感が出てしまうのは仕方がない。 速度13 移動速度は普通。 攻撃発生F28(0. 93秒) 一発目の攻撃発生は速い。 属性の相性が良いステージであれば、最初の妨害が即発動するため、ネコルガ族とは違った扱いやすさを感じるはず。 DPS9,134 DPSは高め、しかしながら、3発目が当たったとき前提の数値のため、あまり期待しない方が良い。 射程375(範囲攻撃) 射程はまあまあ。 射程的には中距離キャラに分類されるため、射程勝ちするステージは割と多い。 再生産F3746(124. 87秒) 再生産は遅め。 超激ダイナマイツにしては時間がかかる。 コスト4,500 コストは並みであるが、こちらも超激ダイナマイツにしては高めの設定。 【特性】• 100%の確率でLv8波動(射程 1732. lv40 体力88,000攻撃力79,200• これまで長射程が売りだったレジェルガは、伝説レアとなり、なんと後方に長射程を誇るキャラとなりました。 相変わらず、斜め上をいくポノスの様の発想が大好きです・・ レジェランパサランの性能としては、射程勝ちしている敵に対して、異常なDPSを誇る範囲攻撃を放ち続けることができます。 また、後方700まで攻撃が及びますが、移動速度が20と速く、すぐに前線に到達してしまうため、対ゾンビとは相性が良くないです。 ゾンビ戦において、敵城近くでの攻防では、多少効果を発揮するかもしれませんが、期待できるものはないと考えておいた方が無難です。 射程300以下の敵で構成されているステージでは無類の強さを発揮してくれますが、そのようなステージはほぼないため、割り切ったカウンター要因として使うことで光るキャラです。 レジェランパサラン LV30のステータス 体力 51,000 標準並み。 しかし、射程的には殴り合いキャラの使用となるため、頼りないといえる。 攻撃力42,500 標準並みであるが、攻撃頻度が非常に高いため、はまれば、かなりの高DPSを叩き出すことができる。 KB 5 KB数は多い。 すぐにノックバックしやすいため、カウンターを決める上では有効な能力と言える。 攻撃頻度F 105(3. 50秒) 攻撃頻度は高い。 うまくはまれば、ガンガン相手の体力を削ることができる。 速度 20 移動速度は速い。 突っ込みやすいため、速攻には使えるが、その分生存率は落ちてしまう。 攻撃発生F 5 (0. 17秒) 攻撃発生は速い。 カウンター要因としては、この早さでアタックしてくれるのは申し分ない。 DPS 12,143 高い。 はまれば強い。 感知射程 300 「遠方範囲全方位攻撃(-700〜300)」 射程は短い。 このキャラの特性上、後方の遠方範囲攻撃はほとんど活用の機会がないと捉えたほうがよさそう。 再生産F 3746 (124. 87秒) ネコルガ族の中では早い方。 長期戦になれば、もう一度出すことができるかもしれない。 コスト 4,500 コストは標準。 ネコルガ族の標準のコスト水準。 【特性】• 無効 (波動 ふっとばす 止める 遅くする 攻撃力低下 ワープ) レジェランパサラン LV40-50のステータス• lv40 体力 66,000 攻撃力 55,000• いずれも対天使に特化したキャラクターで、天使に対して、極ダメージと打たれ強い能力を所持しています。 持っていて損はないぐらい超強いのですが、かじぞうという元々の当たりキャラがいるため、比較すると特別光る印象はないのが現状です。 かさじぞうは再生産性がよく、うしわか丸よりも射程が長い為、うしわか丸を使う機会は限られてきます。 進化後のベンケイにおいては、対天使に極ダメージを与える大型キャラとして使い道はあります。 めちゃめちゃ強いですが、他に代用が効くキャラがいるため、6位としています。 (進化前)うしわか丸 LV30のステータス 体力16,830 体力は普通。 天使系の属性の敵キャラと戦闘することが前提であれば、打たれ強い能力が発動するため、圧倒的なコストパフォーマンスが期待できる。 攻撃力9,690 攻撃力は普通。 こちらも、天使系に対しては極ダメージが発動するため、かさじぞうを遥かに上回る破壊力を実現することができる。 KB2 KB数は少なめ、ここがにゃんこ大戦争のゲームバランスのうまいところで、KB数3であると相当優良なキャラであった。 攻撃頻度F108 3. 60秒) 攻撃頻度は速め。 このコストで、この攻撃頻度は優秀。 速度12 移動速度は普通。 攻撃発生F23(0. 77秒) 攻撃発生も早め、この攻撃頻度と速度極ダメージが発動するため素晴らしい。 DPS2,692 DPSは普通。 対天使であれば、申し分ない破壊力を実現する。 射程250(範囲攻撃) 射程は短め。 射程はもう少し欲しかったが、スレイプニール対策に使えない分、他のキャラとのすみわけができている。 再生産F186(6. 20秒) 再生産は、早め。 再生産アップのコンボも活用すれば、対天使においては十分すぎる威力を発揮する。 コスト825 コストは並み。 この性能でこのコストは優秀。 【特性】• 特性対 天使 極ダメージ(与ダメ x5〜6)• lv40 体力21,780攻撃力12,540• lv50 体力26,730攻撃力15,390 (進化後)巨大神兵ベンケイ LV30のステータス 体力127,500 体力は高い。 対天使であれば、十分すぎる耐久性能を誇り。 余裕であらゆる天使キャラとタイマンをはれる。 攻撃力52,700 攻撃力は普通。 対天使には極ダメージが発動するため、十分すぎる大ダメージを与えることができる。 KB3 KB数は並み。 ちょうどよいKB数でバランスの良い数値となっている。 攻撃頻度F250 8. 33秒 攻撃頻度は遅め。 対天使以外では大きな魅力を感じない。 速度7 移動速度は遅め。 これもポノスの設定の秀逸ところ。 攻撃発生F65(2. 17秒) 攻撃発生は速め。 DPS6,324 DPSは高め。 対天使用と割り切ることで光るキャラ。 射程450(範囲攻撃) 射程は長め。 これだけあれば対天使には十分。 再生産F4746(158. 20秒) 再生産速度は遅め。 大型キャラのため、仕方がない。 コスト6,000 コストは高め。 対天使であれば、この一体で十分仕事をしてくれる。 【特性】• 特性対 天使 極ダメージ(与ダメ x5〜6)• lv40 体力165,000 攻撃力68,200• 固すぎる超高級カベ エンペラーズから輩出される「バベル」は、超体力を持つ超高コストキャラクターです。 基本体力は、全キャラ中NO. 更に、超打たれ強い能力がつき、「赤い敵」と「浮いている敵」に対しては、不落といえるほどの鉄壁を誇ります。 DPSも高い為、オールマイティにどのステージにおいて使用しても問題ないぐらい強いです。 特定のステージで光るというよりも、相性が良ければ「落ちない」という不動の地位を確立したキャラクター。 さすが伝説レアは、7位でも強さが尋常じゃないです。。 ちなみにですが、どれぐらい耐久力がすごいかというと、 イノシャシ(倍率100%) 攻撃力 4837 586発 ぶんぶん先生(倍率100%) 攻撃力 2250 1260発 赤い敵の代表・イノシャシの攻撃を586発耐えることができ、 浮いている敵の代表・ぶんぶん先生の攻撃を1260発耐えることができます。 恐ろしや・・・ 固すぎる伝説レア「天城龍バベル」LV30のステータス 体力 255,000 体力は相当高い。 これに超打たれ強いが付与されるため、赤い敵対、浮いている敵では、サイクロン戦以外ではタイマンで落ちることはまずない。 攻撃力85,000 攻撃力も高め。 超耐久に加えてこれだけ、攻撃力があれば十分。 KB 2 KB数は少なめ、しかしながら、超打たれ強いさえ発動させれば、これぐらいでちょうどよい。 攻撃頻度F 360(12. 00秒) 攻撃頻度は遅い。 超高級カベとして光るため、攻撃はおまけ程度で考えてよい。 速度 8 移動速度は遅めだが、これぐらいあれば十分。 攻撃発生F 113 (3. 77秒) 攻撃発生は、並み。 DPS 7,083 DPSは高め、LV50まで育てれば十分すぎる強さになる。 射程 390(範囲攻撃) 射程は絶妙。 中距離で守ってくれるため、他のキャラの生存確率を高めてくれる。 再生産F 4746 (158. 20秒) 再生産は遅めなのだが、これだけの耐久力を誇るため、もう少し長くても合点はいく性能。 コスト 6,750 コストは、超高。 しかし、それに見合う性能を持っている。 【特性】• 無効 (止める 遅くする) 天城龍バベル LV40-50のステータス• lv40 体力 330,000 攻撃力 110,000• lv50 体力 405,000 攻撃力 135,000 この390という射程も絶妙でメリットはあるのですが、個人的にはもう少し射程を伸ばし無双キャラになって欲しかったです。 ゾンビ渦以外は楽勝・・ アイアンウォーズから輩出される「終末兵器ムー」は、対ゾンビに特化したキャラクターです。 ゾンビに対して極ダメージと打たれ強い能力を持ち、ゾンビ戦のタイマンでは、アンデットサイクロン以外にはほぼ負けることがないぐらい、高水準の能力を持ちます。 攻撃頻度も高く、移動速度が1と遅い為、ゾンビの地中潜りにも対応。 地上に出てきたゾンビをサクサクと撃破することができます。 ムーの場合は、極ダメージを与えるため、ゾンビを仕留める可能性は高いですが、逃した場合、そのまますり抜けて自城まで近づかせてしまうリスクはあります。 (またKBもないため、進み過ぎると戻ってこれないという点も違います) その点を考えると、必ずしもテルマエの上位互換とは言えない部分もあり、うまくすみわけが出来ています。 ゾンビ戦最強の伝説レア「終末兵器ムー」 LV30のステータス 体力 153,000 体力は高い。 アンデッドサイクロン以外では、簡単に落とされることはない。 あらゆるゾンビとタイマンをはることが可能。 攻撃力30,600 攻撃力は普通。 しかしながら、攻撃頻度が高いため、DPSとしては十分で、ゾンビ戦においては異常な破壊力となる。 KB 1 KB数は少なめ、これでKB数が2以上だと、KBして後方のゾンビに対抗できるため、最高だった。 攻撃頻度F 144(4. 80秒) 攻撃頻度は速め。 非常に優秀。 速度 1 移動速度は超遅い。 これがムー最大の魅力でもあり、じれったいところ。 攻撃発生F 51 (1. 70秒) 攻撃頻度は速い。 近くにゾンビがいる際のムーはまさに無双状態。 DPS 6,375 DPSは高め。 感知射程 400 「遠方範囲全方位攻撃(-450〜400)」 射程は理想的。 後方にも攻撃が届き、移動速度が遅い為、出撃タイミングさえあやまらなければ、大活躍する。 再生産F 5246 (174. 87秒) 再生産速度は遅い。 1体であらゆるゾンビを壊滅状態にできるため、このぐらいの再生産速度がちょうどよいかもしれない。 コスト 4,650 コストは良心的。 生産しやすい。 【特性】• 対 ゾンビ 極ダメージ(与ダメ x5〜6)• 対 ゾンビ ゾンビキラー(撃破時蘇生無効)• 遠方範囲全方位攻撃(-450〜400)• 波動ストッパー 終末兵器ムー LV40-50のステータス• lv40 体力 198,000 攻撃力 39,600• また、これまでのピクシーズ同様にワープ無効もついてます。 主な用途としては、進化前よりも進化後の方がお勧め。 (進化前は、超打たれ強く生存しやすいですが、攻撃力ダウンの能力も確定ではない為、他のピクシーズを使った方が、良い働きをします) 進化後は、LV50にもなると対エイリアンでは、150万のダメージにも耐えることができ、更に、攻撃力ダウンも組み合わると約300万のダメージに耐えることができます。 イメージとしては、対エリアンのガメレオンで、暴走のネコムートともタイマンをはれるぐらい、何発も攻撃を耐えることができます。 攻撃力が少々厳しい為、暴走のネコムートを撃破することはできませんが、他に数体支援するキャラがいれば、簡単にクリアすることが可能となります。 対エイリアン戦においては、無類の強さを誇り、未来編・宇宙編では無双状態ですが、更に難易度が上がる超極ムズステージや真レジェンドでは、活躍する機会は少なく、他のキャラを活用した方が良い場面が多いため、9位としました。 ちなみにですが、未来編第三章で登場し、 驚異の破壊力で突っ込んできた暴走のネコムートを例にみると、ルミナリアの攻撃力ダウンも発動した場合、 暴走のネコムート 攻撃力 44,444 68発 なんと、68発耐えることができます。 さすがに、ルミナリアのLV50でもタイマンでは勝てませんが、 1体で瀕死の状態まで持って行くことができます。 普通のキャラであれば、ワンパンで撃破されてしまうのに、68発も耐えるなんてチートです・・ 幻の精霊ルミナ LV30のステータス 体力21,250 体力はコストの割には低め。 しかしながら、エイリアンに対しては、超打たれ強いを発動するため、対エイリアン版の「ネコ極上」並みの耐久力を発揮する。 攻撃力8,500 攻撃力は低め。 打たれ強いで生存時間は長くなる可能性があるため、ちょっとした削り役という認識で使用して良いかもしれない。 KB3 KB数は普通。 攻撃頻度F136(4. 53秒) 攻撃頻度は遅め。 このコストのキャラと火力で、この攻撃頻度のため、アタッカーとしての期待はもてない。 速度32 移動速度は速い。 前線に到達しやすいため、撃破もされやすいが、カバーに回りやすいメリットもある。 攻撃発生F41(1. 37秒) 攻撃発生は普通。 DPS1,875 DPSは低め。 相手の攻撃力を下げ、打たれ強いで耐える高級カベの認識で良いかもしれない。 射程330(範囲攻撃) 射程は中距離。 敵に密接するわけではないため、生存時間が長くなる要因となる。 再生産F446(14. 87秒) 再生産は遅め。 数を貯めれたとしても2〜3体が限界。 コスト1,110 コストは平均的。 本能解放前のネコ極上と比較すると、少し安いともいえる。 【特性】• 50%の確率でバリアブレイク• 無効 (遅くする ワープ) 幻の精霊ルミナ LV40-50のステータス• lv40 体力27,500攻撃力11,000• lv50 体力33,750攻撃力13,500 幻の精霊ルミナリア LV30のステータス 体力136,000 体力は高い。 エイリアンに対しては、超打たれ強いが発動するため、攻撃力ダウンも加味すれば、ヘブン博士よりも高い耐久力を誇ることになる。 攻撃力31,195 攻撃力は高め。 大型キャラにしては、攻撃頻度は並みのため、安定して体力を削っていくことができる。 KB3 KB数は普通。 攻撃頻度F136(4. 53秒) 攻撃頻度は速め。 適度な火力を秘めているため、アタッカーとしても活躍し、優秀なバリアブレイカーにもなる。 速度30 移動速度は速め。 ルミナリアのように移動速度が速く、超体力を誇るキャラは珍しい。 攻撃発生F41(1. 37秒) 攻撃発生は速めで優秀。 DPS6,881 DPSも高め。 射程375(範囲) 射程は中距離。 エイリアンと殴り合いをするという面でみると、適度なポジションを獲得している。 再生産F2246(74. 87秒) 再生産は早め。 この高体力で速い生産性は有難い。 コスト3,675 コストは良心的。 安すぎるぐらいで安心して生産することができる。 【特性】• 100%の確率でバリアブレイク• 無効 (遅くする ワープ) 幻の精霊ルミナリア LV40-50のステータス• lv40 体力176,000攻撃力40,370• 黒い敵に対して、極ダメージと打たれ強い能力を持ち、LV50にもなると黒い敵には、体力65万8800、攻撃力19万4064を誇ります。 めちゃめちゃ強いのですが、単発攻撃であるのと、量産したかさじぞうの火力と大きな違いはないため、他で代用が効くため、第10位としています。 (他にもシシコマもいます) しかしながら、所持してみると、爽快な破壊力と連続攻撃で、さすが伝説レアと言われる強さを体感できると思います。 持っていて損はないですが、可能なら他のキャラを当てたいところです。 黒い敵に対して最強の伝説レア「宮本武蔵」 LV30のステータス 体力82,960 体力はやや高め。 黒い敵に打たれ強いため、能力発動でかなりの耐久力になる。 攻撃力20,364 攻撃力は低め、しかしながら攻撃頻度が高く、黒い敵には極ダメージが発動するため、この限りではなくなる。 KB4 KB数は多め。 単体攻撃で相手に攻撃を吸われやすい分、KB数は多い方が立て直しはしやすく有難い。 攻撃頻度F66(2. 20秒) 攻撃頻度は速め。 対黒においては、鬼にゃんまの超絶上位キャラと捉えてもよい。 速度10 移動速度は普通。 攻撃発生F9(0. 30秒) 攻撃発生は速い。 DPS9,256 DPSも高め。 射程400(単体) 射程は単体攻撃であるのを考えると長いが、射程400越えの超激レアも多数いるため、ここで宮本武蔵の強さが調整されていると捉えて問題ない。 再生産F2746(91. 53秒) 再生産は速め。 このスピードで再生産できるのは有難い。 コスト4,275 コストは良心的。 生産しやすい。 【特性】• 対 黒い敵 極ダメージ(与ダメ x5〜6)• lv40 体力107,360 攻撃力26,354• lv50 体力131,760 攻撃力32,344 単発攻撃なのが惜しい。 LV50まで育てると337,500ダメージを与えることができます。 ガオウダークは、LV50で白い敵に18万6300のため、一撃の大きさはブラックゼウスに軍配が上がります。 更に射程も、遠方範囲攻撃で700まで届くため、その強さがきわだっています。 では、ガオウダークとどちらが強いのかというと、判断は難しいところで、実際のところ、攻撃頻度はガオウダークの方が高いため、DPSには大きな差が開くわけではありません。 しかしながら、貴重な白い敵へ極ダメージアタッカーであることは間違いありません。 このキャラもランキングに入れるとしたら、第3位ぐらいの評価です。 (ブラックゼウスは、進化前と後でステータスが変わるため、基本的には、進化後を使用をお勧めします。 ) (進化後)闇次神子ブラックゼウス LV30のステータス 体力76,500 体力は普通。 射程負けしている敵がいるステージでは、生産はあまり向かない。 攻撃力42,500 攻撃力は普通。 しかしながら、白い敵に対しては極ダメージが発動するため、超破壊力となる。 KB3 KB数は普通。 攻撃頻度F285(9. 50秒) 攻撃頻度は遅め。 対白い敵戦において活用したい。 速度10 移動速度は普通。 攻撃発生F116(3. 87秒) 攻撃発生は普通。 DPS4,474 DPSも普通。 射程455(遠方範囲攻撃(300〜700) 射程は長い。 感知射程455から、300〜700の範囲を攻撃できるため、後方支援としての使い方が望ましい。 再生産F4546(151. 53秒) 再生産は遅め。 一体生産すると2体目を生産するには時間がかかる。 コスト4,950 コストは良心的。 とにかく白い敵戦においては、伝説レアの中でも最強の使い勝手を誇る。 【特性】• 特性対 白い敵 極ダメージ(与ダメ x5)• 遠方範囲攻撃(300〜700)• 無効 (攻撃力低下) (進化後)闇次神子ブラックゼウス LV30-40のステータス• 体力99,000攻撃力55,000• 体力121,500攻撃力67,500 攻め込まれると弱いが、白い敵にガオウダークを上回る圧倒的ダメージ まとめ(伝説レアは強すぎる・・一体でもいいから欲しい) 以上、伝説レアのキャラランキングをお届けしました。 正直、どのキャラも強すぎて、どの超激レアも大きくしのぐ戦闘能力を持っているといえます。 一体でも所持していれば、有利になるステージは多いです。 狙って輩出確率は0. 03%のため狙って出せるキャラではありませんが、是非とも諦めず狙っていきたいところです。 また、にゃんこ大戦争は、各キャラの長短がはっきりしているため、必ず当てなければならないというものではありません。 当たったらラッキーというぐらいでも十分攻略可能です。 追記1:伝説レアの入手法は?各ガチャで0. 03%の確率で輩出されます とその前に、にゃんこ大戦争における伝説レアの取得方法に関してお伝えします。 手にする方法は、現時点で一つしかなく、通常レアガチャを引いた際に、0. 03%の確率で輩出されるという仕様になっています。 超ネコ祭や、極ネコ祭では輩出されないため、そこを狙うしかないのですが、簡単に狙ってあたる数値ではありません。 現在は、他に限定イベントにおいても伝説レアが当たるイベントはないため、根気強く通常ガチャを引き続ける必要があります。 追記2:レジェンドクエストで「キャッツアイ【伝説レア】」が入手可能 伝説レアは、通常レベル上限は30ですが、伝説キャッツアイを入手することで最大で50まで強化することができます。 現時点では、伝説キャッツアイは、不定期に開催されるレジェンドクエストでのみ入手可能となっています。 下記は、取得可能なステージ一覧です。 参考にしていただければ幸いです。

次の