電子書籍 ウェブマネー。 WebMoneyで支払いができる電子書籍ストア一覧

WebMoney(ウェブマネー)はネットでの支払いに便利!使い方やキャンペーン情報も

電子書籍 ウェブマネー

Amazonギフト券を手に入れたいと思った時、コンビニでカードタイプのAmazonギフト券を買う方は多いと思います。 また、メールで誰かからプレゼントしてもらっていて、ギフト券番号を持っている方もいらっしゃると思います。 手に入れたAmazonギフト券を 「Amazonギフト券じゃなくてウェブマネーに変えたいんだけど・・・」と思ったことはありませんか? 果たしてAmazonギフト券を、ウェブマネー等に交換する方法はあるのでしょうか? また逆に、ウェブマネー等からAmazonギフト券に交換する方法はあるのでしょうか? 今回は、Amazonギフト券を持っているけどAmazonで買い物する予定が無かったり、電子マネーをよく使うのでせっかくならウェブマネーに交換する方法を調べてみました!• Amazonギフト券とウェブマネーはそれぞれ交換はできるの? 「電子マネー」から 「Amazonギフト券」への交換はできないのか? 「Amazonギフト券」から 「電子マネー」への交換はできないのか? こういったことを考えたことはありませんか? 現金やクレジットカード以外から、交換という形でAmazonギフト券を手に入れる方法を調べると、サイトのサービスでたまったポイントからAmazonギフト券へ交換できるという情報はたくさん見つかります。 ウェブマネーからAmazonギフト券を手にいれることができるかを調べると、手に入れたことがあるという情報がわずかですが見つかります。 果たして本当なのでしょうか? そして、手に入れたAmazonギフト券を、ウェブマネーや他の電子マネー、またはポイントに交換することはできるのかというと、 それは直接交換はできないというのが結論です。 しかし、ネットで調べてみると、 Amazonギフト券をウェブマネーに交換できるサイトがあるかもしれない、という情報が見つかります。 さっそく詳しく調べてみました。 そもそもウェブマネーってなに? ウェブマネーはコンビニなどの店舗やネットで簡単に購入することができる電子マネーです。 ウェブマネーの便利なポイントは主に下記の2点です。 使用の有効期限がないこと• 身分証提示なくコンビニ等で誰でも簡単に買えること ウェブマネーはネットショップだけでなく、ゲームの課金や音楽や動画、電子書籍を購入する場合など幅広く使うことができます。 購入したウェブマネーの16ケタの番号を入力するだけで、 支払いに利用できて手順も簡単です。 ウェブマネーのような電子マネーは、身近なところでいうと 電車の運賃の支払いで利用するSuicaやPASMO、セブンイレブンで使えるnanaco ナナコ などが知られていますよね。 これらの電子マネーは、使える場所などは発行している会社で定められています。 では、ウェブマネーをAmazonギフト券に交換できる方法はあるのでしょうか? ウェブマネーからAmazonギフト券を手に入れることはできるのか? ウェブマネーの中には色々な種類があるのですが、大まかに2種類に分けることができます。 使い切りタイプ よくコンビニで見かけるのは上の写真のようなタイプのものだと思います。 プリペイドカードタイプ 使い切りタイプ他に、もっと便利に使える 「ウェブマネープリペイドカード」というものがあります。 ウェブマネープリペイドカードは、お金をチャージして何度でも使えるカードですが、クレジットカードとは違うので、 審査や年会費などがないので誰でも持つことができます。 本人限定タイプと、無記名タイプがあり、本人限定タイプは受取の際に本人確認が必要ですが、専用アプリからチャージができるようになっています。 無記名タイプは本人確認は不要でコンビニの端末から現金チャージ可能です。 そもそもチャージできるタイプのウェブマネーは、ウェブマネーカードという名前で以前から存在していましたが、更に進化した形で、2019年3月14日、国際セキュリティー基準のICチップが搭載されて進化した形で発売されています。 (2019年3月現在) つい2ヶ月ほど前の情報では、こちらのサービスが再開されるという情報もありました。 ですが、結論は今現在は利用できないようです。 サイトで貯まったポイントとAmazonギフト券を交換する方法 では、ウェブマネーといった電子マネーや現金以外からAmazonギフト券を手に入れる方法はあるのでしょうか? ネットを利用していると 「ポイントを貯めてAmazonギフト券をもらおう!」といった広告をよく目にすることがあるのでご存知の方も多いかと思いますが、 溜まったポイントはAmazonギフト券に交換することができます。 お得なポイント交換の方法をまとめてみました。 1、クレジットカードのポイントを利用する クレジットカード利用でポイントが貯まるというのは、知らず知らずのうちにかなりポイントが貯まっている場合があります。 利用しているクレジットカードのサイトにログインし、マイページなどで貯まったポイントがAmazonギフト券に交換できるサービスがあるかどうか調べてみましょう。 交換できそうであれば、クレジットカードのサイトの中で、説明されている手順通り手続きをすることでAmazonギフト券のギフト券の番号が発行されます。 それをAmazonサイトで登録すれば、Amazonのサイトの中でお買い物ができるようになります。 ぜひチェックしてみてください。 また、クレジットカードや現金を使ってヨドバシカメラで家電商品などを買った際に付与される「ヨドバシポイント」。 このポイントを使ってAmazonギフト券を手に入れる方法もあります! 2、お小遣いがたまるポイントサイトを利用する 広告を見て利用したり、アンケートに答えたりするだけでポイントがたまる、ポイントサイトというものがあります。 一度は利用したことがある方も多いのではないでしょうか。 特にクレジットカードはポイントサイトを利用して作るだけで、 500円~5,000円ぐらいと、高額なポイントが一気に貯まります。 そのポイントサイトにAmazonギフト券の交換サービスがあれば交換することができます。 オススメのポイントまとめサイト 日本で一番大きい規模のポイントまとめサイトといわれています。 オススメの交換先はAmazonギフト券です。 現金への交換は手数料かかります。 ポイント交換の手数料が無料というのがうれしいです。 こちらもポイントまとめサイトとしてはかなり古くからある老舗サイトです。 Amazonギフト券をウェブマネー等へ交換はできるのか?実際に試してみた! Amazonギフト券をウェブマネー等へ交換することは 「直接はできない」というのが結論ですが、ネット上で調べてみると、現時点(2019年3月)では、あるキーワードを組み合わせて検索すると、どうやらできるサイトがあるらしいという情報が見つかります。 それは「電子マネーポイント変換所」というサイトです。 Google検索で、 「Amazonギフト券」「電子マネーポイント変換所」というキーワードで検索すると1ページ目上位に表示されます。 こちらのサイトのトップ画面 「Amazonギフト券から、ウェブマネーへ交換」という項目をクリックします。 表示された画面のフォームにメールアドレスを入力して申込みできるようになっています。 申込みすると、新しく購入されたウェブマネーのプリペード番号がメールで送られてくるという仕組みのようです。 ただし、変換率はAmazonギフト券100、ウェブマネー400とあるため、たとえ交換できたとしても3,000円分のAmazonギフト券は1,200円分のウェブマネーに交換されるということになりますよね。 また、 「どのようにして交換しているのですか?」という問合せがありました。 これに対しての答えは、 正規では行われていないこと、サイト運営者は金券ショップの方ではないとのことが分かっており、このようなことができたらいいという想いで始められたサービスのようです。 運営されている方が個人で換金し、換金後にウェブマネーなどを購入して申込者へ送信しているようです。 実際に交換の申込みをしてみた! 実際に、電子マネーポイント交換所というサイトで、現在持っているAmazonギフト券をウェブマネーに交換してみようと思い、試しに申し込んでみました。 手順は次の通りです。 サイトにアクセスし、画面の上の方にある「Amazonギフト券をウェブマネーに交換」の文字をクリックする サイトURL 自分のメールアドレスをフォームに入力をする 入力すると下記のようなメッセージがでてきます。 メールの受信を確認して下さい。 メールにアマゾンギフト券のプリペイド番号を入力するページのアドレス(URL)が書かれていますので、入力お願いします。 ポイント数確認後、入力したメールアドレスにウェブマネープリペイド番号をお送りします。 申し込んだところ、申込みの確認メールが届きました。 申込み完了 さて、待つこと1日・・・次のようなメールが届きましたが結果としては、サービスは休止中のようです。 他の交換のサービスは可能のようです。 Amazonギフト券の一番価値ある交換方法は? Amazonギフト券を手に入れたけれども、やっぱりウェブマネーなどの電子マネーに変えたいと思った時に、どうするのが一番いいのか? というと、 結論は現金に交換することだと思います。 先に述べた電子マネーポイント交換所というサイトでは、今現在はAmazonギフト券からウェブマネーへの交換サービスは 休止されているようです。 店頭での買い取りは全国的にとても数が少なく、買取率も80%ぐらいが相場なので、 ネット上で優良な業者を探すのが一番手堅い方法です。 尚買取率は日々変動しますので、必ず公式サイトで 「本日の買取率」をチェックしてから利用するようにしましょう。 プランが3つに分かれており、特急プラン、通常プラン、翌日プランとあり、選ぶことができます。 リピーターの方の利用では、翌日プランは若干買取率が高めになります。 まとめ Amazonギフト券をウェブマネーへ交換できるらしいとされていた「電子マネーポイント交換所」ですが、今現在はこの交換のサービスは停止されていることがわかりました。 Amazonギフト券を他の電子マネーに交換したくなった場合、直接交換する方法はない為、できる方法があるとすれば、自分自身でAmazonギフト券を現金へ交換して、手に入れた現金で他の電子マネーを購入することが一番お得な方法といえますね。 また、交換という点からは、サイトでたまったポイントをAmazonギフト券に交換できる便利なサービスもたくさんあることがわかりました。 各公式サイトで自分で調べて、お得に交換できる方法を選びましょう。

次の

ebookJapanの支払い方法は?webmoney決済で漫画を購入する手順も解説

電子書籍 ウェブマネー

電子書籍とは? 電子書籍とは、スマホ、タブレット端末、Kindleなどの専用リーダー端末で読めるようにデジタルで作られた本のことを言います。 一番の特徴は、 Web上で簡単に購入しすぐに読めることです。 電子書籍は、文字の大きさや画像の大きさを自由に変えられます。 文字の大きさを変えて1ページに表示する文字数を変えられるタイプ(可変レイアウト型)とコミックや雑誌などレイアウトを変えずに1ページの一部を大きく画面に表示するタイプ(固定レイアウト型)の2種類があります。 電子出版の市場規模 インプレス総合研究所によると、2016年度の日本の電子出版市場規模は2278億円。 電子書籍が1976億円、電子雑誌が302億円。 全体の71%をコミックが占めます。 電子書籍は、紙の本と何が違う? 紙の本は、紙に文字や画像を紙に印刷して人の目で読めるようにしてあります。 これに対し、電子書籍はそれを表示する端末の画面と専用アプリが必要です。 また、紙に印刷して運ぶ必要がないデジタルな存在なので、作るのみ端末に配信するのも費用が安いです。 このため、 紙の本より価格が安いのが2番目の特徴です。 紙の本は、再販価格維持制度という独占禁止法の例外に守られているので、定価での販売が基本となりますが、電子書籍はこの対象ではないので、価格を自由に設定できます。 このため、電子書籍を販売しているオンライン書店では、無料キャンペーンや割引のキャンペーンが頻繁に行われています。 電子書籍はどうやって読む? パソコン、スマホ、タブレット端末、専用リーダー端末などほとんどのデバイスで読めます。 キンドルストアなどのオンライン書店で購入した本は、それぞれの端末やパソコンで無料アプリやブラウザを使って読みます。 スマホとタブレット端末では、電子書籍を読むためのアプリをインストールします。 「開く」または「インストール」をタップすれば、すぐにインストールが完了します。 ブラウザなどからKindleストアなどのオンライン書店でKindleの本を購入すると、自動的に端末にダウンロードが始まります。 そして、ダウンロードされた本を開いて読みます。 購入した本は、オンライン書店のライブラリーと呼ばれる管理画面で管理します。 ダウンロードして、いつでも読むことができます。 電子書籍は、買ってからすぐに読める? スマホ、タブレット端末、パソコンからKindleストアにアクセスし、ワンクリックで購入が完了してから、端末にすぐダウンロードが始まります 電子書籍は、どの端末で読める? ほとんどの端末で電子書籍を読むことができます。 電子書籍が選ばれる理由、メリット 電子ペーパーのメリットは大きく3つあります。 太陽の下でも文字が読みやすい 太陽の下では、携帯の画面やスマートフォンの液晶、タブレット型PCのディスプレイに表示される文字はほとんど読めません。 それは、太陽の光が反射してしまうからです。 しかし、電子書籍の場合、普通の紙と同じように反射光を利用して文字を表示するので、太陽の下でも普通に読書をすることができます。 逆に暗い場所では、バックライトを使ったカラー液晶で普通に読書ができます。 電子ペーパーは通常の紙と同様に、暗い場所では見えません。 真っ暗な場所ではライトが必要になります。 長時間読書を続けても、大丈夫 電子ペーパーは、バックライトを使わないので長時間読書を続けても、目が疲れません。 電子ペーパーの場合は、反射光によって文字を浮かび上がらせるので、画面から光が出ることはなく、自然で目に優しい特徴があります。 バッテリーの持ちがよい 電子書籍はバックライトを使わないので、省電力に優れています。 電子書籍の端末によっては、1ヶ月~2ヶ月間、充電なしで利用できるものもあります。 しかし、タブレット型PCなどは、携帯電話と同様に、普通に使っていると2、3日に一度は充電をしなくてはなりません。 かさばらない 電子書籍はスマホやタブレットに 何十冊、何百冊も入れて一緒に持ち運べます。 電子書籍はクラウドが本棚、部屋のスペースをとりません!• いつでも買える、すぐ読める 電子書籍は、24時間365日いつでもすぐに買えます。 紙より値段が安いことがある 紙代、印刷代、倉庫代が不要なので紙版より安いことがあります。 さらに紙と違って値引き販売もあるので、 お手頃価格で買えることがあります。 汚れや水に強い 紙は一度汚れたり濡れると拭いても元には戻りませんが、電子書籍はスマホやタブレットに入っているデータなので、汚れや水濡れは発生しません。 ポイントが貯まる! ポイントがサクサク貯まり、そのポイントで本を購入可能!• 無料で読める! 漫画なら、3巻まで無料で読めるキャンペーンとかもあります!• 便利な機能 電子書籍には文字を拡大する機能や文書中を検索する機能、付箋やメモを大量に付けられる機能などがあります。 電子書籍の買い方・読み方 電子書籍を買って読む流れは、下記になります。 STEP 1 ネット上の電子書籍ストアでアカウントを作ります。 STEP 2 読みたい電子書籍を購入します。 購入には、クレジットカードが一般的ですが、そのほかケータイ払いやSuica、コンビニで買えるWebMoneyなどを選べるストアもあります。• STEP 3 スマホやタブレットで電子書籍を読むためのビューアアプリをインストールします。 ビューアアプリは電子書籍ストアごとに異なります。 STEP 3 購入した電子書籍ストアを、ビューアアプリにダウンロードしてから読みます。 電子書籍を読むための端末、電子書籍リーダーの種類 電子書籍リーダーには大きく分けて2つのタイプがあります。 それは、「総合的な使い方ができるタブレット型PC」と、「電子書籍を読むための専用端末」になります。 タッチパネルを使ったタブレット型PCは、電子書籍を読むために作られた製品ではなく、電子書籍も読めるパソコンです。 本来は、ネットや、メールをしたりすることが主ですが、、機能の一つとして、電子書籍を読むための機能も付いています。 ネットをするときは、ネットアプリ、メールをするときはメールアプリ、電子書籍を読むときは電子書籍のアプリを使います。 画面はカラー液晶が採用され、カラフルですが、その分、太陽光の反射によって外出先では画面が見にくいというデメリットがあります。 また、価格も読書専用に作られた端末と比較すると数倍します。 タブレット型PCの代表的な機種 アマゾン Kindle アップル iPad ソニー Sony Tablet シャープ GALAPAGOS 電子書籍の専用端末 もう一つは、電子書籍を読むために作られた専用の端末です。 機種によってはインターネットができたり、メールの送受信ができるものもあります。 電子書籍専用の端末は、画面に電子ペーパーを使ったものが多く、モノクロ 白黒 表示のものが多いのですが、読みやすく目が疲れません。 また、太陽光にも反射しにくいので、外出先や太陽の下でも気にせず普通に読書ができます。 また、バッテリーの持ちが非常に良く、タブレットPCのカラー液晶とは違い、1ヶ月充電しなくても使える機種もあります。 また、「複数のフォントが入っている」端末もあります。 電子書籍リーダーには、最初からいくつかのフォントが内蔵されているので、自分が好きな字体を選び読書ができます。 また、片手で読める文庫本サイズなど、色々な種類のサイズがあります。 読書専用端末の代表的な機種 アマゾン Kindle 楽天 kobo Touch ソニー Reader ネットやメールなど、一つの端末で色んなことがしたいならタブレット型PCを選び、操作が簡単で、電子書籍としてのみ本を読むのであれば専用端末を選ぶといいでしょう。 電子書籍リーダー 専用端末 の方が価格が安いです。 電子書籍リーダーの機種を選ぶポイント 電子書籍リーダーには様々な種類があります。 利用する電子書籍ストアに対応しているかどうか? 電子書籍リーダーは、おおむね一つの電子書籍ストアにしか対応していません。 例えば、Kindle Paperwhiteは、Amazonの電子書籍であるKindleにのみ対応しています。 Kindle Paperwhiteで楽天・eBookなどの電子書籍は購入できません。 電子書籍リーダーと対応ストアは、下記になります。 ・ 電子書籍リーダーとして唯一のアプリによる電子書籍購入スタイル。 他の電子書籍リーダーよりも値段が高めですが、複数のストアを利用できるという特徴があります。 これらの主に3種類です。 複数ストアのアプリを併用したいと考えている方も、BOOXでの利用になります。 電子書籍の購入ストアを徹底比較 おすすめで安いのは? 電子書籍のお得な購入方法 電子書籍は一度購入すると、同じ電子書籍ストアで購入する可能性も高いので、サービスの特徴、品揃えや料金が安いかどうかを比較してみました。 また、各社とも会員限定でお得クーポンを配っていたりするので、登録しておくとお得です。 昔は電子書籍を利用している人は少なかったのですが、今はかなりの方が、iPhone・AndroidなどのスマートフォンやiPadなどのタブレットで電子書籍の小説や漫画・コミックを読んでいます。 最近は、ソニーのReaderやAmazonのKindle、楽天のKoboなど多くの会社が電子書籍アプリを配信していますが、サービスの数が増えてどれを選べばいいかわからないという方は多いと思います。 今回は電子書籍アプリの選び方と比較ポイント、タイプ別におすすめの電子書籍アプリをご紹介したいと思います。 これから電子書籍デビューを考えている人や、既に使っているけど他のサービスも気になっているという人はぜひ参考にしてみてください! eBookJapan(イーブックジャパン)は、株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営する電子書籍ストアです。 2016年に同社はヤフージャパングループの一員となりました。 そのため、 Yahoo! JAPAN IDでのログインが可能になっていて、とても便利です。 マンガを中心に 約54万冊の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴になります。 漫画の保有数は最大級なので、漫画好きにはオススメの電子書籍ストアとなります。 貯まったポイントは1ポイント=1円相当として利用することができます。 漫画以外にも、「無料で全ページ立読」や「割引SALE」などお得に購入することもできます。 、三国志、異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術、頭文字D 超合本版、銀河英雄伝説、シティーハンター 完全版、進撃の巨人 attack on titan、弱虫ペダル、北斗の拳、ONE PIECE、静かなるドン、ゴルゴ13、宇宙兄弟、闇金ウシジマくん、NARUTO、美味しんぼ、七つの大罪、鋼の錬金術師、ベルセルク、BREACH、GANTZ、名探偵コナン まんが王国の最大の特徴はなんといっても 無料マンガの作品数の多さです。 会員登録 無料 を行うと2500作品以上のマンガを無料で読むことができます。 そのため、購入する・しないにかかわらず、会員登録だけでもすませておくことをオススメします。 会員登録だけであれば、費用は一切かかりません。 あと、「3冊無料キャンペーン」も常時開催されており、有名作品を3冊無料で手に入れられます。 購入方法 ・商品ごとに決められた単価で購入 or ・月額コースで購入 支払方法 クレジットカード決済(VISA、Master、JCB等)、spモード決済、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、WebMoney決済、楽天ペイ、LINE Pay ラインナップ 少年漫画、女性漫画、青年漫画、TL漫画、BL漫画、オトナ漫画 R18 ほか 対応端末 PC(Windows、Macintosh)、Android、iPhone、iPad、iPod touch 読める漫画の例 ワンピース、名探偵コナン、ゴルゴ13、ドラゴンボール、こち亀、ナルト、美味しんぼ、スラムダンク、ドラえもん、ジョジョの奇妙な冒険、タッチ、キングダム、進撃の巨人、FAIRY TAIL、七つの大罪、僕のヒーローアカデミア、東京喰種、鋼の錬金術師、HUNTERXHUNTER、弱虫ペダルほか BookLive! は、 約31万タイトルと60万冊を配信しており、毎日更新されています。 凸版印刷グループの電子ストアです。 TSUTAYA、東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資を受けサービスを配信しているので、安定したサービス提供が見込まれます。 日本最大級の電子書籍配信サービスなので、取り扱っているジャンルも豊富です。 マンガ、ライトノベル、文芸、ビジネス実用、雑誌、写真集まで配信されています。 Reader」 無料 をダウンロード 支払方法 クレジットカード(VISA、Master、JCB)、ケータイ決済(docomo、au、softbank)、BookLive! コミックを中心に様々なジャンルの電子書籍を取り揃えています。 無料で読める電子書籍も多数取り揃えており、定期的に更新されます。 マルチデバイス対応で、パソコン、スマートフォン、タブレットでいつでもどこでも読むことができます。 また、あらかじめ電子書籍をダウンロードしておくと、オフラインで読むことができます。 10年以上の運営実績がある電子書籍ストアです。 26万冊以上と充実したラインナップで、無料漫画コーナーやお得なキャンペーンなどのコンテンツが充実しています。 決済方法も10種類以上あります。 ストア クレカ キャリア決済 電子マネー プリペイドカード 書店 ポイント — D・A・S W・B・E・銀・J — — — 〇 D・A・S W・B・E・S BookLive! プリペイドカード — 〇 D・A — Amazonギフト券 〇 Tポイント 〇 D・A・S W・B・リ チャージ用チケット — hontoポイント — D・A W・B・S・P・i・楽 プリペイドコイン — 楽天スーパーポイント 〇 D・A キ 楽天ポイントギフトカード — 楽天スーパーポイント 〇 — — iTunesカード — — — D・A・S W・Y — — Tポイント ブーブラウザのみ Dードコモ Aーau Sーソフトバンク Wーwebmoney Bーbitcash SーSuica キー楽天キャッシュ iーiD PーPaypal JーJCBプレモ 銀ー楽天銀行 楽ー楽天ID.

次の

『正しく入力してください(決済メッセージ番号:10000001)』と表示されました。:電子マネーWebMoney(ウェブマネー)

電子書籍 ウェブマネー

電子書籍とは? 電子書籍とは、スマホ、タブレット端末、Kindleなどの専用リーダー端末で読めるようにデジタルで作られた本のことを言います。 一番の特徴は、 Web上で簡単に購入しすぐに読めることです。 電子書籍は、文字の大きさや画像の大きさを自由に変えられます。 文字の大きさを変えて1ページに表示する文字数を変えられるタイプ(可変レイアウト型)とコミックや雑誌などレイアウトを変えずに1ページの一部を大きく画面に表示するタイプ(固定レイアウト型)の2種類があります。 電子出版の市場規模 インプレス総合研究所によると、2016年度の日本の電子出版市場規模は2278億円。 電子書籍が1976億円、電子雑誌が302億円。 全体の71%をコミックが占めます。 電子書籍は、紙の本と何が違う? 紙の本は、紙に文字や画像を紙に印刷して人の目で読めるようにしてあります。 これに対し、電子書籍はそれを表示する端末の画面と専用アプリが必要です。 また、紙に印刷して運ぶ必要がないデジタルな存在なので、作るのみ端末に配信するのも費用が安いです。 このため、 紙の本より価格が安いのが2番目の特徴です。 紙の本は、再販価格維持制度という独占禁止法の例外に守られているので、定価での販売が基本となりますが、電子書籍はこの対象ではないので、価格を自由に設定できます。 このため、電子書籍を販売しているオンライン書店では、無料キャンペーンや割引のキャンペーンが頻繁に行われています。 電子書籍はどうやって読む? パソコン、スマホ、タブレット端末、専用リーダー端末などほとんどのデバイスで読めます。 キンドルストアなどのオンライン書店で購入した本は、それぞれの端末やパソコンで無料アプリやブラウザを使って読みます。 スマホとタブレット端末では、電子書籍を読むためのアプリをインストールします。 「開く」または「インストール」をタップすれば、すぐにインストールが完了します。 ブラウザなどからKindleストアなどのオンライン書店でKindleの本を購入すると、自動的に端末にダウンロードが始まります。 そして、ダウンロードされた本を開いて読みます。 購入した本は、オンライン書店のライブラリーと呼ばれる管理画面で管理します。 ダウンロードして、いつでも読むことができます。 電子書籍は、買ってからすぐに読める? スマホ、タブレット端末、パソコンからKindleストアにアクセスし、ワンクリックで購入が完了してから、端末にすぐダウンロードが始まります 電子書籍は、どの端末で読める? ほとんどの端末で電子書籍を読むことができます。 電子書籍が選ばれる理由、メリット 電子ペーパーのメリットは大きく3つあります。 太陽の下でも文字が読みやすい 太陽の下では、携帯の画面やスマートフォンの液晶、タブレット型PCのディスプレイに表示される文字はほとんど読めません。 それは、太陽の光が反射してしまうからです。 しかし、電子書籍の場合、普通の紙と同じように反射光を利用して文字を表示するので、太陽の下でも普通に読書をすることができます。 逆に暗い場所では、バックライトを使ったカラー液晶で普通に読書ができます。 電子ペーパーは通常の紙と同様に、暗い場所では見えません。 真っ暗な場所ではライトが必要になります。 長時間読書を続けても、大丈夫 電子ペーパーは、バックライトを使わないので長時間読書を続けても、目が疲れません。 電子ペーパーの場合は、反射光によって文字を浮かび上がらせるので、画面から光が出ることはなく、自然で目に優しい特徴があります。 バッテリーの持ちがよい 電子書籍はバックライトを使わないので、省電力に優れています。 電子書籍の端末によっては、1ヶ月~2ヶ月間、充電なしで利用できるものもあります。 しかし、タブレット型PCなどは、携帯電話と同様に、普通に使っていると2、3日に一度は充電をしなくてはなりません。 かさばらない 電子書籍はスマホやタブレットに 何十冊、何百冊も入れて一緒に持ち運べます。 電子書籍はクラウドが本棚、部屋のスペースをとりません!• いつでも買える、すぐ読める 電子書籍は、24時間365日いつでもすぐに買えます。 紙より値段が安いことがある 紙代、印刷代、倉庫代が不要なので紙版より安いことがあります。 さらに紙と違って値引き販売もあるので、 お手頃価格で買えることがあります。 汚れや水に強い 紙は一度汚れたり濡れると拭いても元には戻りませんが、電子書籍はスマホやタブレットに入っているデータなので、汚れや水濡れは発生しません。 ポイントが貯まる! ポイントがサクサク貯まり、そのポイントで本を購入可能!• 無料で読める! 漫画なら、3巻まで無料で読めるキャンペーンとかもあります!• 便利な機能 電子書籍には文字を拡大する機能や文書中を検索する機能、付箋やメモを大量に付けられる機能などがあります。 電子書籍の買い方・読み方 電子書籍を買って読む流れは、下記になります。 STEP 1 ネット上の電子書籍ストアでアカウントを作ります。 STEP 2 読みたい電子書籍を購入します。 購入には、クレジットカードが一般的ですが、そのほかケータイ払いやSuica、コンビニで買えるWebMoneyなどを選べるストアもあります。• STEP 3 スマホやタブレットで電子書籍を読むためのビューアアプリをインストールします。 ビューアアプリは電子書籍ストアごとに異なります。 STEP 3 購入した電子書籍ストアを、ビューアアプリにダウンロードしてから読みます。 電子書籍を読むための端末、電子書籍リーダーの種類 電子書籍リーダーには大きく分けて2つのタイプがあります。 それは、「総合的な使い方ができるタブレット型PC」と、「電子書籍を読むための専用端末」になります。 タッチパネルを使ったタブレット型PCは、電子書籍を読むために作られた製品ではなく、電子書籍も読めるパソコンです。 本来は、ネットや、メールをしたりすることが主ですが、、機能の一つとして、電子書籍を読むための機能も付いています。 ネットをするときは、ネットアプリ、メールをするときはメールアプリ、電子書籍を読むときは電子書籍のアプリを使います。 画面はカラー液晶が採用され、カラフルですが、その分、太陽光の反射によって外出先では画面が見にくいというデメリットがあります。 また、価格も読書専用に作られた端末と比較すると数倍します。 タブレット型PCの代表的な機種 アマゾン Kindle アップル iPad ソニー Sony Tablet シャープ GALAPAGOS 電子書籍の専用端末 もう一つは、電子書籍を読むために作られた専用の端末です。 機種によってはインターネットができたり、メールの送受信ができるものもあります。 電子書籍専用の端末は、画面に電子ペーパーを使ったものが多く、モノクロ 白黒 表示のものが多いのですが、読みやすく目が疲れません。 また、太陽光にも反射しにくいので、外出先や太陽の下でも気にせず普通に読書ができます。 また、バッテリーの持ちが非常に良く、タブレットPCのカラー液晶とは違い、1ヶ月充電しなくても使える機種もあります。 また、「複数のフォントが入っている」端末もあります。 電子書籍リーダーには、最初からいくつかのフォントが内蔵されているので、自分が好きな字体を選び読書ができます。 また、片手で読める文庫本サイズなど、色々な種類のサイズがあります。 読書専用端末の代表的な機種 アマゾン Kindle 楽天 kobo Touch ソニー Reader ネットやメールなど、一つの端末で色んなことがしたいならタブレット型PCを選び、操作が簡単で、電子書籍としてのみ本を読むのであれば専用端末を選ぶといいでしょう。 電子書籍リーダー 専用端末 の方が価格が安いです。 電子書籍リーダーの機種を選ぶポイント 電子書籍リーダーには様々な種類があります。 利用する電子書籍ストアに対応しているかどうか? 電子書籍リーダーは、おおむね一つの電子書籍ストアにしか対応していません。 例えば、Kindle Paperwhiteは、Amazonの電子書籍であるKindleにのみ対応しています。 Kindle Paperwhiteで楽天・eBookなどの電子書籍は購入できません。 電子書籍リーダーと対応ストアは、下記になります。 ・ 電子書籍リーダーとして唯一のアプリによる電子書籍購入スタイル。 他の電子書籍リーダーよりも値段が高めですが、複数のストアを利用できるという特徴があります。 これらの主に3種類です。 複数ストアのアプリを併用したいと考えている方も、BOOXでの利用になります。 電子書籍の購入ストアを徹底比較 おすすめで安いのは? 電子書籍のお得な購入方法 電子書籍は一度購入すると、同じ電子書籍ストアで購入する可能性も高いので、サービスの特徴、品揃えや料金が安いかどうかを比較してみました。 また、各社とも会員限定でお得クーポンを配っていたりするので、登録しておくとお得です。 昔は電子書籍を利用している人は少なかったのですが、今はかなりの方が、iPhone・AndroidなどのスマートフォンやiPadなどのタブレットで電子書籍の小説や漫画・コミックを読んでいます。 最近は、ソニーのReaderやAmazonのKindle、楽天のKoboなど多くの会社が電子書籍アプリを配信していますが、サービスの数が増えてどれを選べばいいかわからないという方は多いと思います。 今回は電子書籍アプリの選び方と比較ポイント、タイプ別におすすめの電子書籍アプリをご紹介したいと思います。 これから電子書籍デビューを考えている人や、既に使っているけど他のサービスも気になっているという人はぜひ参考にしてみてください! eBookJapan(イーブックジャパン)は、株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営する電子書籍ストアです。 2016年に同社はヤフージャパングループの一員となりました。 そのため、 Yahoo! JAPAN IDでのログインが可能になっていて、とても便利です。 マンガを中心に 約54万冊の圧倒的な電子書籍の取り扱い数が特徴になります。 漫画の保有数は最大級なので、漫画好きにはオススメの電子書籍ストアとなります。 貯まったポイントは1ポイント=1円相当として利用することができます。 漫画以外にも、「無料で全ページ立読」や「割引SALE」などお得に購入することもできます。 、三国志、異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術、頭文字D 超合本版、銀河英雄伝説、シティーハンター 完全版、進撃の巨人 attack on titan、弱虫ペダル、北斗の拳、ONE PIECE、静かなるドン、ゴルゴ13、宇宙兄弟、闇金ウシジマくん、NARUTO、美味しんぼ、七つの大罪、鋼の錬金術師、ベルセルク、BREACH、GANTZ、名探偵コナン まんが王国の最大の特徴はなんといっても 無料マンガの作品数の多さです。 会員登録 無料 を行うと2500作品以上のマンガを無料で読むことができます。 そのため、購入する・しないにかかわらず、会員登録だけでもすませておくことをオススメします。 会員登録だけであれば、費用は一切かかりません。 あと、「3冊無料キャンペーン」も常時開催されており、有名作品を3冊無料で手に入れられます。 購入方法 ・商品ごとに決められた単価で購入 or ・月額コースで購入 支払方法 クレジットカード決済(VISA、Master、JCB等)、spモード決済、auかんたん決済、ソフトバンクまとめて支払い、WebMoney決済、楽天ペイ、LINE Pay ラインナップ 少年漫画、女性漫画、青年漫画、TL漫画、BL漫画、オトナ漫画 R18 ほか 対応端末 PC(Windows、Macintosh)、Android、iPhone、iPad、iPod touch 読める漫画の例 ワンピース、名探偵コナン、ゴルゴ13、ドラゴンボール、こち亀、ナルト、美味しんぼ、スラムダンク、ドラえもん、ジョジョの奇妙な冒険、タッチ、キングダム、進撃の巨人、FAIRY TAIL、七つの大罪、僕のヒーローアカデミア、東京喰種、鋼の錬金術師、HUNTERXHUNTER、弱虫ペダルほか BookLive! は、 約31万タイトルと60万冊を配信しており、毎日更新されています。 凸版印刷グループの電子ストアです。 TSUTAYA、東芝、日本政策投資銀行、日本電気、三井物産の出資を受けサービスを配信しているので、安定したサービス提供が見込まれます。 日本最大級の電子書籍配信サービスなので、取り扱っているジャンルも豊富です。 マンガ、ライトノベル、文芸、ビジネス実用、雑誌、写真集まで配信されています。 Reader」 無料 をダウンロード 支払方法 クレジットカード(VISA、Master、JCB)、ケータイ決済(docomo、au、softbank)、BookLive! コミックを中心に様々なジャンルの電子書籍を取り揃えています。 無料で読める電子書籍も多数取り揃えており、定期的に更新されます。 マルチデバイス対応で、パソコン、スマートフォン、タブレットでいつでもどこでも読むことができます。 また、あらかじめ電子書籍をダウンロードしておくと、オフラインで読むことができます。 10年以上の運営実績がある電子書籍ストアです。 26万冊以上と充実したラインナップで、無料漫画コーナーやお得なキャンペーンなどのコンテンツが充実しています。 決済方法も10種類以上あります。 ストア クレカ キャリア決済 電子マネー プリペイドカード 書店 ポイント — D・A・S W・B・E・銀・J — — — 〇 D・A・S W・B・E・S BookLive! プリペイドカード — 〇 D・A — Amazonギフト券 〇 Tポイント 〇 D・A・S W・B・リ チャージ用チケット — hontoポイント — D・A W・B・S・P・i・楽 プリペイドコイン — 楽天スーパーポイント 〇 D・A キ 楽天ポイントギフトカード — 楽天スーパーポイント 〇 — — iTunesカード — — — D・A・S W・Y — — Tポイント ブーブラウザのみ Dードコモ Aーau Sーソフトバンク Wーwebmoney Bーbitcash SーSuica キー楽天キャッシュ iーiD PーPaypal JーJCBプレモ 銀ー楽天銀行 楽ー楽天ID.

次の