ウルトラ ストレッチ アクティブ アンクル パンツ。 ユニクロEZYアンクルパンツ(ウルトラストレッチ)の2020年、2019年の違いを比較

クールビズでズボンはユニクロを履こう!30代倹約SEの最適解

ウルトラ ストレッチ アクティブ アンクル パンツ

【ユニクロ】ウルトラストレッチアクティブショートパンツをレビュー それでは早速今回紹介するおすすめのウルトラストレッチアクティブショートパンツを見ていきましょう。 ユニクロの高機能素材ドライEXを使用 実はユニクロのスポーツウェアは価格には見合わないほどハイクオリティです。 独自の「ドライEX素材」によって、軽い、ストレッチ性が抜群、汗の乾きが良いという三拍子揃った機能を搭載しています。 要は 普通のスポーツブランドのウェアと同等の機能性を持っています。 ランニング、登山で使用してみましたが特に文句のつけようもなく快適でした。 地味にあると嬉しいジッパーのポケットも見逃せません。 鍵や小銭など落としたらマズイものを入れるのに何かと便利です。 シンプルなデザインでスポーツから街着としても使える とにかくシンプルなデザインなので、他のスポーツブランドのウェアとも合わせやすいです。 サッカーウェアと合わせたり、アウトドアブランドのウェアと合わせたり自由自在です。 一方で街着としても使えるシンプルさも強みです。 特に裾に幅があるためムチムチ感もなく足が綺麗に見えやすい特徴があります。 ちょっとした外出にも使いやすく、 暑くなってくると汗の乾きの良さが魅力すぎてつい手が伸びる便利ウェアと言えます。 気持ち着丈が長いのでサイズ選びは要注意 こんな便利ウェアですがサイズ選びだけは要注意です。 気持ち着丈長めです。 特に街着としても使うことを考えるのであればワンサイズ下げた方がピッタリな方も多いかと思います。 僕は少しウエスト高めに穿くことで長さを調整していますが、是非試着してしっくりくるサイズを選んでくださいね。 【注意】ウルトラストレッチアクティブショートパンツとドライEXショートパンツの違い 少しわかりにくいのですが、ユニクロには同じような機能を持ったドライEXショートパンツというショートパンツが存在します。 それぞれの違いと用途ごとにおすすめタイプを解説します。 よりスポーツで活躍するのはドライEXショートパンツ ユニクロの誇るスポーツウェア用ドライEX素材を使用しているのは共通ですが、 ドライEXショートパンツはより薄くて通気性が高く、汗の乾きが早いです。 同じ環境下で撮影した2枚ですが比べてみると光の通りが異なることがわかります。 こちらがドライEXショートパンツ こちらがウルトラストレッチアクティブショートパンツ また、ドライEXショートパンツにはメッシュのラインが入っており、 見た目はよりスポーティーな印象を受けます。 機能面では申し分ないのですが、一点マイナスポイントがあります。 それは ユニクロマークで一瞬でユニクロとバレる(ユニバレする)という残念な特徴です。 スポーツ特化のショートパンツを探していていてユニクロマークも気にならないのであれば、間違いなくドライEXショートパンツの方がより高い機能を発揮できるのでオススメです。 より多用途で活躍するのはウルトラストレッチアクティブショートパンツ 一方の ウルトラストレッチアクティブショートパンツも、素材にドライEXを利用しているので機能としては申し分ないです。 しかし少し厚めの生地を採用しているため、ドライEXショートパンツと比べると汗の乾きには少しだけ多くの時間を必要とします。 それでも登山やランニングなどで使用して全く不快な感じはないため、 余程ハードはトレーニングをしなければ機能面での差は感じにくいかと思います。 リフレクターはあるけどユニクロマークではなく、裾にワンポイント入っているだけなのでユニバレしないのも嬉しいポイント。 スポーティー感はドライEXショートパンツほど強くないので、街着としても使いやすいです。 漠然とスポーツ用や気軽に穿けるショートパンツが欲しい人にはウルトラストレッチアクティブショートパンツがオススメです。 【まとめ】アクティブなシーンからちょっとした外出まで使えるウルトラストレッチアクティブショートパンツは便利! 最後にウルトラストレッチアクティブショートパンツの良さをおさらいします。

次の

クールビズでズボンはユニクロを履こう!30代倹約SEの最適解

ウルトラ ストレッチ アクティブ アンクル パンツ

こんにちは、今回はユニクロメンズのEZYアンクルパンツ(ウルトラストレッチドライEX)をレビューしていきたいと思います。 こちらは2019年まではドライEXとして売り出されていたものですが、今回はウルトラストレッチという更にストレッチ性をプラスした生地で発売されました。 元々ドライEXという素材自体がかなり伸縮性がある生地だっただけに、2020春夏に更に伸びるようになって快適性は抜群。 汗もすぐ乾く機能素材なので、夏も快適に履けるパンツでしょう。 コットンも悪くないですが、個人的にはEZYアンクルパンツの中では2020年春夏ではドライEXが総合力では最強だと思います。 詳しい理由を以下で述べていきます。 Table of Contents• ユニクロメンズのEZYアンクルパンツ(ウルトラストレッチドライEX)の機能性は?洗濯はどう? 機能性は序文でも述べましたが、伸縮性自在かつ乾くのも早く非常に便利。 はスポーティーな素材ですが、カッチリとも見えるアイテムなのでジャケパンスタイルにも使える着回し力抜群のアイテムです。 カジュアルなスタイリングにも、ドレッシーなスタイリングにも使える万能アイテムではありますが無難な印象に落ち着くという側面もあります。 できれば、ちょっとアクセントのあるアイテムを合わせてあげましょう。 とにかく機能素材で汗もすぐ乾いて全く蒸れない。 夏にぴったりですが、冬だと寒いので夏用のパンツだと思いましょう。 運動用に使ってもいいですね。 クールビズスタイルで外回りをすることがあるなら、非常にありがたい存在でしょう。 ベージュやグレーは微妙ですが、ブラックやネイビーならよく見ないと普通のウールやウールライクなスラックスとの違いは分かり辛いと思います。 ユニクロメンズのEZYアンクルパンツ(ウルトラストレッチドライEX)のサイズ感は? はユニクロのEZYアンクルパンツ全般ですがやはりちょっとシルエットが無難。 テーパードといって裾に向かって細くなるデザインにはなっているのですが、ドライEXタイプは割と細くない。 上でも述べましたが、よく言えば何と合わせても違和感がないですが、悪く言えば特徴が全くない無難なアイテムです。 他のアイテムの主張が強い時に使いやすいでしょう。 ユニクロメンズのEZYアンクルパンツ(ウルトラストレッチドライEX)のオススメの色は? ユニクロメンズのEZYアンクルパンツ(ウルトラストレッチドライEX)のオススメはグレー。 Photo by ユニクロオンライン 春夏らしい明るさを伴ってくれます。 黒やネイビーも使いやすい。 ベージュはちょっと使いづらさがあります。 ちょっと発色が安っぽい。 ベージュという色自体は地味さを取り除いてくれていいんですけどね。 ブログですべてを述べたいところですが、正直書いても全くPV数が伸びない記事もあり伝えたいことがうまく伝えられない状況にモヤモヤしていました。 ブログはどうしても人気記事だけしか読まれないので、大衆向けの内容になってしまいファッションやイケメンになる理論が伝えられません。 そこで、メールマガジンとnoteで深くファッション理論や具体的なアイテムのオススメ、その組み合わせ方などお得な情報を紹介したいと思います。 メールマガジンでは、ファッションやイケメンになるための髪型や美容などの理論を、noteでは具体的なアイテムの紹介を行っております。 メールマガジンは無料、noteはジュース1~2本分のお値段です。 是非、ご覧ください。 毎シーズンのオススメアイテムについてご紹介しています。 これを読むだけで購入するアイテムに迷うことはありません。 デートや友人との遊びで「なんかオシャレだね、かっこいいね」と言われる自分になれます。 メールマガジンの登録は以下からお願いします。 もし、ほとんど集まらなかった場合は中止させていただくことがございます。 予めご了承ください。

次の

【UNIQLO/ユニクロ】ウルトラストレッチアクティブショートパンツをレビュー

ウルトラ ストレッチ アクティブ アンクル パンツ

オススメのタイプ ここ最近はなんとなく選んだデニムやチノパンを履くとちょっと野暮ったくなる可能性が高いので、 もし誰かにおすすめを聞かれたら、 デニムならデニムタイプ、 チノパンならコットンタイプのアンクルパンツを勧めるようにしてます。 ありがたいことに種類も豊富なので、 今のような寒い時期なら見た目も暖かなコーデュロイもいいですよねえ。 色味は茶色がメインですがオリーブもかわいい。 夏はもちろんウルトラストレッチドライEX1択ですよ。 去年ユニクロで買って良かったアイテムのダントツの1位です。 素晴らしい。 去年はまだドライEXウルトラストレッチアンクルパンツという名前でしたね。 ユニクロはちょこちょこ微妙に名前が変わるので覚えづらい。 今年も夏のパンツとしてはこれに敵うものはありません。 ぜひ来年もちゃんと出してほしい。

次の