ハウル の 動く 城 おばあちゃん。 ハウルの動く城

「ハウルの動く城」の都市伝説とは!実はハウルとソフィーは死んでいた!?

ハウル の 動く 城 おばあちゃん

C スタジオジブリ 名前 ソフィー・ハッター 性別 女 年齢 18歳 声優 倍賞千恵子 ばいしょうちえこ ソフィーの性格 町の帽子屋で働くソフィーは少し周りと比べるとかなり大人しめですが普通な女の子でした。 妹のレティーとは異なり、自分が長女であることを気にして自分のやりたいことをやるというよりも、お父さんが大事にしていた帽子屋を継ごうとしていました。 町の路地を歩いていた時には兵士2人に絡まれてしまって、震えてしまう程、強く主張できない性格でした。 しかし、荒地の魔女の呪いによっておばあちゃんになってしまってからは、家に居られないと感じてすぐに荒地の方へ向かったり、宿の為にハウルの動く城に乗り込んだりと活発的です。 また、の契約を盾にしてハウルにバラすと言って脅すなど、ずぶとい性格になっています。 あまりに不思議な存在だったことからには本当に魔女ではないかと疑われていました。 ソフィーの特徴 ソフィーは1人しかいませんが、その姿の違いによって彼女の内面部分についても変化が見られるようになっています。 冒頭は濃い茶色の髪を三つ編みにしていて、内気で現状を維持しようとしかしていませんでした。 次には、荒地の魔女の呪いのよって90歳のおばあちゃんになってしまい、呪いをかけられたことさえも人に言えない状況になりました。 この時には逆に年寄りであることを利用してあまり人に遠慮せずに図々しく接するようになっています。 また、料理や洗濯や掃除といった家事全般が得意なようで、ハウルの城で掃除婦として働くといって住み込みます。 しかし、あまりに掃除をし過ぎてハウルから注意されることもからかなりの綺麗好きでした。 最後には、その前の2つの中間の姿で、髪はグレーのままだけど初期よりは短くなった18歳の姿になりました。 ソフィーの家族 ソフィーの家族は映画内に2人登場しています。 妹のレティーは同じ街のチェザーリというお店で売り子としてお菓子の販売をしています。 姉のソフィーとは異なって、髪はブロンドで目元も口元もしっかりとクをして、髪型もセットして決めています。 ソフィーがレティーの仕事中に少し話している時でも、男の人達が何かと声をかけてくる程のもの凄い人気ぶりを見せます。 あまりに内向的なソフィーに対して「自分のことは自分で決めなきゃダメよ」と忠告する姉想いの良い妹です。 お母さんは改築した帽子屋に訪れ、おばあちゃんになったソフィーに驚きつつもすぐに受け入れます。 お金持ちと再婚したと言っていてましたが、その後のの手下と思われる人物に「夫の元に返して」と言っていることからソフィーと血の繋がりの有無は分かりませんが夫はいるようです。 ソフィーの声優 ソフィーの声を担当したのは、倍賞千恵子さんという主に女優や歌手として活動した方になります。 1965年のテレビドラマに出演し始めてから、現在まで多くの映画作品に出ています。 代表作品は映画作品で1969年から1995年に渡る「男はつらいよ」シリーズ、「下町の太陽」「暖流」などがあります。 ドラマ、映画共に出演している作品として「二十四の瞳」「幸福の黄色いハンカチ」があります。 1975年には「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」の評価によりブルーリボン賞助演女優賞、1980年には日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞しています。 歌手としては出演したドラマ作品の主題歌などを歌っており、NHKの紅白歌合戦には1963年から1966年までの4回連続で出演しています。 「ハウルの動く城」の主題歌の「世界の約束」も歌っており、2011年のジブリ作品である「コクリコ坂から」の主題歌も歌っております。 ソフィーの名台詞・名シーン 「きっと自分で何とかします。 私はそう信じます!」.

次の

ハウルの動く城 全セリフ紹介

ハウル の 動く 城 おばあちゃん

スポンサーリンク ハウルの動く城 ソフィーは可愛くて美人さん 引用元: まずソフィーは、自己肯定感がかなり低いです。 特に容姿に関して。 この後出てきますが、妹のベティと比較し自分に劣等感を抱いています。 ベティに比べると確かに地味めな顔だちをしているかもしれませんが、比較対象のレベルが高すぎるのです。 グーグル先生でソフィーを検索してみると「ソフィー 美人」と出てくるほど!冒頭でも軍人にナンパをされていますし、そもそも可愛くなかったらハウルだって恋に落ちていないと思います。 だから ソフィーは美人さんなのを全く気付いていない無自覚美人さんなのです、 魔法にかけられて90歳のおばあちゃんになっても割と早めにその状態を受け入れます。 自分の見た目に自信があったらすんなり受け止められないですよね。 他にもハウルが「美しくないと生きている意味がない」というと「私なんて美しかったこと一度もないわ!こんなとこ、もういやっ!」といって怒って部屋を飛び出してしまいます。 このセリフからも自分の見た目に劣等感を抱いていたことがわかります。 ソフィーは可愛いよ!とぜひ気づかせてあげたいものです。 ハウルの動く城 ソフィーの声が合わない? このハウルの動く城で大変な所は、ソフィーの見た目がコロコロ変わるところです。 なぜコロコロ見た目が変化するのかは、次で詳しく説明します。 しかも年齢の幅が10代と90代ではだいぶ違いますよね。 それを1人の声優が演技きるというのはだいぶ難しいと思います。 実写作品であれば動きやメイクなどで少しはカバーが聞くかもしれませんが、アニメは声だけで勝負しなければならないのでこれが大変です。 ソフィーを演じられたのは、 ベテラン女優の倍賞千恵子さんです。 スポンサーリンク 引用元: 本業は女優さんなので声優の仕事がメインではありません。 倍賞さんの声は落ち着きがあっておだやかでとても素敵な声の持ち主です。 90歳のおばあちゃんのときには、とてもマッチしていて素晴らしかったのですが、10代の少女のときだと声が落ち着いている分、ソフィーに貫禄が出てしまい、10代には見えないなどの声が上がってしまいました。 倍賞さんの年齢的にも10代の声を出すのは難しかったと思います。 私もソフィーの年齢設定を見るまでは、20代後半だと思っていたので18歳という設定を見て驚きました。 本業の声優さんでも10代と90代の声を演じ分けるのは難しそうなので、本業が女優の倍賞さんにはアフレコを相当苦労したのではないかと思われます。 だったら10代のときと声優さんをわければよかったのになんて素人の私などは思いますが、きっとそれでは宮崎駿監督的にはNGだったんでしょうね。 しかし、そんな厳しい中でも頑張って声の使い分けをしていた倍賞さんはすごいと思います。 声が合う合わないは気にせず、ぜひ作品に集中してご覧ください。 スポンサーリンク ハウルの動く城 ソフィーの見た目や年齢が変化しているのはなぜ?呪い? 引用元: 「ハウルの動く城はよくわからない」や「意味がわからないから苦手」という人の共通点はソフィーの見た目ではないかと思います。 場面ごとにコロコロ見た目が変わっているので「え?どうゆうこと?」と視聴者の頭には?マークが浮かび、1回見ただけでは理解するのが難しいからです。 荒れ地の魔女がソフィーにかけた呪いは少女の見た目が90歳の老婆にかわってしまうというものでしたが、これはただの呪いではありません。 呪いというよりも自己暗示に近いのです。 ソフィーがネガティブになれば90歳のおばあちゃんです。 しかし、眠っているときや自分に自信を持ち、気持ちが前向きになっているときにはポジティブなので若くなっているのです。 例えば、サリマン先生の所にハウルの身代わりで行かされた時、最初はいつものおばあちゃん姿でしたが、サリマン先生に対してハウルの思いを伝えたときには、若くなっています!(サリマン先生には恋をしていると見抜かれてしまいますが!)なので、だいたいこのシーン以降は、おばあちゃんのシーンがほとんどありません。 ずっと若いままか、たまに40代くらいに見える時がありますが、基本は若いままです。 これは、ハウルを助けるために気持ちが前向きになっているので若く見えているのです。 なので、ハウルの動く城を見る際には、これはポジティブなんだなー。 ここはネガティブなんだなーなんて思いながらぜひ見てみてください。 ハウルの動く城 ソフィーとべティは異母兄弟? たしかにソフィーの地味めな落ち着いた顔とベティのザ女子という顔は全く似ていないですよね。 髪の色や目の色、姉妹というのにはほぼ別人です。 これはなぜなのでしょうか。 ソフィーの実母は、幼少の頃に亡くなり、映画に出てくる母は父の再婚相手でベティの実母です。 お互い連れ子同士の再婚だったんだと思われます。 だから母とベティの顔はそっくりですが、ソフィーとは似ていないんですね。 そんな唯一の肉親である父親もその後他界してしまいました。 だからソフィーは父が残してくれた形見であるお店をとても大切にしているんですね。 母親が置いて行った巾着袋の中にはスパイするための覗き虫が入っていました。 母親もサリバン脅されていたのです。 それが「言われたとおりにやったわよ」というセリフに繋がってきます。 義理の娘よりも自分の命のが大事な母親。 実母だったらこんな関係にはならないですよね…。 そんなことからソフィーとベティは異母兄弟なのがわかってきますね。 ハウルの動く城 ソフィーコスプレ衣装 ジブリ作品の中でもソフィーはダントツにコスプレしやすいと思います。 ブルーのワンピースに白のエプロンをつけて、サイドで三つ編みをすれば…はい完成! でも、自分で作るのはあのウエストの絞った感じや袖のふくらみをだすのは難しいなぁという人に朗報です。 Amazonで楽天では本格的なソフィーの衣装が販売されています。 しかもソフィーのコスプレは若い人からお年寄りまで可能なので、ネットでは自分とおばあちゃんにコスプレさせてリアルなソフィーの写真を撮る人がいるのだとか! そうゆうのを聞くとほっこりしますよね。 ソフィーのおばあちゃんバージョンのコスプレは日本人よりもヨーロッパ系のおばあちゃんが似合うと思うので、もし近くにそんな素敵なおばあちゃんがいたらぜひ一緒にコスプレしてインスタ映えを狙ってくださいね! ハウルの動く城 最後に… 声優に関してやソフィーの見た目の変化など賛否両論が多いハウルの動く城。 しかし、このような設定を読んでみたり、公式解釈を読んでから作品を見ると何も見ないで見たときよりもきっと面白く感じる作品だと思います。 今回この記事を読んでくれた方が、もう1度作品を見ると絶対前回よりも楽しく見れるし、一緒に見る人がいれば、鼻高々に解説したりすることもできちゃいますよ! ハウルの動く城は大人になっても楽しめる作品になっていますので、ぜひこの機会にもう1度ご覧ください。

次の

ハウルの動く城の都市伝説まとめ!本当は怖いハウルの魔法

ハウル の 動く 城 おばあちゃん

例えば、ハウルが鳥人の姿で外から戻ってきた時。 ハウルがソフィーの寝床をのぞき込むと、ソフィーは 元の少女の姿に戻っていました。 また、ソフィーがハウルをかばっている時も、若返っていましたよね。 つまり、 気持ちが若々しい時(気持ちが高ぶった時やリラックスしている時)だけ、 ソフィーは若返る(元に戻る)ことができるのです。 でも、弱気だとすぐに老人の姿になってしまうようですね。 途中で若返る理由は?なぜ急に元に戻る? 荒れ地の魔女がかけた呪いは、ソフィーの 気持ち次第で弱まったり、強まったりする魔法なのでしょう。 つまり、 ソフィーの精神年齢が、そのまま外見年齢になるという事ですね。 スポンサードリンク ハウルと出会う前のソフィーの性格 ハウルと出会う前のソフィーは、若いのに「長女だから」と言って、ひたすら仕事に励んでいました。 自分は美しくない。 だからパーティーにも行かない。 長女だから、実家(帽子屋)を守るべき。 それこそ、人生をあきらめて、 おばあさんのような気持ちになっていたのかもしれませんね。 あと、ソフィーは基本的にネガティブなので、荒地の魔女の呪いが効きやすかったのかもしれません。 私、ぐずだから」 「私キレイじゃないし、掃除ぐらいしかできないから・・・」 ソフィーって、あんなに可愛いのに自信がないんですよ。 視聴者的には、「何でや」って感じですが・・・ ソフィーは、魔女の呪いで少女から老人に姿が変わってしまいましたが、それは呪いのせいだけなく、 ソフィーの 内面にも原因があったのでしょう。 元の姿に戻るのは、ソフィーがリラックスしていたり、気持ちが前向きになったりする時。 つまり、 若返る理由は、 ソフィーの気持ち(内面)が原因だったのでしょう。 ソフィーが「自分にはおばあちゃんの姿がお似合いだ」と思っている時は外見が老けて、逆に若々しい気持ちになっていると、若返るワケですね。 また、ソフィーの「自分は成功しない。 まるで老人のよう」という 自己暗示も、彼女を老人の姿に縛り付けていた原因だったようです。 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

次の