どこよりもwifi 速度。 どこよりもWiFiの特徴や注意点を詳しく紹介!

ポケットwifiの比較とおすすめランキング|選び方と月額、容量、速度、解約の違約金などの違い

どこよりもwifi 速度

自宅や旅先で気軽に、そして楽しくネットを楽しむために ポケットWiFi の契約を考えているのだけれど、「どのサービスを選べば良いのか分からない」という人は少なくないはず。 最近は国内外で使えるクラウドWiFi サービスが増えてきており、いちいち海外に行くためだけにその都度 WiFi サービスを契約する必要がなくなったのは便利だが、段々とサービスの数が増えてくると正直どれが一番良いのか分かりづらい。 そういった人たちのために「本当におすすめのサービスはどれか」を徹底的に解説していく目的で当サイトを開設した。 この記事で紹介するのは「」。 クラウドW-Fiサービスとしては先駆け的な存在でもある「」に寄せてきているのか名前が紛らわしいのだが、他社と比較しつつサービス内容を紹介していく。 どこよりもWiFi とは どこよりもWiFi とは「Wiz cloud」株式会社が運営するクラウドWiFi サービスのことだ。 国内では月3,380円と格安で使えて、SoftBank のLTE 回線が無制限で使えるだけでなく、同じ端末で海外でも使えるというサービス(クラウドSIMという)。 一見すごいお得なサービスであるかのように見えるが、こういったクラウドSIMを採用したサービスは最近流行っていることもあって段々と増えてきている。 どこよりもWiFi は決して最安ではないし、他社の方がおすすめ。 私個人的には最近何かと話題の「」をポケットWiFiとして使うのがおすすめだ。 どこよりもWiFi の特徴(メリット・デメリット) いきなり否定から入ってしまったが、どこよりもWiFi のサービス内容を他社と比較しつつ紹介していこう。 初期費用は他社とほぼ同じ料金 契約事務手数料 3,000円 初期費用は契約事務手数料が3,000円かかるのみ。 料金は他社とほぼ同じ。 月額料金は他社と比較して割安。 口座振替も可能 月額料金 3,380円 支払い方法 クレジットカード、口座振替 プランはシンプルに1種類のみで、月額料金はずっと定額 3,380円。 この料金は安い方だが、クラウドWiFi サービスとしては「」の方が1日7GB と大容量で使えるためおすすめだ。 支払い方法はクレジットカードの他に口座振替も可能なところは嬉しいが、月700円の手数料がかかってしまう点には注意が必要。 最低利用期間は1年と他社よりも短い。 途中で解約すると違約金がかかる 契約期間 1年 違約金 9,500円 どこよりもWiFi の最低利用期間は1年と、他社よりも短い点はメリットと言えるだろう(クラウドWiFi サービスの他社の多くは2年)。 とはいえ、解約料金は「」の方が安いし、先ほど紹介した「」なら契約期間の縛りなく利用できる。 「」より引用 どこよりもWiFi はクラウドSIM を採用しており、国内では SoftBank の LTE回線が使える。 他のクラウドWiFi サービスではトリプルキャリア(docomo・au・SoftBank)の回線が使えるところもあるが、実際は SoftBank の回線に繋がることが多いためデメリットとも言えない。 しかし公式サイトに「ヘビーユーザー制限なし」と記載されているのに実際は月300GB で制限がかかるという点には注意が必要(公式サイト「」からダウンロードできる利用規約に記載)。 個人的には1年間無料で実質無制限で使える「」のスマホを契約して、テザリングでポケットWiFi代わりに利用するのがおすすめだ。 海外利用料金については別途料金がかかるはずだが、公式サイトを見ても記載がない 通常、クラウドWiFi サービスは海外で利用する場合には別途料金がかかるのだが、公式サイトのどこを見ても記載がない。 クラウドWiFi サービスといえば海外で利用できることを謳っているのに、こういった記載がないのは配慮が足りないと言わざるを得ない。 取扱端末は『U2s』1種類のみ。 同様のサービスを提供している他社と同じ製品なのである意味安心感はある。 端末 U2s 通信速度 下り最大:150Mbps 上り最大:50Mbps 連続通信時間 約12時間 同時接続台数 最大5台 端末の重量 約151g 端末の詳細はこんな感じ。 WiMAX の最新端末と比較するとやや物足りない感じはあるが、よほどのガジェットオタクでない限りは性能としては十分なはず。 唯一不満があるとすれば液晶画面がなく、大まかな電池残量と電波の強さしか分からない点くらいだろうか。 先ほどから何度も紹介しているが、個人的には今回紹介している「どこよりもWiFi」よりも安く、スマホなので画面上で使用状況などが確認できる「」の方がお得感があっておすすめだ。

次の

どこよりもWiFiはぶっちゃけどうなの?評判・口コミ・メリット・デメリットについて

どこよりもwifi 速度

どこよりもWiFiは、月額3,380円で契約できるレンタルWiFiです。 やMugen WiFiと比べて月額料金が安いことが特徴です。 業界全体と比較した場合、月額料金が安めで最新端末にも対応しておりおすすめのサービスです。 クラウドWiFiの契約を検討しているようでしたら、ぜひ、どこよりもWiFiを検討してみてくださいね! 「どこよりもWiFi」の悪い評判・良い評判をネット上の口コミから解説! ここでは、どこよりもWiFiのネット上の口コミについて解説していきます。 悪い評判と良い評判についてまとめたあとで、口コミ全体のまとめを記述していきます。 是非目を通してみてください。 「どこよりもWiFi」の悪い評判まとめ… どこよりもwifi契約したけど ネットとか見ても情報がほとんど出てこないんよな。 大丈夫かな? — はまい takidan どこよりもWiFiのネット上での悪い評判について調べてみました。 結果、悪い口コミ評判はTwitter上に1件だけ上がっていました。 悪い口コミ評判といっても、 内容は「契約したけどネット上に情報が一切無くて不安」といった内容です。 サービスについての悪い評判はありませんでした。 どこよりもwifiは、2019年の10月から始まったサービスなのでまだまだ認知度が低く口コミも少ないのが実態です。 今後もどこよりもWiFiの評判について目を向けて、新しい口コミ評判が上がってき次第紹介していきますね。 「どこよりもWiFi」の良い評判まとめ! 引っ越しの際に、切り替えたが、速度も速く、料金も安いため、かなりいいです。 デザインの、つや消しのボディも気に入ってます。 しかし自身はクレカを持っていたのでいいですが、口座決済だと料金が変わるため、そこだけ難点かと・・。 それ以外は基本満足です。 結果、良い口コミ評判はTwitterと公式HP上にそれぞれ1件ずつ。 計2件投稿されていました。 内容としては、 「速度が速く料金も安いので満足」「1年縛りなのが良い」といった内容でした。 1年縛りに関しては、月間300GBプランの料金なのであまり参考になりませんね。 悪い口コミ評判の項でも書きましたが、どこよりもWiFiはサービス開始後1年もたっていないサービスなので口コミの件数は少ないですね…汗 なるほどwifi編集部では、今後もどこよりもWiFiの口コミについてアンテナを張って新しい口コミが出次第紹介していきますね! 「どこよりもWiFi」の評判まとめ どこよりもWiFiの悪い評判と良い評判をまとめて分析してみました。 結果、口コミ件数は3件しかありませんでしたが良い評判の方が多かったです。 どこよりもWiFiはサービスが始まってから1年もたっていないので、 口コミ評判はほとんどいません。 ですが、料金が安く縛り期間も短いため期待している人は多いのが実態です。 今後サービスが継続すれば、自然と口コミ評判も増えてくるかと思います。 口コミ評判が増えてきたら、しっかりと記事に反映して分析していきますね! 「どこよりもWiFi」の2つのデメリット… どこよりもWiFiの2つのデメリット• ここでは、どこよりもWiFiの2つのデメリットについて紹介していきます。 それぞれのデメリット毎詳しく解説していきます。 是非、参考にしてくださいね!それでは、本文に入っていきましょう。 どこよりもWiFiは、サービス員新により月額利用料金が400円高くなったので月額最安値のクラウドWiFiではなくなりました。 利用料金の安さが売りのWiFiである手前、他社よりも2年総額が高い点は大きなデメリットであると言えます。 どこよりもWiFiの口座振替手数料は700円かかります。 一方で、どんなときもwifiの場合口座振替手数料は500円です。 2年契約した場合,4,800円違うことになりますね。 どこよりもWiFiとどんなときもwifiの2年総額の差は3,000円なので、 口座振替で契約する場合どんなときもwifiの方が安いことになります。 料金が安いことを売りにしている手前、口座振替での契約料金が高い点はどこよりもWiFiの大きなデメリットと言えます。 「どこよりももWiFi」の5つのメリット! どこよりもWiFiの5つのメリット• どこよりもWiFiのデメリットついて解説したところで、どこよりもWiFiの5つのメリットについて紹介していきます。 それぞれのメリット毎に詳しく解説していきます。 是非、参考にしてくださいね!それでは、本文に入っていきましょう。 最近流行の無制限wifiですね。 モバイルWiFiの中でも主流の 「WiMAX」や「Pocket WiFi」は、3日で10GB・1日3GBなどの容量制限があります。 ですが、最近はネット上のコンテンツがどんどん大容量になってきているので、高画質動画の視聴やゲームのダウンロードなどで速度制限に悩まされている人も多いかとおもいます。 そこで、容量無制限で使い放題な点はどこよりもWiFiの大きなメリットであると言えます。 表を見るとわかるように、 どこよりもWiFiの月額は安いですね! どのWiFiも提供しているサービス自体は同じです。 そのため、比較項目はサービスの良さや料金の安さしかありません。 業界の中でも口座振替に対応している無制限wifiは「どこよりもwifi」「どんなときもwifi」の2社だけなんですよ! 現状2年総額が最安値のMugen WiFiは口座振替に対応していないんです…! 口座振替手数料として毎月700円かかるのは気になりますが、無制限wifiで口座振替に対応している点は大きなメリットと言えますね。 どこよりもWiFiには、上記表にまとめた4つのプランがあります。 目玉プランは「2年契約無制限」と「1年契約300GB制限」の2種類です。 それ以外にも10GBプランや100GBプランなど豊富なプランの取扱があります。 無制限wifiは、基本的にプランは無制限プラン1つしか無いことが多いため、プランの選択肢が豊富なことはどこよりもWiFiのメリットの1つであると言えます。 これまでのモバイルWiFiは、基本的に国内限定のWiFiでした。 ポケットWiFiもWiMAXも海外では使えませんよね…? ですが、 どこよりもWiFiはクラウドsimを使った無制限wifiです。 そのため、国内でも海外でも特に手続不要で通信することができるんです。 国内・海外の両方で通信できることはどこよりもWiFiの大きなメリットの1つであると言えますね! 上記からわかった!「どこよりもWiFi」をおすすめする人しない人 ここまで解説してきたメリット・デメリットを踏まえて、どこよりもWiFiを「おすすめする人」「おすすめしない人」について解説していきます。 まずは「おすすめしない人」から解説して、その後に「おすすめする人」について解説していきます。 是非、目を通してみてくださいね! 「どこよりもWiFi」をおすすめしない人 どこよりもWiFiをおすすめしない人• 2年総額の最安値の無制限wifiを使いたい人• 無制限wifiを口座振替で契約したい人 どこよりもWiFiをおすすめしない人を上記リストにまとめてみました。 この中でも、特におすすめしない人は「最安値の無制限wifiを使いたい人」です。 どこよりもWiFiは、月額料金が最安値ではありません。 無制限WiFiでどこよりもWiFiよりも月額がやすいのは、現在申し込み受付停止中の「ZEUS WiFi」です。 また、口座振替対応ですが口座振替で支払う場合どんなときもwifiを契約した方が2年総額が安いです。 そのため、口座振替で契約する人にもおすすめできません。 上記おすすめしない人リストに当てはまる項目があるようでしたら、「Broad WiMAX」か「ZEUS WiFi」の契約がおすすめです! 「どこよりもWiFi」をおすすめする人 どこよりもWiFiをおすすめする人• 月額が安い無制限wifiを契約したい人• 20GBプランや縛りなしプランを契約したい人 どこよりもWiFiをおすすめする人を上記リストにまとめてみました。 この中でも、特におすすめする人は「月額が安い方が良くて、2年以上契約を続ける予定の人」です。 どこよりもWiFiは、月額最安値ではありませんが現状契約できる無制限WiFiの中では二番目に安いサービスです。 また、どこよりもWiFiは、無制限プラン以外にも「20GBプラン」や「縛りなしプラン」などの取扱があります。 そのため、豊富なプランから好きなプランを選びたい人にもおすすめです。 「どこよりもWiFi」を損せずに契約するまでの全手順を徹底解説! 料金プランを選ぶ 支払い方法を決める 機器保証サービスの有無を決める どこよりもWiFiを「おすすめする人」「おすすめしない人」について解説できたところで、どこよりもWiFiを損せず契約する手順についても解説していきます。 契約時に注意すべきポイントを3ステップに分けて詳しく解説していきます。 どこよりもWiFiの契約をするめる際の参考にしてください。 おすすめは無制限プランですが、その他にも2つのプランがあります。 「契約期間が短い方が良い!」という場合は、縛りなしプランもおすすめです。 ただし、データ容量が月間20GBしか無い点に注意が必要です。 縛り無しプランや20GBプランを検討するようでしたらWiMAXにも目を向けてみましょう。 月額は高いのですが、どこよりもWiFiよりも通信速度が速く快適です。 結論から言うと、クレジットカード払いがおすすめです。 どこよりもWiFiは、クレジットカード払いの場合月額が100円安くなります。 端末故障時、新品、または状態の良い中古に交換• 代替機貸し出し可能 注意事項など• 盗難、紛失は対象外• 一度利用したら6ヶ月間は再利用不可• 加入時のみ付帯可能 月額 400円 最後に、機器保証サービスの有無を決めましょう。 機器保証サービスは、月額400円で端末破損時の修理費用が無料になるサービスです。 機器保証サービスの詳細については、上記表にまとめています。 機器保証サービスは「有」がおすすめです。 モバイルWiFiは持ち運ぶ機器なので、壊れるリスクがあります。 端末を1度でも壊せば、18,000円の修理費用が必要になります。 機器保証サービスを2年間契約しても9,600円なので、一度でも端末を壊してしまった場合10,000円ほどお得になる計算です。 機器保証サービスの有無を決めることができたら、実際にどこよりもWiFiを申し込んでしまいましょう! 「どこよりもWiFi」の解約方法についても事前に理解しておこう! どこよりもWiFiの解約方法• 解約を希望する場合 カスタマーセンター(0120-048-277)に電話して解約希望である旨を伝えましょう。 その後、端末の返送方法や返送先について指示があるので指示に従って端末を返送します。 最後に、どんなときもWiFiから端末の返送確認と解約完了のメールが届いたら解約手続は完了です。 「どこよりもWiFi」の会社概要 正式名称 どこよりもWiFi 会社名 住所 今回のまとめ• どこよりもWiFiは月額最安値の無制限wifi!• どこよりもWiFiは2年総額は最安値ではない…• 月額料金3,380円で最安値なのがメリット!• どこよりもWiFiよりも、安定しているWiMAXがおすすめ! 今回の記事では、どこよりもWiFiとは何なのか?やメリット・デメリットについて解説していきました。 どこよりもWiFiは月額最安値の無制限wifiです!月額料金は3,380円で業界の中でも、ZEUS WiFiに次いで月額料金が安いです! ですが、 クラウドSIMを使ったWiFiは、回線に不安があるため今後快適に通信できる保証がありません。 そのため、長期契約はリスクがあります。 今、ポケットWiFiを契約するなら通信が安定していて速度が速い「WiMAX」の方がおすすめです。 下記ボタンの飛び先で全31社のWiMAXを比較しているので、是非チェックしてみてください。

次の

どこよりもWiFiの評判がリセット?リニューアルで変わったこと

どこよりもwifi 速度

どこよりもWiFiの特徴 ・ クラウドSIMで ドコモ・au・ソフトバンク のキャリア回線を使える ・データ容量は無制限で3日で10GBなどの速度制限は無い ・月額料金3380円で 業界最安級レベル ・ 口座振替にも対応している ・ 最低利用期間が1年と短い ・人気のルーター端末U2sを使える ・同時接続数は最大5台まで接続可能になっている ・国内だけでなく世界135ヵ国でも利用できる そして月額料金に追加で700円かかりますが、 口座振替にも対応しています。 具体的に6つの項目毎に解説しますね。 どこよりもWiFi の料金プラン どこよりもWiFi の料金プランはとてもシンプルでわかりやすく、ずっと月額料金3380円です。 人気の と比較しますね。 どこよりもWiFi どんなときもWiFi 契約期間 1年 2年 月額料金 3380円 3480円 2年目以降料金 3380円 3980円 初期費用 3000円 3000円 端末費用 0円 0円 2年総額 84120円 86520円 支払方法 クレジットカード 口座振替 クレジットカード 口座振替 口座振替の月額追加費用 700円 500円 補償なしで最安値で契約することを想定し比較しましたが、 なんと2,400円も安いです。 しかも、 は2年契約ですが、 どこよりもWiFi は1年契約なので、リスクが少ないです。 どこよりもWiFi の端末 どこよりもWiFi どんなときもWiFi 端末イメージ 端末名 バッテリー容量 3500mAh 3500mAh 持続時間 約12時間 約12時間 同時接続数 5台 5台 どこよりもWiFi の端末は、U2sというモバイルルーター端末です。 端末については、まったく一緒です。 どちらが良いということでもありません。 バッテリー容量や、同時接続数も、どんなときもWiFiとまったく一緒です。 どこよりもWiFi の通信 どこよりもWiFi どんなときもWiFi 国内通信回線 クラウドSIM クラウドSIM データ容量 無制限 無制限 速度制限 なし なし 海外通信回線 クラウドSIM クラウドSIM どこよりもWiFi の通信回線は、クラウドSIMの技術を使って、一番良い回線を選択します。 ちなみに、 2019年12月時点では、どんなときもWiFiのクラウドSIMは、ほとんどの場合ソフトバンク回線を選択して利用しています。 どこよりもWiFi も も、通信回線は一緒と考えて問題ありません。 ソフトバンクの対応エリアマップ ソフトバンクの通信エリアは、 で公開されているので、ご自身の生活エリアをチェックしてみてください。 どこよりもWiFi の通信は、基本的にソフトバンクがメインで繋がります。 どこよりもWiFi の解約条件 どこよりもWiFi どんなときもWiFi 解約違約金 12ヵ月未満:9500円 12ヵ月未満:19000円 24ヶ月未満:14000円 契約更新月:0円 それ以降:9500円 契約更新月 なし 1ヶ月間 どこよりもWiFi の解約条件は最低利用期間が1年です。 契約期間 月額料金 2年 3480円 2年 3280円 2年 3480円 2年 3450円 ハイホーゴーゴーWiFi 2年 3355円 1年 3380円 最近の無制限で使えるWiFiは、契約期間を2年に設定しているところがほとんどです。 もし補償に加入を検討しているなら、よくばりWiFiだと や、どんなときもWiFiの が良いと思います。 そっちの方が安いです。 ただU2s端末なら、そんな簡単に壊れないので、 どこよりもWiFi を利用する人は、補償に入らない人がほとんどだと思います。 どこよりもWiFi の運営会社 どこよりもWiFi の運営会社は、株式会社Wiz(ワイズ)です。 従業員は1000名を超え、WiFiだけでなく、インターネット回線や防犯カメラなどを、店舗などに設置したりする事業の他、求人メディアの運営など手広く事業をしているようです。 サービス名 どこよりもWiFi サービスリリース 2019年12月 会社名 株式会社Wiz 住所 東京都豊島区南大塚2-25-15South新大塚ビル12F ホームページ どこよりもWiFi は、WiFiレンタルに特化した会社ではありませんが、 電話取材を申し込んだところ、丁寧に対応いただき、とても好感もてました。 どこよりもWiFi公式サイト.

次の