ニッシン ホーム テック。 有限会社ニッシンテック|防音工事・騒音対策(エコサウンドパネル)

外壁塗装業者のホームテック株式会社(本社:福岡市東区)についての評判を教えて下さい。

ニッシン ホーム テック

主な対応工事 一戸建ての新築工事には工程があり、それぞれの段階の注意点を踏まえ丁寧な建築工事をすることが欠かせません。 居住性、デザイン性、耐震性、耐火性、耐久性、断熱・気密性などのバランスを考慮しながら、良い家づくりをすることが求められます。 増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やす建築工事のことです。 平屋を2階建てにしたり、敷地内に新しい建物を作るなどの方法があります。 建て替えよりもコストの負担が少ないことが特徴です。 ただし、場合によっては修繕費用、補強費用などが発生することもあります。 改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更などを行う建築工事のことです。 火災などで滅失した建物、家主の都合で除去された建物を、規模・構造ともに以前とほぼ同じものとして建て直す際などに施工されます。 増築工事、改装工事、修繕工事と混同されることもありますが違う工事です。 減築工事とは家の床面積を減らすリフォームのことです。 まず、ライフスタイルや周囲の環境の変化に応じて、どのような間取りにするかしっかりと計画を立てることがポイントになります。 減築工事はメリットも大きいものの、注意すべきデメリットもあります。 国や自治体の補助金・助成金制度が増えたためか、一戸建ての耐震補強工事の施工例が増加しています。 地震の多い日本では重要度の高い建築工事ともいえるでしょう。 一戸建ての耐震補強工事にかかる平均費用、具体的な施工例などを紹介します。 お問い合わせはコチラへ!.

次の

ニッシンホームテック

ニッシン ホーム テック

住宅設備・リフォーム事業を展開して26年。 信頼を築きながら実績を重ね、営業エリアも 福岡から熊本・佐賀・長崎へ拡大。 着実に成長を続けています。 そんな事業を最前線で手がける営業を支え、サポートするのが 私たち総務・経理です。 私たちのミッションは 「営業が働きやすい環境を整え、提供し続けること」。 直接お客様と関わることはありませんが 営業をサポートすることは、 お客様へのサービス向上につながっていきます。 そして結果として売上へ、会社の成長へとつながっていきます。 まさに縁の下の力持ち的存在ですが 「誰のために・何のために仕事をするのか」 そこが明確なので、とても仕事がしやすいですね。 同じベクトルに向かって連携・協力して仕事をし、 意見やアイデアを出し合って改善や改革をしていく。 そんな取り組みを評価してもらえるので、 大きなやりがいが感じられると思います。 日々、決まった仕事をするだけでなく、ぜひ 先を見て、全体を見て、課題を見つけ、解決していってほしいと思います。 本社勤務、経営に近いところで仕事をしていくため 社長とのやりとりも多く、たくさんのことを学べると思います。 活躍に期待しています。 一緒に成長していきましょう。 経理部 係長 野口 入社3年目 37歳 【事業拡大を見据え、総務経理を強化します】 営業エリアも福岡から九州へ拡大し、着実に成長を続ける当社。 さらなる事業拡大を見据え、円滑に事業を進めていくためにも、 営業部を、会社を、経営を支える要である総務経理を強化したいと 経験者を募集することとなりました。 「携帯が壊れた!」「営業車の調子が悪い」など お問い合わせやお困りごとに、迅速に対応することが大切です。 また1年を通して業務を経験すると、先回りして準備をしておくことなども わかってくると思いますので、目の前の仕事をしながらも 先を見て仕事をすすめていってほしいと思います。 だからこそ気づけること・課題の発見があると思います。 ムダをなくし、より効率的に営業が動けるよう また利益につなげていけるよう、客観的に冷静に判断し、 業務を進めていってほしいと思います。 6時間を超える場合は別途残業代を支給します。

次の

外壁塗装業者のホームテック株式会社(本社:福岡市東区)についての評判を教えて下さい。

ニッシン ホーム テック

主な対応工事 一戸建ての新築工事には工程があり、それぞれの段階の注意点を踏まえ丁寧な建築工事をすることが欠かせません。 居住性、デザイン性、耐震性、耐火性、耐久性、断熱・気密性などのバランスを考慮しながら、良い家づくりをすることが求められます。 増築工事とは現状の建物を壊さないまま床面積を増やす建築工事のことです。 平屋を2階建てにしたり、敷地内に新しい建物を作るなどの方法があります。 建て替えよりもコストの負担が少ないことが特徴です。 ただし、場合によっては修繕費用、補強費用などが発生することもあります。 改築工事とは床面積を変えずに間取りの変更などを行う建築工事のことです。 火災などで滅失した建物、家主の都合で除去された建物を、規模・構造ともに以前とほぼ同じものとして建て直す際などに施工されます。 増築工事、改装工事、修繕工事と混同されることもありますが違う工事です。 減築工事とは家の床面積を減らすリフォームのことです。 まず、ライフスタイルや周囲の環境の変化に応じて、どのような間取りにするかしっかりと計画を立てることがポイントになります。 減築工事はメリットも大きいものの、注意すべきデメリットもあります。 国や自治体の補助金・助成金制度が増えたためか、一戸建ての耐震補強工事の施工例が増加しています。 地震の多い日本では重要度の高い建築工事ともいえるでしょう。 一戸建ての耐震補強工事にかかる平均費用、具体的な施工例などを紹介します。 お問い合わせはコチラへ!.

次の