どんなときもwifi 速度。 速度,どんなときもWiFi

どんなときもWiFiとWiMAX2+の回線速度を計測比較(電波状況・曜日時間別)

どんなときもwifi 速度

Contents• どんなときもWiFi どんなときもWiFiが届きました。 5年くらいWiMAX使っていたので、 久しぶりの契約変更ですね。 WiMAXは3日間で10GBの制限なので、 完全に無制限の魅力に負けての結果。 ネット使い放題が一番の魅力ですが、 メリット・デメリットあるので、 そちらを3つずつまとめていきたいと思います。 メリット どんなときもWiFiのメリットから まずは紹介していきますね。 ネットが使い放題 とにかくこれがうれしい。 使い放題をうたっていても、 実際は違うとか色々ありましたしね。 不正利用・ネットワーク占有レベルの 大容量通信した場合のみ、 制限がかかるみたいです。 月額料金が安い クレジットカード 口座振替 開始月 3,480円の 日割り料金 3,980円の 日割り料金 1〜24ヶ月目 3,480円 3,980円 25ヶ月目以降 3,980円 4,410円 3,480円はかなり安いですね。 通常のWi-Fiだと4,000円超えが多いのでは? ただ、デメリットにも書きますが、 3年目から料金があがります。 それでも、高くはないと思いますね。 クレジットカード払いと口座振替では料金が異なる。 ご利用開始月を含む翌月までが1ヶ月目。 3年目からは料金が上がる。 トリプルキャリア対応でどこでも使える どんなときもWiFiは、 トリプルキャリア対応で、 幅広いエリアで利用できます。 つまり、• ドコモ• ソフトバンク• au と同じサービスエリアとなるわけです。 しかも、そのときに一番強い電波をひろい 回線を自動的に最適化されます。 外出先でつかう人はかなりのメリットかな。 デメリット 続いてデメリットの紹介です。 3年目から料金があがる これはさきほどのメリットにも 少し書きましたが、 3年目からは、 3,980円に料金があがります。 口座振替だと4,410円なので、 安さはあまり感じませね。 2年縛りの契約(自動更新) 0〜12ヶ月目 19,000円 13〜24ヶ月目 14,000円 26ヶ月目以降 9,500円 更新月 無料 通信サービスのよくある 悪しき風習の2年縛り。 更新月以外は解約手数料がかかります。 契約月をちゃんと記録しておきましょう。 これほんときらいw 解約時Wi-Fiの端末は返却の必要がある 端末は購入ではなく、レンタルになります。 ですので、解約時は返却する必要がありますね。 ちなみに、レンタル代は無料です。 下記は公式サイトからの引用です。 返却時に問題があると最大で、 18,000円の請求があるようなので、 気をつける必要がありますね。 返却が必要です レンタル料は無料 どんなときもWiFiの端末は、新品のレンタル(貸し出し)とさせていただいております。 送料はお客様負担 返却期限までに返却がない場合、返却時に故障が見られる場合、返却物に欠品がある場合は機器損害金として18,000円 税抜 を請求させて頂く場合がございます。 まとめ メリットとデメリットを紹介しましたが、 おすすめのこんな利用ならおすすめかな。

次の

どんなときもWiFiでAmazonプライムビデオは視聴できる?|フルHD画質での再生・ダウンロード時間を調べてみた

どんなときもwifi 速度

著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信を行った場合は、通信速度を約384kbpsに制限される場合がある• 違法ダウンロードなどの不正利用の疑いがある場合は利用停止される場合がある ですが、普通にYouTubeなどで動画を見たりしているだけであれば当てはまることはないので安心して使用できます。 クラウドWiFi(クラウドSIM)で対応エリアが広い クラウドWiFiとはWiFiルーター自体にはSIMカードをささずに、クラウド上に保存されているSIM情報で通信を行うものです。 これにより利用する場所によってソフトバンク・ドコモ・auの3大キャリアの中で最適なSIMを自動選択して通信が行えます。 その結果、いずれかのキャリアのSIMのみを利用している場合より、 広範囲のエリアで通信が可能となっています。 またSIMを破損するといった心配もありません。 1台で海外利用も可能 これもクラウドWiFiによっての利点になります。 クラウド上には海外で使用可能なSIM情報も登録されているため、 海外用のWiFiやSIMを別途準備する必要はありません。 どんなおきもWiFiのみを持っていけば海外 131カ国に対応 でもそのまま通信することができます。 海外での利用については下記の料金が別途かかります。 契約に2年間の縛りがある• 口座振替の場合は割高になる 契約に2年間の縛りがある どんなときもWiFiには2年間の契約があります。 そのため、 更新月 25ヶ月目 以外に解約すると解約違約金がかかってしまいます。 また月額料金も2年契約で割引されていることになっているので、3年目(26ヶ月目)以降月額料金も割高になります。 口座振替の場合は割高になる 先にも書いた通り口座振替で契約できるのはメリットです。 どんなときもWiFiのプラン概要 どんなときWiFiのプランは2年縛りのプラン1択ですが、支払い方法(クレジットカード or 口座振替)によって月額料金が変わってきます。 共通の料金  2年縛りなので2年間は契約解除料がかかるのは仕方ないと思いますが、3年目(26ヶ月目)以降も更新月以外は契約解除料がかかるのは残念です。 3年目以降は更新月以外は契約解除料がかかるんだったら、月額料金も据え置きにしてほしいところです。 以下のような場合に新品または中古品に無償で交換を行えます。 盗難や紛失した場合はあんしん補償補償対象外• 000で新品と交換になる• しかし、充電器自体は使ってるスマホのもので代用できるので、よっぽでなければ購入する必要はないと思います。 どんなときもWiFiの解約方法 どんなときもWiFiの解約はお客様サポートから可能です。 お客様サポートにアクセス• 「契約内容の確認・変更方法」をクリック• 「契約解除申請フォーム」をクリック• 「上記に同意し解約の手順を確認する」をクリック• 「契約解除申請フォーム」をクリックし、契約解除申請を行う• 端末を返却 上記が面倒な場合はサポートセンター(0120-0480-277)に電話することでも解約の手続きを行うことが可能です。 いつでも解約サポート 通信速度に満足できなかった場合などはいつでも解約サポートを利用して回線を乗り換えることで 契約解除金を無料にすることができます。 いつでも解約サポートはサポートセンター(0120-0480-277)に電話することで手続きが可能です。  契約解除金が無料になるにはいつでも解約サポートを使って回線を乗り換えることが条件 まとめ いかがだったでしょうか? 2年縛りがあるものの完全にデータ容量と速度制限がないので安心して利用できます。 クラウドSIMで対応エリアが広いというのも安心要素の1つですね。 またクレジットカード払いであればかなり格安で使用可能になります。 残念なのは3年目からは月額料金が上がってしまうということ。 3年目以降も月額料金が据え置きなら、かなり安定したサービスだと思うので非常に残念です。 ですが、2年間だけで見るとお得で非常に良いサービスになるので、 2年間継続したら他社に乗り換えるという方法がオススメです。

次の

速度改善!どんなときもWiFiは遅いのか検証【2020年】

どんなときもwifi 速度

今回は、データ容量完全無制限WiFiとして人気の高い「どんなときもWiFi」と、最近話題になることが増えてきた「Mugen WiFi」を比較し、どっちが良いのかを詳しく見ていきます! どちらもクラウドSIMを採用し、利用場所に最適なキャリアを自動的に選択してくれます。 また、適宜SIMが変わることで、 月間データ容量も3日間制限もない完全無制限Wi-Fiです。 月間データ容量が無制限のポケットWi-Fiは数多くありますが、完全無制限Wi-Fiはまだサービスの絶対数が少ないですよね。 さらに公式サイトを見比べても、どっちが良いのか判断に困ることも。 ここで各サービスの違いをチェックして、どちらがピッタリなのか見極めましょう! 目次• どんなときもWiFiとMugen WiFiの料金比較 画像引用元: まずはどんなときもWiFiとMugen WiFiの月額料金などの費用面を比較していきましょう。 ポケットWi-Fiを契約するなら、料金の安さはかなり重要な要素ですよね。 月額料金はもちろん、解約することになった場合のコストもしっかりチェックしておきましょう! 月額料金はMugen WiFiが安い! どんなときもWiFiとMugen WiFiの格安プランで月額料金を比較すると、 Mugen WiFiの方が安く利用できます。 どんなときもWiFiの料金 プラン名 支払い 方法 月額料金 1~24 ヶ月目 月額料金 25ヶ月目 以降 ベーシック データ放題プラン クレジット カード払い 3,480円 3,980円 口座振替 払い 3,980円 4,410円 詳細 どんなときもWi-Fiの月額料金は、2年契約のベーシックデータ定額プランのみです。 初めの2年目までが1番安く利用でき、 25ヶ月目から月額500円高くなることに注意しましょう。 また、料金の支払い方法によっても月額料金が変わります。 どんなときもWiFiを契約するなら、クレジットカードを作っておいた方がいいですね! Mugen WiFiの料金 プラン 月額 税込 格安プラン 3,608円 アドバンスプラン 4,268円 詳細 Mugen WiFiの月額料金はU2sを利用する格安プランと、G4を利用するアドバンスプランがあります。 どんなときもWiFiのように 25ヶ月目から利用料金が上がることが無いので、格安プランならMugen WiFiの方がランニングコストが安くなりますね。 なお、2019年12月25日まではアドバンスプランも3,280円で契約でき、ずっと月額料金が変わりません。 スマホのようなモバイルWi-Fiルーターを利用してみたい方は、アドバンスプランを契約してみてもいいかも知れません。 初期費用は同じ 契約時の初期費用は、どんなときもWiFiもMugen WiFiも同じで事務手数料のみです。 初期費用比較 項目 どんなときもWiFi Mugen WiFi 事務手数料 3,000円 3,000円 端末代金 0円 0円 初期費用はどちらも3,000円で、初回請求時に合算されます。 また、端末代金もかからないので、契約時のコストは最小限で済みますね! 解約金はMugen WiFiの方が安い どんなときもWiFIは2年自動更新契約、Mugen WiFiは初回2年契約でそれ以降は縛りなしになります。 もし途中解約することになって解約金が必要になった場合は、Mugen WiFiの方が安くなっています。 返却を忘れてしまう・故障等で返却できない状態の場合は別途違約金が加算されることに注意しましょう。 半年以内の解約で端末分の違約金がかかる場合のみ、Mugen WiFiの方が解約費用が高くなってしまいます。 すぐ解約することはないでしょうが、解約時には端末返却を忘れずに行ってくださいね! どんなときもWiFiは「いつでも解約サポート」がある! どんなときもWiFiの方が解約金が高く設定されていますが、 「いつでも解約サポート」を利用すれば解約費用なしにできます。 いつでも解約サポートでは、どんなときもWiFiの提案するサービスに乗り換えてから解約することで、解約金が免除されるサービスです。 固定回線でもポケットWi-Fiでも乗り換え先はある程度希望が通るので、使ってみて速度やエリアに満足できなかった場合に活用したいですね! Mugen WiFiはたっぷり30日間無料お試しできる! Mugen WiFiは解約金無料になる特典はありませんが、 初回30日間なら違約金なしで解約できる「30日おためし全額返金保証」があります。 ランニングコストはMugen WiFiの方が安い• どちらも端末レンタルで初期費用は3,000円のみ• 解約費用はMugen WiFiの方が安い• それぞれ解約費用負担を軽減する施策あり どんなときもWiFiとMugen WiFiの速度を比較 続いてどんなときもWiFiとMugen WiFiの通信速度や速度制限など通信面を比較します。 通信速度はどんなときもWiFiもMugen WiFiも同じですが、通信の安定性を考えるとどんなときもWiFiの方がいいかも知れません。 通信速度のスペックは同じ どんなときもWiFiとMugen WiFiは共に下り最大150MbpsのモバイルWi-Fiルーターを利用しています。 そのため、スペック面ではどちらのサービスも同じ通信速度と言えますね。 端末の通信速度比較 項目 どんなときもWiFi Mugen WiFi 下り速度 最大150Mbps 最大150Mbps 上り速度 最大50Mbps 最大50Mbps スマホと同じく電波を利用した通信なので、最大速度の150Mbpsはまず出ることはありません。 実行速度はどちらも 10Mbps〜30Mbps程と考えていいですね。 数値だけを見ると遅いのではないかと心配する方も多いのですが、Google検索やLINEトーク・通話やYouTube等の動画視聴なら、まず問題なく使えます。 一方、アプリのダウンロードやOSの更新など、数GB〜数十GBの通信はかなり時間がかかります。 1GB:約4分半• 5GB:約23分• 50GB:約3時間48分 特にPS4やNintendo Switchなど、最近のゲームはダウンロード販売が多いですよね。 タイトルによっては約50GBのゲームもざらにあるので、10〜30Mbpsではかなりダウンロードに時間がかかることには注意した方がいいでしょう。 ゲームで利用するならモバイルWi-Fiルーターではなく、光回線を検討した方がいいいかも知れませんね。 速度制限の基準は同じ どんなときもWiFiとMugen WiFiは、月間のデータ量も3日間制限もなく 完全無制限で利用できます。 ただ、次の条件に該当すると通信制限を受けることに注意しましょう。 利用者もクラウドSIMのリソースも業界一!• トラブル対処のノウハウが蓄積されている• これまでの接続障害の経験から安定性を高める対処が進んでいる どんなときもWiFiは2019年3月からサービスが開始され、爆発的に利用者を増やしてきました。 その影響でクラウドSIMのリソースが不足して繋がりにくくなるといったトラブルも何度かありましたね。 障害が発生する毎にリソースを惜しみなく増強しているので、最近はどんなときもWiFi側が原因の障害はほとんど発生していません。 つまり、どんなときもWiFiは、 他のクラウドWi-Fiより安定性が高いと考えて良いでしょう。 一方、Mugen WiFiは2019年10月開始の新しいサービスです。 利用料金を抑えるため広報活動も最小限に抑えているので、利用者の増加はどんなときもWiFiより緩やかです。 その分クラウドSIMのリソースも少ないと言えるでしょう。 現時点ではそこまで問題はありませんが、利用料金の安さに惹かれて契約者はどんどん増え得ていくと予想されます。 今後リソース不足になった時、「すぐ対処されるのか?」「速度が遅くならないか?」といった部分は現時点では未知数です。 これらのことから、どんなときもWiFiの方がリソース不足の障害の可能性が低く、通信速度も安定しやすいサービスと考えていいでしょう。 スペック上の速度は同じ• 通信制限の基準も制限速度も同じ• どんなときもWiFiの方が通信が安定して使える可能性大 口コミでの速度はどんなときもWiFiの方がいい? 最後にどんなときもWiFiとMugen WiFiの口コミを見ていきましょう。 全体的な評判というより速度測定結果を公開している方を中心に比較しました。 まずはどんなときもWiFiの速度測定を見ると、30Mbps前後で安定している方が多いですね。 12月上旬はあんまり調子が良くなかったけど、最近は復調したらしく、24時間常時このぐらいの速度が出るようになりました。 — noveem Noveem2019 今も利用者がどんどん増えていますが、リソース増強したのか速度が改善していると感じている方もいました。 一方、Mugen WiFiの速度測定の口コミでは十分な速度の方もいますが、どんなときもWiFiより遅い測定結果が多いように見受けられます。 全てソフトバンク電波の速度結果 — ヘイゾウ ae86gtapex MUGEN wifi 今ちょっと遅いかなー — ひぃろ ya78216 スペック上は同じ環境のはずですが、やはり料金が安く広報活動が弱い分、クラウドSIMのリソースが少なく混雑気味なのかも知れません。 完全無制限かつできるだけ速度も欲しい方は、どんなときもWiFiを契約した方が安定しそうですね! どんなときもWiFi vs Mugen WiFiまとめ 今回は完全無制限Wi-Fiである「どんなときもWiFi」と「Mugen WiFi」を比較しました。

次の