提出書類 添え状 手書き。 【入社書類の添え状の書き方】テンプレート付きでポイントを紹介

「推薦状」の郵送の仕方は? 添え状の書き方もご紹介

提出書類 添え状 手書き

就活では企業から内定をもらうのが目的であり、内定をもらえば内定承諾書などを提出しなければなりません。 企業から内定を言い渡されただけでは採用が決定しただけでの状態であり、就職することはできません。 就職するためには内定承諾書などの必要書類を提出し、企業と内定契約を結ぶ必要がありますので、書類は間違いなく提出しなければなりません。 内定承諾書の提出方法は企業によって異なりますが、基本的には企業から郵送で送られてきたものに記入して、返送することが多いです。 企業に対して郵便物を送る際には添え状をつける必要があり、これは就活の基本的なマナーです。 内定承諾書を企業に提出するときの添え状の手書きの方法を正しく知っておきましょう。 丁寧に書く 内定承諾書の添え状を書く場合は、とにかく丁寧に書くことが大切です。 就活中は企業からの印象を少しでも良くして選考を有利に進めようと考え、添え状なども丁寧に作成している人が多いですが、内定を言い渡されたからといって、油断してしまってはいけません。 内定を言い渡された状態でも確実に就職できるわけではありませんし、丁寧に書いていなければミスをしてしまい、それがマイナスの印象につながってしまう可能性もあります。 内定承諾書を提出すれば、マイナスの印象を与えたからといって内定自体が取り消しになるわけではありませんが、それでも就職後に関係も悪くなりますし、社会人生活のスタートが上手くいかなくなってしまいます。 好印象を与えるに越したことはありませんので、添え状はミスのないように丁寧に作成していきましょう。 文字が汚いとマイナス印象 内定承諾書の添え状はミスのないように丁寧に書くことが大切ですが、丁寧に書くのは書き間違いなどのミスを減らすことだけが目的ではありません。 他にも字を綺麗に書くという目的もありますので、綺麗な字が書けるようにゆっくりと丁寧に作成していくことが大切です。 手書きの場合は字に人柄が表れますし、字が汚ければそれだけでマイナスの印象を与えてしまいます。 また字が綺麗であっても雑に書かれていれば印象は悪くなりますし、添え状は丁寧に書いていかなければなりません。 字が汚い場合でも、丁寧さが伝われば好印象を与えることができます。 添え状だけではなく、内定承諾書に記入するときにも丁寧に文字を書くことを心がけ、雑な文字になってマイナスの印象を与えてしまわないように注意しましょう。 内定承諾書の添え状はパソコン作成はNG? 内定承諾書の添え状を作成する場合は、手書きで丁寧に作成しなければなりませんし、間違えればいちから書き直さなければなりません。 添え状であっても間違いがあれば印象が悪いですし、手書きの場合はボールペンで記入しますので、当然修正はできません。 手書きで書く場合は作成にも時間がかかりますし、間違えた場合の修正もできませんので面倒である場合が多いです。 そのため利便性を考えるのであれば、パソコンで添え状を作成した方が楽でもあります。 手書きで手間をかけて作成することで、企業への入社意欲の高さも伝わりますし、印象も良いように感じますが、パソコン作成の場合はどうでしょうか。 パソコン作成は熱意が感じられないと考える人もいますし、内定承諾書の添え状は手書きで作成しなければならないのでしょうか。 結論から言えば、内定承諾書の添え状は手書きでなくても問題はありません。 パソコンで作成してもマイナスの印象を与えることはありませんし、字が苦手だったり、作成に時間をかけられない場合などはパソコンで作成するようにしましょう。 添え状はもともと企業への挨拶を兼ね、封筒内の内容物について示したものであり、添え状自体が重要になるものではありません。 添え状を同封するのは最低限のマナーと内容物を知らせるためという機能的な側面が強いので、手書きでもパソコン作成でもどちらでもいいとされています。 内定承諾書を提出する際には他にもさまざまなことをしなければなりませんし、忙しいのであれば添え状はパソコンで作成するといいでしょう。 手書きよりもパソコン作成の方がいい場合も 添え状を同封して送ることには企業への挨拶を兼ねたマナーとしての意味合いもありますが、基本的には封筒の内容物を示した機能的な意味合いの方が強いです。 添え状を付けること自体はマナーであるものの、重要なのは添え状に書かれている内容と封筒の中身が一致しているかであり、極端に言えば内容さえわかれば添え状としての機能は果たしていることになります。 添え状を作成する際に気をつけなければならないのが、封筒の中身と添え状に記されている内容に違いがないこと、そして添え状がきちんと読めることです。 手書きで作成した場合は、字の上手い下手によって読みやすさも異なり、読めない場合もありますので、読みやすさを重視してパソコン作成の方がいい場合もあります。 内定承諾書の添え状はいらないのか? 内定承諾書を企業に送る際には添え状も一緒に作成している人が多いですが、これはそもそも必要なのかと疑問を抱く人も多いです。 添え状は企業に対してのマナーという意味で送るものであり、就活中には必須のマナーです。 しかし内定承諾書を提出することで企業の一員になりますし、企業内のやりとりであれば堅苦しいマナーなどは必要ない場合も多いです。 実際に会社内で書類のやりとりをする際には添え状を作成する必要はありませんし、それが部下から上司に宛てたものであっても同じです。 同じ会社内では添え状は必要ありませんし、作成している時間も無駄になってしまいます。 内定承諾書を提出すれば企業の一員になりますが、内定承諾書の提出時に添え状は必要なのでしょうか。 必要 内定承諾書を提出する際には添え状が必要かどうかで悩む人は多いですが、結論から言えば内定承諾書提出時には添え状は必要です。 確かに企業内でのやりとりであれば、添え状は必要ありませんが、内定承諾書を提出している段階では、まだ企業の一員としては認められていません。 内定承諾書にサインしてそれを企業に提出し、企業がそれに承認をしてようやく内定が決まった状態です。 つまり内定承諾書を送った=内定が決定、企業の一員となるわけではなく、内定承諾書に企業が承認して初めて企業の一員となります。 さらに言えば入社日を迎えるまでは企業の一員としては認められない場合も多いので、内定承諾書を提出する際には、必ず添え状をつけて送るようにしましょう。 お礼状に代えることも可能 内定承諾書を提出する段階では、厳密には企業の一員にはなっていませんので、添え状をつけて送る必要があります。 しかし例外的に添え状なしで送れる場合もあり、それがお礼状をつけて送る場合です。 お礼状は企業に対してのお礼を伝えるための手紙であり、説明会や面接後などに送ります。 お礼状は内定が決定した後にも送ることができ、これを添え状の代わりにつけて送ることで添え状を省略することができます。 これも厳密に言えば添え状とお礼状を一つにしたものであり、添え状の要素が全く必要ないわけではありません。 添え状に書く文章を交えつつ、お礼の手紙として企業に送ることもできますので、この場合にはお礼状と添え状を分けて送る必要はありません。 内定承諾書にお礼状は必要? 内定承諾書を提出する際には添え状が必須になりますが、添え状をお礼状に代えて提出することもできます。 お礼状は就活のさまざまなシーンで登場するものであり、企業に対してきちんとお礼の気持ちを伝えておくのは大切なことです。 内定をもらえば企業に対して感謝の気持ちが湧きますし、お礼状を送ったとしても問題はありません。 またお礼状は基本的に自身の気持ちを表したものですので、送ってはいけないことなどありませんし、送ったことでマイナスの印象を与えることはありません。 お礼状を送ることで印象が良くなりますし、印象が良くなれば就職後の仕事のスタートもスムーズに行く場合も多いです。 内定承諾書を提出する場合にはお礼状は必要なのでしょうか。 あれば好印象 内定承諾書を提出する際にはお礼状は必須ではありませんが、あれば好印象です。 お礼状はもともと自身の気持ちを示すためのものですので、基本的には必須のものではありません。 送らなかったからといってマイナスの印象を与えることはありませんし、相手に失礼になるわけでもありません。 お礼状は必須ではありませんので、余裕があれば送る程度に考えていても問題はありません。 お礼状を送れば好印象になる可能性はありますが、必ずしも好印象になるというわけではありません。 企業によってはお礼状はそれほど注意深くは読まれない可能性もありますし、送っても何の意味も発揮しない場合もあります。 それでも送ることでマイナスになることはありませんので、可能な限り送るようにしておきましょう。 内定後のお礼状は必須 お礼状自体は必須のものではありませんので、あれば好印象、なくても問題なしと考えられていますが、内定後に関してはこの限りではありません。 就活中はお礼状を送ればいい程度に考えていても問題ありませんが、内定後に限って言えばお礼状は必須になります。 企業から内定をもらうのは大変なことですし、企業もそれだけ評価してくれたということです。 これに対して感謝の気持ちを伝えないのは失礼にあたりますので、内定をもらえばどこかのタイミングでお礼状は送っておかなければなりません。 お礼状は内定承諾書と一緒に送ってもいいですし、それ以前に送っても構いません。 また内定承諾書を提出後に送っても構いませんので、内定承諾書に同封するかどうかは別にして、どこかのタイミングでは送るようにしておきましょう。 お礼状のみの場合は添え状は不要 企業から内定をもらえばお礼状を送る必要があり、内定承諾書と一緒に送る場合はお礼状兼添え状として、添え状を省略することができます。 添え状の省略が可能なのは内定承諾書に同封する場合だけではなく、お礼状を単体で送る場合も挙げられます。 内定後のお礼状はマナーとして必須のものですが、企業の業務としては必要ありません。 そのため個人としての手紙という扱いになりますので、これを送る場合には添え状を同封する必要はありません。 お礼状はA4の用紙などで作成する場合もあれば、ハガキなどで手書きをする場合もあり、書き方はさまざまです。 そのため添え状は必要ありませんので、お礼状のみで送る場合は、添え状は付けずに送るようにしましょう。 内定承諾書の添え状の例文は? 内定承諾書を提出する際には手書きでもパソコン作成でも添え状が必要ですが、添え状の内容に困ってしまう人は多いです。 添え状に書かなければならない内容はさまざまありますし、例文を参考にして、内定承諾書に同封する承諾書を作成していきましょう。 例文 「拝啓 時下貴社ますますご清栄のことと存じ、お慶び申し上げます。 この度は内定のご連絡を頂き、誠にありがとうございます。 つきましては以下の書類を同封致しましたので、ご確認の上、ご査収のほど、よろしくお願い申し上げます。 敬具 記 ・内定承諾書 1部 以上」 内定承諾書の添え状を書く場合は時候の挨拶から始め、内定のお礼を述べることが大切です。 内定承諾書が同封されていることを記し、以上と書いて締めましょう。 内定承諾書の添え状の書き方は? 内定承諾書の添え状に書く文章を理解すれば、次に書き方を考えていく必要があります。 添え状は内容も重要ですが、書き方そのものも重要です。 書き方によってはポイントなども異なりますし、それぞれの書き方別で注意点を知っておかなければなりません。 書き方を間違えればマイナスの印象を与えてしまう可能性がありますし、一般的な常識が備わっていないと評価されてしまう可能性もあります。 添え状でマイナスの印象を与えてしまうのは非常に勿体ないので、正しい書き方を知って、ミスを減らしていきましょう。 縦書き 内定承諾書の添え状の書き方としては、縦書きが挙げられます。 縦書きの場合は右から左に向けて書くのが一般的であり、基本的には手書きの場合に用います。 もちろんパソコン作成の場合でも縦書きでも問題ありませんが、見づらくなってしまう可能性もありますので、注意しましょう。 縦書きをする際の注意点としては、数字は基本的には漢数字を用いるということです。 また縦書きは手紙の形式でもありますので、お礼状と添え状をセットにして送る場合などに向いています。 横書き 内定承諾書の添え状の書き方としては横書きが一般的であり、パソコン作成の場合は基本的には横書きで作成します。 縦書きの場合は数字は漢数字でしたが、横書きの場合は算用数字になりますので注意しましょう。 また手書きで横書きにしても問題はありませんが、読みづらくなる可能性があることは覚えておきましょう。 横書きは基本的にはパソコン作成に向いた書き方ですので、お礼状とセットで書く場合には不向きです。 お礼状とセットの場合は気持ちが伝わることが大切ですので、できるだけ手書きで書くようにしましょう。 宛て名 内定承諾書の添え状の書き方としては宛て名にも注意が必要です。 内定承諾書は提出先がこれまでと変わっている場合もありますので、企業からの案内をしっかりと確認しておかなければなりません。 採用担当者個人に向けて送る場合もあれば、人事部全体や採用担当チームなどに送る場合もあります。 添え状の宛て名が違うからといって、企業のもとに届かないわけではありませんが、間違いがあると印象が良くありませんので、企業からの案内をよく読み返して正しい宛先を確認しておきましょう。 内定承諾書の添え状の紙の選び方は? 企業に対して細やかな配慮ができていることをアピールしたいのであれば、内定承諾書の添え状は上質紙で作成するのがおすすめです。 上質紙は分厚く手触りもいいですし、作成時にも書きやすいため添え状にするのにはおすすめの用紙です。 またパソコンで作成して印刷した場合でも見栄えはいいですし、手書きとパソコン作成の両方に対応することができます。 たった数円の違いですが、上質紙を使用するだけで格段にでき栄えは違ってきます。 よりクオリティの高い添え状を作成したいのであれば、迷わず上質紙を使用して作成していきましょう。 コピー用紙でも可 内定承諾書の添え状を作成するのであれば、上質紙がベストではありますが、必ずしもそれを使用しなければならないわけではありません。 上質紙の代わりに通常のコピー用紙を使って作成しても構いません。 コピー用紙であればどの家庭にもありますし、素早く作成して企業に内定承諾書を提出することができます。 企業に返事を出すのに迷い、提出がぎりぎりになってしまった場合などは上質紙を選ぶ余裕がない場合もありますので、そのときにはコピー用紙で代用して添え状を作成するようにしましょう。 用紙によって印象が変わる場合も 内定承諾書を提出する場合には添え状が必要ですが、添え状だけではなく企業に郵送する際の封筒が必要になります。 内定承諾書は添え状を同封して封筒に入れて送りますので、封筒がなけれが企業のもとに届けることはできません。 また封筒には宛先などを記す必要がありますが、この際にも書き方のマナーなどがさまざまありますので、それも知っておく必要があります。 封筒の書き方を間違えると印象が悪くなりますし、最悪の場合は企業に届かなくなってしまいます。 企業のもとに内定承諾書を確実に届けるためにも、封筒の正しい書き方を身に付けておきましょう。 サインペン 内定承諾書や添え状は手書きの場合であればボールペンで書くのが一般的ですが、封筒の場合はボールペンは不可です。 ボールペンだと文字が小さくなってしまい、郵便の配達員が困りますし、企業に到着してからも部署に回すときに手間がかかってしまいます。 封筒は大きな文字で目立たせて書く必要がありますので、ボールペンではなく、サインペンで書くようにしましょう。 またサインペンであれば何でもいいわけではなく、必ず油性を使うことが大切です。 水性だと水に濡れてしまうと文字が滲んで見えなくなってしまう可能性がありますので、文字が滲むことのない油性を選んで封筒を書いていきましょう。 表面 封筒の表面には企業の住所や企業名、部署名などを記入します。 これが間違っていると失礼になるどころか企業に届かない可能性がありますので、間違いのないように何度も確認して記入するようにしましょう。 また表面には赤字で重要書類在中などと書き、赤枠で囲むことが大切です。 中身に重要な書類が入っていることがわかれば企業での取り扱いも慎重になりますし、素早く確認してもらえますので、必ず記すようにしましょう。 裏面 封筒は表面だけではなく、裏面にも記入が必要です。 裏面には自身の名前や住所などを記しておきましょう。 これらは書かなくても宛先さえ合っていれば企業には届きますが、書いておくのがマナーです。 また万がいち宛先が間違っていた場合などには返送されますので、保険の意味も込めてこれらは記入しておきましょう。 内定承諾書の添え状の渡し方は? 内定承諾書は郵送で提出するのが一般的ではありますが、企業によっては直接手渡しで提出する場合もあります。 内定の約束は口頭のみで、内定式などで提出し、そこで内定が決定するという場合も少なくありません。 内定承諾書を直接企業に渡す場合は、添え状は必要ありません。 添え状はあくまで郵送時のマナーですので、手渡しの際には作成の必要がないことを覚えておきましょう。 添え状は必要なしで内定承諾書のみ手渡し 内定承諾書を直接手渡しの場合は添え状は必要なく、あると邪魔になってしまいマイナスの印象を与える可能性もありますので注意しましょう。 また基本的なマナーが身に付いていないと評価される場合もありますし、添え状は付けないようにしなければなりません。 直接手渡しの場合に必要なのは内定承諾書のみです。 封筒などに入れて大切に持ち歩き、提出を求められたタイミングで丁寧に差し出しましょう。 内定承諾書には添え状をつけて送ろう.

次の

「推薦状」の郵送の仕方は? 添え状の書き方もご紹介

提出書類 添え状 手書き

添え状はビジネスマナー 添え状は、書類送付時のビジネスマナーとして必要なだけです。 請求書や領収書発行やカタログ送付など、さまざまなシーンで使われます。 今後の日本社会の動向などによってはなくなる可能性もゼロではありませんが、今の主流なので穏便に守ることも大切です。 古い体質の会社や人は、 付け忘れに対して快く思わない可能性もあります。 内容物が簡単に分かればOK 添え状は全く無駄かと言えばそうではなく、 事務作業の効率アップのためには役立つものです。 添え状には内容物やその郵便物に対して起こして欲しいアクションなどが簡単に記されています。 そのため、添え状をみるだけで内容の重要度やすべきこと、期日などが分かります。 ただし、結局は内容物や目的が分かればいいだけなので、オリジナリティなどは要りませんし、テンプレで十分です。 また、 テンプレになっていることで、開封した人がみやすく、効率よく処理できます。 就職・転職活動編 応募書類の送付に使う添え状のテンプレートです。 見本では枚数を正確に書き添えていますが、枚数をひとまとめにして「1部」「1通」でも問題ありません。 これは本来は手渡しが基本であり、例外的な事例となります。 事情があって出社できない場合には、内容証明で郵送しましょう。 円満に終わるために、礼を欠くことがないよう 送る前には連絡を入れるなど、誠実な対応が必要です。 ただし、手渡しで拒否された場合などには事前連絡なしで送った方が受け取られる確率が高くなります。

次の

入社前から好印象!内定承諾書につける添え状の書き方解説

提出書類 添え状 手書き

手紙は、基本の構成を意識して作成する• 使用する紙質やデザインにもこだわる 資料送付の際には「手紙(一筆箋、添え状)」を添えて印象UP 資料送付の際に、一筆箋や添え状などの手紙が同封されていた経験がある方もいらっしゃるでしょう。 これらの手紙は一般的に 「送付状」とは異なります。 資料送付の案内状としての役割を持つ「送付状」と違い、手紙は一言添えるような役割を行いますが、 ビジネス文書の形式で作成する書類です。 相手に対する 気遣いを表すものなので、丁寧に作成することが求められます。 手紙(添え状、一筆箋)の書き方の5つのポイント 手紙に何を執筆するべきなのか悩み、手が止まっている人もいるのではないでしょうか。 先ほども紹介したように、手紙はビジネス文書の形式で作成します。 書き方には、5つのポイントがあり、ひとつひとつのポイントを意識して書くことで、まとまりのある手紙を書くことができますよ。 さっそくそれぞれのポイントを詳しく確認していきましょう。 ポイント1.手紙(添え状、一筆箋)には「大まかな構成」がある 手紙を書く際の1つ目のポイントは、 大まかな構成を意識することです。 通常のビジネス文書とは異なり、 自由度が高い点が手紙(添え状、一筆箋)の魅力です。 「頭語、結語」「時候の挨拶」などは必要ないため、書きやすいことも特徴です。 手紙・一筆箋は、大まかな構成を守るとスッキリして見えます。 下記の構成を最低限守った上で手紙(添え状、一筆箋)を書いてみましょう。 宛名:相手の会社名、フルネームを書く。 簡単な挨拶:(例)この度は資料のご請求をいただき、誠にありがとうございます。 本文:(例)早速ですが、〇〇の資料をお送りいたします。 ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ご不明な点がございましたら、いつでもお問い合わせくださいませ。 結び:(例)弊社のサービスがお役に立てますと幸いに存じます。 飛び込み営業をした企業に資料を送付する場合であれば、手紙(添え状、一筆箋)には以下のような言葉でお礼とお詫びの気持ちを伝えると丁寧です。 先日伺った際にお話していた〇〇に非常に効果的であるため、きっと貴社に役立つかと存じます。 ポイント4.手紙、一筆箋で営業の駆け引きをするなら「本文」に盛り込む 手紙、一筆箋で営業の駆け引きをするなら「本文」で行いましょう。 営業先も、強く勧められると引いてしまう可能性もあるので要注意。 メリットを並べ立てるだけでは、現実味がなくなってしまいます。 「押したり引いたり」「少し本音を出す」などといった駆け引きを、手紙(添え状、一筆箋)に自然に盛り込むことが新規獲得の可能性に繋がります。 ポイント5.結びの書き方 営業の駆け引きを行った後は、「いつでもご連絡ください」のような一言で手紙、一筆箋をまとめましょう。 1.宛名、送り主の名前はフルネームで記入する• 2.社外の人に送る一筆箋は、無地の縦書きなどのシンプルで上品なものを選ぶ• 3.季節を感じさせるワンポイントのイラストなどが入っているのもOK• 4.「ブルーブラックの万年筆」or「ゲル状インクのペン」で書く• 5.資料に添える場合は「資料と一緒にクリアファイルに入れる」or「資料にクリップする」 手紙を手書きする以上、 文字は丁寧に書きましょう。 文字のキレイ、下手よりも丁寧に書くことが重要です。 また、 文字の大きさにも気を配るようにしてください。 自分の名前が、相手の名前より大きな字にならないように注意しましょう。 また、手紙(添え状、一筆箋)を書くだけではなく、きちんと 送付状をつけてください。 もしも送付状の代わりに手紙や一筆箋を使う場合、「どんな資料を何点同封したか」「誰の、どの連絡先(電話番号、メールアドレス)に問い合わせをすればいいのか」など、送付状に必要な項目も忘れずに明記しましょう。 資料送付の際には真心が伝わる手紙(添え状、一筆箋)をつけよう.

次の