フレンチブルドッグ 売れ残り。 ブルドッグの里親募集|ジモティー

激安・格安の子犬販売

フレンチブルドッグ 売れ残り

都道府県 :• 全国の犬• 北海道 0• 岩手 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 新潟 0• 富山 0• 長野 0• 奈良 0• 鳥取 0• 島根 0• 山口 0• 徳島 0• 高知 0• 熊本 0• 鹿児島 0• 3 ジャンル :• 432• 1,486• 138• 189• 714• 265• 886• 241• 1,055• ブルドッグ 119• 7,887 投稿者 :• ブルドッグの全て• 全国以外の都道府県から探す :• 全国の犬• 北海道 0• 岩手 0• 秋田 0• 山形 0• 福島 0• 新潟 0• 富山 0• 長野 0• 奈良 0• 鳥取 0• 島根 0• 山口 0• 徳島 0• 高知 0• 熊本 0• 鹿児島 0•

次の

子犬販売

フレンチブルドッグ 売れ残り

FRENCH PUPPY フレンチブルドッグの子犬の魅力 フレンチブルドッグの子犬は生後60日前後までブリーダーさんに見守られ、母犬や兄弟たちと過ごすことで、子犬のうちから社会期を学びます。 子犬同士でじゃれあって噛み合うことで痛みを覚えたり、噛むことの加減を覚えたりします。 フレンチブルドッグの子犬は遊び好きで好奇心旺盛です。 子犬の見学に行ったときなど、最初は緊張していても、慣れてくると遊ぼう遊ぼうと寄ってくる子が多いと思います。 子犬が元気なので「元気=やんちゃ」と勘違いされる方も多いですが、元気で好奇心旺盛な子犬ほど、しつけなどするときにおやつなどで集中しやすいので、しつけが入りやすかったりします。 フレンチブルドッグの子犬は頑固ですが頭は良いので繰り返ししつけることで徐々に覚えていきます。 子犬は母犬や兄弟から離れ、あなたのお家に迎えた日の夜は淋しさから夜鳴きをすると思います。 これは新しい環境になったからあたり前のことで、子犬は徐々にあなたのお家の環境、あなたのお家の生活ペースに慣れていきますので安心してください。 子犬は迎え入れてから新しい環境に慣れるまでの最初の1ヶ月くらいが特に大変です。 子犬は歯の生え変わりの時期でひつこく甘噛みを繰り返し、遊ぼう遊ぼうも終わりがないくらいひつこく続きます。 そんなときも子犬が可愛いからといって甘やかすと将来的にわがままな子になってしまうので、子犬と遊ぶときは常にあなたのペースで遊びを始め、あなたのペースで遊びも終わりにすることが大切です。 けして子犬が疲れるまで遊ぶのはやめましょう。 また子犬と遊ぶときは床がすべらない環境にしてあげることが大切です。 そして子犬と遊ぶとき、子犬のしつけのとき、子犬のグルーミングのとき、とにかく子犬をたくさん触ってスキンシップをとって信頼関係を作って行きましょう。 子犬は迎えたその日からあなたのことだけを見ています。 子犬はあなたが何をしているときでもあなたのことを考えています。 フレンチブルドッグの子犬は他の犬種に比べて体も強くありませんし、簡単ではありません。 それでもフレンチブルドッグの子犬を迎えいれたなら、大変なことがあっても、それを楽しむ覚悟で可愛がってあげてください。 フレンチブルドッグの子犬はその大変さの何倍もの笑顔をあなたに与えてくれますから。 フレンチブルドッグブリーダーさんの具体的な子育て方法 フレンチブルドッグブリーダーの出産や子育て方法はブリーダーそれぞれ細かく違います。 ここでは僕自身の経験とお付き合いのあるブリーダーのお話から具体的な出産と子育てについて書いてみます。 まずメス犬にヒート(生理)がくる所からはじまります。 ヒートがきたらブリーダーは交配相手のオスの所有者さんに連絡をとり、大まかな交配日を決めます。 もちろん交配の約束は余裕をもって早めに予約しておいたほうが良いです。 交配日は一般的に動物病院でスメア検査などを行い、日程を決めていきます。 父犬が外交配(他のブリーダーが所有)の場合の交配料の平均はチャンピオン犬で10万円~15万円くらいです。 もし1回目の交配で妊娠しなかった場合も、責任交配として次回まで交配の約束をするのがブリーダーでは一般的です。 無事、妊娠していた場合は交配日から63日前後が出産予定日になります。 ブリーダーの出産までの母犬のケアとしては、フードをパピー用に切り替え、フードの量を増やします。 それまでが1日2回としたら、同じ量を1回増やし3回にします。 このとき気をつけたいのが、2回のまま1回の量を増やすと下痢になることがあります。 下痢をすると母犬の母乳の質が悪くなりますからブリーダーが気をつけるているポイントです。 パピーフードが合わない、量を増やして下痢をした、などの場合はすぐ元に戻します。 この時期の散歩は行きたがる子と嫌がる子と個体差で判断すればいいと思います。 ブリーダーは出産日が近づいたら予定日の7日前から朝・晩と体温を計り記録します。 予定日の3日前からは朝・昼・晩と体温を計り記録します。 体温を計るときは散歩の後や便のあとは体温が変わるので母犬の状態が安定しているときにします。 出産が近づくと体温が平常時より1度くらい落ち、目安的にそこから24時間以内に産れます。 フレンチブルドッグは帝王切開での出産になるので、体温が下がった時点で病院に連絡して先生に診察時間を相談します。 この時の母犬の行動としては、元気がなく不安そうになる、ご飯を食べない、巣作り行動をするなどがあります。 帝王切開での出産費用は病院によっても違うと思いますが、平均して5万円~8万円くらいかと思います。 無事出産がおわり、お家に戻りましたら、母犬は麻酔で意識がもうろうとしているので、少し休ませてあげてから子犬を母乳につけます。 ブリーダーは子犬を母乳につけるときもそうですが、子育て中は子犬が母犬に潰されないように、逃げ場のあるお産スペースを前もって準備しておきます。 また、初産の子で自分が産んだ意識のない子や、もともと気性の荒い母犬は、産れた子犬を噛んで殺してしまうことも稀にありますので、ブリーダーは子犬をはじめて母乳につける際は、子犬をつける前に母犬の顔に子犬のオシリを持っていき、匂わせたり舐めさせたりして、自分が産んだことを認識させながら1頭づつ母乳につけていきます。 子犬の生まれたときの体重の目安としては250~300グラムですとブリーダーも安心できますので、帰宅後6時間くらいして母犬につけるくらいで大丈夫かと思います。 250グラム以下でしたら、ブリーダーは帰宅後3時間くらいして母犬につけたいところです。 出産後24時間の母乳を初乳といいます。 初乳を飲むことによって母犬から移行抗体という病気に対する免疫力をもらうことができます。 この抗体によって子犬は細菌感染などによる病気から身を守ることが出来ますのでブリーダーは必ず初乳は飲ませるようにします。 もし母乳が出ない場合、ブリーダーは哺乳瓶やシリンジで人口哺乳します。 ただその場合もブリーダーは母乳が出るようになるまで子犬には吸わせ続けます。 あきらめてやめてしまうと母乳が出なくなり、すべてブリーダー自身が人口哺乳でやらなくてはならないので、初乳のことも含めこの時点がとても大切です。 ブリーダーによる人口哺乳の場合は母乳が出るようになるまで2時間半~3時間に1回のペースで哺乳することになります。 ブリーダーは子犬の体重を毎日、朝、昼、晩、チェックして、兄弟で体重に差が出来るようなら母乳の多く出ている位置にチェンジさせ調整します。 子犬は生まれて10日目で500グラムがブリーダーの目安になります。 子犬の排泄のケアとして母犬が子犬の肛門や陰部を舐めているかブリーダーはチェックします。 舐めていないようなら朝・昼・晩とマメに濡れたティッシュなどで子犬の肛門や陰部をつついて、ブリーダーが人工的に排泄させます。 便が固まり排泄できなくなっている場合もあるので気をつけます。 生後3週間くらいから離乳期なるので、ブリーダーはふやかしたパピーフードなどを1日4回くらいのペースで与えます。 最初は食べ方もわからないので、ブリーダーはドロドロにふやかしたフードを口元に持っていき、舐めさせて覚えさせます。 離乳食1日目は1回からはじめて、徐々に回数を増やしていきます。 子犬の歯は1ヶ月くらいから尖るので母犬が痛くて母乳を嫌がりはじめます。 なのでブリーダーは生後1ヶ月の時点では離乳食を食べられるようにします。 パピーフードを3時間くらいぬるま湯でふやかし、指で潰して芯が残らない程度まで柔らかくします。 ブリーダーは離乳食の食べが悪い時はフードに粉ミルクをかけたりして食いつきをよくしたりします。 生後1ヶ月くらいには平らな皿にフードを入れれば子犬が自分で食べるようになるころです。 生後40日~45日くらいになると耳も立ってきたりするのでブリーダーは写真を撮ったりして、子犬のオーナーさんを募集したりする頃です。 ブリーダーは生後60日くらいに1回目のワクチンを打ち、お引き渡しの準備を整え、選んでくれたオーナーさん宅に巣立ちます。 ここまでがブリーダーの元で子犬が産まれ、お客様のところに迎えていただくまでの流れです。 このように子犬はブリーダーに愛情を注がれ、母犬に愛情を注がれ、兄弟と遊びながら噛んで噛まれて痛みと加減を知っていきます。 ブリーダーが子犬を生後60日前後まで親兄弟と過ごさせることは、子犬の社会期として最も重要な時間なのです。

次の

フレンチブルドッグの子犬販売

フレンチブルドッグ 売れ残り

テレビ番組やCMで見かけることが多くなったフレンチブルドッグ。 人間の赤ちゃんと抱き合って転げ回るクリーム。 白と黒の牛柄模様をした顔と体で機敏に車に乗り込むパイド。 電話口から呼ばれた自分の名前に首を傾げる真っ黒な毛並みのブリンドル。 ブラックマスクと呼ばれる、日本昔話に出てきそうなドロボウ顔で大きなイビキをかくフォーン。 フレンチブルドッグのメインカラーはこの4色(クリーム、パイド、ブリンドル、フォーン)ですが、それぞれのカラーには濃淡や模様の出方によっての違いもありバラエティ豊かです。 クリームには白っぽいものから濃いものまであり、パイドは黒い斑の入り方が個体によって様々で、顔の左右に均等に入るものや、片方だけに入る、通称「片パンチ」と呼ばれるもの、ブリンドルは差毛の少ない黒ベースの子から、差毛の豊富な「タイガーブリンドル」と呼ばれるもの、フォーンも基本的には茶系ですが、ライトブラウンからレッドまであり様々です。 フレンチブルドッグの魅力は、まずこの多彩なカラーバリエーションではないでしょうか。 フレンチブルドッグのルーツについては様々な説がありますが、おそらく1860年頃にフランスへ移民してきたレース職人達がイギリスの小型ブルドッグをフランスに持ち込み、テリアやパグなどの他犬種と交配させ作出されたのがフレンチブルドッグだと言われるのが有力です。 フレンチブルドッグはその愛らしい風貌でたちまちフランスの女性たちを魅了していきました。 フランスの人々は特にフレンチブルドッグの立ち耳に魅力を感じたようです。 フランスの繁殖家たちはこの犬に「ブルドッグ・フランセ(フレンチブルドッグ)」という名前を付け、こぞってこの耳の立ったフレンチブルドッグの繁殖をはじめました。 19世紀も終わりになると、フレンチブルドッグは上流階級の人々からも注目を集めるようになり、たくさんのフレンチブルドッグがすばらしいお屋敷で飼われることになります。 ちょうどその頃フランスに来ていたアメリカ人がこのフレンチブルドッグという犬種に目をつけ、何頭かのフレンチブルドッグが初めてアメリカに持ち込まれ、熱心に繁殖されました。 現在、日本でのフレンチブルドッグという犬種は主にペットや家庭犬として飼育され、愛情深く、気立てが良く、頼りにもなります。 またフレンチブルドッグは遊び好きの明るい性格で、無駄吠えもほとんどしません。 サイズはコンパクトで室内向き、なめらかで短い被毛は手入れも楽で清潔を保ちやすいとされます。 フレンチブルドッグの魅力は一度でも飼ったことのある人であれば他の犬種に物足りなさを感じてしまう程だと言われます。 付き合えば付き合うほどフレンチブルドックの奥深さに引き込まれ、愛してしまう犬種なのです。

次の