トイレ の 換気扇 掃除。 換気扇の掃除の仕方!タイプ別ファンの外し方のコツと掃除の手順

お風呂の換気扇を掃除する!5分でできる方法をご紹介

トイレ の 換気扇 掃除

トイレの換気扇、掃除をしたいけどカバーの外し方が分からない。 仕方なく、表面についたホコリだけ取り除いた・・・。 そんな経験はありませんか? トイレの換気扇カバーには ネジ穴がないものが多く、どこから外せばいいのか分かりずらいですよね。 だからといって、そのままにしているのはNG。 埃がたまれば、換気扇の機能が低下。 ニオイが消えない 臭いトイレになってしまいます。 そこで、今回は「トイレの換気扇を掃除する方法!カバーの外し方やホコリの取り方」をご紹介します。 換気扇をお掃除して、トイレの空気をすっきり綺麗にしましょう。 サクッと読みたい方は、目次から読みたい項目に飛んでください。 トイレの換気扇・カバーの外し方 それではさっそく、カバーの外し方から解説します。 機種によって違いはありますが、多くのカバーは ネジ止めされてなく、パコっとはめている感じです。 簡単に外すことができます。 我が家の場合は、下についている ツメの部分を 手前に引くと外れます。 ネジがなくてツメもない場合は、カバーを両手の指先でしっかりつかみ手前に引っ張ってみてください。 完全に止まるまで数分かかることもあります。 外したカバーのお掃除方法 次に外したカバーを、どのように掃除するのか解説します。 ホコリを取る まずは、ホコリを掃除機で吸いとります。 その後、湿らしたハギレやウエットティッシュなどで水拭きします。 カビなどの汚れが取れない場合 カバーの裏面などに黒カビなど汚れがついているときは、水拭きではなく、漬けおき洗いがおススメです。 【方法】• 水・ぬるま湯に食器用中性洗剤を少量入れる。 カバーを漬ける。 歯ブラシでやさしく擦り落とす。 水気をとり乾かせばOK。 キッチンの換気扇と違い、トイレの換気扇には油汚れがありません。 するっと落ちるので、楽にお手入れできますよ。 トイレ・換気扇のホコリの取り方 カバーを外したら、次は換気扇内部のお掃除です。 今回は、羽を外さず簡単に済ませる方法を解説します。 換気扇内部を簡単に掃除する方法 換気扇内部の掃除を簡単に済ませるには、 掃除機と歯ブラシを使います。 【方法】 掃除機で吸いながら、プロペラ部分のホコリをかきだせばOK。 同時にすれば、ホコリを落とさずお掃除できます。 表面についた黒い汚れも、歯ブラシでやさしくブラッシングすると、綺麗になります。 取れない場合は、水拭きを。 掃除が終わったら、カバーを戻します。 外した時と逆の手順で。 カチッとはめたら、お掃除終了です。 トイレの換気扇・ビフォーアフター トイレの換気扇・ビフォーアフターはこうなりました。 埃まみれだった換気扇内部が、、、 すっきり綺麗に。 薄汚れていた換気扇カバーも 汚れが取れて、白さが戻りました。 カバーを外す。 カバーを洗う。 掃除機と歯ブラシで内部のほこりを取る。 (取説より) しかしながら、メーカーは「便座・便ふたや本体の上にのらないように」と禁止しています。 重さに耐えられず、製品が破損する恐れがあるようです。 ちょっとの油断で思わぬケガや出費(泣)・・・なんて避けたいところ。 手が届かないときは、脚立や踏み台を設置して作業をするようにしましょう。 早く脱臭したいときのコツ 早く脱臭したいときは、「空気の通り道」を作るといいですよ。 ドアの下に隙間がある場合は、閉めた状態でも空気の通り道はできるのでそのままでOK。 空気が流れるようになれば、換気扇の脱臭効果も高まります。 急いで空気を入れ替えたいときは、「空気の通り道」を意識してみてくださいね。 トイレの換気扇「お掃除頻度」と手間を省くコツ 換気扇の掃除は、 2〜3か月に1回程度が目安。 カバーについたホコリをトイレットペーパーで拭うだけでも、汚れを抑えることができます。 また、ホコリ除けのフィルターをつけている場合は、年に1回リセット掃除をすればOKです。 フィルターを 定期的に交換することで、中にホコリがたまりにくくなり、掃除の手間が軽減されます。 掃除は、年に2回ほどカバーの上から掃除機で吸う程度。 その結果、中が埃まみれになってしまいました。 空気の吸い込みの低下(するかは分からない)は多少気になりますが、掃除の手間を考えると、付けていた方が楽でいいなと感じました^^.

次の

お風呂の換気扇を掃除する!5分でできる方法をご紹介

トイレ の 換気扇 掃除

トイレの換気扇の汚れの原因は何? トイレの換気扇の汚れ、そのほとんどはホコリによるものです。 トイレは他の部屋に比べるととても狭い空間です。 トイレの換気扇は空気と一緒にホコリを吸い込み、換気扇内のフィルターやプロペラに蓄積されていきます。 その事から、ホコリのかたまりが障害物となり プロペラの動きを鈍くしたり、吸い込みを悪くしたりしてしまうのです。 そのため、 ホコリがたまったままの状態で放置してしまうと、トイレの換気がうまくいかず、臭いがこもってしまったりします。 さらに状態が悪くなると、故障の原因にもなりかねません。 トイレを快適な空間にするにはトイレ内の換気扇の掃除も忘れずに行わなければなりません。 そうすることで臭いもこもらず、故障の原因も取り除くことができるのです。 トイレの換気扇の掃除にはどんなものを使うの? トイレの換気扇の掃除は一見難しそうで、専用の掃除器具が必要なのかな?と思ってしまいますよね。 しかし、トイレの換気扇の掃除はどこのご家庭にもあるもので十分キレイに掃除できてしまうんです。 準備物• マスク• 脚立・踏み台(椅子)• 雑巾・ウェットティッシュ• 歯ブラシ• 新聞紙• 掃除機 まずは掃除で舞い上がるホコリを吸い込まないために、しっかりとマスクをしましょう。 次にトイレの換気扇は高い位置に設置してあることが多いので、まずは椅子や脚立など高い位置でも作業できる踏み台となるものを用意しましょう。 そして、ホコリを吸い取るための掃除機。 ホコリを拭くための雑巾、又はウエットティッシュ、細かいところをキレイにするための歯ブラシなどがあると良いでしょう。 これで十分キレイにすることができます。 換気扇によっては、取り外しの際にドライバーが必要なものもありますので、念のために用意しておくとよいでしょう。 また、掃除をしている最中にホコリが床に落ちてしまうので、気になる方は床に新聞紙などを敷いてから作業すると良いでしょう。 落ちたホコリはそのまま新聞紙ごと捨てられるので、その後の床掃除も楽になります。 トイレの換気扇の清掃方法は? トイレの換気扇は壁付タイプや天井埋め込みタイプなどがあり、プロペラを外して直接洗えるものや、取り外せないのでそのまま掃除をするタイプなど様々です。 しかし、おおよその手順は同じになりますので、ご家庭にある換気扇の説明書を確認しながら行うと良いでしょう。 トイレの換気扇の掃除手順 手順1:まず、ホコリを吸い込まないようにマスクをして、床には新聞紙を敷き、高い位置での作業がしやすいように脚立などを準備しましょう。 手順2:掃除を始める前に必ず換気扇のスイッチを切りましょう。 換気扇が回ったままの掃除は非常に危険です。 手順3:準備が整ったら、 換気扇のカバーの表面についているホコリを掃除機で吸い取ります。 手順4:次にカバーを外します。 一般的な換気扇のカバーは引っ張ると取れるものが多いですが、メーカーや設置時期のタイプによって外し方が異なりますので、ご家庭の説明書をよく読んで確認しましょう。 天井に換気扇がついている場合、カバーが画像のように、金具で吊られるように取付けられています。 この場合、 金具をつまむように押すことでカバーが外れます。 手順5:カバーを外した換気扇内は、これまで蓄積されたホコリでいっぱいです。 フィルターが付いているタイプもあるので、フィルターが付いていたらカバー同様ホコリを取り、洗える場合はしっかりと洗いましょう。 手順6:中のシロッコファン(プロペラ・羽)が外せる場合は、シロッコファン(プロペラ・羽)を外します。 外せない場合はそのままの状態で大きなホコリを掃除機で吸い取ります。 手順7:こびりついた細かい部分の汚れなどは歯ブラシを使ってかき出します。 それからプロペラを洗浄または水拭きしていきます。 手順8:換気扇内部もプロペラ同様ホコリをとってから乾拭きしていきます。 手の届くところまでで充分キレイになり、換気扇の動きも劇的に良くなります。 手順9:すべての部品をキレイにしたら、しっかりと乾拭きし、乾いてから取り外した部品を戻していきます。 また、換気扇の掃除を楽にするには、換気扇に汚れがたまりにくくする必要があります。 以上がトイレの換気扇の掃除手順になります。 トイレの換気扇は、トイレ内のホコリを空気と一緒に吸い込み換気扇内部にホコリが蓄積されていきます。 掃除後は、外側からこまめに掃除機をかけたり、トイレットペーパーなどでふき取り、内部に入り込むホコリの量を減らすと良いでしょう。 また、トイレの換気扇用の薄いフィルターも売っていますので、カバーとプロペラの間に入れると掃除が楽になります。 シロッコファンの外し方 トイレの換気扇のホコリの多くはシロッコファンというファンに付着します。 シロッコファンが本体に付いたままだと非常に掃除がしにくいです。 外すと、簡単に掃除ができます。 ここでは、シロッコファンの外し方を解説します。 ここでご紹介する取り外し方はあくまで参考にして下さい。 (とはいえそれほど難しい物でもありません) 手順1:まずは、シロッコファンの下にあるカバーを外します。 カバーに「つまんで、はずす」というように文字が記載されている物もあるので、よく確認しながら行うとトラブルなく外せませます。 手順2:カバーを外したらいよいよシロッコファンを外します。 画像左上の白い文字のように、「羽の外し方」が書かれています。 左上の白い文字は、「羽の外し方」と書いてあり、下記のような手順で外せることが書かれています。 中のフタ(灰色)を空ける• 中のツマミ(黒色)をつまんで引く と書いてあります。 書いてある通りに、作業を行うと、無事外す事ができます。 まずは、ファンの中央にある灰色のフタを開けます。 すると黒いツマミが現れます。 次に、黒いツマミを押さえながら、下に引き下げます。 すると簡単に外すことができます。 以上がシロッコファンの外し方です。 取付けるときは、順番を逆にすれば取付ける事ができます。 トイレの換気扇がどうしても自分でできない場合 上記の方法を使っても、トイレの換気扇の掃除が難しい場合は、思い切ってプロに依頼するも一つの手です。 下手に換気扇を分解して、元に戻せなくなったり、壊れてしまったという事例も少なくありません。 また、プロに依頼する事で、家族や趣味の時間も取れるので一石二鳥です。 ただし、プロに依頼する場合は、無料で見積もりが取れて、出張費が掛からない業者さんに依頼するのが良いでしょう。 こちらの業者さんは、見積もりも出張費も無料で、全国対応しているので、おススメです。 掃除してもらうかどうかは別として、ひとまず相談だけしてみるとよいでしょう。 プロのトイレの換気扇掃除の参考動画 文字や画像だけでは分かりにくい事もあるかと思います。 その場合はこちらの動画が参考になります。 まとめ いかがだったでしょうか?今回はトイレの換気扇の清掃方法についてお話しました。 トイレの換気扇を掃除したいけど、どんな風に掃除してよいのか分からない場合には、まず、トイレの換気扇内にはどういった汚れがたまるのかを知ることから始めましょう。 そして次に、その汚れを取るために必要な道具を用意しましましょう。 換気扇はメーカーや製造・設置時期によって扱い方が異なるので、ご家庭にあるトイレの換気扇の説明書を確認しながら外していき、中をキレイにしましょう。 そうする事で、気になる換気扇の汚れや大きな音を改善し、清潔で快適なトイレ空間にすることができます。 掃除の仕方をマスターし、同時にできるだけ掃除が楽になるような対処法も活用していくことが大切です。 トイレの換気扇を掃除したいけど、掃除の仕方が分からないという方は、是非今回の記事を参考にしてみて下さいね。

次の

トイレの換気扇から異音や故障した時の簡単対処法

トイレ の 換気扇 掃除

トイレの換気扇掃除の重要性 トイレの換気扇掃除の重要性について考えてみると、それほど汚れが溜まりやすい場所ではないため、頻繁に掃除をする必要はありません。 しかし、定期的に掃除をする必要はあって、トイレの換気扇がしっかりと動作していなければ、トイレに臭いがこもってしまいます。 トイレに臭いがこもってしまうと、なんとも過ごしにくい空間になってしまいますので、その意味でもしっかりと掃除をしてあげることは重要になってくるのです。 トイレの換気扇掃除 トイレの換気扇を掃除する際にあると便利なアイテムは、高い場所についているので、脚立などを用意しておくと掃除しやすくなります。 便座の上に立って掃除をするなどすると、危ない状態なので、ケガをしてしまうかもしれません。 また、歯ブラシは、汚れを落とす時に役立ちますので、掃除の前に用意しておくとよいでしょう。 トイレの換気扇を掃除するのならば、まずは、カバーを外す必要があります。 カバーを外す前に、換気扇のスイッチをしっかりと切っておきましょう。 途中で回ってしまうと、危険なので、くれぐれも注意してください。 トイレの換気扇は、そこまで大きなタイプがついているわけではありませんし、カバーを引っ張ることで簡単に外れるので、カバーを取り外すと、カバーには裏側にほこりがたくさんついているはずです。 この部分は、拭くよりも、掃除機などでほこりを直接吸ってしまった方がよいです。 そちらの方が効率的に掃除をすることができますので、覚えておくとよいでしょう。 掃除機で汚れをしっかりと吸い取ったら、今後は、拭き取ることで、綺麗にしていきます。 こうすることによって、カバーを綺麗にすることができるはずです。 換気扇のカバーを綺麗にするだけでも、換気扇の能力は十分に戻りますので、定期的に掃除をするのならば、カバーを重点的に綺麗にしていくとよいでしょう。 ファンまで掃除する 換気扇のカバーを定期的に掃除することは大切ですが、たまには中のファンまで掃除をするのもよいでしょう。 中のファンが汚れていることもありますので、しっかりと綺麗にしていきたいものです。 換気扇のファンを掃除する場合には、取り外して、丸洗いする方法がおすすめになっていますので、まずはファンを取り外してみましょう。 換気扇のファンを取り外すためには、ドライバーなどが必要になってくることもありますので、必要に応じて用意しておくとよいでしょう。 ファンを取り外せる場合と、取り外せない場合によって、掃除の仕方は異なってきますので、ファンを取り外せない場合には、掃除機などを利用して、ファンのほこりを除去することが重要になってきます。 ファンを取り外せる場合には、ファンを取り外して丸洗いします。 トイレについているファンは小さめのものが多いので、取り外して、洗面台などを利用することで丸洗いすることができます。 この際に歯ブラシなどが役立ちますので、水を流しながら歯ブラシで汚れを取っていくとよいでしょう。 歯ブラシは、丁度、ファンの隙間に入り込んでくれますので、上手く汚れが落とせるはずです。 また、ファンの周囲も汚れている可能性がありますので、ファンを取り外した後に、掃除しておくとよいでしょう。 雑巾などを使って拭くことによって、綺麗になってくれるはずです。 換気扇掃除の手間を省く 換気扇の掃除は、それほど大掛かりではないものの、実際に掃除をするとなると、なかなか面倒なものです。 そのため、できるだけ掃除をする回数を減らしたいと思っているのではないでしょうか。 換気扇の掃除回数を減らすためには、日頃からの定期的な掃除が重要になってきます。 換気扇の掃除の負担を減らすためには、カバーを定期的に掃除することが重要です。 中までほこりがびっしりになってしまうと、どうしても掃除に手間がかかってしまいます。 そのため、定期的にカバーを掃除することによって、大掃除の回数を減らすとよいでしょう。 ほこりが溜まりやすくなってしまうと、それだけファンの能力が落ちてしまいますので、ほこりが溜まる量を減らして、ファンの機能をしっかりと維持したいところでしょう。 カバーの掃除については、簡単な場合は、トイレットペーパーなどでサッと拭き取るだけでもよいのです。 また、換気扇の汚れを溜まりにくくするためには、フィルターを利用する方法もあります。 市販されている換気扇フィルターを利用して、内部に汚れが入り込むのを防ぐことができれば、掃除の手間は各段に減るのではないでしょうか。 フィルターといっても、簡易フィルターなので、何千円もするような高価なものではありません。 トイレの換気扇掃除のペース ここではトイレの換気扇掃除のペースについて考えてみます。 トイレの換気扇掃除は、そこまで短い期間で何度もやる必要はありませんが、1年に一回くらいのペースでは掃除したいところではないでしょうか。 あまりにも掃除する期間が短いと大変ですし、逆に掃除する期間が長くなってしまうと、換気扇の能力が落ちてしまうかもしれません。 このようなものがトイレの換気扇掃除の方法になっていますので、これからトイレ掃除をするなら、チャレンジしてみるとよいでしょう。 換気扇の能力がほこりによって落ちていると、臭いがいつまでもするようなトイレになってしまいますので、十分に注意しましょう。 また、定期的に掃除することによって、全体的な掃除の手間を省くことができますので、こちらも覚えておくとよいでしょう。 まずは、トイレ掃除を見直してみてはいかがでしょうか。 トイレ掃除を見直すだけでも、ずいぶん違うはずです。

次の