お盆 迎え火 送り火 やり方。 お盆の迎え火と送り火のやり方を解説!日にちや時間はいつ?マンションではどうするか

お盆に迎え火や送り火をまたぐ理由は?やり方は地域の風習で違うの?

お盆 迎え火 送り火 やり方

お盆の迎え火と送り火のやり方は? お盆には先祖の霊を家に迎えて供養するのですが、お迎えする時に迎え火を、送り出す時に送り火をします。 なぜ迎え火や送り火をするかというと、火を焚くことで先祖の霊が帰る時の目印になるし、見送る時の火は先祖の霊が帰るのをしっかり見送る証になるのです。 昔のお盆では、お盆の入りにお墓参りをした後、お寺のお坊さんにお経を唱えてもらってから持参した盆提灯に火を灯してもらい、消さないように家に持ち帰り、仏壇のロウソクに灯していたのですが、これが迎え火でした。 先祖の霊は盆提灯の明かりが目印になって家へ帰るとされています。 ですが、今ではこのような形態は難しいこともあり、家で迎え火を行うのが一般的です。 次に迎え火の説明を、と言いたいのですが、迎え火の前にお盆の準備が必要なので、こちらの話を先にしますね。 お盆の準備 迎え火を行う前の12日か13日午前中に次のようなお盆の準備をして、墓参りを済ませます。 精霊棚に位牌(先祖代々の位牌を含む)を移し、季節の花や野菜、果物、白玉団子等をお供えします。 胡瓜や茄子を使って馬や牛などの乗り物をお供えすることもあります。 仏壇があれば精霊棚は不要とする考えもあります。 ではいよいよ、迎え火と送り火の説明になります。 迎え火のやり方 迎え火は通常13日の夕方に行います。 最初に盆提灯の火を灯します。 先祖の霊は燃やしたオガラの煙に乗り家へ戻ってきます。 なぜオガラを使うかというと、麻は昔から清浄な植物として考えられており、悪いものを祓って清めるという意味があるからです。 送り火のやり方 送り火は、お盆明けの16日に迎え火を行った場所で、同じように火を焚いて先祖の霊を見送ります。 オガラと共に、胡瓜ナスで作った馬や牛などの乗り物があれば、それを一緒に燃やします。 この火の煙に乗り、先祖がお墓へ帰るとされています。 お盆の迎え火と送り火の時間帯は? 迎え火は上記の通り、夕方に行います。 送り火の時間については、16日午前中まで先祖が家に居るとされているため「午後」に焚くのですが、実際には夕方以降に焚くことが多いです。 じゃあ、夕方というと何時ごろなの? という疑問が次に浮かびますよね。 夕方が何時頃かは人によって感じ方も解釈も曖昧ですが、 完全に暗くならないうちに行う程度に考えて問題ありません。 そもそも、自分達にとって大事な先祖の霊をお迎えするのですから、お迎えは早い方が喜ぶでしょうし、お見送りするのは名残惜しいし、少し遅めでも構わないし、むしろその方が気持ちがスッキリする、と私は亡くなった祖母に教わりましたし、実家では送り火は夜8時くらいで真っ暗な中行っていたものです。 お盆の行事は先祖の霊を供養する行事ですから、先祖に気持ちよく過ごしてもらえることが大切だし、時間帯についてはあまり深く気にせず、出来る時間帯に行えば良いでしょう。 お盆の迎え火マンションの場合はどうすればいいの? マンションやアパートなどの集合住宅の場合は玄関やベランダで火を焚くのは難しいですよね。 こういう場合は火を焚くのでなく、盆提灯を飾ります。 なぜ迎え火や送り火をするかというと、先祖の霊が迷わず家へ来てもらい、帰ってもらうためのものですから、火でなくても盆提灯があれば、その明かりを目印にしてもらえば問題ないのです。 盆提灯を迎え火、送り火の代わりに使う場合は次のようにします。 【迎え火の代わりに】 盆提灯を灯して手に持って玄関先に立ちます。 一礼して黙祷し、先祖の霊をお迎えする気持ちで一礼して黙祷してから盆提灯の明かりを消します。 【送り火の代わりに】 盆提灯を灯して手に持って玄関先に立ちます。 先祖の霊をお見送りする気持ちで一礼して黙祷してから、盆提灯の明かりを消します。 さいごに マンションなどの集合住宅が多い現在、お盆の迎え火や送り火を行わない家庭も増えていますが、盆提灯が代わりになるので問題ありません。 やり方について迷うかもしれませんが、基本の「先祖の霊に明かりを目印にしてもらう」ことを念頭に、気持ちを込めて手を合わせれば大丈夫です。

次の

お盆の迎え火と送り火のやり方を解説!日にちや時間はいつ?マンションではどうするか

お盆 迎え火 送り火 やり方

もくじ• お盆の迎え火と送り火はいつ?7月 新盆 と8月 旧盆 の両方を時間と併せて紹介 お盆の始め頃、四国は仁淀川町へ行った際、ちょうど迎え火を焚き始めた時間帯に通りかかって非常に「日本の夏」を感ぜられた。 ヒグラシと清流の流れだけが響く夕暮れだった。 「もう少し遅めにくればもっと面白いものが見られるから来年また来なさい」と言われたけど、今年は12日が夏コミ本番…ぐぬぬ。 迎え火はいつ?意味と 日にち、時間帯を紹介! お盆の時期にご先祖様が現世に戻る時に、迷わないように目印にするものが「迎え火」と呼ばれています。 迎え火は、玄関先や門中で、 お盆初日 7月13日、8月13日 の午後から夕方にかけて火を焚きます。 玄関先で灯した火を提灯(ちょうちん)にうつして家の中へ入り、精霊棚のロウソクに火をともし、お線香を供えてお参りをします。 送り火は いつ?意味と 日にち、時間帯を紹介! お迎えしたご先祖様の霊はお盆が終わればあの世に帰る必要があります。 一緒にお盆を過ごしたご先祖様の霊が無事に帰れるように、迎え火と同じ場所で焚くお見送りの火が「送り火」です。 一般的には 盆明け 7月16日、8月16日 の午前中に行われます。 送り火を焚くときに、精霊馬(キュウリやナスで作った馬の形をしたお供え物)も一緒に燃やす地域は多いようです。 ご先祖様の霊は、精霊馬を燃やした煙にまたがって、天に帰っていくと信じられています。 7月 新盆 と8月 旧盆 について 明治時代に太陰暦から太陽暦へ変更されたことに伴い、お盆が一か月も早まりました。 しかし都市部では新盆を採用するも、農村では繁忙期なので旧盆のまま行っているところもあります。 旧盆・・おおむね全国的 7月13日(土曜日) 迎え火(盆の入り) 7月16日(火曜日) 送り火(盆明け) 次に具体的なやり方を見ていきます。 スポンサーリンク お盆の迎え火、送り火はいつ?~やり方編~ 昨日は数軒、新盆見舞いに伺いました。 その道中で、迎え火を焚く姿をそこかしこに見かけました。 祖父母、両親、子ども達…皆で玄関先に集まり迎え火を囲む様子に、お盆らしい情緒を感じました。 やはり、いい風情です。 — 太田屋お仏壇 butsudankuyou 迎え火と送り火のやり方は地方によって少しずつ異なりますが、一般的な作法を説明します。 まず準備するものは、 焙烙 ほうらく とおがらです。 焙烙(ほうらく)とは素焼きの土鍋の一種で、平皿のことです。 おがらとはヘンプの茎を繊維部と空洞の間を乾燥させたもののことです。 おがらは白川郷の合掌造りの茅葺屋根の下地としても使用されています。 この2つが準備できたら、焙烙 ほうらく の上におがらを載せて火を焚きます。 焙烙がない場合には、耐熱の平皿で代用しても構いません。 材料は仏壇屋さんが近くにあればそこで購入するか、最近ではインターネットでも手軽に購入できるので、発送期間も考えてなるべく早めに注文し、準備しましょう。 祖先を清らかな空間に向かい入れたり、送り出す準備をする意味が込められているのでしょう。 かつてはお墓に直接行き、祖先のお墓に明かりを灯し、その火をちょうちんに移して運びましたが、現在は住宅地とお墓に距離があり、このような方法は減少しています。 現代社会ではほとんどの場合、 自宅の玄関先で火を焚くことが多い模様。 迎え火や送り火は、日本の伝統的風習で、仏教であれ神道であれ、火を焚く習慣があります。 ただし、浄土真宗はご先祖様の霊を迎えるという考えや慣習がないので、迎え火や送り火を行いません。 その代わりに、盆提灯を飾りご先祖様に感謝の気持ちを伝える方法をとります。 次に迎え火、送り火のイベントを紹介します。 有名なイベントを2つ紹介しますので、興味がある方はぜひ足を運んで見てくださいね。 お盆時期に行われる 祇園祭と一緒に、京都の夏の一大風物詩として、 毎年8月16日午後8時に五山で同時に点火されます。 東山如意ケ嶽の「大文字」、金閣寺大北山の「左大文字」、松ヶ崎西山(万灯籠山)・東山(大黒天山)の「妙法」、西賀茂船山の「船形」、及び嵯峨曼荼羅山の「鳥居形」 点火の順番も決まっています。 そして、 船に乗り、三途の川を渡り、最後に西にある鳥居をくぐり、あの世に無事に帰れるようにという意味が込められています。 開催地はもちろん 岩手県平泉町。 奥州藤原四代の栄華や源義経 兄との確執により追われ、平泉にかくまってもらった経緯より)を偲ぶという歴史的な意味も含まれます。 束稲山駒形峰で大文字の送り火を行っています。 平泉は 中尊寺金色堂などの世界遺産もあるので、古き良き慣習を学ぶとともに歴史的な建築物に触れることもできます。 最後にまとめをご覧ください。 スポンサーリンク お盆の迎え火と送り火はいつ?7月と8月の両方を紹介!~まとめ~ 今回はお盆の迎え火、送り火がいつなのかについてまとめました。 やり方や意味はもちろん、子供に聞かれても答えられるように覚えておくのがおすすめです。 現代はお墓参りやご親戚との会食で終わりがちなお盆ですが、祖先に感謝し、迎え火、送り火をぜひ行ってみてください。

次の

日蓮宗のお盆の飾り方は?迎え火送り火は?お参りの作法は?

お盆 迎え火 送り火 やり方

お盆の迎え火と送り火のやり方は? お盆には先祖の霊を家に迎えて供養するのですが、お迎えする時に迎え火を、送り出す時に送り火をします。 なぜ迎え火や送り火をするかというと、火を焚くことで先祖の霊が帰る時の目印になるし、見送る時の火は先祖の霊が帰るのをしっかり見送る証になるのです。 昔のお盆では、お盆の入りにお墓参りをした後、お寺のお坊さんにお経を唱えてもらってから持参した盆提灯に火を灯してもらい、消さないように家に持ち帰り、仏壇のロウソクに灯していたのですが、これが迎え火でした。 先祖の霊は盆提灯の明かりが目印になって家へ帰るとされています。 ですが、今ではこのような形態は難しいこともあり、家で迎え火を行うのが一般的です。 次に迎え火の説明を、と言いたいのですが、迎え火の前にお盆の準備が必要なので、こちらの話を先にしますね。 お盆の準備 迎え火を行う前の12日か13日午前中に次のようなお盆の準備をして、墓参りを済ませます。 精霊棚に位牌(先祖代々の位牌を含む)を移し、季節の花や野菜、果物、白玉団子等をお供えします。 胡瓜や茄子を使って馬や牛などの乗り物をお供えすることもあります。 仏壇があれば精霊棚は不要とする考えもあります。 ではいよいよ、迎え火と送り火の説明になります。 迎え火のやり方 迎え火は通常13日の夕方に行います。 最初に盆提灯の火を灯します。 先祖の霊は燃やしたオガラの煙に乗り家へ戻ってきます。 なぜオガラを使うかというと、麻は昔から清浄な植物として考えられており、悪いものを祓って清めるという意味があるからです。 送り火のやり方 送り火は、お盆明けの16日に迎え火を行った場所で、同じように火を焚いて先祖の霊を見送ります。 オガラと共に、胡瓜ナスで作った馬や牛などの乗り物があれば、それを一緒に燃やします。 この火の煙に乗り、先祖がお墓へ帰るとされています。 お盆の迎え火と送り火の時間帯は? 迎え火は上記の通り、夕方に行います。 送り火の時間については、16日午前中まで先祖が家に居るとされているため「午後」に焚くのですが、実際には夕方以降に焚くことが多いです。 じゃあ、夕方というと何時ごろなの? という疑問が次に浮かびますよね。 夕方が何時頃かは人によって感じ方も解釈も曖昧ですが、 完全に暗くならないうちに行う程度に考えて問題ありません。 そもそも、自分達にとって大事な先祖の霊をお迎えするのですから、お迎えは早い方が喜ぶでしょうし、お見送りするのは名残惜しいし、少し遅めでも構わないし、むしろその方が気持ちがスッキリする、と私は亡くなった祖母に教わりましたし、実家では送り火は夜8時くらいで真っ暗な中行っていたものです。 お盆の行事は先祖の霊を供養する行事ですから、先祖に気持ちよく過ごしてもらえることが大切だし、時間帯についてはあまり深く気にせず、出来る時間帯に行えば良いでしょう。 お盆の迎え火マンションの場合はどうすればいいの? マンションやアパートなどの集合住宅の場合は玄関やベランダで火を焚くのは難しいですよね。 こういう場合は火を焚くのでなく、盆提灯を飾ります。 なぜ迎え火や送り火をするかというと、先祖の霊が迷わず家へ来てもらい、帰ってもらうためのものですから、火でなくても盆提灯があれば、その明かりを目印にしてもらえば問題ないのです。 盆提灯を迎え火、送り火の代わりに使う場合は次のようにします。 【迎え火の代わりに】 盆提灯を灯して手に持って玄関先に立ちます。 一礼して黙祷し、先祖の霊をお迎えする気持ちで一礼して黙祷してから盆提灯の明かりを消します。 【送り火の代わりに】 盆提灯を灯して手に持って玄関先に立ちます。 先祖の霊をお見送りする気持ちで一礼して黙祷してから、盆提灯の明かりを消します。 さいごに マンションなどの集合住宅が多い現在、お盆の迎え火や送り火を行わない家庭も増えていますが、盆提灯が代わりになるので問題ありません。 やり方について迷うかもしれませんが、基本の「先祖の霊に明かりを目印にしてもらう」ことを念頭に、気持ちを込めて手を合わせれば大丈夫です。

次の