お供え のし袋。 失礼なくお供え物を贈るために知っておきたい「のし紙」のマナー

お彼岸「のし」表書きの書き方!お供えの品物や金額は?

お供え のし袋

お供えの「のし紙」の基本を知る まずは、「のし紙」がどんなものか、そしてお供え物にかける「のし紙」が何のためのものかを理解しましょう。 「のし紙」とは? 「のし紙」とは、かけ紙に「のし」「水引」「表書き」を印刷した紙のことで、贈答品を包むときに使われます。 ただし、かけ紙の右上に印刷される「のし」(画像参照)はお祝い事にしか使用しないため、お葬式や法事のお供えの品物には「のし」の印刷がないかけ紙が使われます。 このように「のし」の印刷がなく、弔事用の水引や表書きだけが印刷された画像右側のようなかけ紙のことを 「弔事用のし紙」と呼びます。 お供え物の「のし紙」はあなたの故人への敬意を表すもの のし紙は、贈り主から相手に対し礼を尽くす姿勢を表すものとして、贈答品の包装に使われます。 お供え物に弔事用のし紙をかけるのは、あなたからの故人への敬意と遺族へのいたわりの気持ちを表すためです。 お供え物の「のし紙」の選び方&かけ方のマナー お供え物の「のし紙」が何のためのものか理解したら、次はお供え物にかけるのし紙の基本マナーを見ていきましょう。 用途別に水引の色や表書きの書き方、知っておきたいかけ方のポイントまで紹介します。 水引と表書き 通夜・葬儀や法事のお供え物には、画像のような「結び切り」という結び方の水引が印刷された弔事用のし紙をかけます。 「結び切り」は一度結ぶとほどけない結び方で、弔事や結婚など、一度きりで繰り返したくない出来事に対しての贈答品に使われます。 水引の色と表書きは、お供えのシーンによって以下のように使い分けます。 《地域による風習の違いに注意!》 通夜・葬儀では全国的に黒白の水引が使われますが、法事用のお供え物の水引の色は地域によって差があります。 例えば、関西では一般的に四十九日法要から黄白の水引を使用することが多いですが、関東では一周忌までは黒白を使い、黄白は三周忌以降でないと使ってはいけないとされています。 のし紙の水引や表書きのことがわからなくて困ったら、お供えを渡す相手が住む地域の風習に詳しい人や、葬儀社に相談してから手配しましょう。 お供え物には「内のし」?「外のし」? のし紙のかけ方には、「内のし」と「外のし」の2種類があります。 内のし ・包装紙の中、箱に直接のし紙をかける包み方 ・式典に出席せず、お供えのみ送る場合はこのかけ方をすることが多い 外のし ・包装紙の外側にのし紙をかける包み方 ・式典に出席しお供えを直接手渡しする場合はこのかけ方をすることが多い のし紙のかけ方に厳密な決まりはなく、どちらのかけ方もマナー違反にはなりません。 ただ、たくさんのお供え物が並ぶ通夜・葬儀式や法事では、ひと目で誰からの物かわかるように「外のし」が使われやすい傾向があります。 お店の人にどちらのかけ方にするか聞かれて迷ったら、参考にしてくださいね。 ルールに注意!お供えの選び方 お供え物の用途別に、どんなのし紙を用意すればいいのかイメージはできましたか? 包み方のマナーをマスターしたところで、最後に用途別の相場目安から喜ばれるお供え物の条件まで、お供え物の選び方のポイントを紹介します。 用途別のお供え物の一般的な相場目安 通夜・葬儀のお供え物なら5千円~1万円、法事のお供え物なら3千円~1万円を目安に考えましょう。 喜ばれるお供え物の条件3つ 消えものを選ぶ お供え物は食べ物や飲み物をはじめ、線香やろうそくなどの消えもの(消費されてなくなるもの)がよいとされます。 分けやすく、日持ちのするものを選ぶ 食べ物や飲み物なら個包装で、常温で日持ちのするものが便利です。 焼き菓子やせんべい、羊かんや小さい容量のジュースなどが、お供えしたあとにみんなでお下がりとして分けやすいので喜ばれます。 故人が好きだったものを選ぶ 故人が好きだったお酒やお菓子、果物などをお供えとして持って行くのも遺族に喜ばれます。 また、花なら故人の好きだった色や種類の花を入れたフラワーアレンジメントがおすすめです。 《通夜・葬儀では葬儀社を通して注文するのもアリ!》 通夜や葬儀式のためのお供え物は、担当の葬儀社が注文を受け付けている場合があります。 この場合は葬儀社に供物を注文すれば、式に間に合うように手配してくれます。 《ここに注意!》 以下の3つはお供え物としてはふさわしくありませんので、避けるようにしてください。 ・肉や魚など殺生につながるもの ・バラなど棘のある花 ・濃色で派手な色の花 「物」ではなく「現金」をお供えすることも お供えとして現金、または物と現金の両方を持って行く場合もあります。 現金をお供えとして包む場合のマナーも確認しておきましょう。 表書きと水引の色 現金を入れる不祝儀袋も、お供え物ののし紙と同じで「結び切り」の水引が入ったものを選び、目的に応じて水引の色と表書きを変えます。 《ここに注意!》 お供え物と現金を両方用意する場合、表書きが重ならないようにします。 下記は会食がない場合の一般的な目安です。 通夜・葬儀(香典) 法事(供物料) 親戚 1万円~3万円 3千円~1万円 友人・知人 1万円~2万円 5千円~1万円 法事のお供えには白い胡蝶蘭を 法事のお供えには、故人を偲ぶ気持ちを表す白い胡蝶蘭がおすすめです。 「アロンアロン」は、知的ハンティキャップを持つ方が丹精こめて栽培している胡蝶蘭を販売しています。 お供えに胡蝶蘭をお考えなら、をご検討ください。 いかがでしたか? のし紙の選び方、かけ方ひとつ変えるだけで、あなたからのお悔やみの気持ちがより強く伝わるお供えになります。 せっかくですから、のし紙のマナーをきちんと守って、あなたの心が伝わるようお供え物を贈ってくださいね。 配送について 全国配送無料でお届け致します。 東京23区、川崎市(川崎区のみ)、横浜市一部(鶴見区、港北区、都筑区、青葉区、神奈川区、保土ヶ谷区、旭区、中区、西区、南区、港南区)、名古屋市内、大阪市内、福岡市内は、 午前中注文受付で翌日の配送も可能です(化粧蘭を除く)。 本州・四国へのお届けは、ご注文日から2日後着が最短となります。 北海道・九州へのお届けの場合は、ご注文日から3日後着が最短となります。 ご希望商品が在庫切れの場合は、手配可能な最短日をご案内致します。 返品・交換について お客様のご都合による返品、交換はいたしかねます。 ただし、当店の 手違い、不良は直ちにご対応させて頂きます。 お電話によるお問い合わせは 03-6823-5937 (受付時間 平日 9:00~17:00、土曜 9:00~16:00 日祝 休業) お支払い方法 下記クレジットカードがご利用頂けます。 銀行振込(前払い) ご注文確認のため振込入金先を記載したメールをお送りいたしますので、お振込みをお願いいたします。 お振込みはお届け希望日の3営業日前( 土日祝日を除く) までにお願いいたします。 ご入金が確認できましたら、商品の準備・発送をさせていただきます。 西武信用金庫 渋谷東支店 普通2008107 エヌピーオーホウジンアロンアロン コンビニ決済 ご入金確認後の発送となります。 各種コンビニでお支払いが可能です。 ご入金はお届け希望日の3営業日前( 土日祝日を除く) までにお願いいたします。 請求書払い(法人様限定) 商品のお届け後、請求書をお送り致します。 指定の期日までに お振り込み下さい。

次の

不祝儀袋】選び方・表書き・種類・書き方・金額・不祝儀とは・お金の入れ方・中袋

お供え のし袋

古くからお盆といえば故人やご先祖様を供養するための大切な時期です。 皆さんもご実家に帰省して、家族総出で仏壇やお墓に参って手を合わせるなどをしたことがある方も多いでしょう。 仏壇やお墓に参る際に欠かせないものがお供え物です。 お供え物といえばお花やお線香、食べ物などが挙げられますが、お盆の時期にはわざわざのしを掛けたものを持参してお供えするという方も少なくありません。 のしを掛けること自体はお供え物以外にも、お中元などの贈答品でもよく見られます。 しかし、お盆の時期にお供え物を持参して、故人やご先祖様にお供えするとなれば、その際ののしの掛け方もきちんと理解しておきたいところです。 そこで今回「終活ねっと」では、 お盆の時期のお供え物ののしのかけ方について以下の項目を解説していきます。 お盆とはどのような時期なのか? 毎年夏に迎えるお盆という時期について簡単にご説明します。 お盆で熨斗(のし)を使う場面とは お盆で熨斗(のし)を使う場面として代表的なものをご紹介します。 お盆のお供えの際ののしの書き方とは? お盆のお供えの際ののしを書く作法について詳しく見ていきます。 お盆のお供えに掛けるのし紙の種類や選び方とは? お盆のお供えに掛けるのし紙の適切な種類や選び方について解説していきます。 お盆のお供えでおすすめの品物とは? お盆のお供えでおすすめの品物について簡単にご紹介します。 お供えのお返しに掛けるのしのマナーとは? お供えのお返しの際に使うのしのマナーについて解説します。 お盆のお供えへのお返しにおすすめの品物とは? お盆のお供えへのお返しにおすすめの品物を挙げていきます。 お盆という時期について簡潔に見てきたところで、ここからはお盆のお供えに使うのしについて見ていきましょう。 まずは、 お盆でのしを使う場面にどのようなものがあるのかをご紹介します。 香典を渡すとき お盆の時期でのしを使う場面としてまず挙げられるのが、香典を渡すときです。 お盆の時期にはご自宅やお寺で法要が営まれ、特に故人の四十九日が明けて最初のお盆である初盆(新盆)を迎えたご家庭では初盆(新盆)法要が行われます。 初盆法要を行う場合は、故人のご遺族やご親族、知人・友人などが香典を持参して参列するのが一般的です。 この際に使われる袋は黒白などの 水引のついたのし袋が使われます。 お供え物を渡すとき お盆の時期にはお供え物を持参する方も少なくありません。 先ほど触れた初盆法要においても、お供え物(初盆見舞い)にのしの掛け紙を付けた形で持参する方もいます。 また、普通のお盆の場合でも旦那の実家(義実家)などに夫婦で帰省する際には、手土産を持参するのがマナーです。 そのお土産についてものしを掛けた形とすることが大切となってきます。 さらに、お供え物のかわりにお金という形でお供えとする方も最近では増えてきていますが、その場合でもお金を のし紙に包んで持参するのがマナーです。 お盆のお供えののしの書き方 それでは、お盆の時期のお供えの のしの書き方について詳しく見ていきましょう。 特にお盆の時期にお供えを持参して、故人やご先祖様を供養したいと考えている方はぜひとも参照いただければ幸いです。 薄墨で書いたほうがいいの? 故人やご先祖様にお供えするとなると、不祝儀用ののしを掛けるのが一般的です。 しかし、その際に表書きなどを書くときに使う墨の種類について悩む方も多いでしょう。 この場合は薄墨ではなく普通の 濃い墨で問題ありません。 というのは、薄墨を使うのは葬儀の時に故人への弔意を示すためでありますが、お盆の際には薄墨を使わないといけないということはないからです。 なお、筆で記すのが正式な作法ですが、筆ペンを使って記しても差し支えありません。 表書きの書き方 次に、のしに書くもので不可欠な表書きの書き方について見ていきましょう。 なお、表書きの書き方は宗教や宗派によって異なるため、きちんと理解しておくと良いです。 仏教の場合 仏教の場合は、大きく分けて49日よりも前の時期の場合と、49日以後の時期によって書き方が異なります。 49日より前は「御霊前」 故人の49日よりも前の場合は、のし袋ものし紙も 「御霊前」と記すのが一般的です。 加えて、お供え物に掛けるのし紙の場合は「御供」も使うことができます。 お金をお供え物のかわりとする場合は「御供物料」と書くのがマナーです。 これは、仏教の教えで49日よりも前の時期は、故人の霊は生まれ変わる先が決まっていない状態であるという理由によります。 ただし、仏教の宗派の中でも浄土真宗の場合は49日よりも前であってものし袋やのし紙には「御仏前」もしくは「御佛前」「ご仏前」が使われるのが一般的です。 もちろん、お供え物に対しては「御供」、お供え物のかわりのお金には「御供物料」も使われます。 浄土真宗では人が亡くなった時点で仏様(阿弥陀如来)のお力によって成仏し、極楽浄土で生まれ変わるとされているからです。 49日の忌明け後は「御仏前」 故人の49日の忌明け後の場合、のし袋であれば 「御仏前」もしくは「御佛前」が使われます。 また、のし紙の場合はこれらに加えて「御供」が、お供え物のかわりのお金には「御供物料」も一般的です。 浄土真宗以外の各宗派においても49日以後は故人の霊が成仏し、仏様になったとされているためです。 神道の場合 神式の場合は、のし袋であれば「御霊前」や「御神前」(五十日祭以後)、「御玉串料」、「御供物料」(お供え物のかわりにお金をお供えする場合)などが使われるのが一般的です。 一方、お供え物に対しては「御供」や「奉献」、「奉納」が主に使われます。 名前の書き方 表書きの下には持参するなどした方の名前(フルネーム)を書きます。 連名でお渡しする場合は3人までであれば立場の順に右から書き、4人以上になる場合は中に名前や内訳を記した目録を入れるのがマナーです。 お盆のお供えののし紙 掛け紙 の選び方 お盆のお供えに掛けるのに適切なのし紙の種類や選び方をあらかじめ知っておくことも大切です。 ここでは、お盆のお供えに掛けるべき のし紙 掛け紙 の種類や選び方についてご紹介します。 水引の色 のし紙やのし袋には水引と呼ばれる紐飾りをつけるのが一般的です。 市販のものであれば水引のデザインが印字されている例も多く見られますが、お盆のお供えで使う場合は地域により種類が異なります。 関東では黒白 弔事で使われる水引といえば黒白が定番とされていますが、特に関東など東日本では葬儀や法事であっても 黒白が一般的です。 黒色が故人を哀悼する意味で使われることに由来します。 関西では黄白 一方、関西や北陸および新潟では 黄白の水引を用います。 主に49日が明けた後の法事全般に使われることが多いので、特に初盆以降に関西などで法事関係でお供えや香典を包む際には注意しましょう。 ちなみに、葬儀の場合は黒白の水引を使います。 紅白にするのはお土産の場合のみ 実は、お盆の際に使うのしでも 紅白でも良い場合があります。 それは、お寺にごあいさつ参りする際に持参する手土産やお布施がある場合です。 この場合は、仏様にお菓子などをお供えする場合は、喜びの心を表すことが大切とされていることによります。 水引の結い方 のしの水引には何種類かの結い方がありますが、弔事の際に適切な種類に 結び切りやあわじ結びが挙げられます。 結び切りもあわじ結びも、一度結ぶと簡単にほどけないことから「二度とあってほしくない」という意味合いで使われる結い方です。 のしの掛け方 のし紙を用意する方法としてはお供えを購入した際に店員の方に頼むか、無料テンプレートのダウンロードとプリントアウトを使って用意するといったやり方があります。 どちらかの方法でのし紙を用意できたら、次に注意すべき点が のしの掛け方です。 実は進物にのしを掛ける時にはきちんとした作法があります。 内のし 内のしとは、のし紙を掛けた上で、さらに外から包装紙を掛ける、主に関西で見られるやり方です。 主に内祝い(返礼品)や贈答品に掛ける時に使われ、特に控えめにお祝いしたい場合にとられます。 弔事関係では主に お返しの時に使われるやり方です。 外のし 関東など全国的に使われるのし紙の掛け方です。 お供え物に直接のし紙を掛けるため、のし紙がそのまま見えることから外のしと呼ばれています。 お供えを送る目的が内のしに比べてはっきりさせられるため、弔事関係の お供えでよく使われる方法です。 お盆のお供えにおすすめの品物 ここでは、 香典やお供え物に対するお返し(香典返しや引き出物、返礼品)につけるのしにまつわるマナーをご紹介します。 のしの表書きの書き方 お返しで使われる表書きで代表的なものに 「志」や「粗供養(読み方:あらくよう)」があります。 これは法事のお返し全般でよく使われるもので、「志」は東日本で、「粗供養」は西日本で使われることが多いです。 似たものに「寸志」というものもありますが、これは目上の方から目下の方に対して使われる表書きであるため、使い方に注意が必要です。 なお、名前なしとすると逆に相手の方に失礼になりますので、喪主の名前は必ず書くようにしましょう。 のしの選び方 お返しで使うのしの選び方としては、水引は黒白や双銀(関西などでは黄白)などの 結び切りのものを選びましょう。 水引の色については、地域や慣習によりさまざまですので、事前に確認しておくと無難です。 お供えのお返しにおすすめの品物• お盆とは故人やご先祖様の霊があの世から戻って来るとされている、毎年7月もしくは8月13日から16日にかけての先祖供養のための時期のことである。 お盆のお供えののしの書き方として、墨は普通のものを使って問題はない。 表書きは仏式の場合は49日より前の場合は「御霊前」や「御供」、49日以後は「御仏前」や「御供」、神道の場合は「御霊前」や「御神前」、「御供」などが使われる。 名前はお供えを持参するなどした方の氏名をフルネームで書く。 お盆のお供えののし紙の種類や選び方として、水引は関東では黒白、関西では黄白が主に使われる。 水引の結い方は、結び切りかあわじ結びが一般的である。 のしの掛け方には内のしと外のしとがあるが、お盆の場合は外のしの方が多い。 お盆のお供えでおすすめの品物として菓子折りやお花、お酒、果物、その他故人が好んでいたものが挙げられる。 お供えのお返しののしのマナーとして、表書きは「志」や「粗供養」が一般的である。 名前はきちんと記す方が失礼に当たらない。 なお、のしは黒白もしくは黄白(関西の場合)の水引に結び切りかあわじ結びのものを選ぶ。 お供えのお返しにおすすめの品物として、菓子折りやお茶・コーヒーセット、タオルセットなどがある。 「終活ねっと」では、他にもお盆に関する記事が多数ございます。 ぜひ、他の記事もご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

失礼なくお供え物を贈るために知っておきたい「のし紙」のマナー

お供え のし袋

・和菓子 ・日持ちする和菓子、洋菓子 ・ケーキなど生の洋菓子 和菓子は、お彼岸らしくて喜ばれます。 ・おまんじゅうでも、1つずつ個包装されたものだと、親族に持ち帰ってもらえます。 ・冷凍できるので、婚家でゆっくり少しずつ食べていただくこともできます。 洋菓子は、ケーキ以外は冷凍すると湿気てしまいがち。 その日にみんなで食べられる小さくて高級感のあるものか、日持ちするものを選びましょう。 日持ちしないので人数が少なければ高級品にしましょう。 花 もう仏壇に花は活けてあります。 故人が女性なら、きれいなアレンジメントなどをお供えしても。 家の方は水やりするだけでいいのでおすすめです。 線香 ふだん買わない高級なお線香もよいのですが 香りに好みがありますね。 あまりおすすめではありません。 毎日仏壇にお参りする家庭なら、お持ちしても。 3)お供えの「のし」 のしをつけましょう。 ていねいでいい印象を与えます。 お菓子など 買ったお店で、「お彼岸でお仏壇に供えたいので」といってつけてもらいましょう。 「のし」は、正式には「掛け紙」といいます。 お店の方におまかせすれば大丈夫ですが、表書きや名前については、伝えなければなりません。 金額の相場 3千円 のし袋 ・「御供」と印刷された簡易なもの ・水引が印刷された簡易なもの 水引は、不祝儀袋の双銀か白黒の印刷。 関西は、黄白が印刷されたものにしましょう。 表書き 「御供」。 「御仏前」と書いても構いません。 名前 ご主人の名前を苗字無しで。 薄墨にしないとだめ? 薄墨は、通夜や葬儀の時だけ。 黒の筆ペンで大丈夫です。 3仏壇には早めにお参り 婚家に着いて義両親へのごあいさつが一通り終わったら、先に仏壇にお参りしましょう。 そのときに、お菓子や現金もお供えします。 先にお参りしておくと忘れないし、いい印象を与えますよ。 4行けないときは郵送? 郵送や宅配便はいい印象を与えません。 むしろ行けなかったらそのまま 何も送らないほうがいいかもしれません。 -現金のお供え:郵送 ふつう現金のお供えの郵送は失礼です。 次に行った時(お正月など)に、金額をちょっとだけ上乗せしてはいかがでしょう。 近くなら、別の機会にお参りに行っても。 でも、郵送でも気にしない義両親なら、現金書留で送りましょう。 -お菓子などのお供え:通販で 「お布施」「御布施」 「お供え」「御供物料」 お布施は「お寺にさしあげる」、お供えは「仏さまに供える」という意味。 お彼岸には、 どちらを使っても大丈夫です。 薄墨は、お通夜や葬儀のときだけでしたね。 ふつうの黒いペンで書きましょう。 -名前の書き方 御布施には、顔見知りのお坊さんに手渡しするのであっても、名前を書きましょう。 お返しがあったり、特に自分の家のためにお経を上げてくださるわけではありませんが、マナーとして。 檀家名簿にのっている方(お寺からの法要のお知らせなどの 宛先になっている方)のフルネームを書きます。 ご両親の都合がつかなくて、代理でお渡しするときも、そのお名前で。 本日は、父が・・・で」とご挨拶しましょう。 -金額 3千円~。 あまり高すぎる必要はありません。 ふつう、3千円、5千円、1万円といった額になりますが、わが家のお寺にたずねたら「2千円でもいいですよ」と言われました^^ -お札の向き 不祝儀のルールにしたがって、お札の顔が封筒の表を向くように、封を開けるとお札の裏が見えるように入れても構いません。 でも、お彼岸のお布施は、不祝儀ではないとする方もいらっしゃるので、あまり気にしなくて大丈夫のようです。 2お菓子 お寺には、お菓子をあげなくて構いません。 何か特にお世話になったなどで差し上げ、たいときは、2千円位で、日持ちのするお菓子にしましょう。 また、納骨堂なら、故人の好きな物をお供えしてそのままおいてきましょう。 …後で、お寺で法事や法要をする際に集まった、檀家のみなさんのお茶菓子になります。 お墓で 花や線香は婚家で用意されますが、もう墓参りはすんでいて、自分たち夫婦、家族だけでのお参りになることも多いかと思います。 ・お数珠、線香、ライター、お供えのお菓子を用意しましょう。 ・もし花が枯れていたら、たいていお墓の近くで花を売っているところがあるのでそこで買いましょう。 ・故人の好物のお菓子や酒などをお供えしてお参りし、持ち帰ります。 カラスや動物が荒らしに来るそうです。 まとめ お彼岸は春分の日、秋分の日を中心に前後3日ずつの7日間。 お彼岸のしきたり、慣習は、 地域や 家風によって違うこともあります。 ご主人の兄弟や奥さんに聞けたらいいですね。 お彼岸は、これからずっと続く行事です。 おつきあいの内容や金額は、 家計にも無理のない範囲で決めていきましょう。 そして、笑顔やお手伝いで穴埋めを。 いいお彼岸になりますように。

次の