渦のしめすへん。 「しめすへん」と「ころもへん」を色分けしてみた。これでもう間違えない!

コロナ禍とは? 読み方と意味

渦のしめすへん

コロナ渦は間違いで,なんて読む?しめすへんの鍋みたいな漢字!【禍】 皆さん、コロナうず(渦)と呼んでいませんか? 又は、コロナなべ(鍋)と読んでませんか? 実は、それ、間違いです!!! (私もまちがっていました笑) そこで、ここでは正しい「コロナ禍」について説明していきます! コロナ渦のしめすへん【コロナ禍】・・なんて読む? 調べてみた所、コロナ渦のしめすへん【禍】の読み方は• わざわい• まが と読むようです! コロナ禍以外の使い方は• 禍々しい とかみたいです! まがまがしいなら読めそうですね!! 追記;どうやら、読み方にルールがあるみたい 調べて、分かったので追記しますね 禍の読み方で「か」「わざわい」「まが」があるとお話ししましたが、どうやら• 禍が前に来ると「まが」 例、禍々しい(まがまがしい)• 禍が後ろに来ると「か」 例、戦禍(せんか)、輪禍(りんか) 結論:コロナ禍の読み方は 「コロナか」と読むみたいです!! *あくまで調べた結果であって、造語の時は間違いになるかもしれません。 鍋 意味• 食べ物を煮るのに使う金属製品• 鍋料理の略• 女中・下女を言う語(・・・?) 上二つは分かると思いますが、下の3つ目は分からん!! 調べてみると、• 女中:今でいう「炊事をしてくれる調理員」「家政婦の料理専門」みたいな方を言うようです。 下女:身分の低い女性、召使いの女性 という意味のようです。 この意味から見て コロナ鍋・・・意味が合わなそうですね。 よって鍋は完全に間違いだと分かりました!! 次に行ってみましょう! 個人的に、このツイートがこの結論に丁度良いかと思います。 コロナ鍋売上伸びてるのかな。 か と読むそうです。 意味としては• 水が中心に向かって巻き込んでいる、回っている状態• 入り乱れている、目まぐるしい動き とありました!2個目の例文として 「人の渦」「興奮の渦」などがありました。 コロナに合わせて見ても 「コロナの渦」・・・案外悪くない組み合わせかも知れませんね。 わざわい• まが という読み方があると説明しましたが、肝心の意味については、まだ説明していません それでは行きましょう!! 意味【禍】• ふしあわせ• わざわい があるようで、それぞれ• 幸せではない事、不幸(語源を調べましたが見つけられず・・)• 人に不幸をもたらす物事。 不快であること となっていました! 確かに、意味としては「コロナ禍」は 「コロナ」は不幸、災いの象徴と揶揄しているかもしれませんね。 一番、しっくり来たのは【鍋】【渦】【禍】のうち・・・やっぱり。 順位をつけるなら• コロナ禍• コロナ渦• コロナ鍋 でしょうか(笑) ただ、個人的に「コロナに負けるな!」という事で「コロナ渦」派ではあります!! だって「渦はいつか落ち着きますし、抑えれば止まる」ので(笑) 禍だと怖いイメージしか思いつきませんしね。 コロナ渦は間違いで・・・についてまとめ! まとめると• 正しい読み方と漢字は「コロナ禍」(ころなか)• 個人的に「コロナ渦」を広めていきたい となっています!(思っています!) いかがでしたか? 少しでも役に立てていたら幸いです! ここまで読んでいただきありがとうございました! 別の記事もぜひ!.

次の

コロナ禍の読み方は?鍋(なべ)、渦(うずにしめすへん)?と読めない人が続出!意味と使い方、影響を調べました!

渦のしめすへん

新聞や報道で見られる『コロナ禍』 これは何と読むのでしょうか? 私は最初に見たときは、コロナなべかと思いました。 日頃、見たことのない漢字なので、気になって調べてみることにしました。 しめすへんにかで何と読む? 正解は コロナ禍(か)です。 しめすへんにかを加えた漢字『禍』 音読みで『カ』『か』となります。 表外読みでは、『わざわい』や『まが』と読んでもいいそうです。 表外読みとは常用漢字にはない読み方を指します。 禍の漢字は常用漢字としては、訓読みが定められていないのです。 常用漢字とは私たちが、日常で使う漢字のこと。 新聞や公文書で使うことのできる漢字で、国により定められています。 具体的には、2136字の漢字が常用漢字として、定められているそうです。 この常用漢字表に載っていても、記載のない読み方をする漢字もあります。 これを、表外読みというのです。 例えば、普通は、強い=つよいと読みますよね。 しかし、強か=したたかと読ませることができて、これを表外読みといいます。 表外読みする漢字は、ひらがなで表すのが一般的です。 コロナ禍の意味は? コロナ禍の意味は、表外読みで表される『わざわい』や『さいなん』という意味になります。 禍のもう一つの表外読みの『まが』は悪いこと。 よくないことを指します。 もともと、曲がるという文字と同じ源の言葉となります。 コロナ禍の意味は、コロナによりもたらされた悪いこと、災難、よくないことという意味になります。 まがと聞いて、思い出したのが、逢魔時(おうまがとき)。 これは、大禍時(おおまがとき)と書いてもいいのです。 古来、日本では大禍時(おおまがとき)とは大きな災難にあったり、魔物に会う時間として恐れられていました。 具体的には昼から夜へと移り変わる、黄昏(たそがれ)の時間帯です。 夕日が沈み、薄暗くなる時間帯は不吉な時間帯として、恐れられていたのです。 コロナ禍に似た漢字 私がコロナなべと間違えてしまったように、『禍』に似た漢字がいっぱいあります。 気になったので、調べてみることにしました。 渦(うず) 音読みでカ 訓読みでうずになります。 うず、うずまき、うずまく、うずまき状のものを指します。 うずまき模様のことを『渦紋』(かもん)といいます。 時代劇などにでてくる、家紋(かもん)は各家の紋章のことをいいますので、読み方は同じですが、意味は違うので、使い方には注意ですね。 蝸(かたつむり) 音読みでカ 訓読みでニナ、あるいはかたつむりとなります。 でんでん虫のことですね。 牛という字を足して、2文字で、蝸牛(かたつむり)。 こちらも正解となります。 蝸はカ以外にも、ラ、ケ、カイ、カ、ニナ、カタツムリとたくさんの読み方があります。 堝(るつぼ) 音読みでカ 訓読みでルツボとなります。 坩堝(ルツボ)と漢字2文字の読み方もあります。 堝(か)とは金属を溶かすための器のことを指すのです。 この漢字も日頃、目にしない漢字ですよね。 ところで、そもそも、 咼はどんな意味があるのでしょうか? 咼は『か』『かい』と音読みします。 その意味は『ゆがむ』『口がゆがむ』ことを指します。 私たちがよく使う漢字の『過』(か) 過去や過ごすなど、普段の生活でもたくさん目にします。 過は表外読みで、「とが」「よぎる」と読みます。 時間が過ぎる意味だけではなく、『あやまちや』や『とが』の意味もあります。 とがとは、人から非難されるような行為やあやまち、欠点、罪のことです。 度がすぎてしまい、よくないことも指すのです。 時間が過ぎるだけなら、中立的な意味合いとなります。 しかし、過にはネガティブな意味も包容する漢字だったのです。 ちなみに、『禍』の反対語は『福』となります。 早く、時が過ぎて、コロナ禍から福の渦に変わりますように!!! こちらもどうぞ! 眠れない夜! あなたは、どうしていますか? 私の場合は、寝付きが悪く ずっと、悩んでいまし 2020年は一体、どんな年になるのか? 気になりますよね。 平和な年になるのか? 波乱万丈 毎年楽しみにしている女性が多い ジェラートピケの福袋 2016年のジェラートピケの福袋を 生活しているなかでは、 なかなか、気づかないけれど、 カタカナ言葉は多いですよね。 古そうな歌だし ずっと昔から、あったに 日経平均、日経平均株価、日経ダウ平均 経済ニュースでは、よく聞くけど、 子供に聞かれたら、ちゃん ショートヘアのアレンジできていますか? 正直に言うと、忙しい朝は なかなか、ヘアアレンジ 皮膚がかゆくて、病院へ行ったら ステロイドの軟膏を処方された。 ステロイドは副作用のある スニーカー履きますか? 私は、背も低いし、スタイルがよくみえる ヒールのある靴のほうが、どち 日本語って難しいですよね。 こうしてブログを書くことで 少しでも文章がうまくなれば、、、.

次の

コロナ禍の読み方は?鍋(なべ)、渦(うずにしめすへん)?と読めない人が続出!意味と使い方、影響を調べました!

渦のしめすへん

用例としては以下の通り ・コロナ禍によって売り上げ減少 ・コロナ禍により給料激減 ・コロナ禍の影響で大量リストラ 試しに、ヤフーニュースで「コロナ禍」と入力すると、喜ばしくないマイナスのニュースばかりざくざくでてきます。 コロナ鍋(なべ)、コロナ渦(うず)の読み方は間違いです。 ネット上には、コロナ鍋(なべ)という読み方をしている人もいました。 なんだか、一気に暖かい雰囲気になりますが、コロナ鍋という読み方ではありません。 たしかに、渦のように人を飲み込んでいますがコロナ渦(うず)でもありません。 新型コロナ渦があろうとあるまいと、2020年東京五輪は、私にとって7年前のブエノスアイレスにおける一夜の興奮のみを以てすべて完了している。 コロナ渦(うず)と書いてしまっている人は、割とまじめな長文を投稿している傾向がありました。 仕事・社会・経済など、知的な文章を投稿していました。 コロナ鍋(なべ)と書いている人は、周囲を明るくするネタとして投稿していました。 詳しくは、ツイッターなどで検索してみると顕著にわかりますので、ぜひトライしてみてください。 なぜ、禍(か)、鍋(なべ)、渦(うず)を混同してしまうのか。 この三つの漢字の読み方が混ざってしまう理由は、漢字の左側の部首のみが違っており、つくりの部分が共通ということです。 災い・・・防ぎようのない天災 禍い・・・人為的な努力で防げる余地がある事象 以上のことから、新型コロナウィルスに関しては、天災にはあたらないので 「禍」が用いられています。 ただし、 「口は災いのもと」と言ったように、人が生み出すものであっても「災(わざわい)」が使われている文章も多く存在しています。 間違いでありませんし、社会の中でも広く浸透もしていますので、特に恥をかくこともありません。 例えば、子供から違いを聞かれた時など、厳密な違いを判断する場合にのみ、「天災」か「人為的な努力で防げる余地があるか」を基準にして考えるのがおすすめです。 読者の方はお気づきだと思いますが、厳密にいうと 「口は禍のもと」が正解となります。 音読み;「禍(わざわ)い」の送り仮名とは 禍(わざわい)には、送り仮名の「い」がある文章・ない文章が存在しています。 様々な辞書・辞典を調べましたが、「禍(わざわい)」と送り仮名なしでも「わざわい」と読んでいるものもあれば、「禍い」と送り仮名の「い」をつけているものもありました。 結論、送り仮名に関しては、こちらが正解だというものがないようです。 送り仮名があっても、なくても正解だと言えますが、もし音読みする場合には、送り仮名をつけた方が読み手には伝わりやすいしれません。 「禍」の他の読み方とは 禍は「わざわい」の他にも、 「まが」と読むことができます。 「まが」という読み方で使用する場合は、二つ並べて 「禍々(まがまが)しい」という使い方がされることが多いです。 これは 「不吉だ」「嫌なことが起こりそうな予感がする」など、マイナスな意味で使われます。 マンガやRPGゲームなどでも、たまに目にすることがありますが、普段の日常生活ではほとんど使う機会はないと思います。 禍をつかった勇気づけられる文章 コロナウィルスで大変な時期ですが、コロナ禍に負けず気分をあげるための慣用句を紹介して終わりにします。 ・禍転じて福となす(わざわいてんじてふくとなす) マイナスな出来事を教訓として、プラスに変えるという意味。 ついでに「COVID-19」って読み方も覚えちゃいましょう! こちらの記事もおすすめです.

次の